コーヒーテーブルの下には・・・

b0083902_18565370.jpg


  どんなに忙しくしていても、私にはボーっとした時間が必要、忙しい時こそ何も考えないで本をめくるのが好きだ。これは読書とは言えないかもしれない。コーヒーテーブルの下に積んである数冊は書棚の本と時折入れ替わる。グラビアだけの雑誌だったり、ガーデニングの専門書だったり、息子達が愛した絵本だったり・・・。そのどれもが忙しさでカサついた心を落ち着かせてくれる。

  上の写真はつい最近までパラパラとめくられていた本3冊。
 
  『 鉄人アバンギャルド 』   萬 鉄五郎著  二玄社 
    私の故郷岩手は東和出身の画家、鉄人と名乗った前衛の画家です。
 
  『 ル・コルビュジェのインド 』 北田 英治 写真  彰国社 編
    独立後のインドを毎年訪れたコルビュジェ。彼を再発見する本です。

  『 グラフィック・コスモス 松永 真デザインの世界 』   集英社
    国際的にも活躍するグラッフィックデザイナー、資生堂退社後、フリーで活躍。フランスのジタンのパッケージデザインを指名される。彼の手がけたポスターや雑誌の表紙デザインは誰しもが必ず目にしているはず。『MORE』や『LEE』の表紙、ベネッセのCI,カルビー、BANDAI 他、いろいろ・・・・。この本を見てください。ああ~、アレね、まあコレも・・・という感想をもつはずです。面白いですよ~。
 

  ここにもう1冊、先日六本木ヒルズのインテリアショップで見つけたこの本が加わった。
 
b0083902_19202434.jpg


   『 White Porcelain 』  黒田 泰蔵 〔白磁〕 作品集

 この本、毎日眺めている。どの作品もまず肌が美しい。めくってもめくってもぽったりとした白い肌の磁器が並ぶ。繊細で時に無骨、モノクロの写真がその陰影をくっきりと写し、地肌の美しさが際立って見える。じっくりと、ときにはしげしげと、触ってみたい衝動に駆られながら、ひとつひとつの作品を眺め、そしてまた次のページをめくる。時間はゆっくりと過ぎてゆく。

  さてと、いつの間にかコーヒーも冷めてしまった。腰をあげて仕事をしろ・・・ということかなあ、笑。
トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/6214930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amamori120 at 2006-12-19 21:23
miki先生 お晩です。
成る程ねえ こういう本で、さりげなく感性を磨いていらっしゃるんですね
miki先生らしいです♪

この白磁は李朝ものとは、また違った味わいがあるんでしょうね?
Commented by barnes_and_noble at 2006-12-19 21:27
最近買った本で、mikiさんにも眺めて欲しい本があります。洋書なのですが、雪の結晶の写真集なんです。美しいですよ。
Commented by antsuan at 2006-12-19 22:02
・家のカミさんも、部屋を綺麗にして時々図書館から借りてきた訳の分からない本をお茶をゆっくり飲みながら読んでいます。こちらはごちゃごちゃになった部屋で木枯らしのヒューヒュー鳴る音を聞きながらMacのキーボードを叩いています。田舎は雪でしょうね。
Commented by yuming at 2006-12-19 22:05 x
昨日の今年最後のレッスンは、美しいバラの香りにつつまれて、至福のひとときでした
居心地のいいmikiさんちのリビングで、またまたくつろいでしまった私!あわただしい季節なのに、すっかり気分もリフレッシュできました♪
私にとって今年の大収穫は。。。やっぱりmikiさんとめぐり合ったことかな~
北鎌倉のmiki邸付近の究極の坂道発進も(はじめは大汗かきました)すっかりなれたので、来年はよりいっそうあつかましくお邪魔したいと思います(笑)

白磁はいろいろな表情をもっていますね
『白』といってもさまざまな色があり、肌合いも異なります
そういえば、ポーセリンペインティングで使う白磁は、青みを帯びたものからクリームかかったものまで・・・
こんな本をさりげなく見つけるmikiさん、さすがですね♪
Commented by miki3998 at 2006-12-19 22:07
★ 雨漏り先生、こんばんは。

  相当に疲れているようです、私。こんな投げやりな記事ってありませんよね。今日のつぶやき・・・というカテゴリーに変更しなくちゃ・・・。

  黒田氏はあのイラストレーター黒田征太郎氏の弟さんです。
  中国・宋や明の白磁、そして李朝の白磁に魅了されながらももっと現代的なアートの部分と、生活の中の道具としての両方を兼ね備えた作品だと思います。無駄な部分が一切ない、その形も色もすがすがしい花入れや壷、湯飲みや水入れです。ピュアーな無垢の肌とロクロで作られたはかなさのようなものを感じます。

 本当は実物が欲しかったのですが・・・、笑。
Commented by miki3998 at 2006-12-19 22:12
★ barnes_and_noble さん、

   読書家の皆様には笑われるような、お恥ずかしい乱読人間です。
   パラパラめくってはい終り・・・という本ばかりなんですよ、実はね、笑。 そちらに伺ってどんな本か教えていただこうかなあ~。

  ひところはクジラの写真集ばかりを眺めていました。冬はちと寒いです!
Commented by miki3998 at 2006-12-19 22:17
★ antsuan さん、お久しぶりです!寒いですね、今夜は。田舎は雪です!きっとね。

  奥様はどんな本がお好きなんでしょう。鎌倉の図書館は芸術に関しては特に蔵書が偏っていますし、数が少ないです。本もボロボロですしね。(みんな手にしているのですから、当たり前ですが・・・)

 図書館で読める本は買いませんね。うちにある本はなかなかない本と、何度も見たい本だけ・・・と思っていますが、実際は~、笑。

 Macもいいですが、風邪を引かないでくださいね。

   
Commented by miki3998 at 2006-12-19 22:24
★ yuming さん、こんばんは。

  やることがたくさんあるくせに、オチャしてます、笑。

  上の3冊もなかなかです。絵画や建築物、グラフィックデザイン、何でもあり~の私。広く浅くしか知らないの・・・でも面白いです、笑。
  黒田さんの器、喉から手が出るほどに欲しい~のですが、私のお花を生けるにはまだまだもったいないです。もっと色々分かってきてからにします。それまではこの本を眺めているだけ~、いいなあ・・・ってね、笑。

  こちらこそ、あなたと出会えたのは神様のお導きです。このだらしがない私にピッタリの、しっかり者の生徒さん。助かってます!、なんてね、来年はしっかりしますからね、目標、掃除美人(???)。アハハ~
Commented by mamsan5 at 2006-12-19 22:34
触発されてリース作りました^^
ただしかなりの手抜きです。。。
ちょっとお恥ずかしい出来なのですが楽しみました^^

いろんな本がありますね。
私はここのところ何冊もベストセラー本を抱えているのですがはかどりません^^;
図書館でやっと借りれた国家の品格・・・せめてこれは読んで返さなくては・・・。
また触発されましたね。。。
Commented by cinonos at 2006-12-19 22:37
mikiさん。こんばんは。
すいません。食べものネタですが(汗汗
mikiさんに喜んで頂けたのであちこちに地味と思いつつ落花生を送ったら思いがけず喜んでいただいています。
いやー。これからしばらく落花生ブームが続きそう>私(笑
Commented by ワヤコ at 2006-12-19 23:07 x
こんばんは。こういうアート系の本を見て、感性をみがいてらっしゃるんですね。美しい写真のビジュアルブックは眺めているだけで、満ち足りた気分になるから、私も大好きです。
mikiさんの選ばれた本は、どれも玄人っぽいですね~。
私も見てみたい!!
Commented by nakanokeiichi at 2006-12-19 23:15
青白磁の緊張感と柔かさは あこがれますね。
深見 陶治さんの作品なんか ポツーンと置いてある中庭
   造ってみたいです。
Commented by mint2 at 2006-12-19 23:44 x
mikiセンセイ♪
神戸は、今日の朝は底冷えがしました~ひゅるぅ~んんん。
「ル・コルビュジェ」をご覧になってるなんて、すんばらしいっ。(><)
私はうさぎ小屋に住んでいますが、建築は大好きなんでなんだか
うれしくなってきましたー。(^^)
うちのリビングのテーブルには、スポーツ雑誌「Number」と
娘のピカチュウマグカップと宿題のプリントが・・・(汗汗汗)
Commented by ゆうゆう(こすもす) at 2006-12-20 00:11 x
コーヒーテーブルの下のアートなご本たち☆
我が家の雑誌が恥ずかしい(汗)
でも私も何かしてはふと珈琲片手においてある本や雑誌をながめるのが
大好きです。
その写真から果てない夢を見たり、憧れたり、学んだり、心癒されたり、
現実からしば異次元への旅へ☆
そしてああ!!引き戻されるときの・・・・(笑)

私にとっては未知の素敵なmikiさんのご本たち。
今度本屋さんで手に取りたいと思いました。
Commented by miki3998 at 2006-12-20 00:54
★ mamusan5 さん、拝見しましたよ、リース。

  今年は南京ハゼが手に入りませんでした。と言うより、芸大美術館に行かなかったので、作れませんでした。あの美術館の脇の道には南京ハゼの木があってね、去年は落ちた実を拾ってきました。吉村順三建築展の帰りです。そうそう、コルビュウジェの本はそのミュージアムショップで買いましたっけ。

 触発だなんて・・・。私はベストセラーを買うのが苦手なだけです。といっても去年の息子へのクリスマスプレゼントは『東京タワー』でしたが、笑。
Commented by miki3998 at 2006-12-20 00:57
★ cinonos さん、美味しかったです、南京豆!

  昔は紅白を見ながら、コタツの上にはみかんと南京豆が置いてあって、天板の上いっぱいに豆の殻を散らかして怒られたものでした。ピーナッツとは別の代物ですね。美味しさに優しさがあります。どんどんあげてくださいませ、皆さんも喜びます、きっとね!
Commented by miki3998 at 2006-12-20 01:14
★ ワヤコさん、玄人だなんて、滅相もないです、笑。

  萬 鉄五郎は郷里の画家です。なかなかのモボでしたよ。田舎から上京し早稲田中学を出て絵の勉強をしたのですから、金持ちのボンボンでしたが、筋の通った無骨な男です。憧れます!

 コルビュジェも松永 真も言わずもがなの有名人、建築もアートも、自分にないものに憧れる私のもがきかもしれません。早く生まれ変わりたいです!笑
Commented by miki3998 at 2006-12-20 01:23
★ nakanokeiichi さん、こんばんは。

  すみません、深見さんの作品は拝見したことがありません。京都の陶芸家さんですね。黒田さんはあまり大きな作品ではないのです。20~30センチの大きさの壷や花入れが多いです、お皿もね。使い易い大きさなので、もし買えたらどんどんお花を生けて使いまくります!笑。

 もし深見さんの作品があったらぜひ紹介してください、お願いします。
Commented by miki3998 at 2006-12-20 01:29
★ mint2 さん、こちらも寒いですよ~。

  うちもウサギ小屋、いえネズミ小屋です。写真ではどう見えるか分かりませんが、入ってすぐが奥になります、笑。庭も猫ならず、ネズミの額です。

 コルビュジェは建物もインテリアデザインもいいですね。実際に使うとなると少し重いかなあ~。この本はインドにおけるコルビュジェの作品について書かれています。63歳でインドに行ってから刺激を受けて毎年訪れてます。確かにインドは凄い国ですものね。
 建物研究家・・なんて仕事ないかなあ~、笑。
Commented by miki3998 at 2006-12-20 01:37
★ ゆうゆうさん、こんばんは。褒めすぎです、笑。ゆうゆうさんのほうが博識だと思いますよ。

  うちのテーブルはご存知だと思いますが、天板のガラスが透明なので、ショーケースのように使ってます。リースもそうでしたね。

 つまりこんな本が一つのアートになって飾られているわけです。読んでも読まなくても、お洒落な本、好きですから、笑

 でもこればかりではないんですよ。マガジンラックにはミセスもメープルも入っていますから・・・笑。肩の凝らない本、必要ですね。

 

 
Commented by mimijean at 2006-12-20 08:24
*mikiさん、こんにちは。
「どんなに忙しくてもぼっーとした時間が必要」…これをできるというmikiさんがすばらしい!私はダメなんです。必要と思い、わざとボーっとするのですが、もう気が焦ってるんですね…で、ぼっーとなってないんですよ(笑)!
 ル・コルビュジェ、私大好きなんです。フランスに来て、色んな建物を見に行きました。
 白い肌の磁器も実は大好き。いいですよね。
 こんな本をゆっくりと何も考えずに、コーヒーを飲みながら…憧れます。
Commented by daikanyamamaria at 2006-12-20 09:11
mikiさん、おはようございます。
mariaも美味しいケーキとお茶の時間は欠かせません^-^
うふふ、ここが違うんだって。。。
こんなにスタイリッシュなお時間を過ごしていれば、感性がますますとぎすまされて美への追究の姿勢になるのでしょうね。。。尊敬です♪

ヒルズのショップ、mariaも大好きな空間で、ちょっぴり嬉しいです^-^
Commented at 2006-12-20 09:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoko_mama at 2006-12-20 09:34
おはようございます。
私は毎日、主人の仕事を手伝いながらPCしたりパッチワークしたり・・・とにかく1日の時間が短すぎると嘆いております。でもでも、おやつタイムだけはしっかりとってる食いしん坊なの(爆)そしてなによりミルと遊んでるときが一番心安らぐときなんですよ。mikiさんのような優雅なぼーとした時間を過ごしてみたいです^^憧れる・・・
Commented by miki3998 at 2006-12-20 13:30
★ mimijean パリの娘よ、元気にしてる?

  私は根っからの怠け者なので、暇さえあればダラダラとしています。ボーっと何も考えないでいるのも得意。普段色々と考えることが多すぎて、時々空っぽにしないと次のことが入っていかないんですもの。キャパシティを越えることは不可能だしね。

 コルビュジェ、お好きなの?実際に建物を見に行ける環境が羨ましいですね。死ぬまでに一度彼の作品をじっくり見てみたいです。
Commented by miki3998 at 2006-12-20 13:34
★ daikanyamamaria さん、ぜんぜんスタイリッシュじゃないの~。

  小さな本よりも大きな本が好きです。文字を追うのは電車の中で読む本だけ、家ではこんな感じの本を眺めています。眺めるだけね、笑。

 うちに来れば分かりますが、ボーっとしやすい家なのです。周りに建物がないので、居ながらにして青空を滑るように飛ぶ鳥や、白くて一直線の飛行機雲を見ることが出来るのですから・・・ね、ボーっとするでしょ。
Commented by miki3998 at 2006-12-20 13:36
★ 鍵コメ 9:13 さま、

  了解しました。宜しくね!夜目遠目で分からないように黒装束で参りますが、お子様には怪しがられないように気をつけます! 笑
Commented by miki3998 at 2006-12-20 13:42
★ yoko-mama さん、優雅だなんてとんでもないです!

   本は財産よ・・・というのが母の口癖でした。この財産とはお金になるという意味ではなく、知的な部分で自分の宝になると言う意味だと思いますが、私はただながめるだけなので、知的になれませんね。もちろん優雅でもないのです。息子達を叱る時、岩下志麻のような姉御?に変わりますもの。結構ドスが利いてます! 笑
Commented by chojiiro at 2006-12-20 22:01
mikiさんの居心地の良いリビング想像がつきます。私も同じように本棚から数冊ピックアップしてリビングに置きいつでも読める状態にしておきます。それが読み終えるとまたピックアップ、数年前に読んだ本も、歳を重ねると解釈が内容の捉え方に違いが出来またそれも面白いですね。
コルビジェ・やらフランクロイドライト、ガウディなどの本も若かりし頃無理して購入しましたが今では大切な一冊になっております。そうそう、絵本も良いですね「百万回生きたねこ」「星の王子さま」なんとも微笑ましい「ぐりとぐら」のシリーズは今でも楽しんでしまいます。こんな時間がリフレッシュのパワーでしょうか。
Commented by miki3998 at 2006-12-20 23:13
★ chojiiro チャコさん、こんばんは。

  好きな本が一緒というのは光栄です。居心地がよすぎて最近はリビングだけで生活が成り立っています、???笑。クリスマスが終わるまで続きそうです。まだまだ忙しくて、本当は遊んでなんていられないはずですが・・・、怠け癖は直りませんね。

 有名で優秀な建築家には興味がありますが、実は日本人の建築家、生活しするという視点では吉村順三が好きです。山の家、まさしく私が求めていたのはこんな家だなあ・・・と思いましたが、諸般の事情により今の家です、思うように行かないのが世の常でしょうか・・・、笑。
by miki3998 | 2006-12-19 20:05 | お気に入り | Trackback | Comments(30)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧