みちのく盛岡 『光原社にて』

b0083902_2153933.jpg


 「おめはんも やりでごどあったべがらっす きょうは付き添いはいいがら すぎなごどしてや。」
 そう言ってくれた母と付き添いを交代して、午后から時間をもらい、会いたかった人と行きたかった場所『光原社』で待ち合わせをしました。
  盛岡駅から歩いて旭橋を渡り、川沿いの材木町という町にある光原社。落ち着いた佇まいの奥にコーヒーショップや賢治ギャラリーなどがあります。

 
b0083902_2231857.jpg

b0083902_224684.jpg



  約束の時間よりも少し早く着いたので、ちょっとショップを覗いてみました。
  この日は少し肌寒く、ネイビーのボーダーシャツを一枚着ただけの私はクビ元が寒くて、思わずシルクのストールを買い求めました。それとこんな本も。


b0083902_2274645.jpg

b0083902_2283959.jpg



  白髪の落ち着いた物腰で丁寧にご説明をしてくださったお店のスタッフの方、ありがとうございました。見立ててくださった白い綿のストールが似合っていますとおっしゃってくださったのですが、迷ったあげく、この色とシルクの質感が好きで、こちらのストールに手が出てしまいました。

  そして写真の本、『 te no te 』という岩手の手仕事を集めたもので、作家さんやその工房の様子も紹介されています。この辺では見かけませんから、県内の書店で手に入りやすい本かも知れませんね。

 
b0083902_2413718.jpg


  この日お目にかかったのは、この方です。里帰りが決まって、もし時間がとれるようなら会いましょうと とても綺麗な文字で書かれたファックスをいただき、その方からお土産としていただいてきた同人誌とでも言うのでしょうか。。。お仲間たちと一緒にお作りになったとても素敵な小雑誌です。びっくりしたのはそのお仲間、ブログのお友達のこの方この方も載っていたのです。お会いした時はさらっと拝見しただけでしたが、家に帰ってからじっくり読んだところ、あれもしかしてと。。。やはり繋がっているのでしょうか、偶然にしては出来すぎています。出会いは必然だったのかもしれませんね。
 二人で温かいコーヒーをいただきながら、初対面なのに話がはずみ、楽しい時間を過ごしました。活字中毒という共通点を感じながらも、読書量はbarnesさんの足元にも及びません。またブログで新刊本の話題やお好きな映画の情報を教えて下さいね。駅まで送っていただき、本当にありがとうございました。


  里帰りは一週間でしたが、父の付き添いだけに終わることなく、こんな一日を過ごせたことに感謝です。母も弟も義妹も、そして孫のマウイもみんな震災の疲れやストレスも溜まっているでしょう。それでも愚痴もこぼさず、それぞれが一生懸命できることをこなし、普段通りの生活にもどろうとしています。思いがけず病に倒れた父でしたが、きかなくなった左手をかばいながら、右手だけで食事をとろうと努力しています。次の里帰りまで、離れて暮らす私はせめて精神的な支えとなりたいと思っています。
 
 
b0083902_257349.jpg

  (新幹線の駅、新花巻の待ち合い室のベンチに置いてある手織りの小さな座布団。花巻のるんびにい美術館の生徒さんが作ったものです。)
トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/15609125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barnes_and_noble at 2011-05-24 21:37
ほんとに楽しいひとときでした。mikiさんに会えて、もっとアクティブに自分らしく暮らしていきたいと思いました。次回、お会いするときはツイッターとスカイプのできる女になっていたいものです(笑)。
Commented by miki3998 at 2011-05-24 22:30
★ barnes_and_noble さん、たのしかったなはん。

   アクティブなのはbarnesさんのほうです。私も海外にぶらっと旅して、帰ってからまたバリバリ仕事したいです。 井の中の蛙状態ですから、もっと大海をしらなくちゃ。 北鎌倉、鎌倉だけでは池のようなものですものね。(笑)
 ツイッターもスカイプも。。。ですね。 がんばれ、BARNES!
Commented by whitelacenonyo at 2011-05-24 23:10
多忙な帰省に中ちょっと楽しみ。良かったですね。
ところで6月11日の紫陽花の会は料理レッスンが入っているため
出席できません。残念ですが次回に・・・
Commented by エムエム at 2011-05-25 16:02 x
こんにちは。
「光原社」いいですね。去年の今頃盛岡、角館にお邪魔していました。私も「盛岡の喫茶店」という雑誌を買ってきました。その中の2、3店でコーヒーを頂いてきました。地震でどうなったのでしょうか?心配しております。「可否館」で頂いたコーヒー、雰囲気、入れてくださった女性の佇まい、ステンドガラス等いまだに覚えています。鋳物で作られた看板も素敵ですね、しばらくの間待ち受け画面に入れていました。
今スーパーに行きましたら、「岩手県産の長芋」があり思わず購入してきました。
最後になりましたが、お葉書ありがとうございました。
お父様の看病中に書いていただきありがとうございました。
リハビリをしてお元気になられることを祈っています。
長々と失礼しました。それではまた。
Commented by miki3998 at 2011-05-25 20:57
★ whitelacenonyo  さん、こんばんは。

 6月11日の件、了解しました。ご丁寧にお知らせいただき、恐縮です。 陸奥盛岡、母の生まれ故郷なんです。花巻よりも詳しいかもしれません。 山があり河があり橋がある町。 在来線の車窓からの田園風景にも癒され、いい一日を遅れました。コメント、ありがとうございました。
Commented by miki3998 at 2011-05-25 21:06
★ エムエムさん、 盛岡に行かれたのですね。

  沿岸に比べて内陸の盛岡や花巻は建物の倒壊や地割れなどという大きな被害は少ないと思います。その喫茶店がどの辺にあるのかわかりませんが、大きな町はライフラインも平常通りですし、光原社がある材木町も大丈夫でした。
 一日いても飽きないエリアであり お店の空間も落ち着いた佇まいですね。気持ちのいい暮らしができそうな品物ばかりで お財布のひもが緩みそうなのをグッと我慢するのが大変でした。(笑) 岩手の品物に目をとめてくださってありがとうございます。父も元気なようです。身体的な快復には時間がかかり、完璧には無理だと思いますが、焦らずじっくりと。。。ですね。
by miki3998 | 2011-05-24 03:01 | 花巻 宮沢賢治 | Trackback | Comments(6)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧