がんばりたまえ  中村君

  歌舞伎が好きで、年に3~4回は銀座まで出かけます。実家の母もご贔屓があって、鎌倉に遊びに来るのは歌舞伎見物が目的の時もあります。母は吉衛門や仁左衛門がお目当て、私は役者としてもおもしろい勘三郎のファンです。歌舞伎を見に行く時のワクワク感と、着物を着て幕の内弁当をいただきながら、桟敷席からお客様を観察するのも、実は楽しみの一つにもなっています。特に名だたる役者さんの襲名披露公演では、お芝居はもちろん見ごたえがあるのですが、最前列に並ぶ神楽坂あたりの芸者さんが、黒紋付で勢ぞろい。滅多にお目にかかれない艶やかな姿の綺麗な芸者衆は、これぞ歌舞伎見物といった感じで目の保養にもなります。やはり歌舞伎見物はおしゃれして行かなくちゃ、ですよね。

 昨夜はその歌舞伎役者中村勘三郎襲名公演までの2年間を追った番組でした。
 勘三郎は勘九郎として活躍していた子役時代から好きでした。父の先代勘三郎の歌舞伎役者としての芸はもちろん、生き方もどこかダイナミックで粋で気さくな役者さんでした。勘三郎はそんな先代の生き方をを見事に受け継いでいると思います。決まりごとや格式がありそうで、とっつきにくいと思われがちな歌舞伎を、単に年長者のファンだけの特別なものにしたくないという願いから、彼なりの独自の襲名公演を企画し、全国にある昔からの芝居小屋を使っての公演の様子が紹介された番組でした。

 なかでも、中村屋の発祥の地である名古屋市中村区の高校の体育館での公演は、圧巻でした。若者に受け入れられるような芝居を工夫し、毛嫌いしていた高校生たちに、「 めっちゃ面白い!」 「 また見たい!」とまで言わしめた、素晴らしい演出と演技だったのです。そのボランティアの一人が公演まえにアンケートにふざけて書いた一言が
 「 がんばりたまえ 中村君 」
だったのです。 勘三郎はこの子に会いたいと思い、歌舞伎に対して理解しえるような題目を選び、口上の場面からその工夫を凝らして演技しました。もちろん、何も分からずこの一言を書いた男子高校生も、芝居が終わった後、感慨深げに楽屋を訪問します。そして丁寧に頭を下げて勘三郎に「 面白かったです、 ありがとうございました。」 と言って握手を求めたのでした。

 とかく大人は物事をもったいぶったり、難しく表現することで、自分の力を誇示しようとする事があります。でも本来の実力のある者は、 分かりやすく表現したり、時にはへりくだったり、より容易な形を使って相手に理解してもらえるように努力するものではないでしょうか。 力あるものほど、どんな相手にも分け隔てなく謙虚に応ずること、そこに本来の人間性や魅力が見えてくるような気がします。b0083902_14131181.jpg 
        

庭に咲いたエリカの花
トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/6582801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by seilonbenkei at 2007-03-10 15:10 x
論文みたいな文章を書く人がいるでしょう?僕はあれ苦手です。
誰それがこう言った(引用)。彼それがこう言った(引用)。で、私もそう思います。
なんやねん、それ?って。

誰それがどう言おうとどうでもいいから、おまえはどう思うんだ?と問いたい。
誰それさんがこう言ってるからと虎の威を借りて自分を正当化するなバカ。子どもか!と問い詰めたい。

歌舞伎っておもしろいですよね。年に一度くらいしか行きませんけど。
私は今度「おーい、中村君」と呼びかけてみることにします。
Commented by eclat_chako at 2007-03-10 15:50
母と何度か見に行きました。
母は、歌舞伎が大好きで学生の頃から“一緒に行こう。”と誘われていたのですが、その時は全然興味がなくて行かなかったのです。
でも、一度試しに・・・と三越劇場での、染五郎と橋之助の競演作(題目忘れました)を見に行ったのですが、それからはまりました!
初めは全然わからなかったのですが、段々と面白くなって(^^)
屋号の掛け合いに初めは驚いたりもして(笑)
今では、母が元気なうちにもっと一緒に行っておけばよかったと後悔しています。
Commented by aamui at 2007-03-10 15:55
なかなかいけませんけれど 歌舞伎は好きです mikiさんの文で特別な日の歌舞伎座 行ってみたいなぁと思いました お洒落して・・・・
おっしゃる事同感です さりげないことの中に大きな真実が含まれている気がします
Commented by antsuan at 2007-03-10 19:21
祖母や母はよく観に行っていました。でも、残念ながら一度も行った事がありません。こんど連れて行ってもらおうか知らん。(笑)
Commented by nakanokeiichi at 2007-03-10 19:43
勘三郎NY公演では英語での喋りと会場とのふれあいもあるという演出を考えているらしい。
行きたいです。何とかして。
Commented by harunoyokihi06 at 2007-03-10 20:06
mikiさん こんばんは。夕べは私もこの番組を見ました。
勘三郎大好きです。人間臭くて、あったかくて。
昨年3月上京したときに彼の四谷怪談が見たくてたまらなかったのですがすでに売り切れでした。
あの高校生たちにう~ん歌舞伎っていける!と言わしめた彼こそ大物中の大物ですね。
昨日は見終わって拍手しました。
お母様、どなたの御贔屓でしょう!
Commented by miki3998 at 2007-03-10 20:22
★ seilonbenkei さん、こっそりこっそり・・・でしたね。 笑

  私も子供なのでお説教は私のためにいただいているような気がします。あんまり問い詰めないでね、お願い! 

 おーい、中村君・・・私も同じことを連想していました。やだなあ~、ということは、お富さんなんて歌もご存知ですよね。 あの歌結構好きなんですよ。歌舞伎のお題目にもありますものね。 
Commented by miki3998 at 2007-03-10 20:28
★ eclat_chako さん、こんばんは。

  実は私は昔のテレビドラマからファンになったんですよ。先代の尾上松禄(今の松禄のおじいちゃん)がおやじ太鼓というドラマの主役でね。豪快な頑固おやじを演じていたのです。その息子も好きでした。お2人とも亡くなりましたが。それでこの人たちが演じている歌舞伎ってどんなものだろう・・・というのがきっかけです。母も多趣味でお芝居が大好き。こちらにお嫁に来たお陰で、歌舞伎座に通うようになりましたが、今度は相撲好きな父を国技館に連れて行ってあげたいです。もっと若いうちにしてあげればよかったと後悔しています。

 親っていつも元気でいてくれるもの・・・という錯覚をしていましたが、明らかに年々老いてゆくのが目に見えるようになりました。出来るだけのことをしてあげたいと思います。
Commented by miki3998 at 2007-03-10 20:32
★ aamui さん、 歌舞伎、お好きですか?いいですよね。

  私は尾上松禄や海老蔵の襲名披露も見に行きましたが、海老蔵のときは一際お客様が華やかでした。ロビーに溢れんばかりのご贔屓さんが並んでいて、名前入りの風呂敷が桐の箱入りで飛ぶように売れていました。松禄の3倍はいました。 でも私は早くに父親を亡くした松禄のファンです。応援しています。
 偉そうな事を書いてしまいました。お恥ずかしいです、すいません。
Commented by miki3998 at 2007-03-10 20:35
★ antsuan さん、あの美人のお母様も歌舞伎好きだったのですね。

 きっとこぎれいに身支度をして、いそいそといらしたのでしょう。粋なお姿目に見えるようです。
 よろしかったら歌舞伎ご一緒いたしますよ。 もちろん奥様ご同伴でね。
Commented by miki3998 at 2007-03-10 20:40
★ nakanokeiichi さん、昨年の公演はいかがだったのでしょう。

  現地で調達した役者さんを使って、大立ち回りをした様子をテレビで見ましたが、今年もまた串田和美の演出でしょうか?
  ぜひ行かれてくださいね。結婚式の時のように、ちょんまげに袴スタイル、似合うと思うなあ。 お芝居見物って、そんな楽しみもありますよね。ニューヨークの歌舞伎、どんどん盛り上がって欲しいです。
Commented by miki3998 at 2007-03-10 20:44
★ harunoyokihi06さん、こんばんは。

  昔は先代の尾上松禄のファンでした。歌舞伎役者らしい豪快でおおらかな人が好きでした。昔の勘三郎もそうでしたね。
 今の母のご贔屓は 吉衛門です。 渋い演技とどこか芝居バカ的な、寡黙そうなところも、兄の幸四郎とは違いますね。私も好きです。
 話が横道にそれますが、吉衛門の鬼平犯科帳、はまってます。彼にしか出来ない役だと思います。いいなあ~。
Commented by cinonos at 2007-03-10 21:39
エリカっていうんですね。あのお花。
こないだ写真撮ったんですが、大失敗でした(汗)

吉衛門さん。実物を追っかけたことがありますよ。
ステキな方でした。
Commented by miki3998 at 2007-03-10 21:48
★ cinonos さん、こんばんは。

  綺麗なお葉書、届きましたよ~。前回のと一緒にカードホルダーに立てて飾ってます。ありがとうね。

 吉衛門さん、渋くて素敵です。内の秘めたものがありそうで、ダンディで。こんな旦那様、格好いいですよね。 ちょっと疲れるかもしれないけれどね。 笑
Commented by studiopinot at 2007-03-10 22:05
こんばんわ。
TVは用事があって出かけて、見逃しましたが、勘三郎の歌舞伎に対する熱き思いは、言葉の端々で感じられますね。
カメラマンで、勘三郎に個人的に写真を撮る事を許されている唯一の方を存じ上げてますが、彼から聴くことの出来る勘三郎の人柄は温かく、情熱的で、スタジオにかけてある大きな写真には、人を寄せ付けないような仕事に対する厳しさが感じられる写真でした。
Commented by miki3998 at 2007-03-10 23:10
★ studiopinot さん、すごいカメラマンさんとお知り合いなのですね。

  昔、子役でドラマに出ていた頃の勘九郎、好きだったんですよ。彼のお芝居は歌舞伎だけでなく見に行きました。藤山直美さんとのコンビも絶妙でした。 芝居が本当に好きなんでしょうね。家族への厳しさは愛情の証であり、勘太郎と七之助もきっと立派な役者に育っていくのだろうと思います。 
Commented by eaglei at 2007-03-11 06:55
この番組、見ようと思っていたのに見逃してしまいました。
残念でした。

立派な人って、ほんとうに謙虚ですよね。
それに気がつくmikiさんって、さすがです~♪!
僕も、そのように振る舞えるようにしていきたいと思います。
Commented by miki3998 at 2007-03-11 16:01
★ eaglei さん、

  この日は見たい番組が多くて、この後もテレビに張り付いていました。つくづく私はテレビっ子だと思いましたよ。

  職人さんや役者さんのように、地に足をつけて生きている人、信じる道を極めようとしている人は、おのずと謙虚な生き方になるのでしょう。周囲に対して大きく見せるような似非文化人とは違いますものね。 
 なんて偉そうな事を言っちゃってる自分に  反省!

 
Commented by matoi1177 at 2007-03-11 18:08
私は勘三郎の大ファンです♪
もちろん昨日の番組も見ましたし、録画も忘れずに撮りましたよ^^
叔母の影響で歌舞伎を見るようになって、毎年歌舞伎座へは足を
運んでいます。
勘三郎の演技力はもちろん素晴らしいですけど、あの天性の明るさと
いうのか・・人を惹きつける魅力がある方ですよね。
歌舞伎のファンを1人でも増やしていこうという気持ちの表れから、
さまざまな企画を考えて頑張っている彼を、これからも応援していきた
いです!
おっと・・・止まらなくなりそう^^ では、このあたりで。
Commented by amamori120 at 2007-03-11 18:43
miki先生  洵に洵に、仰有ることには全幅の賛意、同感の意を表したいと思います♪
Commented by azumi298-i at 2007-03-11 20:22
歌舞伎は、学生の頃に見に行っただけで、社会人になってからは一度も行ってません、そういえば。
玉三郎の美しさに目を奪われたものでした。
今行けばまた違った感じ方もできるのでしょうね。
mikiさんの文を読んで久しぶりに行きたくなりました。
「力ある者ほど謙虚・・」本当にその通りですね。最近特に、私もそう感じます。
Commented by miki3998 at 2007-03-11 21:08
☆ matoi さん、きっとそうだと思いました。

  粋なことならお任せのmatoiさんですもの、歌舞伎もお詳しいと思います。私もこの話は終わらなくなりそうですが、今度ご一緒したいですね。勘三郎の熱い思いに少しでも堪えるためにも、ドンドン歌舞伎ファンを増やしたいですね。
Commented by miki3998 at 2007-03-11 21:11
★ 雨漏り先生、以前もお話しましたが、いつかご一緒に歌舞伎見物いたしましょうね。

  私も偉そうなことは言えませんが、実るほどに首を垂れる稲穂のようになりたいです。 小さい人間だから憧れるのでしょうね。
Commented by miki3998 at 2007-03-11 21:17
★ azumi298-i さん、 今日は寒かったですね。

  歌舞伎やお芝居見物は贅沢なものと思っていた時がありましたが、いらしている方たちの楽しそうな顔、いいですね。きっとやりくりを工夫して、ごひいきの役者さんの題目に合わせて、一幕だけでもという方もいると思います。  ぜひ今度ご一緒しませんか? 歌舞伎は見るほどに面白くなりますよね。
Commented by daikanyamamaria at 2007-03-11 21:48
mikiさん、こんばんは☆
勘三郎さん、mariaも大好きです。
湯布院の亀の井別荘のオーナーの健太郎さんは勘三郎さんと大の仲良しで、お宿のに襲名記念のお部屋があるんですよ。
mariaもそのお部屋にお泊まりしました。
歌舞伎、ぜひ近いうちにご一緒して下さいね☆
Commented by ワヤコ at 2007-03-11 21:57 x
そうそう、もったいぶったり難しい話をしたり。。。
力のない人ほど、そんな表現で自分を大きく見せようとしますよね。
自己顕示欲の一種なんでしょうね。

勘三郎さんの歌舞伎は見たことはありませんが、テレビで時々見かけるその表情には、第一人者としての自信と余裕が感じられます。
こういう人を大物というんでしょうね。
Commented by miki3998 at 2007-03-11 22:04
★ daikanyamamaria さん、すご~~~い。

  湯布院も行って見たいのですが、そのお宿も素晴らしいのでしょうね。
 勘三郎の生き方って、性格もそうですがお芝居に関しても真っ直ぐで大好きです。明るくて前向きで、家族を大事にして・・・いいですよね。
 こんど歌舞伎見物のコーディネート、マリアさんにお願いしようかしら。
Commented by miki3998 at 2007-03-11 22:10
★ ワヤコさん、今そちらにお邪魔していたところでした。
 
  私もいろんな方と出会っていますが、魅力ある方は黙っていても知性も包容力もあって、決してでしゃばりませんね。 人間的に惹かれます。

 己の信ずるものを極める・・・そんな道をひたむきに進んでいる人、いいですね。
Commented by mint2 at 2007-03-12 01:36 x
miki先生WROTE;
>本来の実力のある者は、 分かりやすく表現したり、時にはへりくだった
>り、より容易な形を使って相手に理解してもらえるように努力するもので
>はないでしょうか。 力あるものほど、どんな相手にも分け隔てなく謙虚
>に応ずること、そこに本来の人間性や魅力が見えてくるような気がします。

本当にそう思います。人の上の立つ人は特にそういった素養と志を備えて
おられるように思いました。
勘三郎さんの芸の大きさはそのどんな人間をも許容する人間性と
目線がどんな方にもフラットというところにあるんでしょうね。
母は仁左衛門さんファン、私はやっぱり平成中村座を見てから
勘三郎さんにやられてしまいましたー(^^)
実際、こういった歴史に残る名優の襲名に立ち会える時代に生まれた
ことも感謝ですね~。
Commented by aamui at 2007-03-12 07:57
mikiさん 私は好きといっても 衣装や舞台を見ているだけで愉しい口なのよ もっと深く楽しむには遅すぎました どんどん描いてください mikiさんの文章はとても解り易いのです
Commented by elliottyy at 2007-03-12 08:02
海外に住んでいるからこそ日本の文化をいとおしく思ってしまいます。
やっぱり意素晴らしい!!(笑、コンサバなわたし。)

こうしてブログを通して日本に近づけるなんて。。。幸せなことだと思います。
イギリスでも歌舞伎はちょっと一目置かれてます。
イギリス公演ぜひ観にいきたいものです。
Commented by yoko_mama at 2007-03-12 09:10
お着物を着て歌舞伎観劇。
なんて素敵なんでしょう。
仲のよい年上マダムも歌舞伎好きで見に行くときはいつも着物を着ていくとおっしゃってました。
私は一度も見たことがないの・・・
一度でいいから優雅なマダムになって歌舞伎を見てみたいわ(^^)
Commented by kimiko-611 at 2007-03-12 09:36
この番組、見てました。
小学校のときから私は変?(笑)だったのか・・・歌舞伎や皇室アルバムなどを好んで見る子でした。
昔、テレビが一台しか家になかった時、姉達が音楽番組を見るのに奪い合いをして2対1で負けていつも泣いていました。
たまにしかTVでしないのに・・・といまでも憶えてます。
姉達に言わすと、変な子だったらしいです(爆)
Commented by yuricoz at 2007-03-12 09:56
歌舞伎のファンクラブに一時入っていました。^^;
でも、全然理解していないものの方が多いです。今度のNY公演では、英語でもセリフを言うそうですね。色々とその場に合わせて演じられるってすごいです!!学生時代に学校で連れて行かれた時は、ずっと寝てたのに。。。不思議なものです。笑
着物を着て見に行きたいな~。
素敵な親子ですね♪
Commented by azumi_diary at 2007-03-12 15:11
私も何度か歌舞伎座で鑑賞してます。
実際に観るとあまり分からなくても惹きこまれますね。
勘三郎さんの襲名公演の事は以前TVで見ましたけど
一人でも多くの方に歌舞伎を理解してもらおうと言う熱意が伝わってきますね。そういえば私たち同級生ですね、勘三郎さんと!

遅くなりましたが息子さんのご卒業おめでとうございます。
そして・・・優しい家族に見守られて天国へ旅立たれたエルちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Commented at 2007-03-12 18:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-12 22:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by paris-cordon at 2007-03-13 08:43
私も見ました~~その番組!!
歌舞伎を実際見たのは京都で2回だけ。小さな個室みたいになってる最前列で観覧しました^^
私も勘三郎さんが大好きです!
あの番組、面白くって途中から録画しました。
勘三郎さんって革命家だと思うんです。
今までの伝統にとらわれないで どんどん新しいことをやってのけながら、歌舞伎という素晴らしい文化を私たちに解り易く教えてくれる。
久しぶりに ああいう勘三郎さんのドキュメントをテレビで見たんですが
素人ながら 昔に見た勘三郎さんと別人のように動きにキレがあって 凄い迫力やら おどけた表情やら・・・
あんなに有名なのに、奉仕の精神で若者に歌舞伎を見せてあげたり。
あの高校の体育館に入ってすぐ出た言葉
「いや~ ありがとう ありがとう!!」
人柄が出てるなぁと思いました。
私は橋之助さんも好きです^^
Commented by jsby at 2007-03-13 13:04
mikiさん、こんにちは。このところプライベートな用事が多く、ご無沙汰ばかりで失礼いたしました。歌舞伎座の前は通りかかるのですが、ここ何年かは観覧していません。最後に見に行ったのは5年ぐらい前でしょうか。解説付きで、とても面白かったです。

mikiさんのブログを拝見し、また行ってみたくなりました。
Commented by yukky1480 at 2007-03-13 14:24
勘三郎さん、私もすきです。
が・・・歌舞伎は見たことが一度もないの。
mikiさんの文章読んでいて一度は歌舞伎を見に行ってみたくなりました。素敵な事を教えていただいてありがとうございます。
Commented by miki3998 at 2007-03-13 17:42
★ mint2さん、こんにちは。

   勘三郎の芸風はやはり先代に似てきましたね。でも先代以上に歌舞伎に対して危機意識を持っていて、どうしたらもっと若い人にも受けいられるか真剣に考えていると思います。時代が時代だけに、歌舞伎が特別な人の物という驕りだけでいると、すたれてしまいますものね。

 うちの母も仁左衛門さんのファンですよ!
Commented by miki3998 at 2007-03-13 17:49
★ aamui さん、本当ですか? 文章が分かり易い・・・ありがとうございます。

 難しいことは私も分からないのです。歌舞伎って入る時の切り口は何でもいいと思います。顔が好きとか、声がいいとか、三枚目役がうまい・・・とか。 テレビっ子でしたが、田舎なので国営テレビと民放ひとつしか映らない時代に、劇場中継と言う番組が好きでした。内容はさっぱり分かりませんでしたが、あのメークと見栄を切る場面、子供ながらにゾクゾクしました。実際に劇場で見ることが出来るようになったのは、最近なんですよ。知ったかぶりですみません。 
Commented by miki3998 at 2007-03-13 17:58
★ eliotyy さん、 イギリスでは歌舞伎の人気はいかがでしょうね。

   今月末から海老蔵がパリのオペラ座で海外公演をします。
   襲名披露を見ましたが、彼の声とあの体格、何よりも二枚目であること・・・なかなかの評判でした。きっとパリでも話題をさらうのではないでしょうか。イギリスからではちょっと見に行くのがたいへんですよね。 前売りも好調のようです。

 日本を離れているかたのほうが、日本文化をより理解しようという意識が高いかもしれませんね。
Commented by miki3998 at 2007-03-13 18:03
★ yoko_mama さん、こんにちは。

   昔は何かと着物を着る機会もありましたが、太ってしまって・・・今は洋服です。 笑
  それに私も母もマダムなんかではないので、たいした格好ではないのですが、それなりにちょっとおめかしして・・・ウキウキ気分でお弁当を買って、桟敷席で見ることが最高の贅沢なんです。 これは年に一回ぐらい、あとは3階席のお安い券で見ます。
 本来お芝居は庶民のもの、もっと行き易いお値段にして欲しいですね。
Commented by miki3998 at 2007-03-13 18:07
★ kimiko-611 さん、 変な子? 私もでした。 笑

  皇室アルバムって、バラのマークのデパートがスポンサーでしたよね。音楽がとっても優雅なメロディで・・・懐かしいなあ。

 ところでkimikoさんは誰のファンですか?
  
  
Commented by miki3998 at 2007-03-13 18:11
★ yuricoz ゆりこちゃん、うちの母ってね、銀座に出かける時は思いっきりおしゃれして、田舎のおばあちゃんには見えない出で立ちになります。 でもおしゃれして歌舞伎座に行くということが、その後のエネルギーにつながるようで、帰った後もしばらくは「 いい思いをさせてもらったなはぁ、おらもうしあわせだ~、おもいのごすごどねは。」なんちゃって、大満足みたいです。 近かったらもっと何べんでも連れて行ってあげられるのに・・・とおもいます。
Commented by miki3998 at 2007-03-13 18:42
★ azumi-diary さん、ありがとうございます。

  息子や犬のことでご心配をおかけしました。納まるところに納まったようです。ほっとしています。

 あずみさんも歌舞伎がお好きなのですね。そうそう、勘三郎と同級生なんですよね。 あのエネルギー、分けて欲しいですね。そのためにもまた東銀座にでかけなくっちゃ・・ね!
Commented by miki3998 at 2007-03-13 18:49
★ 鍵コメ 3-12 18:30 さん、 どうぞどうぞお気軽にコメントしてくださいね。

 ええっ~、ご一緒したことがあるのですね。『富士山』って、彼らしいですね。 いまでは歌舞伎界の富士山のような存在になって、その努力は相当なものだったと思いますが、あの明るい性格と人なつっこさ、そして周囲の人たちに対する気遣い・・・、誰にでも出来ることではないし、そこが彼の素晴らしさでしょうね。
 最後の5行・・・とんでもないです。偉そうな事を書きましたが、私もそうなりたいと言うだけです。修行が足りませんね、すいません。
 
  
Commented by miki3998 at 2007-03-13 18:53
★ 鍵コメ 3-12 22:32 さん、

  私も葉書が大好きです。出そうと思ってまずは先に切手を貼ってあります。すぐ書いて、すぐ投函・・・でもときどき出すのを忘れて、鞄の中に2~3日入っていることもあります。 笑 10枚たまったら・・・?
Commented by miki3998 at 2007-03-13 19:01
★ paris-cordon さん、ご覧になりましたか・・・よかったですよね。

  時々歌舞伎界の裏側のドキュメント番組がありますが、どれも面白いですね。 橋之助家族の一年を追う番組も面白かったですよ。数年前に放送されました。

 勘三郎はいろいろと浮名を流した時期もありましたが、その色気や役者としての魅力だけではなく、彼本来の人間性がなによりも人をひきつけるのだと思います。男女に問わずね。 笑

 日本全国の芝居小屋を回った襲名公演、どんなちいさな小屋でも、そこで働く裏方さんに感謝していましたね。芝居ができる楽しさと、それを見に来るお客様と、それを支える人たちすべてに感謝できる人なんですね。
Commented by miki3998 at 2007-03-13 19:08
★ jsby さん、歌舞伎座の前を通られるのですね。顔見世の看板を見るだけで、ワクワクしますね。 

  三之助と呼ばれる若手がドンドン活躍してくれればいいですね。そのためにも勘三郎親子にはがんばって欲しいです。陰で支える梨園の奥様たちのご苦労、たいへんだと思います。橋之助のお姉さんが奥様ですから、歌舞伎界の苦労に関しては覚悟していたのでしょう。簡単に離婚する誰かさんとは違いますものね。 あれ? どうでもいいことを書いてしまいました、すみません。 笑
Commented by miki3998 at 2007-03-13 19:18
★ yukky 1480 さん、歌舞伎の本来の面白さが分かるようになったのは、ついこの間なんです。

  たぶん何回も足を運ぶようになったからなのだと思います。それと、年齢かな・・・? 笑 渋さが分かる・・・そんな年になったからでしょうね、なんちゃって。
 一幕だけでも見られます。お安いし、時間も短いので、一石二鳥です。お目当ての役者さんの出番だけの券を買うのも手ですね。
 yukkyさんは、まだお若いから(たぶん?) 渋さよりも見た目重視でいかがですか? 海老蔵・・・綺麗です!
Commented by ゆうゆう(こすもす) at 2007-03-13 19:41 x
mikiさんこんばんわ。
こちらのブログは皆様のコメントも本当に学ぶことばかりで
やはりmikiさんの人間性に惹かれる方達も素敵で知的な方が多いのですね。
勘三郎さんのまっすぐで情熱的な歌舞伎に対する思いはいつも熱くて
こちらまでわくわくいたしますね。
歌舞伎座は通れど観劇デビューはまだです。;;
いつか観劇してmikiさんのお話を聞かせていただきたいです。
春の便りが嬉しい季節・・。私もさらさらと書いてみたいと思いながら
あまりの悪筆に躊躇ばかり・・・でも本当の自分で・・・mikiさんの文章で
そう思いました。
いつも素敵な文章に出会えるmikiさんの場所・・・。
また更新を楽しみにさせていただきます。
Commented by frumity at 2007-03-13 21:11
この番組 私も観ました。
歌舞伎役者は なんと大変なこと・・・!
勘三郎の大きさに あらためて感慨にふけりました。
ふたりの若 勘太郎も七之助も着々と立派になってきていますね。
こうやって脈々と受け継がれていく伝統は 日本の誇りに思います。

 ほんとに ありがと あったかいことば。。              ^^みty
Commented at 2007-03-13 22:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lymphe-beauty at 2007-03-14 00:09
こんばんは
昔は、歌舞伎も庶民の娯楽だった事を考えると、ちょっと敷居が高くなりすぎている感じがしています。そんな意味でも、「中村屋さん」に頑張ってもらえれば、次世代にこの良き「庶民文化」が伝えられるのに・・
でも、敷居の高さも、楽しんでしまえば良い事ですね。

それにしても、mikiさんの記事の内容と言い、コメントの数々と言い、お勉強になります。まだまだ、私は、大人な年齢なだけで、、修行が足りません。「知的な会話」を楽しめるように、頑張らなくては・・と、いつも思っています。
人生って、頂上の見えない「山登り」みたいです。
勘三郎さんの生き方の様に、mikiさんの優しさの様に、(自然に対しての)敬意と謙虚さを忘れてはいけないんですよね。
Commented by kimiko-611 at 2007-03-14 09:04
おはようございます。
やっぱり、勘三郎なんです。勘九郎の時からファンでした。
mikiさんと一緒ですね、うれしい!
昔、大地喜和子と噂になりましたよね、あのときも大物になるよね~この人って評論家になってました(笑)
Commented by claudia8 at 2007-03-14 09:04
mikiさん、昨日はどうもありがとうございました。
お忙しいのに貴重な時間を使っていただいて感謝、感激!です^^
とっても素敵にアレンジしていただいたお花たち、すべてツボでした!
でも私の写真の腕のなさ・・・ 三脚つかったのにボケているのはなぜ!?
た〜くさん撮ったので中には使える写真があるでしょう(笑)
光が抜群にいいお家,お花の和みパワーとmikiさんの優しい笑顔に癒されて、なんだか幸せな一日でした〜
次はお花見〜♪ ぐふふ〜
Commented by miki3998 at 2007-03-14 15:26
★ ゆうゆうさん 今日はいいお天気ですね。

  庭に咲いた土佐ミヅキが、ほっこりした気分にさせてくれます。春の花ってどれも可愛くて、冬をこしてきた強さがあって・・・こちらまで元気になります。
 歌舞伎座って特別なもののようになってしまいましたが、一日いなくても一幕から選んで観劇できます。一度お出かけになって見てくださいね。わかりやすい演目からお初めになるのもいいですし、ご贔屓の役者さんをお目当てにするのもいいですね。 そこに出かける楽しさを味わってくださいね。くいしんぼうの私は幕の内弁当をいただくのを一番の楽しみにしています。 笑
Commented by miki3998 at 2007-03-14 15:30
★ frumity さん、 みtyさんはオペラがお好きなのかしら・・イタリアといったらプッチーニのオペラですよね。 博識なみtyさんですもの、きっと歌舞伎もお詳しいですね。

 勘太郎が居眠りしながらでも一生懸命父親の姿を追ってがんばる姿、けなげで応援したくなります。もう立派な大人になった中村兄弟、これからが楽しみです。
Commented by miki3998 at 2007-03-14 15:41
★ 鍵コメ 3-13 22:34 さん、

  お仕事お忙しいようですね。何よりですが、お体だけは気をつけてお大事になさってくださいね。

 リフレッシュのために軽く一幕だけの観劇もいいかもしれませんよ。明日の鋭気を養うためにも、がんばった自分にご褒美をあげましょう。 いつでもご一緒しますよ~。

   

  
Commented by miki3998 at 2007-03-14 15:47
★ lymphe-beauty さん、歌舞伎は考えようによってはお安いかもしれません。

 裏方さんや役者さん、三味線や鼓の演奏も生ですしね。 たくさんの人たちに支えられ、気持ちよくお芝居を見られるのです、半日も。コンサートが8千円もする時代です。庶民もお金をためて大いに楽しみましょうよ。

 私のブログは皆さんに支えられて成り立っています。更新のたびにコメントがひとつでも入っていると嬉しいですね。ある意味役者さんと同じで、見てくれる人が一人でもいると頑張れます。ぼちぼちやっていきますね。 
Commented by miki3998 at 2007-03-14 15:50
★ kimiko-611 さん、よくご存知ですね。

 太地 喜和子さんて、恋多き魔性の女というイメージでしたが、勘九郎(当時)を好きになるって、やはり粋な女性ですね。勘九郎も女性を見る目があると思います。奥様も立派。梨園の妻達はみなただものではないですね。 笑
Commented by miki3998 at 2007-03-14 15:57
★ claudia8 さん、 ありがとうございます。

 昨日はお疲れ様でした。お役に立てて嬉しいです。 

 花と器の関係って、面白いですね。とくに春の草花は、寒い冬を越してきたけなげな姿をしています。器が立派過ぎると、その花の可憐な姿が打ち消されそうで・・・暖かくてやさしいぬくもりが感じられる器にそっと置くように生けたいです。

 お花見、ご一緒しましょう。お待ちしていますね!
Commented by rosemarye at 2007-03-15 17:23
こんにちは^^お久しぶりです。
歌舞伎の独特の世界は魅了されますね。
そして、人間的に素晴しい方は、驕りのない方で謙虚な方ですよね。
そういう方に出会ったときは、心から嬉しく感じてしまいます。
エリカかわいいですよね。我が家の庭にも咲いていますが
優しい色合いでかわいい花だなと思うことです^^
Commented at 2007-03-15 18:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by coco at 2007-03-15 20:23 x
はじめまして☆

綺麗なお写真と飾り気のない小気味良いメッセージに時々
お邪魔しています。

私も中村勘三郎さんのTV見ました。
何故かなんども涙流れました。

温か~い人間味あふれるひとことひとこと。
とてもよい番組でした。
歌舞伎を知らない人にも奥の奥まで伝わってくる
番組、勘三郎さんのお人柄ですね。
Commented by miki3998 at 2007-03-15 21:41
★ rosemarye さん、お久しぶりですね。

  やさしい時間、また楽しみにしていますね。

  エリカの木はまだ小さいのですが、今年は綺麗な花をたくさん咲かせてくれました。このブーケは実は、レッスンの後片付けを手伝ってくれた生徒さんに差し上げたものです。いつもいろんな方にお世話になっていて、私から差し上げられるのものはこうゆうものだけです。

 歌舞伎はお年寄りにだけのものではないですよね。大いに楽しみましょう。そうゆう私もそろそろお年寄りの仲間ですが・・・笑。
 また来てくださいね、春ですから元気出しましょう。
Commented by miki3998 at 2007-03-15 21:44
★ 鍵コメ 3-15 18:04 さん、

   お帰りなさい! お待ちしていましたよ。

   たかがブログであり、されどブログですよね。のんびりやっていきましょうね。 書けない時、書きたくない時、私は書きません。長く続けようとも思っていません。その日その日の風任せ・・・なんてね。ケセラセラです!
Commented by miki3998 at 2007-03-15 21:49
★ coco さん、ようこそいらっしゃいました。

   綺麗なお写真と飾り気ない小気味良いメッセージ・・・ 嬉しいなあ~、ほんとですか? 初めてです、そんな風に褒められたの。
   ぶっつけ本番でつらつらと書きなぐっているので、時々手元がくるって文章全部消したことがあるのですが、立ち直れなくてまた3日ぐらい何も書きません。そんな行き当たりばったりのブログですが、どうぞ宜しくお願いしますね。
 涙もろい私、きっと仲良くなれますね。
by miki3998 | 2007-03-10 00:11 | お気に入り | Trackback | Comments(70)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧