文学館のバラ 

  
b0083902_16264783.jpg




  仕事中のテーブル、雑然としていてお恥ずかしいのですが、リビングのコーナーで左手にテラスがあり、時々丹沢を眺めながら手を動かします。散歩の途中でみつけた木の実や台風で飛ばされた小枝など、ポケットに詰め込んで持ち帰ったものはまずはここでどうしようか考えます。

  お茶の実です。そろそろ椿の実もはじけて落ちている頃でしょう。オフの日はもっぱら山にはいって 枯れ葉や木の実を集めています。見上げては樹木の色が変わっている様子をながめ、ちょっと歩いては地面のうえに落ちた実を探したり。。。お天気のいい日は森への散歩が特に気持ちよくて、どこまでも奥へ奥へと分け入っては歩き続けます。



  
b0083902_16375215.jpg
 


  昨日鎌倉文学館に行ってきました。ご近所のおじさんはシルバーボランティアで観光ガイドをされています。鎌倉の今をよくご存知で、「文学館のバラが見頃だったよ。」と教えてくださったのです。お天気もよく、汗ばむような陽気でしたが、広い庭にはスケッチを楽しむ人も。。。ハレーションを起こしそうな強い日差しを受けていまひとつ写真の出来はうまくありませんが、見頃のバラをご紹介します。



   b0083902_16411237.jpgb0083902_16413936.jpg
b0083902_16424138.jpg



            ( 左から マダムヴィオレ、 ブラックティ、 ジュリア  )



   地植えのバラ、秋は春に比べて一回り小さい感じもしますが、どのバラも色鮮やかで香りもほのかで上品。台風による塩害で、今年はイチョウも紅葉も葉っぱがちじれてしまって鎌倉の紅葉は期待出来ませんが、文学館のバラは11月初旬まで訪れる人の目を楽しませ、心を癒してくれることでしょう。新種のバラも増えて、「名前を覚えるのが一苦労ね。。。」そんな会話をかわしながら この日の生徒さんとバラ三昧の一日でした。
  どこまでも高く青く澄み切った秋の空を仰ぎながら、思わず深呼吸したくなるような爽やかな午後でした。来月はいよいよリース作りです。




   
b0083902_18375645.jpg



             朝日の指す窓  秋のバラにはこんな曲が似合います。最後の1分間が特に切なくなりますね。 私だけ?(笑) 


   
   <30日(日曜日)の被災地支援の会。>

  今月は『バラの会』と称して お昼間にお茶とスィーツで。。。お帰りにはとっておきのバラをお持ち帰りいただきます。 飛び入りでも大丈夫、日曜の昼下がり、気軽にお茶を飲みにいらして下さい。

     会費  1500円  全額寄付させていただきます。











 




   
by miki3998 | 2011-10-28 16:43 |

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧