麦青む

b0083902_19532385.jpg

                      『 麦青む 』

 春の季語でもある青麦は、秋にタネを巻き、冬に芽を出し、春に穂を伸ばし、夏に収穫をすると言われています。地方によっては多少差がありますが、春から夏にかけての成長が著しく、青々とした麦の穂が風にゆれる様は力強さと生命力を感じます。
 草花の春は暖かい印象の黄色に始まり(蝋梅、レンギョウ、サンシュユ、ヒュウガミズキ、etc....)、フキノトウや菜の花のような芽吹きの黄緑色やどこか初々しさも感じる若草色へと変ります。日が長くなり日差しも少しずつ強くなると葉もその色を濃くしながら華やぎの季節へと移ろいでゆきます。春爛漫、桜の便りが聞かれるまであともう少し。それまでは「麦青む」...鮮やかな若草色でも身にまとい「待つ」ことを楽しみたい。まずはゆっくりお茶でも飲みましょうか。(青麦の下にあるのは、抹茶色のパシュミナストールなんですよ。)
 


    
b0083902_20430428.jpg
                      
 

トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/24117654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanamomo06 at 2015-02-11 22:02
おばんです。
眠い目がこのページを開いて輝きました。
麦ってきれいですね。
東北人にはなじみのない麦、私は生け花の材料としてなじみました。

お抹茶の美しい緑。
今日はさくら餅を買いに行って母と一緒に食べました。
まだ寒いですが、春が恋しいので、一足早く食べたかったのです。
Commented by miki3998 at 2015-02-11 22:57
momoさん、おばんです。

 若い頃には緑色ってあまり興味が無い色でした。ところが鎌倉に越してからでしょうか、緑色、特に若草色が好きになり、小物やセーター、椅子もミントグリーンを選んだりしています。若々しさや生命力を感じるようになったのです。季節的なものもありますね、きっと。春の色って感じですもの。
 お抹茶がより美しく見えるのは、白いカフェオレカップに入っているせいかもしれません。隣りに桜餅があったら言うこと無いのですが。。。
Commented by mimirin0721 at 2015-02-12 14:25
綺麗な緑ですね!麦と言えば、NHK「マッサン」のタイトルバックに出てくるような黄金色のイメージがありましたが、こんな青々とした緑は若々しくパワーを感じますね。
春になり新緑を目にすることのできる季節が待ち遠しくなりました。
Commented by miki3998 at 2015-02-13 06:17
mimirinさん、おはようございます。

 昨日は暖かい一日でしたね。そろそろ真っ黒い土から黄緑色のフキノトウが顔を出す頃、裏の空き地に探しに行かなくては。。。青麦もそうですが、長い冬が終わり、若草色の草花を見つけるとなんとも幸せな気分になります。マッサンの黄金色の麦は豊かな実りを想像させ希望が湧いて来る色だと思います。春は近い、、、北鎌倉の梅もそろそろ満開の時を迎えます。
by miki3998 | 2015-02-10 22:43 | | Trackback | Comments(4)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧