石っこ賢さん

b0083902_2074760.jpg


 これは長男が小学2年生の夏休みに、自由研究で作った石の標本(?)です。いろいろなものが毎年増えて、整理して処分するものはあっても、子供の作品や思い出の絵日記、工作の時間に作った粘度細工などなど・・・これも捨てられずに取って置いた宝物のひとつです。

  この石は息子が田舎の道や公園、河原などに行ったときに集めたものです。高学年で勉強する、花崗岩や玄武岩などというレベルのものではありません。写真では見えにくいと思いますが、「ピンクの石」 「人面石? 」 「小豆色の軽石」 「不思議な石」など、息子なりに名前をつけて並べてあります。
  そしてそのときの担任の先生が、この作品にこんなことを書いて下さってます。
  『 石っ子賢さんと呼ばれた賢治みたいですね。人面石をたくさん集めている人の話を聞きましたが、石と向き合うとおもしろいことがありそうです。素晴らしい研究でした。』

   今日9月21日は宮沢賢治が亡くなった日です。毎年この日に故郷花巻では『 賢治祭 』が開催されます。あの『 下ノ畑二居リマス 』とかかれた、賢治ゆかりの地で、童話の朗読や子供たちによる演劇、そして賢治の作詩した歌の合唱など・・・。いつまでも賢治と共に生きる地元の人たちの大切なお祭りです。

    b0083902_2035641.jpg

      今月のレッスンの花    
         クレマチス 秋色紫陽花 リンドウ 女郎花 スマイラックス(生徒Sさんの作品)
トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/5728853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakanokeiichi at 2006-09-21 20:48
下に寄り添っている2つは かぼちゃ?ですか?
Commented by miki3998 at 2006-09-21 20:56
* nakanokeiichiさん、

    ビンゴでございます。おもちゃかぼちゃと言って、食べられませんが、正真正銘かぼちゃです!実家の母が、お花のお稽古に使えないか、と送ってくれました。オブジェっぽく添えたのですが・・・?
Commented by kazu at 2006-09-21 21:07 x
mikiさん、おひさしぶりです。
そう、今日は賢治の命日なんですよね。
ボクも一度花巻へと足を伸ばしてみたいと常々思っております。

息子さんの子供の頃の記録、mikiさんにとって宝物ですね!^^
Commented by barnes_and_noble at 2006-09-21 21:28
子供の絵日記とかも捨てられないでいる私です。子供の作品は何にも勝る宝です。
Commented by bricolage at 2006-09-21 21:29
mikiさん。。。。お久しぶりです。。。
SlowLifeのミカです。
本当に久しぶりですね。。。

石の標本ーやっぱり、そういう物ってなかなか捨てられないですよね。
ウチのママも「これは捨てられない。。。」とかなんとか、ブーブー言っています。(笑)

byミカ
Commented by くうちゃん at 2006-09-21 22:14 x
お久しぶりです。昨日はお疲れ様でした^^真直ぐ帰られましたか?私は運悪く(?)夫が早帰りしていたので小走りに帰りました。
う~ん、子供の工作(実際には何を作ったんだか解らない物ばかり、、、)捨てられないですよね。でもかさばって、収容スペースにも限りがあって、そこで考えたのが写真に残しておく!でした。工作も絵もいつでも取り出して見る事が出来るし。結構いいアイデアだと思っていましたが、やはり実物に勝る宝は無いですね^^
この夏部活を引退した息子は今、料理に凝っています。時々私が仕事から帰るとタイミング良くご飯が出てきたりします。これがまた旨い!!センスあるみたいです。
Commented by hawaii_oslo at 2006-09-21 22:32 x
今日は、宮澤賢治の亡くなった日だったのですね。モントリオールは久々の青空で、朝の空気はヒンヤリ冷たいです。今日は賢治の詩集でも開いてみようかな。
石って一個一個違ってて、見飽きないですよね。子供の息子さんの新鮮な驚きがこもった作品を大切にしているミキさんのお気持ちもわかります。
お花のアレンジ、素敵ですね。横に置いたかぼちゃもかわいい。
Commented by amamori120 at 2006-09-21 22:52
miki先生 お晩です。 よく取っておかれましたね。 エライッです。ご子息も、それを知れば、親の愛情てふものを、しかと感じることでしょう ♪

近々、賢治関連の本をUP予定です。また、ご叱正下さい。
Commented by aamui at 2006-09-22 00:16
上の天国に居ります と言ってみたい
Commented by まゆみ at 2006-09-22 00:48 x
花巻が故郷なのですか???
数年前に行きましたが、良いところですねぇ〜。また行きたいです。

お花もステキ!コロンと添えられているカボチャが可愛くて良い感じ。
Commented by miki3998 at 2006-09-22 01:51
* kazuさん、お帰りなさい。

   東北はお好きなようですね。八戸よりはぜんぜん近いので、是非一度いらしてみてくださいませ。イギリス海岸、なめとこ山(胡椒山)、南斜花壇・・・童話に出てくる場所を歩いてみるのもよろしいかもしれませんね。高村光太郎の疎開先として、彼の住んでいた庵も残っております。
 よろしければご案内いたしますよ。
Commented by miki3998 at 2006-09-22 01:55
* barnes_and_noblesさん、

   なかなか捨てられませんね。長男は次男よりも感性が鋭くて、その分生きていくのが不器用なタイプです。絵や工作が得意で、いろいろなものをよく拾ってくる子でした。次男よりもたくさんの作品を残しています。今ではとんでもない暴れん坊将軍?ですが(笑)
Commented by cocolon at 2006-09-22 01:57 x
mikiさん こんにちは
みなさま素敵ですね!
楽しい作品を作られたご子息も。。。
”石っこ賢さんとよばれた賢治みたいですょ” と書いてくだった先生も
そして それを保管し心に留め置くmikiさんも
じーっと お写真眺めてしまいました 
下のお花も美しいですね~  自然な流れと色がとっても優雅で
こんな作品をご指導されるmikiさんは
きっと素敵な先生ですね!   いつか習ってみたいです
それから 先日はありがとうございました 
楽しみです  どうぞ どうぞ宜しくお願い致します
Commented by miki3998 at 2006-09-22 01:58
* ミカちゃん、ようこそ!

   その後どんな本を読んでいるのでしょう?
   おばさんは捨てるのがへたでね。と言うか自分の持ち物はあまり執着しないので、すぐに捨てられますが、子供の作品は大切にしまっています。初めての産着や、つぎあてしたお気に入りの靴下、母の日にもらった肩たたき券・・・一番大切にしている宝物です。
Commented by miki3998 at 2006-09-22 02:03
* くうちゃん、コメントありがとう!

   昨日はお疲れ様でした。いつもながらただ聞いているだけですが、皆さん長いこと学校のためにご尽力なさった先輩ばかり、いつも緊張しています。

  息子さん、余裕ですねえ~。うちの子はまだ部活を引退できないので、帰るなりもう食べて寝て・・・という生活です。花園目指して来月から神奈川予選が始まりますから。大学に行けるかしら?危ういなあ(笑)
 息子さんに作ってもらったお食事ができるなんて、幸せですよね。
Commented by miki3998 at 2006-09-22 02:07
* hawaii_osloさん、北鎌倉も夜は肌寒くなりました。

   長男は次男とまったく違った性格です。子供の頃も、ひとりで遊ぶ子でしたし、よくものを拾ってくる子でした(笑)。立ち止まっては川を見つめていたり、しゃがんで虫を観察していたり・・・。そんな時、この標本を作りました。思い出はなかなか捨てられませんね。
  今月は初秋を感じると言うテーマです。和風な花材も器や小物で、ちょっとシックにアレンジできますね。おもちゃかぼちゃは母から送られてきたものです。
Commented by miki3998 at 2006-09-22 02:11
* 雨漏り先生、感じてくれているでしょうか?ちと怪しいです(笑)。

  長男の話題は始めてだと思いますが、次男に比べて難しい子です。自分のことを話題にされることを嫌います。真っ直ぐな心と,心根が優しいのですが、表面的にはぶっきらぼうですから誤解されるタイプです。同じものを食べて、同じように育てたつもりですが、こうも違う息子たち・・・不思議ですよね。(笑)
Commented by miki3998 at 2006-09-22 02:12
* aamuiさん、
    
    絶妙なお応え、さすがです!
Commented by miki3998 at 2006-09-22 02:15
* まゆみさん、

   花巻にいらしたの?まあ、嬉しいですね。何もないところですが、またおでってくなんせ~。
  お花は生徒さんのものですよ。花器やその方のセンスに合わせて、おなじテーマでも違ったアレンジになるのですから、面白いですね。
Commented by miki3998 at 2006-09-22 02:18
* cocolonさん、

    帰国される日が楽しみですね。
    賢治の子のように、素直で感性豊かに育って欲しいと思いました。主人は長男に『賢治』と名前を付けたかったくらいです。私も花巻で生まれて育ったことを誇りに思えるのです。今の自分はこの土地でしか味わえないことをたくさん経験させてくれましたから。
Commented by motomu_watanabe at 2006-09-22 04:23
僕も息子がこれからいろいろ作ると思います。そしたら大切にしてあげたいものです。
Commented by eaglei at 2006-09-22 04:44
息子さんの作品、素晴らしい~! 宝物ですね。
実は、僕も石集めをしているんです。
今度、ブログで公開したいと思っています。

賢治の命日だと知って、良かったです。ありがとうございます。
『 賢治祭 』 は素敵でしょうね!
ネットで覗いてきます(笑)

Commented by miki3998 at 2006-09-22 07:09
* motomu さん

  地震のときも火事の時も、持って逃げるのはこれですな。
  
Commented by cazorla at 2006-09-22 07:10
捨てられないものってありますね。 うちの夫は何でも捨てる捨てまですが 子供の物はたいていとってあります。 まだ 10.7.5才なので これから増えそうですが。 もしかして将来●●記念館が作られて展示されるかもしれませんから 大切に保存しておかなくては・・・
人面石っていいですね。 先生のコメントも素敵。 良い先生に巡り会ってよかったですね。 
Commented by miki3998 at 2006-09-22 07:13
* eagleiさん、おはようございます。

   賢治祭はイベントです。今年はチェロの藤原 真理さんがいらっしゃるそうです。でも、私は地元の小学生の『風の又三郎』がスキです。

  どーどど どどーど どどーどどー
  すっぱいかりんもふきとばせー、あまいりんごもふきとばせー

風の又三郎の歌です。 みんな絣の着物を着て歌います。
Commented by miki3998 at 2006-09-22 07:18
* cazorla さん、おはようございます。

   長男は賢治の作品の中でも、あまり有名ではない童話が好きです。挿絵の影響されるからかもしれません。なかでも『 月夜の電信柱 』が大好きで、夜中に電信柱が更新をするのです。

 ドッテテ ドッテテ・・・・と言ってね。

 この2年生の時の先生が、一番息子の個性を理解してくださいました。息子も忘れないでいるようです。
Commented by childrenmammy at 2006-09-22 09:38
mikiさん おはようございます。 ^^
そういえば、ご長男のお話は初めて伺うような気がします。
深い愛情に満ちた眼差しで語られる、それぞれの息子さんの個性。
心が温かくなります。
同じように育てたつもりでも、とても違っている性格、子供って不思議ですよね。
石の標本、とってもすてきな作品です。そして先生のコメントもとっても心に染みます。
よい先生に巡り合えてよかったですねぇ。
私の息子も小さい頃の感じが、ご長男によく似ています。
石も好きで、よく拾ってきては集めていました。
今でも収納のどこかにしまい込んでると思います。 ^^
Commented by miki3998 at 2006-09-22 11:20
* childresmemmyさん、
   
    長男は今回が初登場です(笑)。もう仕事をしているんですよ。
   次男は黙っていても何でも自分でこなしていきます。注意深くて、まじめで冷静。それに対して長男は、無鉄砲で無計画、でも人に対してはとても優しいのですが、短気で甘えん坊・・・まったく面白いですよね。

  私が大事にしているものなんて、単なる自己満足です。childrenmammyさんは何をとっていらっしゃいますか?
Commented by nagayades at 2006-09-22 12:35
おもちゃかぼちゃだ!
なつかしいなぁ。子どもの頃、毎年夏に伊豆に行っていて、
農家の方が野菜と一緒におもちゃかぼちゃを並べて売っていました。
今日のお花を見てあの頃の楽しい気分になりました。

うちの父は地質調査の仕事をしていて石が大好き。
昔は家にゴロゴロ石が転がってました。
金ぴかのとか、黒光りしてるのとか、化石つきのとか。
Commented by kazu at 2006-09-22 12:54 x
mikiさん、こんにちは。
東北や賢治の故郷はお詳しいのですね。
いろいろご教授いただきたいです。
いつかご一緒できれば嬉しいですね。^^
優しい言葉、ありがとうございました。
Commented by miki3998 at 2006-09-22 13:26
* nagayadesさん、今日のお昼はあのパンですね!

   写真では見えませんが、石の下には息子なりの名前がつけてあります。ダイヤピンク石、すべすべ石、化石かな?石・・・中でも人面石が面白いです。

   こんなに純な子だったのに・・・???というより、この子の個性を伸ばしてやれなかった親に責任があるなあ~~反省です。もう遅いか(笑)
Commented by miki3998 at 2006-09-22 13:31
* kazu さん、今日はお休みですか?

   私は田舎しか知らないのですよ(笑)。東北は関東や九州にない、寒い地方独特の温かさがあると思います。沖縄ほどのラテン系でもないしね(笑)。ズーズー弁には訳があって、寒いので口数が少なくなるけれども、少ない言葉から相手の思いを読み取る力は相当なものだと思っていますよ(笑)。
 
 いがったら、いっしょにはなまぎさいぐべしなはん。おらは、わすれねがらなっす。
Commented by matoi1177 at 2006-09-22 14:18
こんにちは。
私も空箱再利用しますが、こちらでも佃煮の箱が・・。(笑)
卒園時に描いた絵の作品集・・あまりの下手ッピさで、見るたびに笑えるんです^^ だから絶対捨てられません、癒し系だもの。(爆)
ピンクの石が、宇宙人の顔に見えるのですが^^
オモチャかぼちゃ・・・くり貫いたら花瓶になりそうだけど。(すでにやる気)
Commented by 水戸人 at 2006-09-22 15:11 x
宮沢賢治といえば「雨ニモマケズ」よりも早く口をついて出てくるのが、
「あめゆじゆとてちてけんじや」(永訣の朝)という悲しくも美しい作品です。

それはそうといよいよラグビーシーズン到来!秩父宮、国立競技場、mikiさんには花園が待っていますね。
Commented by miki3998 at 2006-09-22 15:18
*matoiさん、こんにちは。

   ピンクの石・・・? あらまあ、本当だわ。確かに宇宙人に見える!
   matoiさんの心の中にも石っこ賢さんの血が流れているのかも?

  子供の頃の絵って、おもしろいですよね。黒い点々を描いて、ゴマ・・・とか、それを丸く囲んで、キウイ・・・?とかね。全部取ってあります。親バカです。子供に『ゲイジュチュハ バクハチュダ』などというセリフを言わせて面白がっていました、うちの主人です。おバカ丸出し親子でしょ。

   

   
Commented by miki3998 at 2006-09-22 15:26
* 水戸人さん、お久しぶりでございます。

   相変わらずお忙しい毎日を送っていらっしゃいますね。体に正しいこと・・・肝に銘じます。

   『 あめゆじゅとてちてけんじゃ』は、死に行く妹トシが病床で、兄賢治にたのんだ言葉ですね。雨雪とってきてくださいな・・・。大好きな妹を見送らなければならなかった賢治の思いと、心根が優しく、聡明な妹トシの最後まで兄を気遣う心が胸を打ちますね。この詩は小学生の時、国語の時間に習いました。賢治が大好きな女の先生でした。

  水戸様、来週からいよいよ神奈川予選が始まります。まず明後日は川崎大会の決勝です。頑張ってくれると信じております。
Commented by seilonbenkei at 2006-09-22 18:30
子どもの残したものって捨てられませんね。
うちの子はいつももらうばかりじゃ悪いからと、靴下の中にサンタさんへのお礼の手紙とプレゼントを入れていました。一度手紙を取り忘れて、「サンタさん、手紙持っていってくれなかった」と大泣きされたことがあります。
で、その時の手紙やプレゼントですが、私、いまだに隠してあるんです。おまえ達こんなことしてたよななんて言うと夢が壊れちゃいますものね。
花巻農学校に宮沢賢治の銅像が建ったそうですね。
Commented by miki3998 at 2006-09-22 19:01
* seilonbenkeiさん、
 
   捨てられないでしょう?子煩悩のベンケイさんならなおのことですね。私も子供には内緒で持っています。私だけの宝物ですから。いつか息子の子供に見せたいとは思いますが・・・。

 昨日の21日の賢治祭の日に序幕されたようですね。叔父も農学校出身です。もう100周年なのだとか・・・。従兄弟もその息子もみんな農学校を出て、花巻で仕事をしています。草花の好きな親戚たちです。
by miki3998 | 2006-09-21 20:39 | 花巻  宮沢賢治 | Trackback | Comments(38)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧