ニオイスミレ 

b0083902_06513260.jpg
 
  愛らしい姿とその色に魅せられるのがスミレです。3月になると、裏の土手にタチツボスミレが群生し、まるで薄紫の絨毯のようにびっしりと咲きます。北鎌倉の路地や空き地でもよく見かける草花で、どこか親しみのある春の花「スミレ」。言葉の響きもいいですね、su mi re。名前の由来は大工さんが使う「墨入れ」から来ているそうです。最近は育てやすくて色や形も豊富なパンジーに人気が集中していますが、私は小さくて可憐なスミレが好きです。

  こちらはニオイスミレ、香りもやさしくハート型の葉も愛らしい、何よりもその色がいい。古くから化粧品や香水、リキュール、ハーブティー、お菓子にも使われています。そう言えば学生の頃、バイオレットフィズというカクテルを飲んだことがありました。女子寮に入っておりました時、他所の大学の男子寮からお誘いがあり、初めてコンパと言うものを経験しました。いざお酒を注文するにも、何を頼んだらいいのかわからず、その色と名前からチョイスしたのがニオイスミレ(のカクテル、バイオレットフィズだったのです。美味しかったかどうか、まったく記憶にありませんが、大人になった気分だったのは間違いありません。

  
  
b0083902_07290289.jpg

 スミレの花は小さいこともあって、暖房の効いた部屋ではすぐに花びらがめくれて乾燥してしまいます。私は咲いたら翌日は切り取って、綺麗なうちに大きめの図鑑や雑誌に挿んで押し花にします。出来上がったら栞にしたり手紙に添えたり、特にニオイスミレは押し花になってからも微かに香りが残っていますし、色も褪せ難く自然な感じに仕上がります。よかったら試してみてください。色と香りを楽しむニオイスミレが、押し花にすることでまた命を吹き込まれ、思い出ごと誰かの元に届けられる。。。素敵ですよね。白や淡い色のスミレも素敵ですが、断然紫色のニオイスミレがいいのです。

 
  

トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/24126750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanamomo06 at 2015-02-13 22:37
春らしい美しい花のエッセイが続いてうれしいです。
すみれは墨入れから来ているのですね。
(ひとつ賢くなりました)
ヴァイオレットフィズは大人の味♪
コンパ・・・懐かしいなあ~。
はじめて行った学生向けバーで飲んだその味、急に思い出しました。
オレンジフィズを頼んだ友もいました。
私には甘すぎた味でした。
みんな酔っ払っているのに、なぜか私はちっとも酔わず・・・・チチの遺伝を確認した日でもありました。
ニオイスミレの入った器もなんて素敵なんでしょう。
そういえばmikiさんのブログで出逢った本に載っているみどりさんが作った果実酒が入ったグラスもとっても素敵ですね。
Commented by miki3998 at 2015-02-14 01:32
momoさん、おばんです。
ね、懐かしいですよね。今の若者は酒離れと言われてますが、カクテルなんか飲まないんだろうなあ、甘過ぎますものね。そうそう、いましたオレンジフィズを飲む同級生。急に大人になった気分になったものです。カンパリソーダとかもね。
そちらはまだ雪の日が続くんでしょうね。長い冬の後に来るからこそ、春の到来に胸が踊るのでしょう。みどりさんのことですね?彼女は今、古民家をリフォーム中。別荘作りで忙しそうです。私も楽しみなんです。
Commented by peko-nanamama at 2015-02-15 22:56
花の中で一番好きかもしれない。
濃い紫の小さなすみれ。
Commented by miki3998 at 2015-02-15 23:42
peko-nanamamaさん、こんばんは。

 スミレっていいですよね。大きくて華やかな洋花が注目されがちですが、小さくて可憐なスミレが好きな人っていいなあ。。。昨日銀座の花屋でも見かけましたが、楚々としてその佇まいも美しかったです。
by miki3998 | 2015-02-13 08:15 | | Trackback | Comments(4)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧