花巻教室のこと その2

b0083902_02483528.jpg

b0083902_02544410.jpg

 無ら里には真っ赤な薪ストーブがあります。この煙突から白い煙が出ているのですが...写ってないですね、風が強かったせいでしょうか。
 花巻市の中心部からはちょっと離れていますが、周囲を田んぼとハトムギ畑に囲まれたカラ松林の中にあって、とても静かな隠れ家のようなレストランです。 


 冬の間も宿泊のお客様がいらしたり、親しい作家さんたちの作品を展示するギャラリーになったり、食事にいらっしゃるお客様はオーナーの滝さんの温かい人柄に魅かれ、まさにぶらっと立ち寄りお茶をのみながら世間話をしていくような方も。思えば滝さんご自身があの真っ赤なストーブのような方なのかもしれません。 

 メニューも地元野菜をふんだんに使った家庭料理がメインで、お腹がいっぱいになるようなボリューム。デザートもサプライズな食材を上手にアレンジしてお皿いっぱい並べられるのです。この日、私がいただいたランチをご紹介しましょう。

 
b0083902_03030260.jpg
                 チリコンカンと生ハム、ペンネにはカブの葉のソースを。
b0083902_03032124.jpg
                 温野菜(絹ザヤ、長芋、レンコン、人参)、ゴボウの素揚げには柿のソース
 
b0083902_03035433.jpg

                                                                 ロールキャベツ

b0083902_03042888.jpg
                 酒粕のジェラード、クリームチーズと黒豆の最中、


 撮り忘れましたが、これに五穀米のご飯と野菜たっぷり入ったアサリの味噌汁、ポテトサラダと香の物が付きます。そしてデザートと一緒にコーヒーか紅茶も選べます。どうですか、ボリュームがありますよね。どれも美味しくて心がこもったやさしい家庭料理ばかり。熱々のロールキャベツは寒い日にぴったり。温野菜にかけられたオレンジ色のソースは渋抜きした柿で作ったそうです。食欲をそそる色彩と季節感のある素材選び。デザートの酒粕のジェラードやクリームチーズと黒豆の最中は、サクサクして美味しかった。。。クリームチーズが最中の餡になるとは思いもしなかったです。 


b0083902_03160661.jpg


子供の頃雪が降り夜中に冷え込んだ翌朝は、軒先にツララができたものです。屋根の雪が溶けながら滴ごと凍ってできるツララは、日の光を受けて美しく輝いたものでした。最近は温暖化のためでしょうか、なぜかツララをみかけなくなったのです。雪国の象徴であるカマクラや雪だるま、もっと降ると雪を積み重ねてスロープを作り、家の周りでスキーやソリ遊びをしたものです。どんなに寒くともへっちゃら、長靴の中に雪のかたまりが入ろうが、吹雪いて前が見えなくなっても雪合戦をして遊ぶ日もありました。犬は喜び庭駆け回ると言いますが、子供こそ犬のように駆け回って遊んだのです。手足がしもやけで真っ赤な子供がいっぱいいましたからね。



b0083902_03165075.jpg
 
 パチパチと音をたてて燃え盛る薪ストーブの火を眺めていると、そんなことを思い出したりします。熱いコーヒーを飲みながら、窓から見える景色と風の音に耳をすませてみてください。もしかしたらあのカラマツの木の上に又三郎が。。。
 
  どっどど どどうど どどうど どどう 
  青いくるみも吹きとばせ
  すっぱいくゎりんもふきとばせ
  どっどど どどうど どどうど どどう
  どっどど どどうど どどうど どどう
                          「風の又三郎」
  


  無ら里は、そんなことを想像しながらゆったりくつろげる空間なのです。







トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/24031278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanamomo06 at 2015-01-26 20:24
おばんです。
私もゆっくりとここでくつろぎました。
美味しそうなお料理、柿のソースとクリームチーズ&黒豆の最中が斬新で素敵!
ゆっくりと味わってみたいな~。

久しぶりに雪の中のふるさと、ゆっくりできましたか?
Commented by miki3998 at 2015-01-27 10:07
momoさん、おはようございます。
 教室のある週は、ラジオの仕事を終え花巻に向かい、ラジオのある月曜日に間に合うように北鎌倉に戻ります。正味1週間ですが、父の世話をし母の手伝いをして過ごせます。と言ってもたいしたことも出来ないのですが、私がいる間は、両親の気持ちが明るい方向にむいてくれるようです。「まだ3月に来るがらなは。元気でいでやぁ。」帰る日、父の背中が小刻みに震えるのが切ないです。もちろん何回でも続いてくれるよう、私自身努力しようと堅く心に決めて花巻教室の準備をしています。
by miki3998 | 2015-01-20 03:51 | 花巻  宮沢賢治 | Trackback | Comments(2)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧