里帰り 冬休み編  その1  息子とマウイ

b0083902_2105860.jpg


  短い冬休み、終わってしまいましたね。子供の頃は冬休みと言えば、1月18日頃まででした。いまもそうですから、姪っ子のマウイは私たちが帰ってからも、一人ぼっちで年寄り二人と、毎日ひっそりといつもの生活をしているでしょう。マウイ、短かったけれど今度もいっぱいいっぱい遊んでもらったね。

  さてと、順番が逆になりましたが、里帰り冬休み編をちょっとだけお付き合いください。

  いつものとおり、次男と私は駅弁を買い込み、(今回もお決まりの牛タン弁当と、私はカレイのえんがわ弁当、新顔です)新幹線で、いざ花巻へ。年末の28日でしたから満席状態で3時間、ついてすぐに目に入るのがこの看板なのです。
  『 歓迎 よぐおでったなっす 花巻へ 』  はい、かえってきたよぉ、はなまぎさ。笑

  
b0083902_2225946.jpg


 ついたその日はこんな風に穏やかでした。タクシーの運転手さんもこんな会話をしていました。
  「 ついせんだってまで、いらねくれふったがらっす、もはゆぎはたくさんだなあ、スキー場は困るべどのもなあ~、笑」 ですって。分かりますか?花巻弁。ところが、翌朝起きてみたら・・

   
b0083902_228835.jpg

 あたり一面真っ白な雪景色。 わあ~、喜ぶのは犬だけではありません。やっぱり北国の冬は銀世界がいいなあ。年の暮れって感じがします。し~んと静かで、どこか厳かな気持ちになります。
  
b0083902_2332694.jpg

 仲良し二人の会話です。
  「 Kちゃん、雪見たの初めて? 」
  「 いや、違うよ。でも久しぶりだなあ。 」
  「 鎌倉って雪ないの? 」
  「 うん 。」
 いいですよね、この後姿。夏休み以来ですから、ほぼ半年振りです。待ちに待ったお兄ちゃんが遊びに来てくれて、マウイも大喜び。でもまだ初日(?)は恥ずかしそうに会話がポツリポツリでした。 普段は年寄りと過ごし、共働きの両親よりも、ジジババと過ごす時間が多い姪っ子です。せめてこちらにいる間は目いっぱい遊んであげるからね。
  
b0083902_2402051.jpg

 まずは雪合戦から。 ヒェー、助けて~。すぐに逃げ込む息子です。がんばれ、マウイ!8歳と18歳、年の差を感じないのはいいことなのかしら・・・?笑
トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/6320598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chojiiro at 2007-01-11 03:12
おかえりなさい。
はい!夜ふかししておりますが、mikiさんもですね。
マウイちゃんと次男君、夏休み以来でしたね。夏はプールで。
今回は銀世界の中でのこの後姿いいですね~。
私も数日帰省しておりましたが、懐かしい家の香りはいつになっても
心が和むものですね。続きも楽しみにしております。
Commented by miki3998 at 2007-01-11 03:16
★ チャコさん、夜更かし組みどうしで深夜の会話ですね、笑。

  私達が出来るささやかな親孝行なのです。あちこち行ってみたいところが有るのですが、両親も姪っ子も首を長くして待っていてくれるうちは、私のバケーションは田舎への里帰りです。少しでも長く続けばいいと思っています。ありがとう、お疲れのところいらしていただき感謝です!
Commented by childrenmammy at 2007-01-11 06:34
mikiさん おはようございます。
東北の言葉はほんとう~~にあったかいですね。
心がほっこりとしてきます。(でも、ヒアリング不可でしょうね)^^;
mikiさんも故郷へ戻られたら花巻弁になるのでしょうね。
我が家には今、義父が遊びに来ているので、私もすっかり伊予弁です。(笑)
さて、仲良し二人組の微笑ましい姿。かわいいですね。
なんてやさしいお兄ちゃんでしょう。
いっぱい遊んだのでしょうね。
Commented by nonshi at 2007-01-11 08:59
そう、やっぱり雪あってこその北国の冬ですよね、私も先日真っ白な地元に戻ってそう思いました。もちろんきれいだけど、積もってしまうと寒さもやわらぐような気もしませんか?(寒いのだめなんです、、) だけど仲良し二人、楽しくって寒さなんて平気なんでしょうね。もう微笑ましくって。

さてご挨拶がすっかり遅れてしまいました、今年もmikiさんの丁寧な暮らし、楽しみにしています、どうぞよろしくお願いします。
Commented by kanmyougama at 2007-01-11 09:48
 『 歓迎 よぐおでったなっす 花巻へ 』  はい、かえってきたよぉ、はなまぎさ。
・・・・・・・・・・・・・・啄木の歌を思い出します。
ふるさとの訛懐かしですね・・・
>「 ついせんだってまで、いらねくれふったがらっす、もはゆぎはたくさんだなあ、スキー場は困るべどのもなあ~、笑」
つい先だってまでいらないぐらい雪が降ったからもう雪き入らない・・・.スキー場は困るだろうが・・・。
こんなところですか・・鹿児島弁も大変ですよ。

息子さんの様子がおかしいです。二人の会話ほほえましいです。

Commented by naturelle_maki at 2007-01-11 10:49
おはようございます
次男さんとマウイちゃんの仲良しの日々が始まったのですね
夏以来ですもの、待ち遠しかったでしょうね~^^
東北、まだ未踏の地です いつか行ってみたいな♪
Commented by apricot_peach at 2007-01-11 16:28
ま〜、一晩ですっかり雪化粧した景色。花巻の雪もmikiさんのお里帰りを喜んでいるのですね♪
雪の降る夜はとってもひそやかで、でも、見えていないのに雪の気配を感じますよね。雪をみると「太郎のうえに雪降りつむ。次郎の上に雪降りつむ。。。」という詩を思い出します。
息子さん、とっても優しいですね。年下の従妹さんとの仲の良さが微笑ましいです(*^_^*)
新年のご挨拶が遅くなりましたが。。。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年もmikiさんとご家族皆様にとってご健康で幸多き一年でございますように。
Commented by harunoyokihi06 at 2007-01-11 18:41
こんばんは。そちらは里帰り中に結構雪が降っていたのですね。
かわいい2人の後姿いいなあ~。
きっと夏休み以来待っていたんでしょうね、お兄ちゃんのことを。
年の差10歳ならいいですよ、我が家の子達はいとこと20歳離れているのもいます。(笑)
コンビニの歓迎の幕がいいですね。
こっちだと『よぐ、おざってけだんすなあ~』でしょう。
寒くなるとお国言葉がより身近に感じられます。
mikiさんとお知り合いになれて岩手の言葉もやさしくていいなあと思います。
Commented by cinonos at 2007-01-11 18:44
プール友達が「花巻の温泉に行ったのよ」って言ってました。
もちろんmikiさんを思い出しました(笑)
私も温泉へ行きたい~♪
Commented by paris-cordon at 2007-01-11 18:50
実は、私の妹が岩手で勉強していたことがあるんです。
その間に私も一度だけ、花巻にお邪魔したというわけです。
タクシーの方の会話。↑あんな口調でしたぁ。
残念ながら聞き取れなかったのですが、いい人だなというのは伝わってきたのを覚えてます。
妹は 今でも「岩手の人はいい人だらけ」と笑顔でのんびりとした逸話を話してくれます。
まだまだ花巻の記事は続くんでしょうか?
まだまだ見たいです^^
Commented by amamori120 at 2007-01-11 19:17
miki先生  お晩です。
あぁ はなまぎ って雪国なんですねぇ
音が雪に吸い込まれて、シーンとした静寂が伝わってきます。

まだまだ続きますね?
Commented by frumity at 2007-01-11 21:01
おかえりなっし^^。
はなまぎの こげな雪げしきはぁ ここでねと 見られないもんでのす。
(↑長岡輝子さんを想像して 彼女に話してもらって・・です^^)
さぶかったでしょ。
ほら こさ来い(炬燵の布団の一辺をパタパタ持ち上げる)
あったまってけ。(と言うかしら・・?)

ごめんなさい。ちょっと真似てみたのですが
折角のミキさんのお話に水をさすといけませんので此の辺で・・。
仲良しふたりは会話がなくても つながっていますね。
優しいおにいちゃん!                           みty
Commented by suu-life at 2007-01-11 22:16
mikiさんの故郷を思う気持ちが溢れているから
文章に誘われて私も花巻に行きたくなるのです。
また時折、花巻弁で語りかけるのも好きなのです。

アラ、 ↑みtyさんの長岡輝子さん、
 「ほら、こさ来い」(炬燵の布団の一辺をパタパタ持ち上げる) ウケました。^^
Commented by miki3998 at 2007-01-11 23:01
★ childrenmammy さん、

  うだうだ、そのとおりだぁ。すぐはなまぎべんになるのっす。わがらねべなぁ、おらほのこどば。もさげでども、もべっこつぎあってけでやぁ。

  おらほのむすこはなはん、まだまだただのぼんずっす。いづまでたってもこどもだぁ。ゆぎっこみるど、いぬみでによろごんではしってるっけ。ゆぎふってもさむぐねがったがら、いづまでもそどであそんでらのっす。おばさんは、すんぺしてらけどもなは。こどもはかぜのこだもの、すかだね~。笑
Commented by miki3998 at 2007-01-11 23:05
★ nonshi さん、こちらこそ、今年も素敵なブログ楽しませていただきますね。

  姪っ子は冬休みが始まる前から毎朝電話してきて、「Kちゃん、いつ帰ってくるの?」とリクエスト。毎朝ですよ~、根負けしてしまいました、笑。それくらい待ちに待っていたくせに、いざ着いてみると、照れちゃってなかなかお話できない子なんです。可愛いです!昔の私にそっくりです・・・あれ~?笑
Commented by miki3998 at 2007-01-11 23:10
★ kanmyougama 先生、花巻弁、おわかりになったようですね。笑

  私は普段でも息子達には花巻弁で接したりしています。特に注意したり心配したりすると、つい花巻弁になります。なぜでしょうね?
  
 うちは息子だけなので、姪っ子は家族全員が可愛がっています。一人っ子なので少々我侭ですが、年寄り思いのいい子なんですよ。長男は仕事で帰れませんでしたが、一番可愛いと思っていると思います。いいですよね、親戚ってね。
Commented by miki3998 at 2007-01-11 23:14
★ naturelle-maki さん、覚えていてくれたのですね。

  息子と姪っ子、本当に微笑ましいです。普段共働きの親なので、充分可愛がってあげられないと弟夫婦は心配していますが、おじいちゃんおばあちゃんがその分心から愛して育てているので、とても素直です。うちの息子達とは離れていてたまにしか会えませんが、時々電話をしてきます。本当に兄妹のようなんですよ。ダイ君とナギちゃんみたいでしょ。笑
Commented by miki3998 at 2007-01-11 23:33
★ apricot_peach さん、三好達治の『 雪 』という詩ですね。

  雪の日って不思議と辺りが静かなんですよ。そしてほんのり暖かいのです。しんしんと降る、と言う表現がありますが、まさにそんな風景でした。
  遠く離れたいとこ同士ですが、とても仲がいいのです。息子も根気よく遊んでやります。それは仕方なくではなく、これからもきっといい相談相手になることでしょう。
 素敵なお正月のお花を拝見しました。お料理もご趣味も多彩で、いつもワクワクしながら拝見しています。今年も色々と教えてくださいね。
Commented by miki3998 at 2007-01-11 23:39
★ harunoyokihi さん、この『 歓迎 よくおでったなす、花巻へ』は、新幹線の駅の出入り口にかかる横断幕なんですよ。駅に降り立った途端に目に入るんです。毎回ですが、ほっとします。笑

   雪がない日に帰りましたが、一夜明けたらこの風景、びっくりでした。29日の朝です。車のドアも開かないくらいに凍りました。でも寒くないんです。不思議ですね。静かでどこか優しくて、雪の日って大好きです。住んでいる人には迷惑な場合もありますが・・・。
Commented by miki3998 at 2007-01-11 23:42
★ cinonos さん、是非いらして見てくださいね。

 義妹は温泉のホテルに勤務しています。お安くしますよ~、笑。
 田舎ですから何もありませんが、冬は特に墨絵のような雪景色の中、露天風呂・・・・堪えられません~、笑。おでってくなんせ。
Commented by miki3998 at 2007-01-11 23:47
★ paris-cordon さん、そうでしたか、花巻にね。嬉しいです!

  春も秋も、夏もいいですよ~。でもね、寒いけれど冬の花巻、いいです。みんな背中を丸めてスカーフを姉さんかぶりにすっぽりと顔まで隠して歩いてます。雪を踏みしめて歩くのって、好きだなあ。ギュッギュッっと音がします。積もった雪を踏む音です。
 小さい頃はもっと雪が降って、家の軒先には長~いツララが張り付いていました。それをとってなめるんです。雪だるまも雪合戦も、昔の子供は雪の日も元気に外で遊んだものです。また是非花巻へいらしてみてくださいね。お妹さんに宜しくです。
Commented by daikanyamamaria at 2007-01-11 23:48
mikiさん、お帰りなさい^-^
美しい雪景色。。。
小さな心の嬉しさが、画面からしっかり伝わってきます。
故郷って良いですね。
↓の赤いストーブも、心に優しい温かさを灯してくれました。
ゆっくり、鎌倉に伺って mikiさんのお話が聞きたいです♪
Commented by miki3998 at 2007-01-11 23:49
★ 雨漏り先生、はなまぎは、ゆぎっこふるのっす。笑

  モタモタしているうちにもう今日は鏡開きでしたね。
  もさげねなっす、もべっこつづぐのっす。さいごまでみでけでやあ。
Commented by miki3998 at 2007-01-11 23:57
★ furmity さん、なんたらうまぐなったす。おめはんもはなまぎのひとになってけでは。

  こっちへ来てコタツにあたりなさい→こっちゃきてこだつさあだれ~。
  こ → 来い、来なさいの意味です。
 べっこ → すこし 
  け → 食べなさい 

つまり 『 こっちゃこ、なんたらぁ、まんつ べっこ け。 』とは、
     こっちにきて~なによぁ、まづはすこし食べてみなさいよ  という意味です。 
 以上、ミセス長岡の花巻弁講座でした! 笑
Commented by miki3998 at 2007-01-12 00:05
★ suu-life さん、アハハ、みtyさんの花巻弁ウケたよね~。

   私ね、花巻弁で話すのって、ぜんぜん恥ずかしくないの。よく東北弁って、ズーズー弁てゆうでしょう。田舎は時間がゆっくり流れているし、冬は寒いから口数が少なくなるの。青森にくともっとですよ。

  な、どさ? わ、ゆさ。 これって、二人の会話でね。あなたどこに行くの?私、お湯(風呂)に行くの・・という普通の会話です。青森のね。

  花巻弁は南部藩の言葉、青森弁は津軽藩の言葉らしいのですが、微妙に違います。ちなみにうちの父は仙台ですから伊達藩です。笑

 そうだなあ、早春の花巻にでもいらしてみてくださいな。ネコヤナギやふきのとうが土手に生えていて、北上川沿いのイギリス海岸( 宮沢賢治が名付けました。ドーバーに似ているのだとか) なんかを散歩してみてください。手を後ろに組んだ賢治が歩いていそうですよ。
Commented by miki3998 at 2007-01-12 00:12
★ daikanyamamaria さん、こんばんは。

  また田舎のおはなしです。代官山の洗練された雰囲気とは無縁の、なんとものどかな、そして何もない山と田んぼだけの町のお話です。
 
  うちの子たちって、こちらにいるよりも田舎にいるときのほうが似合っているような気がします。もちろん私も根っからの田舎ものですから、すぐに溶け込んでドロドロになります、笑。
 
 赤いストーブのレストランは、B& B つまりベッド&ブレックファストのレストランなんですよ。『 無ら里 』(ぶらリ) で検索してみてください。ホームページがでてきます。ジャズやクラシックのライブもやっていま手、オーナーのセンスが光る、とても温かい家庭料理のお店です。
Commented at 2007-01-12 10:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miki3998 at 2007-01-12 10:28
★ 鍵コメ 10:04  さん、

   そうですか、方言はその土地の人と話すときに使えばいいわけで、こちらではまず話す機会はありませんね。でも忘れたくないなあと思っています。

  お誘いありがとうございます。是非、お供いたします。宜しくお願いします。
Commented by 純じゃぱ at 2007-01-12 14:37 x
遅ればせながら・・・あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。花巻かえってらしたんですね。久々にゆっくりされたことと思います。そういえば私もしばらく雪は見ていないですねぇ。ワタシですか?年末年始は日本に帰ってました。それで韓国に家族で旅行に行きました。焼肉はおいしかったけど、やっぱりさぶかった~~。それでは!
Commented by miki3998 at 2007-01-12 17:03
★ 純じゃば さん、はい、おめでとうございます。

  今年も英語で遊ばないと?ね・・・笑。

  韓国にいらしたのですね、う~ん、焼肉の音と香りがしてきました。ジワ~ってね。家族サービスもしっかり怠らず、もうアメリカにお戻りなのですね。お体に気をつけて!今年も宜しくお願いします。
Commented at 2007-01-12 17:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miki3998 at 2007-01-12 21:04
★ 鍵コメ 17:40  さま、
 
   了解しました。それではご連絡を差し上げますね。ご丁寧にありがとうございました。宜しくお願いいたします。
Commented by azumi_diary at 2007-01-12 21:42
次男君ほんとに優しいおにいちゃんですね!
二人の後ろ姿がとっても微笑ましいです。
私は結婚27年の中で実家でお正月を過ごしたのはたったの2回です。
いつも夫の実家と決まっていて・・・。たまには実家でのんびりお正月を過ごしてみたいです。
Commented by jsby at 2007-01-12 22:01
マウイちゃんって、とても可愛らしいお名前ですね。漢字だとどんな字を書くのでしょう。上から4番目のご次男との映っている写真が、とても印象的。そのままでも、二人の会話が聞こえてきそうです。10歳違いでも、あと10年も経てばマウイちゃん、まばゆいばかりの素敵な女性になっていることでしょう。ご次男もmikiさんに似て、優しい息子さんですね。
Commented by miki3998 at 2007-01-12 22:06
★ azumi_diary さん、こんばんは。

  私は恵まれていると思います。年に2回は里帰りしておりましたから。ただ子供が大きくなってからのほうが、合宿や受験で帰れませんでした。一番辛いのは親が病気になった時にすぐ帰れなかったことでしょうか。親も私が心配するからといって、入院していることを隠していました。弟が後で知らせてくれたのですが・・・。また私も自分の病気や子供の怪我など、親が心配することは隠しました。嫁に出ると言うことって、こんな風なのかなあ、なんて悲しくもなりましたね。
 帰りたくても帰れない方はたくさんいらっしゃると思います。本当に幸せです。
 息子ですか? 優しいのか幼いのか・・・本人は結構楽しんでいます。笑
Commented by miki3998 at 2007-01-12 22:19
★ jsby さん、ありがとうございます。

  舞衣と書きます。この写真は親バカですよね。二人の後姿もいいなあ、と慌ててカメラを向けました。このまま二人とも素直に育って欲しいです。無理かもしれませんが・・・笑。
Commented by matoi1177 at 2007-01-12 23:04
お里帰りの様子・・まだまだ続くのですね。嬉しい♪
美しい風景写真に癒されてます。
そして、一面の銀世界、真っ白な雪・・。何年も触れてないもの・・・。
マウイちゃんも、優しいお兄ちゃん相手に雪合戦が出来てご機嫌
だったわね~。私も仲間に入りたいくらい。懐かしいわ~。
Commented by miki3998 at 2007-01-12 23:12
★ matoi さん、田舎って何もないんですよ。

  雪の日は雪遊びでもしないと、何もないの。スキーには足りないし、スケート場は遠いし・・・。エネルギーが有り余っている子供達は、犬のように駆け回っていました。ワタス?もちろんコタツで丸くなる~♪でございます。
Commented by tablemei2 at 2007-01-12 23:13
ご挨拶が大変遅くなりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!
↓のテーブル、イエローとグリーンでとってもhappyな気がします^^
すてきな新年の食卓ですね♪
Commented by miki3998 at 2007-01-12 23:28
★ tablemei さん、こちらこそ、おめでとうございます。

  もう主婦にとっても普段どおりの生活に戻りましたね。
  このテーブルランナーは中国のもので、龍と竹の絵が刺繍されています。縁起がいいのだとか・・・。グリーンやイエローって、なんだか元気になる色ですよね。今年も健康で家族みんなが穏やかに過ごせたらと思います。
Commented by ゆうゆう(こすもす) at 2007-01-13 00:04 x
mikiさんの温かいお国言葉とともに行った事のない花巻がお写真の画像のせいでしょうか。
懐かしくて、懐かしくて、雪道を歩く自分を想像してみました。
きっと自分にとってのふるさとのイメージはこういうものなのでしょうね。
おにいちゃんとかわいいマウイ君・・いいシーンですね☆
温かいお話ありがとうございました。
Commented by miki3998 at 2007-01-13 00:31
★ ゆうゆうさん、こんばんは。

  昔ほど雪が降らなくなりましたが、やはりこんな景色は懐かしいですし、田舎に帰ったなあと実感します。年の暮れは雪の中を元朝詣りに出かけたものでした。不思議と寒くないのです。行き交う人と、「おめでとうございます」と会話を交わし、新年の喜びを味わう・・・そんな素朴なお正月でしたね。
 マウイも8歳、ほとんどジジババに育てられたような子です。でも本人はやっぱりパパとママが好き・・・当たり前ですね。笑
Commented by eaglei at 2007-01-13 07:36
ここで雪を見れて、感激です。
しばらく見てなかったから~(笑)

良い風景ですね~♪ 息子さんとマウイちゃんの二人の姿が良い~!
mikiさんらしい、ほのぼのとした記事ですね。
雪は冷たいけれど、この記事は温かい~。
Commented by miki3998 at 2007-01-13 11:45
★ eaglei さん、そちらは年末に行き降りませんでしたか?

   雪の日は不思議と静かでどこか暖かいのです。久しぶりにこんな風景を見たので、息子も私も田舎に帰ってきたという実感に浸りました。
  雪にまで歓迎されて、幸せものです、私達は。
by miki3998 | 2007-01-11 02:50 | 旅行 | Trackback | Comments(44)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧