テーブルウェアフェスティバル2007 万年青を飾る

b0083902_20401759.jpg


  2月9日金曜日、この日私はブログのお友達お二人とご一緒に、東京ドームで開催されている『 テーブルウェア・フェスティバル2007 暮らしを彩る器展』に行ってまいりました。
  日本の伝統的な陶器・磁器・漆器はもとより、海外からも洗練された食空間を演出するブランドの豪華な食器が展示され、久しぶりに目の保養をさせていただきました。

  私は食器やテーブルコーディネートも興味がありますが、やはり作品の横に飾られた珍しい草花や、嗜好を凝らせてテーブルを飾るだけに終わらないその奥の季節感に注目いたしました。
  写真はアマチュアの方が提案された食空間コンテストの作品です。テーマは「定年を迎えたご主人への祝いの食事」でした。 テーブルコーディネートのプロではないので、批評めいたことは出来ませんが、無理のないゆったりとした空間に、食事と安らぎがバランスよく感じられ、何よりもご主人をねぎらう奥様のお気持ちが現れていると感じました。

 それはテーブルの上の 『 おもと (万年青)』です。
 真ん中に飾られたフラワーアレンジメントではなく、テーブルのはじのほうにそっと飾られています。きっとお庭から摘んできたおもとや南天の葉、菊の花が2~3種類でしょうか、さりげないけれど祝いの席を彩るに相応しい花あしらいだとおもいました。
 元来おもととは、おめでたいお花で、新築祝いや引っ越し祝いに使われます。あの徳川家康も江戸城に入る時、床の間におもとを飾ったと言われます。漢字で万年青と書くのは、葉の色や姿が一年中青青としていること、災難から家を守りその家の末代までの繁栄を表す植物なのです。不老長寿の縁起のいい植物としても有名で、強心と利尿効果が有るとされています。大きな葉はその赤い実を寒さから守り、そして実は増えてゆく・・・まるでこの青い大きな葉がご主人で、家族と言う赤い実を守って生きてきた姿を表しているように感じました。
 
b0083902_21193337.jpg


  この日ご一緒したのは、インテリアコーディネーターの丁子色さんと、お稽古事も家事や子育ても一生懸命の杏さんのお二人です。会場を埋め尽くす数々のブランド食器の素晴らしさにため息をつきながら、お二人ともカメラのシャッターを切っておられました。実は私はパソコンが壊れてしまって写真を取り込めません。事情をお話しましたら、丁子色さんが私が気になる作品を撮ってくださって、送っていただけることになったのです。流石でしょ、焦点のあて方はインテリアコーディネーターの目ですよね。

  テーブルの上のシルバーのお重の中には、きっと奥様が腕を振るって作られた、ご主人の好物ばかりが入っていたと思います。我が家では主人がフリーで仕事をしておりますので、定年はありませんが、いつかこんな風に、子育てや仕事の苦労を振り返りながら、お互いをねぎらうような素敵な食卓を楽しみたいと思います。もちろんテーブルの上には万年青を飾ってね。
トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/6461141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 丁子色 at 2007-02-11 19:26
タイトル : テーブルウェア・フェスティバル2007   第二弾
海外特集ではロイヤルコペン、日本の六古窯では器が語る悠久の時、漆のある暮らしと、コンセプト中に思い思いのシーンが繰り広げられておりました。 中でも今回大賞に輝いた作品は、色の使い方、ディテール、モジュール(寸法)の調和の見事さ。肩の力を抜いて構成しているようでいながら実は細部まで計算され、そこから引き算を繰り返し完成させたシーンは、無駄を削ぎ落とし実に美しい~。 また日本の伝統色に心を動かされてブログ名「丁子色」にした私、こんな美しい日本の伝統色を使いこなせるように努力しなくてはと背中を押され...... more
Tracked from 代官山だより♪ at 2007-02-12 18:42
タイトル : テーブルウェア・フェスティバル15th in 東京ドーム..
今回で15周年を迎えるテーブルウェア・フェスティバルに、マダム・セゾンのご招待を受けて行ってきました。 江上料理学院院長・料理研究家でもある江上栄子先生の 「器を生かす、効果的な料理の盛つけ」 ~キャンパスに見立てて、四季を楽しむ。~ の、ご講演がお目当てでした☆..。.゚。*・。♡ 佐賀県有田焼の窯元「香蘭社」の深川家ご出身で、パリ・コルドンブルー料理学校の最終課程修了証書を習得後、世界60カ国あまりを訪ね、家庭料理の研鑚を重ねられた江上先生。 神様への感謝が日本人の美意...... more
Tracked from 沖縄のお菓子教室・Le .. at 2007-02-12 23:43
タイトル : 気になる新作@東京
先週も東京に行ってきました! (また。。。 です。) いつものように、木曜日の朝のレッスンを終わらせてビュ~ンと飛んじゃいました^^ 今回の楽しみの1つはテーブルウェア・フェスティバル@東京ドームでした。  会場を歩き回って疲れ果てましたが、お菓子教室用にゲットしたい食器と出会いましたょ。 フランスが誇る高級リモージュ・ブランドの「HAVILAND」から4月に発表予定の新作です。 お菓子教室にはぴったりなデザイン!  ちょっとポップで、軽やかで。。。 いいなぁ♡ ↑ケーキ皿とカ...... more
Commented by tablemei2 at 2007-02-10 22:28
こんばんは♪
心がこもったあたたかい食卓ですね。
祝いの膳にぴったりの万年青の三色が活かされていてきれいです♪
ドームには行けませんが、こちらで拝見できて嬉しいです^−^*
Commented by antsuan at 2007-02-10 22:31
こんなお料理を出してもらえたら、本当に定年を迎えた誇りを持てるでしょうね。イヤー、満足して次の日ぽっくり逝っちゃうかもしれません。しかし、料理に真心を込める方法っていろいろあるものなんですね。感心しました。
Commented by azumi298-i at 2007-02-10 22:35
テーブルウェア・フェスティバル行って来られたのですね、羨ましいです。
私は今年は行けそうにありません。
mikiさんが気に入られるだけあって、シックで洗練されたステキなコーディネートですね。
ところでこのワイングラス、家の店で扱っている金沢の井上美樹さんのもののようです。
持つ部分に空気が雫のような形で現れるんです。それにぽってりとした形が手に心地よいし。。
なかなか売れないのですが、私は気に入っています。
風邪、全快されたようで良かったです。^^
Commented by fragrance-aroma at 2007-02-10 22:57
こんばんは。
私も実はインテリアの仕事をしたことがあって、こういう催し物、大好きです。ため息ついてしまいますよね。
センスがないから、辞めてしまいましたが、でも、こういうデザインというか
空間の世界、未だにうっとりします。
シルバーのお重、素敵です。
撫子


Commented by mint2 at 2007-02-10 23:34 x
miki先生♪
「万年青」という言葉、初めて知りました。素晴らしいですね。人の人生の節目節目にこういった季節や人を畏敬する思いがあることって日本人として誇れることですよね。ウチもフリーで仕事をしている人なので定年はないのですが、私がこういった感謝の気持ちとねぎらいができるいくつかの食卓を作ってあげなければとあらためて思いました(^^)miki先生ありがとうございました。明日はウチの人と一緒に沖縄の一足も二足も早い桜をみてまいりますね。
Commented at 2007-02-10 23:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by frumity at 2007-02-10 23:55
「万年青」 新居には欠かせない植物ですよね。
以前はどちらの家にも鉢か地植えかは別としても ありましたよね?
でも強心と利尿とは知りませんでした。 また勉強いたしました^^。

テーブルウエア・フェスティヴァル 混雑していましたか?
チャコさんとご一緒でいらしたのですね。
専門家同士でお話も弾まれたでしょう。                 みty

Commented by amamori120 at 2007-02-11 00:19
miki先生 お晩です。
この催し、12日までだそうですね。 行きたいなぁ。 気力が湧いてくれば
miki先生と同じ感動を味わえるのにな、なんて考えています。
佐賀の小城羊羹他も出てるらしいんですヨ
う~ん、どうしよう?
                           雨漏り書斎主人
Commented at 2007-02-11 00:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by naturelle_maki at 2007-02-11 01:08
こんばんは
テーブルウエア・フェスティバル行かれたのですね
昨年から他の方のBLOGなどで気になっていました
いつか子育てが一段落ついたときに行ってみたいなぁと思っています
mikiさんにchakoさんと専門家同士でのお話もつきなかったでしょうね
「万年青」 というとは知らないことでした
いつも勉強になります
引っ越したら、こういう風に飾らなくてはいけませんね ^^
”華麗なる一族”のテーブルウエアも並んでいたとか。
ごらんになられましたか?
Commented by cinonos at 2007-02-11 08:33
実は前職時代、仕事が仕事だけに招待券を数度いただいたことが。
結婚してからも夫がもらってきたり。
なーのーにー。1度も行ったことがないんですよ(汗)
いつも都合がつかずにいけないの(涙)
Commented at 2007-02-11 09:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukky1480 at 2007-02-11 10:05
こんにちは!ご無沙汰しちゃってすいません。ペコリ
テーブルウェアフェスティバル行かれたんですね。
私も毎年のように行っていたのですが昨年から行っていないんです(行く時間がなくて・・・)
素敵なテーブルコーディネートを見るのがとっても大好きです。
素敵な写真ですね。平日は混んでいませんでしたか?
Commented by apricot_peach at 2007-02-11 11:28
こんにちは♪
先日はとても素敵なお時間をご一緒させて頂きありがとうございました。
mikiさんとchakoさん 二人のプロの視点からのお話を伺え 有意義な時を過ごすことができました。
「おもと」は「万年青」と書くのですね。
新居には欠かせない、災難から家を守りその家の末代までの繁栄を表す とても縁起の良い植物なのですね。さらには色々な薬効もあるとは・・・お勉強になりました。

感性の豊かなお二人と出会い、素敵なテーブルコーディネートも見ることができ、本当に感謝の一日でございました。
この素敵なご縁を大切にさせていただきたいと思います♪
Commented at 2007-02-11 11:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by smile-cake at 2007-02-11 11:59 x
はじめまして。
昨年末の素敵なリースの記事以来、こちらへ遊びに来ていました。

テーブルウェア・フェスティバルは私も見てきました。
多くの展示の中で、アマチュアの方々のコーディネートが
自然で素敵だなぁと思いました。家族への優しさがこもっていて、
お食事のときの笑顔が見えるようでした。

インテリアのプロとお花のプロがご一緒に行かれると
鋭い視点とコメントでお話されたんでしょうね。
私はそちらの方に興味があります(笑)

これからも、どうぞよろしくお願いします。
Commented by mikikof3 at 2007-02-11 13:10
こんにちは♪
万年青。大昔(?)大流行したそうですね。
夫の祖父も凝っていたようで、専用の鉢が縁の下に転がっています。
庭には地植えの万年青もあるけど、今まで興味がありませんでした。
庭と言えば 『イングリッシュ・ガーデン』 に憧れていましたが、今は和風の庭もステキ!と思えるようになってきました。
これって歳のせいかしら?(^^;)
シンプルで落ち着いたテーブルコーディネイト。
よいお手本となりますね。
Commented by emilia2005 at 2007-02-11 16:46
最近になってようやく
キッチン用具や食器やテーブルクロス…
そういうものに目が向くようになりました。
見れば見るほど色んなタイプがあって
どれもこれも好きなものばかりで…。

さりげない花のあしらいに心が和らぎますね。
イタリアはどっちかというとゴージャス!
自己主張!花がここにいますよ~!ですから。
わがやはテーブルが小さいので
季節の花をコップにさして飾ってます。
それだけでも違いますものね。と自己満足。
Commented by miki3998 at 2007-02-11 17:03
★ tablemei2 さん、会場は人、人、人・・・・でした。

  最近はインテリアやテーブルコーディネートに興味をお持ちの方が増えて、熱心に観察している方が多かったですよ。もうプロだけの世界ではなくなりましたね。
   画面は作品の一例ですが、こちらを選んだのは季節感と作者の思いがとても自然で、温かさと肩肘を張らないゆったりした空間の演出だったからです。何より普段から草花と触れ合っていると想像される素直さを感じました。
Commented by miki3998 at 2007-02-11 17:08
★ antsuan さん、 定年まではまだまだですよね。

  もしその日が来ることがありましたら、ぜひ私からお花を贈らせてくださいね。もちろん奥様に了解を取ってね。きっとお重にはantsuanさんの大好きな郷土料理がならぶのでしょうね。
Commented by miki3998 at 2007-02-11 17:19
★ azumi298 さん、さすがですね。目の付け所が違いますね。

  伝統的な和風の小物使いの中に、グラスや布使いに工夫があり
モダンでさりげない演出になったと思います。お名前は存じませんでしたが、井上さんと言う作家さんのグラスだったのですね。きっとファンも多いと思いますよ。色合いを抑えたコーディネートの中で、このシルバーのお重が一際シックで大人の食卓と言う感じでした。
Commented by miki3998 at 2007-02-11 17:26
★ fragrance-aroma さん、インテリアのお仕事もされていたのですね。

  私はセンスとはこだわりだと思います。言いにこしたことはありませんが、みんなと同じで安心をしている傾向は疑問に思います。
  たくさんのものを観て、実際に使ってみて,失敗を繰り返しながらも独自のスタイルを持つ人は、レベルの高いセンス、つまりこだわりも本物ですね。そうなりたいと思っております。まだまだ修行が足りませんが。
Commented by miki3998 at 2007-02-11 17:33
★ mint2 さん、おもとを万年青と書くのですって、中国では。

   日本では大元と書いたりもします。すべての大元になるという意味でしょうか。うちの庭にもありますが、最近は実を付けてくれません。植え替えたのが良くなかったのかしら。
  ご主人様との沖縄旅行、楽しい思い出をいっぱい作ってきてくださいね。レポートお待ちしていますね
Commented by chojiiro at 2007-02-11 19:29
こんばんは、先日はご一緒にさせていただき、またmikiさんのライフスタイルのお話に心を動かされました。
なにやら、器に焦点があたりみきさんが大事にされているお花がボケボケに、、、なんというミスを!!
「万年青」を見ると母の生け花を思い出します。きっと家族への想いを込めて活けたのかとその姿を思い出しました。
庭先に生育するお花を、心を込めて活け、手料理で夫を迎える、こんなシーンを考えますと、私にしかできない想いを込めたお祝い、まだまだ先ですがそんなシーンに応えられるよう生活を楽しむ術を身につけていこうと真剣に思いました。このテーブルいつ見てもあたたかさが込められていますね~。TBいただいてまいります。
Commented by miki3998 at 2007-02-11 19:34
★ 鍵コメ 23:49 さん、

  とんでもないです。こちらこそ失礼しました。
  これに懲りずにお付き合いくださいませ。
Commented by miki3998 at 2007-02-11 19:42
★ furmity さん、 レッスンのほうはいかがですか?

  インテリアやテーブルコーディネートの勉強って、奥が深いですね。器のこと、リネンのこと、季節感・・・etc 日本の伝統文化やしきたりも知ってゆくと、毎日の生活や食卓の上に、今までとは違った趣向を凝らしたくなりますね。
 主とは我が家にもあります。亡くなった義父が大切に育ててくれた万年青です。薬に使うのは赤い実の部分で、つぶしてせんじて飲むらしいですよ。偉そうなことを言ってますが、すべて実家の母の受け売りです。笑

 
Commented by miki3998 at 2007-02-11 19:46
★ 雨漏り先生、まあご興味がおありだったのですね。

  確かに会場の喫茶コーナーにはおいっしいお茶やお菓子も販売されておりましたよ。明日までですが、最終日なので混雑が予想されますね。
  美味しい羊羹とお抹茶で先生とご一緒したかったです。次回は是非!
Commented by Ziggy at 2007-02-11 20:12 x
Mikiさん、風邪はもう回復しましたか~?
私も テーブルウェアフェスティバル、火曜日に行ってまいりました。
素敵なアレンジメントがたくさんありましたね。
私も毎日は無理でも年に1,2回ほど 特別な日にはちょっといつもとちがったアレンジができるようになりたいです。
器も沢山種類がありすぎて かえって目移りしてしまい、何も買わずに帰ってきてしまいました。 Mikiさんは?
Commented by forcek at 2007-02-11 21:36
mikiさん、ご無沙汰してます。
元気ですかー(笑)
Commented by miffy-t_spring at 2007-02-12 00:48
mikiさん、こんばんは。
万年青ってこういう漢字だったのですね・・(初めて知りました^^;)
前の家に住むことになった時、母が万年青を持ってきて
玄関脇に植えてくれたことがあったんですが、、
こういう意味があったのだと今になって知りました(お恥ずかしい限り)
テーブルウェアフェスティバル、行かれた方多いですね~
ブログを拝見していて、このフェスティバルのことを記事にされてる
方が数名いらっしゃいました^^
私も今度、機会があったら行って見たいなと思います!
Commented by lymphe-beauty at 2007-02-12 02:12
こんな「素敵」な催しがあるなんて知りませんでした。
食卓のあしらいだけでなく、生活全般に応用出来る「エッセンス」が一杯あった事でしょうね。
あぁ・・素敵。
私も少し、周りをみる余裕が出来たら、こういった「エッセンス」を生活に活かせる様になりたいです。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 09:00
★ 鍵コメ 00:30 さん、

   おもさげながんす、き~つかわせだなはん。
   つぎがら そうするがらねぇ。まってでやぁ。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 09:05
★ naturalle-maki さん、

  おもと は 大元 とも書きます。 万年青は その意味から来た言葉のようですね。 その家の繁栄を象徴する植物です。ぜひ新居完成の折には、庭の片隅にでもいかがですか?
  フェスティバルの会場の一番前のブースが大倉陶園でした。そしてそこに『 華麗なる一族 』コーナーがありましたよ。
 話題になっているだけに、凄い人だかり。ゴージャスな食器ばかりでしたね。 好むかどうかは別として・・・・ね。笑
Commented by miki3998 at 2007-02-12 09:22
★ cinonos さん、 次回はぜひ!

   暮らしの器展ですから、食器がメインですが、他にも生活の道具が展示されていますし、お茶やお菓子のコーナーもあるようでした。
  広すぎてまわりきれず、お腹が空いたので東京ドームのホテルで食事をしました。あの日、ホテルも会場から流れてきたお客様がほとんどだったと思います。中華バイキング、全部おばさん・・笑、 でしたから。
Commented by yuming at 2007-02-12 09:22 x
mikiさんとchakoさん杏さんの知的な会話を聞きたかったわ~
万年青のいわれ、mikiさんならではの説明、なーるほど、とうなずくばかりです
お花ひとつひとつにおだやかな目を向けて微笑んでるmikiさんは、私の憧れなので、レッスンを受けるたびに、幸せになります
(そのわりには、食べてばっかりって?へへ、反省)
金曜日のミモザのレッスン、よろしくお願いします♪
Commented by miki3998 at 2007-02-12 09:27
★ 鍵コメ 2.11 9:55 さま、ようこそいらっしゃいました。

   リンクの件、喜んで。これからも宜しくお願いいたします。
   車のこと、インテリアのこと・・・・好きなテーストが似ているのかもしれませんね。どうぞ今のお車、大切になさってくださいね。
  うちのチェロキーも快適です。車高が高いので、今までと違った景色への感動がありますね。ライフスタイルも少し変わったかもしれません。もともとじゃじゃ馬のわたしですから、可愛い相棒が出来た感じです。
 こちらからもお邪魔させていただきます。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 09:31
★ yukky さん、行って来ましたよ。

  何年か前にも一人で行きました。有元さんのブースがあった年で、モノクロのたしかジノリの食器を使っていたような記憶があります。

  ブログの影響もあってか、カメラ片手の中年(?)女性が多かったように思います。今日は最終日、きっと混んでいるでしょうね。 笑
  来年はご一緒しましょうか?
  
Commented by miki3998 at 2007-02-12 09:37
★ apricot_peach さん、

  本当に楽しい一日でしたね。もうずっと以前からの知り合いのように打ち解けて、皆さんとご一緒できてよかったです。
 おもとは やはり 大元という風にも書きます。万年青は実家の母から聞きました。帰宅後、実家の母に報告がてら、電話で教えてもらいました。以前にも教えたでしょ・・・と叱られました。もう、物忘れが母以上の私。お恥ずかしいです。

 このイベントは色々な方がブログノ記事にすると思います。それだけテーブルコーディネートに関心が集まっていて、こだわる方が増えたのだと思います。それぞれの観点から、違った記事がいろいろ・・・。楽しいですね。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 09:38
★ 鍵コメ  11:30 さん、

  お手数をおかけしました。助けていただいて、本当にありがとう。
  次の記事に使わせていただきますね。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 09:48
★ smile-cake  さん、 ようこそいらっしゃいました。

  会場にいらしたのですね。プロの方からの食器使い、いかがでしたか?午後のお茶や、お友達との語らい、お子様のお誕生日パーティー、そしてご夫婦の記念日・・・。テーブルの上にはそれぞれのこだわりが表現されていましたね。
 私は色彩の使い方と、季節感を表現する小物や草花に注目してみました。今の季節意外を表現するには、生の花は無理ですから、必然的に造花になるのかもしれませんが、ちょっと残念でしたね。

 お仕事柄、洋食器の新作には特に時間をとられてごらんになったのではないかしら。 知識もセンスも自信が無いので、こちらからもお邪魔して色々と教えていただきたいです。どうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 09:53
★ mikikof3 さん、

  そうそう、実家の庭先、玄関の横にもあるんですよ、万年青。
  義父も万年青をマンションのベランダで育てておりました。この植物の持つ意味に魅力を感じて、いまだに万年青の人気はあるようです。

 うちの庭は狭くて小さいのですが、ハーブはキッチン近くに、和風の植物は奥のほうに、壁沿いにはバラやパンジーと、ゴチャゴチャガーデンです。万年青はその庭の入り口に植えています。地味ですが・・・笑。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 10:00
★ emilia 2005 さん、おはようございます。

  イタリアのキッチングッズも素敵ですよね。私はひところイタリアもの(?)に懲りました。アレッシーの遊びのテーストが好きで、エスプレッソメーカー、ワインオープナー、ワインクーラー、などなど。デザイン重視だったので、その頃ね。笑

 子供が小さかった頃、母親としての感覚もいまよりもっとゆったりふっくらしていたような気がします。ナチュラルなものに憧れたり、手作りのものにこだわったりね。
 これからは息子達も独立し出ていくでしょうから、自分のこだわりに磨きをかけてもの選びをしたいです。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 10:07
★ chojiiro さん、ありがとうございました。

  お写真気になさらないでくださいね。他力本願で記事を書くこと自体、申し訳ないと思っています。それに、この作品の中で、この花あしらいは脇役ですから、全体を見ていただきそれを感じ取っていただけるのがいいと思います。布使いも食器も、グラスにさへ、どう、どう?という華やかさは無いけれど、控えめな中にご主人へのねぎらいの心が感じられる作品だと思いました。
 普段の食卓のささやかなコーナーにも、自分のこだわりがさりげなく置かれているような、そんな生活を心がけたいと思いました。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 10:13
★ Ziggy さん、そちらの記事も拝見いたしましたよ。

 きっとたくさんのブロガーさんが、会場のあちこちでカメラのシャッターを押していらしたのではないかしら。

 コンテストですから、皆さんテーマを決めて趣向を凝らしたゴージャスなものが多かったですね。自宅でそのまま実践と言うわけにはいきませんが、これは・・・と思うテーブルから、ヒントをいただいてきました。
 私は完璧なテーブルは苦手、どこかに遊びがあったり、ゲストもホストも肩の凝らないスタイルが好きです。色使いには気を使いますが・・・。疲れる色ってありますものね。ラブリーも苦手かなあ~、笑。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 10:19
★ forcek さん、生きていたの~。笑

  時々覗いてましたが、きっとお忙しいと勝手に解釈しておりました。
  今月の銀座のジャズゼミ、行かれますか?
Commented by miki3998 at 2007-02-12 10:26
★ miffy-t_spring さん、

  万年青の由来、私達の親の代の方なら、きっとご存知でしょうね。また生け花の世界でも、草花の由来や意味は勉強します。若い頃は気にも留めませんでしたが、最近はこうした日本古来の植物の持つ由来も気になるようになりました。年のせいでしょうか・・・笑。
 
 外国の方が日本庭園に興味を持つように、また日本人がイングリッシュガーデンに憧れるように、人って無いものねだりの動物なのかもしれませんね。身近に素晴らしいものがあること、そろそろ気がついて欲しいと思います。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 10:32
★ lymphe-beauty さん、

  ぜひ次回はいらしてみてください。毎年この時期に開催されますから、前売り券はプレイガイドで購入できると思います。きっとお好きだと思いますよ。

 食卓から家族の健康や幸せが生まれるとすれば、生活へのこだわりとは食卓にこだわることかもしれませんね。それは豪華な食器やお料理にお金をかけるというのではなく、その家庭のオリジナルのスタイルで、一日一日を丁寧に送ることなのだと思います。
Commented by miki3998 at 2007-02-12 10:39
★ yuming さん、またまた~、褒めすぎとちがう?

  会場で綺麗なものばかり見てきたのに・・この家は何?状態、アハハ。ハイ、今からお掃除しますよ。息子達は外泊、旦那様・・・相変わらずですから~、爆。 私一人なの、一昨日からね。 昨日も寝て曜日でした。

  いまね、ベランダに来ている鳥に手を振っています。だってこっちを見ているんだもの、まるでお見合いしているみたいにね。私みたいに丸々と太った目がまん丸の鳥、これなあに?

 写メールして送るね・・・あれ、飛んでっちゃった~。 笑
Commented by himawari_August8 at 2007-02-12 18:55
テーブルに活けられた草花の持つ意味とテーブルとの関係
さすが、MIKIさんならではの視点なのだなぁ・・。
ワタシなんて、「おーっ、これうちと同じ食器だぞー?」
なんてことぐらいしか目に行きませんでしたもの・・(^^;

chakoさんとご一緒されたのですね。
インテリアとお花のプロ、お2人から見る角度はそれぞれに
違って良い影響を受けそうですね。
Commented by daikanyamamaria at 2007-02-12 18:59
mikiさん、こんばんは☆
この日、同じ場所にいたんですね^-^
お会いできなくて残念でしたがTBさせていただきました。

こちらのコメントを読ませて頂いて、ご主人様との深い夫婦愛を感じずにはいられませんでした。人は目の前の物に己の心を投影する物なのでしょう。
実り豊かな人生をご主人様と手を携ええ微笑みつつゆったりと進まれるお姿が目に浮かぶようです。mariaもあやかれますように。。。♪
Commented by miki3998 at 2007-02-12 20:57
★ himawari_August8 さん、

   何をおっしゃるうさぎさん♪ じゃなくて、 ひまわりさん!
  あなたこそ~、アマチュアの中のプロでございます。変な表現ですね、ごめんね。 笑

  形なら習えばある程度は出来るかもしれませんが、あなたの探究心と、本物を選ぶ目、オリジナリティにはいつも感心しておりますよ。若いのに(?) 素晴らしいです。 私は嘘は申しません! 
 チャコさんも杏さんも素敵なマダム、そこに関取の私がボディーガードとしてお供した感じです。アハハ、わかるでしょ?
Commented by miki3998 at 2007-02-12 21:04
★ daikanyamamaria さん、トラックバックありがとうございます。

  同じ日だったの?まあ、すれ違っていたかもしれませんね。
  ご主人様との深い夫婦愛>
    これ作品のことですよね?  うちはね・・・内緒です、笑。
 ただし、 そろそろお互いがいたわりあって生きてゆかなければならない年齢になり、将来はこんなテーブルでゆったり思い出話でもしたいなあという希望なのです。現状はともかく・・・ネ。笑
Commented by matoi1177 at 2007-02-12 22:12
こんばんは!
万年青は、私が結婚した頃に大仏の父が我が家の庭に植えてくれ
たんですけど、大仏が枯れたと思って抜いてしまったんです。
縁起のいいものだから・・って言われていたのに・・・。(汗)
テーブルウェア・フェスティバルには、まだ一度も行ったことがあり
ません。いろいろなブロガーさんのところで拝見しましたけど、
ますます行ってみたくなりました♪
写真が・・あら?mikiさん、いつもと違う~~って思ったら、
そういうことでしたか~。(笑) 
Commented by smile-cake at 2007-02-12 23:47
再びおじゃまします。

会場を歩きながらカメラを構えていらっしゃる方を見るたびに
OOサンかしら? XXさんかしら? などと
私のイメージするブロガーさんと重ね合わせながら
楽しく歩き回りました。  
テーブルウェアと同じ位面白かったです。

新参者ですが、トラックバックさせてください。 
よろしくお願いします。
Commented by miki3998 at 2007-02-13 00:00
★ matoi さん、おばんでがんす。

  ムム~、わかった? えへへ、他人のふんどしで相撲を取っております。 もううちのパソコンは、写真を取り込めないのですよ。ウインドウズMEだしね、恐ろしくゆ~っくり更新しています。もうそろそろお釈迦入りかなあ。

 せっかく綺麗なものを見てきたので、チャコさんにお願いして写真だけ送ってもらったと言うわけです。お恥ずかしい! ゆるしてけでやあ。

  大仏様がお捨てになった万年青、残念でしたね。今からでもいいのよ~。万年青の新種も色々でています。見かけたら一鉢いかがですか?matoi家の繁栄のために。えっ、もうこれ以上繁栄しなくていいって?失礼しました~、笑。
Commented by miki3998 at 2007-02-13 00:04
★ smile-cake さん、どうぞどうぞ、何度でもいらしてくださいね、笑。

  トラックバック、ありがとうございます。 私はメカに弱いので、自分では出来ないので、宜しくお願いしますね。

  そうですよね。私も同じことを考えていました。会場にいらした人たちのほとんどはテーブルコーディネートに興味がある方だと思いますが、きっとその中でもブログをお持ちの方がカメラを向けているのではなかったでしょうか。私は手ぶらだったので、気が楽でフラフラしておりましたが、笑。
Commented by paris-cordon at 2007-02-13 10:04
「おもと (万年青)」 説明をしてもらうまで知らなかったです。
素敵な意味があるんですね。
私は花に関して無知ですが、これからは少しずつ花の意味も勉強したくなりました^^
コメント下さった「桃の木」に関しても、すごく大事な気持ちを教わりました。 花や木も私達同様に頑張って生きてるし、それを育てた人は「丹精こめて」 きっと親のような気持ちで大事に育ててるというのを 見過ごしちゃだめですね。
 mikiさんの影響で 少しずつ花達に対する気持ちが変わってきました。家の入り口から玄関の間の通路に 突然花が一輪咲きました。
通路なのに踏んじゃ可哀そうなので、避けながら歩いてます^^  
Commented by miki3998 at 2007-02-13 13:00
★ paris-cordon さん、そうなんです。

  と、偉そうなこと言ってますが、ほとんど母の受け売りです、笑。

  万年青や庭の樹木って、日本古来の縁起を担いだものが結構有るようです。子孫繁栄とか、家内安全とか・・・おみくじやお札ではありませんが、昔の人は植物の意味を考えながら植栽をしたのだと思います。もちろん四季折々に花や実を付けてくれることが一番の安らぎになり、お腹の足しにもなりますよね、笑。

 女の子が生まれたら桐の木を植えるとか・・・ご存知ですよね。でもお嫁入りまでに箪笥になるような桐に育ってくれるかしら・・・???

 お玄関の通路に咲いたお花はなんでしょう?こぼれダネから芽を出したのかもしれませんね。
Commented by noodle at 2007-02-14 16:29 x
mikiさん、お久しぶりです。今更ですが、体調はもうすっかり良くなられましたでしょうか。

こういう和の仕立てって、やっぱり素敵ですね。あまり食と関係のないものをたくさんテーブルに置くのは好みではないので、こんな雰囲気はとても好きです、自宅でするにはフォーマル過ぎ、また道具(?)も高価過ぎて揃えられませんが、目の保養に良いですね。
Commented by miki3998 at 2007-02-14 19:21
★ noodleさん、今そちらにお邪魔したところでした。 笑

  ハイ、すっかり良くなりました。仕事をしている時が一番元気かしら・・・皆さんにエネルギーをいただき、それがお薬となったようです。ご心配をおかけして申し訳ございませんでしたね。

 会場には有名人のブースや大賞を取った素敵なテーブルもありましたが、わたしはこちらを選びました。ゴージャスだったり、話題性があるコーディネートは、どこか完璧すぎたり、そこに作者の思いが感じられず、いたずらに媚びたしつらいだったり・・・。でもこちらはお花や器、布使いや全体のバランスがいいこと、なによりもそこにご夫婦の顔が見えてきそうなぬくもりを感じました。

 
Commented by 仙石 恵子 at 2007-12-14 14:40 x
s-07です。観てやってください。ちなみにクロウスの会というブログも発信いたしております。
Commented by 仙石 at 2007-12-14 14:44 x

私の万年青の作品にお目を留めていただきまして、ありがとうございました。今年もなんとか2作品が1次予選を通過いたしました。ま2-33とs-07です。観てやってください。
by miki3998 | 2007-02-10 21:30 | | Trackback(3) | Comments(62)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧