1月の北鎌倉散歩 2017 

b0083902_03112475.jpg



 大晦日から仕事始めの前日まで、実家に里帰りをしておりましたので、今年初めての散歩は、年明け10日の午後から、郵便局への用事を足しながら、女学校経由でのんびりご近所を歩いてみました。散歩と言ってももっぱらよそ様のお庭拝見という感じですが、歩くのは路地から路地の細い道ばかり。まず目に入ったのは、プランターで育てられたエンドウ豆の花でした。自由自在に伸びた茎は太くて葉も大きく、花芽もたくさんついており、これぞ露地物という感じです。(それにしても早いですね、咲くのが)




b0083902_03125507.jpg



 坂を上りながらそのまま冬休み中の女学校へ。誰もいない校舎の生垣はすべて椿で、蕾の固いものや満開を迎えた紅白の藪椿が艶やかに咲いておりました。椿は葉も美しく、日に照らされた葉脈が光沢を得てより一層生き生きと見えます。椿餅なる和菓子がありますが、道明寺生地に餡を入れ椿の葉で挟んでおり、冬から初春にかけての京菓子として茶席などで振る舞われたそうです。なんとも優雅なお味の季節菓子です。




b0083902_00473241.jpg



 白い藪椿はシベを見てとばかりに花弁を反らせて咲いており、痛んだ花弁は寒風の中でのありのままの姿で、ことさら愛おしく思えました。
 1月は蝋梅や木瓜、青文字などの枝物とシンビジウムを加えて、冬の椿を生けてみようと思います。20日の大寒を過ぎる頃、今年最初のお稽古が始まります。一年の中でもこの月ほど厳かな気持ちで草花に向かう月はないかもしれません。新しい年にふさわしい、どこか緊張感の漂う花あしらいもなかなかいいものです。



 

by miki3998 | 2017-01-11 04:36 | 鎌倉・北鎌倉 | Comments(0)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧