季節を味わっていますか・・・

b0083902_15175223.jpg


北国生まれの私は、子供の頃春が待ち遠しい生活をしていました。 雪が深い北上盆地の真ん中にある花巻は、ふきっさらしの風が冷たく、通学の際は顔を下に向けて、一歩一歩雪道を踏みしめて歩く毎日でした。そんな冬の終わりを告げるのは、小川のせせらぎの音であり、ネコヤナギの芽が膨らむことであり、雪ノ下からそっとその新芽をのぞかせたバッケ(ふきのとう)の薄黄緑の色でした。春はその温かい日差しだけではなくて、バッケの黄緑色そのものだったのです。

  都会に住んでいると、花屋さんには一年中バラがありガーベラがあり百合も見かけることが出来ます。部屋の中も寒いなんて感じることなく快適な生活を送ることが出来ます。でも春が来たことへの感動は、田舎で過ごした厳しい冬がない分、その大きさも半減していて、いつの間にかまるで花が咲くことさへも当たり前のような日常になってしまいました。そんな驕りの気持ちで過ごしていたのです。

  北鎌倉は緑が多く、すぐ裏には鎌倉の山々が控え、ベランダからも遠く丹沢連峰の山並みを仰ぐことが出来ます。ありのままの自然と一緒に生活できること、今はその幸せをかみ締めながら生活しています。空の色、鳥のさえすり、草花の息吹を毎日確かめながら生きてゆけます。私が出来ることは、その感謝の気持ちを草花に込めて飾ること、それがここに住むことの意味でもあると思っています。

  この花はツル桔梗です。今年はいつもよりも早く花が咲いています。器はナラの木をくりぬいたもの。筑波で雑貨のお店を経営するアズミさんのところから送っていただいたものです。木目の素朴な感じと日本の野草がとても良く合いますね。

  次回はもうひとつ、今一番のお気に入りの器をご紹介します。実は画面の後方にちょっぴり顔を出しているのですが・・・。 笑

  
トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/6607279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ほっとする時間 at 2007-03-19 17:56
タイトル : つる日々草
つる日々草、つる桔梗(mikiさんのブログで知りました、花器も素敵にご紹介していただきました)ともいうんですね。 庭のお花を1輪、竹篭にそっと挿すのが好きです。 おかげ様で黒田さんの急須が6個完売いたしました。 ありがとうございました。 先ほど最入荷しましたのでよろしくお願いいたします。 ホームページ、更新がちょっと面倒なので1日数個ずつですが、商品を追加していますので、覗いてみてください。^^ azumi298.comです(298はつくば)。... more
Commented by amamori120 at 2007-03-15 21:12
miki先生 お晩です。
仰有る通り、ウカウカと毎日を過ごしてしまっていますね。
季節の声にも、耳を傾けることも少ない都会生活、やはり自然じゃありませんね。
フリーになったら田舎暮らしでもしようかな?
Commented by miki3998 at 2007-03-15 21:26
★ 雨漏り先生、お早いお越し、ありがとうございます。

  これは自分自身への渇と反省の意味を込めて書きました。流されやすい軽い人間なので、言葉にして戒めています。 お恥ずかしい。

  ぜひぜひ鎌倉市民になってくださいね。散歩の途中で空き地を見つけると、雨漏り先生にどうかなあ~、なんてことを考えています。坂が無くて静かで、お店もあってほどほどに便利・・・なんて物件を探しちゃったりしています。これ、ホントです。 笑
Commented by harunoyokihi06 at 2007-03-15 22:10
コメント数の多いmikiさんのブログに2番乗りはうれしいなあ。
かわいい花器ですね。私も欲しいなあ。
今日のmikiさんの春を待つ様子うなづきながら拝見しました。

こちら、3月になってからまさかの雪でいつもどおり春が待ち遠しい気持ちになりました。
今日は日がさし、青空が見え、もうすぐ春!の期待にうれしくなりました。
母も病室の窓から青い空を見て気持ちがいい様子でした。
でもまだ寒い!
Commented by tablemei2 at 2007-03-15 22:42
ツル桔梗のラインとナラをくり抜いた花器のカーブがコラボしていて素敵なあしらいです*
こんな一輪で季節を感じることができるのですね♪素敵〜☆
後ろに見えている器も愉しみにしています!手作り風ですね^^
Commented by miki3998 at 2007-03-15 23:42
★ harunoyokihi さん、お母様のベッドまで日差しが伸びてくれたのですね。

  小さい頃は雪の中を平気でこいで遊んでいました。長靴の中まで雪が入っているのに、足の冷たさよりも外で遊ぶことのほうが楽しかったですね。川沿いにはネコヤナギが生えていて、銀色のその丸い花芽は春の象徴でした。せせらぎの音も、春を告げるお知らせでしたしね。

 待ちわびて待ちわびて・・・その時間があるからこそ、日差しの暖かさにまで感謝できるのだと思います。
Commented by miki3998 at 2007-03-15 23:44
★ tablemei2 さん、ありがとうございます。

  うちの裏に咲いているツル桔梗、符が入っていて葉っぱもきれいでしょ。紫の花の優しい雰囲気が好きです。器はブログに出ていて、一目で気に入って購入しました。野の花が似合う器だと思います。
Commented by emilia2005 at 2007-03-16 02:19
イタリアに来て何が一番嬉しいかと言うと
春の到来ですね~♪
濃霧に覆われた鬱々とした秋・冬のあとの
太陽の恵みはかけがえのないもの(^^)
いよいよ戸外のシーズン開幕です!!!
Commented by e-lesanges at 2007-03-16 08:33
mikiさん、ぼんじゅ~る
街にいると、ゆっくり季節を感じることが少なくなってきたように思えます・・・・
仕事では初夏からクリスマス・冬から母の日ですもの・・(笑)
mikiさんから季節をいただきます!  by kaz
Commented by kanmyougama at 2007-03-16 09:12
北国育ちのmiki さんの故郷花巻への想いが切々と伝わってきます。
小川の土手・・雪解け水のせせらぎ・・・蕗の薹・・・・・。
北鎌倉の生活もいっそう鮮明に見えてきます。
春はツルの北帰行・春の嵐・三寒四温の変化・今は蕨、タラの芽・・・・・で感じます。
一雨ごとに緑が増えていきます。
Commented by himawari_August8 at 2007-03-16 09:13
植物たちは、いち早く季節の到来を教えてくれますよね。花が咲いて季節を感じることもありますが、私は季節ごとに元気に繁殖してる名も知らない雑草を見ると感じるほうが多いです。この辺りはまだ自然が残ってることなのだな・・とも思えて、ほっとしますし。一輪挿し、木の温かみもあって、素敵ですね~。
Commented by miffy-t_spring at 2007-03-16 09:22
そうですね〜‥確かに“季節を感じる”ことに鈍感ですね。東京生まれ東京育ちの私は唯一、桜が咲くと「ああ、春だわぁ〜」と実感するくらいでしょうか。。せっかく四季の変化が美しいといわれる日本に住んでいるんですから、それではもったいないですね(^_^)
Commented by chojiiro at 2007-03-16 10:08
mikiさんこんにちは。iさんのお店の一輪挿しですね。落ち着いた楢の木目が美しい~~。またさりげないツルムラサキのお花この時期に顔を見せてくれるのが楽しみです。わが家にも群生しています。大きなテラコッタの鉢の中でものびて・・・どれだけ長くなるのかしらの状態です。
は~い。後ろの分りました。私が彼女とであった頃から気になっていた花器ですから~。オリーブの枝でしょうか?
Commented by viva-na at 2007-03-16 10:31
Miki-sama・・ごぶさたしています・・・Kioshita(元?(^^))です!こちらの暮らしも、なんとか少しずつ落ち着きつつあり、ブログを拝見しながら鎌倉を思い出しています♪外から鎌倉をながめている自分に、ときどきフシギナ気分になったりもしていますが。
ブログ・・さすが!ステキで感動しちゃってます。コメント数のすごさにも圧倒!で、なかなかコメントできずにいました。ビオラの鉢ものせていただきメッセージもありがとうございました(^^)また北鎌倉に遊びにいかせてくださいね、・・・おしゃべりがしたい病?のKinoshita(元)でした!
(^^)/
Commented by mikikof3 at 2007-03-16 12:05
mikiさん。こんにちは♪
うちの庭にもツル桔梗が咲き始めました。
今年は開花が早い♪ と喜んでいたら名残雪。(-_-)
水仙など少し、押しつぶされてしまいました。
でも、雪の中から元気よく飛び出しているものもあります。
花入れ、かわいらしいですね。
お気に入りの器、楽しみにしてます。^^
Commented by paris-cordon at 2007-03-16 13:14
なんて素敵なんでしょう。
私 桔梗大好きです。
携帯電話の待ち受けにしてもいいでしょうか?
花のアレンジもそうですが、 mikiさんのありのままの自然と生きて それに感謝の気持ちを忘れない生き方。
これは 料理も同じ大事な気持ちだと思います。
私もmikiさんのように 旬 地場野菜 瀬戸内の幸に感謝しながら それを活かせる料理を作りたいです。
mikiさんのブログを拝見してると 花に対するセンスだけでなく その人柄に触れたくて生徒さんが沢山いらっしゃるんだと思います。
それって一番大事なんじゃないかなと思います。
今日もいい勉強させていただきました。
ありがとうございます。
Commented by azumi298-i at 2007-03-16 14:36
素敵に紹介していただきましてありがとうございます。
そっと優しく生けられたお花に、花器も嬉しそうです・・・すっかりお嫁に出した親の気持ちになっています。
mikiさんのお花を見せていただいて、暖かさ、優しさをいつも感じていたのですが、それはいつでも草花に感謝して生けられるからなのですね。
美しい気持ちのこもったものは、自ずから形に表れるものだと思います。
お店の作家作品でも、優しさを感じるものは、その後にお会いする作家さんも必ず優しい方なんですよ。^^
そんな優しい作家さんの作られる優しい“もの”たちに囲まれて仕事ができる幸せを感じています。
Commented by claudia8 at 2007-03-16 17:28
緑や草花がすぐそばにある生活が憧れです♪
丹沢連峰まで見渡せたんですね! 
テラスから見渡す気持ちのいい風景が目の裏に焼き付いています。
季節を味わう余裕もなく過ごしている毎日。。。花や緑に触れるだけで和む感覚を実感。
やっぱり植物っていいな〜
Commented by jsby at 2007-03-16 18:12
3月4日、夫と一緒に鎌倉の端泉寺と北鎌倉散策に出掛けました。mikiさんが以前ブログで紹介されていた、とても郵便局とは思えない建物の前を通りかかりました。『ああ~、この地域に住んでいらっしゃるんだわ」と、何だか親近感が沸いてしまいました。

mikiさんのブログには四季折々のそこはかとない季節の流れがあり、感性溢れる語りに惹き付けられるような気がします。郷土でメリハリのある子供や青春時代を送られてこられたことが、その後の生き方に多大な影響を与えられているのだと思います。
Commented by ワヤコ at 2007-03-16 19:13 x
うわ~、きれいな紫色。
テッセン、桔梗、紫陽花。。。
いずれもニュアンスのある紫がとってもステキですよね。
日本らしい色、とでもいいましょうか。

そう言えば、インドネシアでは、赤やオレンジの花は見たことがありますが、紫色の花は見たことがないな~。

mikiさんの言われるように、今は自然に逆行して、季節感がなくなり一年中、いろんな花、野菜、果物がいつでも楽しめますよね。でも、欲しくても手に入らない、待たなくてはいけない、そんな時間がないと、物のありがたみってわからなくなりますね。
欲を満たすためにはいいのでしょうが、果たして、精神的な充足感としては、どうなんでしょうか。。。。
Commented by kure at 2007-03-16 20:05 x
お久しぶりです。
ツル桔梗を一輪 素敵ですね。
紫のお花は大好きです。
今年は、実家の方へ引っ越すということで、
結婚前に通っていた近所の生け花教室を復活しました。
お花のある生活って本当にいいですね。

そうそう、うちの母も北国生まれで(北海道ですが)、春が待ちどおしくて、雪の下からフキノトウが出てくるのを発見した時はとてもうれしかったそうです。
私は生まれも育ちも横浜ですが、小さな頃は自然があって、春の野原でツクシをとったり花束を作ったりする事が待ち遠しかったのを思い出しました。
今では野原なんて、見かけることもできなくなって寂しいものです。
Commented by fragrance-aroma at 2007-03-16 22:22
私も冬は苦手だったんですけど、こう季節がおかしくなると
冬のありがたみ?と言うか冬があるから春が嬉しいんですよね。
四季があるのってありがたいです。
撫子
Commented by lemgmnsc-bara at 2007-03-16 23:49
私のブログにコメントありがとうございました。
久しぶりに「ばっけ」という言葉を聞いた(読んだ?)気がします。地方支店勤務の際は、この時期山道をドライブしてると道ばたにこれでもかってくらい生えてましたよね。こっちで一パックウン百円とかで売ってるの見ると馬鹿らしくなるくらい。そうそう、栗駒山を秋田側から越えて岩手県側で山を下りきったあたりにある手作りアイスクリーム屋さんでは「ばっけアイス」を売ってましたよ。苦みが乳脂肪にマッチして結構美味かった記憶があります。
Commented by matoi1177 at 2007-03-17 00:17
こんばんは!
一輪挿しって、わりと似たような感じのものしかないような気がする
んですけど、この花器は温かみがあってとってもステキですね♪

おとといは丹沢連峰もはっきり見えて、とても気持の良いドライブが
出来ました。山は心が落ち着きます。
mikiさんのお宅からは、毎日こんな風景が見られるんですね~。
羨ましいな。(*^^)v
Commented by aamui at 2007-03-17 10:54
つる桔梗というのですね ありがとう!私の春も同じ感じで段々に春を発見するのでした 一番思い出すのはふかふかの黒い土からちょっぴり芽を出した水仙です
Commented at 2007-03-17 11:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuming at 2007-03-17 12:44 x
つる桔梗がお辞儀して微笑んでくれているような気がします
小さな春がmikiさんちにはいっぱい♪
お花屋さんに並ぶ花たちも、私を幸せにしてくれるけど
季節の草花の美しさは、またちがう優しさを届けてくれますよね

普段なら気がつかないで通り過ぎることも、mikiさんちにお邪魔するとことで気づくことができて、とっても得した気分

後ろのポット、私もさっそくお願いしましたよ~!!
イメージ壊さないようにしなきゃね(^_^)v
Commented by yukky1480 at 2007-03-17 16:10
緑の多い素敵な街に住むのが夢です。
mikiさんはとっても素敵な街にお住まいでうらやましいわ~
つる桔梗、一輪、とっても素敵!mikiさんが飾ると本当に絵になりますね。次回の後ろの物、楽しみにしています。
Commented by nagayades at 2007-03-17 19:42
ツル桔梗の可憐さが生かされる素敵な器ですね。
次回の作品も楽しみだわ♪

春を待ち望む北国の方の気持ちは、こうして季節感のないところにすんでいると分からないものだと思います。
花でも野菜でも旬なんてないですもの。
わたしは寒いと子どもを外で遊ばせられないので、毎日気温や風の強さに敏感になりました(笑) 来週から春休みです。 暖かい公園で春の花を見つけながら遊びたいな、と願っています。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 20:59
★ emilia2005 さん、こんばんは。

  イタリアの春はどんな感じでしょう?私には、太陽が燦燦と降り注ぐイタリアのイメージしかないのです。お恥ずかしい。
  今日はね、北鎌倉に雪が降ったんですよ。 また冬に逆戻り、三寒四温とはよくいったもので、まだまだ油断していられませんね。風邪を引きそうな寒さでしたから。

  
Commented by miki3998 at 2007-03-17 21:07
★ e-lesanges さん、こんばんは。

  今日はニリン草やクリスマスローズ、クモマ草に地植えのアネモネなどをテーブルに飾りました。そちらは季節を先取りなさったお仕事ですものね。雑誌のお仕事をしていると、数ヶ月先の草花をアレンジなさるのでしょう?それはそれでご苦労があるかと思います。

 パソコンが壊れてしまって、写真を取り込めないのが残念ですが、今日のアネモネの紫は、お花屋さんでは手に入れられない見事なお色でした。葉山の農家のアネモネです。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 21:13
★ kanmyougama 先生、 今日は寒かったですね。

  朝、出掛けに雪が降ってきて、スプリングコートをやめてオーバーコートを着て出かけました。まだまだ安心してはいけませんね。明日はもっと寒くなるとか・・・。まさに三寒四温ですね。
  お店にたらの芽やふきのとうが出回るようになりました。うちの裏には野原があって、土筆がたくさん取れます。卵とじにしていただいてます。今年はまだかなあ~。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 21:28
★ himawari-Augusut8 さん、こんばんは。

   そちらも緑が多いのですね。山を仰いだり、小川があったり、せめて子供時代にはいろいろな自然に接する機会を持たせてあげたいですね。

  カラスノエンドウやオオイヌノフグリ、ダイコンハナナなど、これから春の野草が次々と咲いてくれますね。ワクワクしてきます!
Commented by miki3998 at 2007-03-17 21:32
★ miffy-t_spring さん、こんばんは。

  桜の花にも色々あるので、しばらくは春の日本を満喫できますね。実は桜なら1月にもう咲く品種があるんですよ。啓翁桜がそうです。河津桜も玉縄桜ももう咲いていますね。
 桜の満開の艶やかさ、この美しさを味わえるのは日本人だけでしょうね。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 21:40
★ chojiiroさん、ビンゴ! です。 奥のアレは我が家のオリーブを無造作に束ねて入れてます。

   この日はレッスンの後、クーちゃんによる撮影会だったんです。ほんとうは後ろのアレがメインだったのですが、そちらはく-ちゃんのブログで紹介されているので、私はまずこちらをご紹介しました。一輪挿しの曲線と、ツル桔梗のやさしいフォルムとが合ってますよね。この花、大好きでうちの庭にも咲いてます。 長ーくなってしまってますが・・・・笑。

 たくさんの草花を盛るように生けるのも好きですが、可憐な野草はこうして一輪で愛でるのもなかなかですね。 
Commented by miki3998 at 2007-03-17 21:44
★ viva-na さん、 お元気?

  きっと甘~い新婚生活を送っているのでしょうね。 笑
  鎌倉が恋しくなったらいつでもいらしてね。おしゃべりしたい病、ためこむと重病になりますよ。 フフフ、 坂を登るのがたいへんでしょ?お迎えにまいりますね。

 お花のこと、また色々ご相談したいので、近いうちにぜひ遊びにいらしてください。お待ちしています。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 21:48
★ mikikof3 さん、こんばんは。

  ツル桔梗、お宅にもあるのですね。今年は少し早く咲き始めましたね。
  暖冬で草花もヌクヌクトしています。ナスタチウムも葉っぱが大きく伸びて、花も咲いています。まるで南国地方みたいですね。

 冬を越した花って、どこかけなげではかなくて・・・。だから好きなのかもしれません。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 22:04
★ paris-cordon さん、携帯の待ちうけ画面ですね、喜んで!

   この写真がparisさんと毎日一緒にいられるなんて、私のほうこそお礼を言わなくては。ありがとうございます。
   でもね、ちょっと褒めすぎです。 勉強になるなんて申し訳ないくらい、けっこういい加減な私ですから。

  あなたの料理に対する真摯な気持ちは、きっとこれから学ぶであろう生徒さんにとって、何よりも魅力的なスパイスであり、素材なのだと思います。私は生きることは生かされていることと考えています。だからおのずと感謝する気持ちになれるのかもしれません。 
Commented by macciato at 2007-03-17 22:04 x
はじめまして。色々な方のお料理ブログを見ていたら、ここにたどり着いてしまいました。で、mikiさんのプロフィールみてビックリしてしまいました。うちの母と似ているのです。うちの母は英語教師ですが、その前は真珠販売店で働いていました。そして名前がmikikoというのです。そして東北出身です。mikiさんのような優雅な感じでは全然ない、普通の地方のおばちゃんです。Jeepではないですが、やっぱり赤い4WDに乗っています。こんな母を持つ私ですが、また遊びに来ますので宜しくお願いいたします。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 22:11
★ azumi298-i さん、いかがですか? 

  お嫁さん、大事にしますね。 笑

  この一輪挿し、我が家のインテリアにも上手く溶け込んでいますし、花の姿を優しくしてくれる不思議な力を持っていますね。それはきっと作り手の思いが主張しすぎていないからだと思います。とくに野草に合うと思います。春は可愛い野草がたくさん出てきますから、楽しみですね。

 私は根が貧乏性なので、葉っぱも花も最後まで飾ってあげたいと思うのです。時には草だけでも充分季節感が楽しめるんですもの。毎朝の散歩、ウキウキワクワクです。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 22:16
★ claudia8 さん、先日はありがとうね。

  このお話が決まって、とんとん拍子で撮影まで決まり、あの日は本当に楽しかったですね。 庭の草花がまだ小さいものばかりでしたが、先日もお話したとおり、綺麗なものを探すと無いんですよね。でもちゃんと草花は息づいていて、3月の香りを運んできてくれます。

 お花見の季節の北鎌倉、また見にいらしてね。お待ちしています!
Commented by miki3998 at 2007-03-17 22:25
★ jsby さん、ありがとうございます。

  確かに子供時代は気がつきませんでしたが、今思えば、季節の変化を体いっぱいで感じるような毎日でしたね。良く遊びよく学び(?)、家の中にいることってあまりなかったと思います。両親も季節ごとに色々なところに連れて行ってくれましたし、家の周りには田んぼも野原も川もありました。赤とんぼやおたまじゃくし、ひよこにウサギ、子猫に子犬・・・なんてまぐまれた子供時代だったのでしょう。

 学習能力って、難しいことは分かりませんが、友達から学ぶこと、家族から学ぶこと、生き物から学ぶこと・・・それを生きる力に変える能力が大切なのかもしれませんね。
 次回鎌倉にお越しの際は、遠慮なくお知らせくださいね。我が家から見える丹沢連峰や沈む夕陽も、まんざらではありませんよ。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 22:39
★ ワヤコさん、こんばんは。

  私ね、昔は紫色って好きな色ではありませんでした。どこか寂しげで物悲しくなるんですもの。でも、今は違います。紫の気品、奥ゆかしさは他の色にはない雰囲気があります。南国に無い色なのは、日差しの強さいにかかわっているのかもしれませんね。

 バリの花はその独特の色彩だけでなく、花びらの厚さも違うと思います。北国に咲く花や冬を越した花って、花びらが厚くて硬いものが多いんです。寒さや北風に向かって咲くからでしょうね。 うつむいて咲くのもそのせいかも知れません。 

  
Commented by miki3998 at 2007-03-17 22:51
★ kure さん、お久しぶりです。

  紫の花、いいですよね。四季がはっきりして、湿気のある国ならではの花かもしれませんね。
 お母様、北海道のお生まれですか。長い冬があるからこそ、春が待ち遠しくて人一倍嬉しいのですよね。

 お花、復活されて、また生活に潤いが生まれますね。日本の四季があるからこそ、生け花もその美しさを愛でることが出来るのだと思います。そして時には道端の野草にもいとしさを感じるようになりますね。シロツメクサやクローバーで遊んだ子供の頃、野原の草花が本当に綺麗だと思って育ちました。あの頃の気持ち、大切にしたいです。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 23:03
★ fragrance-aroma さん、 そうですね。冬の寒さ、確かに辛いです。
   小さいころは、子供は風の子と言われ、外で遊びまわっていました。ほっぺたを真っ赤にしてね。手足にはしもやけが出来て、いつも鼻水をたらしている子供もいました。でもけっして辛いとかしんどいって思いませんでした。なぜでしょうね。
 そんな北国で育った私は、春の訪れが何よりも嬉しかったですね。
 北鎌倉は田舎に比べると天国ですが、やはり私は田舎が好きです。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 23:11
★ lemgmnsc-bara さん、こんばんは。

 そのアイスクリームやさん、知りませんでした。バッケのアイスだなんて、まさしく春を告げるお味なんでしょうね。

 東北地方の冬もきっとご経験がおありだと思いますが、あの長い冬の後の春だからこそ、地面の下でじっと春を待つ草花がいとおしく思えるんだと思います。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 23:17
★ matoi さん、こんばんは。

   いつでも丹沢連峰の景色お見せしますから、おいしいデニッシュ2~3個お待ちしてま~す。なんちゃって! 笑

  この一輪挿しね、さりげなくって野草が似合うんですよ。もちろんこれからの季節、黄色いモッコウバラなんかもいいかもしれません。道端に咲くカラスノエンドウや、そうそうバイモなんかもいいなあ。
 欲しいでしょ・・・ つくばからお嫁に来たんですよ。いかがですか? 笑
Commented by miki3998 at 2007-03-17 23:25
★ aamui さん、こんばんは。

  このツル桔梗は葉っぱが白く斑入りです。緑色の葉っぱのものもあります。花の形も色合いも穏やかででもどこか凛としていて・・・いい花ですね。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 23:31
★ 鍵コメ 3-17 11:28 さん、こんばんは。

  思い出してくださってありがとう! 岩手県の物産展て、どんなものが出ているのでしょう?南部せんべいは有名ですが、他にはなにがあるのでしょうね。三陸わかめ、わんこそば、ごまだんご・・・それからアケビの篭や南部鉄器・・・あ~、他にもありますね、きっと。

 この一輪挿し、素敵でしょ? 一度お店に行ってみたいですね。
 ご心配いただいた息子ですが、腰の痛みと喘息で毎日家で寝ています。次男は元気ですが、長男はその喘息がネックです。ボチボチ治して行くしかないですね。 
Commented by miki3998 at 2007-03-17 23:36
★ yuming さん、あなたもあのポット買ったのね。

   爽やかな白なので、やさしい春の草花が良く似合うのね。
  この一輪挿しも野草と相性がいいみたいです。これからの季節、道端に可愛い草花が顔を出します。ムスカリやネモフィラもいいし、パンジーもいいわね。飾ったらまたブログにアップして見せてね。

 さもない雑草も、やさしくブーケにして飾るとそこに命がまた吹き込まれて素敵になりますよ。やってみてね。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 23:49
★ yukky1480 さん、こんばんは。

  横須賀線に乗ってくると、北鎌倉から急に緑が多くなります。そしてホームに降りると、風の匂いが違うように感じます。それは生徒さんもそうおっしゃいますね。
 やはり人間にとって、自然と向き合ったり大切にしたりということが大事なんだと思います。
 お近くでしたらいいのにね。 でも旅行気分で一度遊びにいらして見てくださいね。大歓迎ですから。
Commented by miki3998 at 2007-03-17 23:58
★ nagayades さん、こんばんは。

  この一輪挿しも味がありますが、次回の器も素敵なんですよ。お楽しみにね。

  うちも長男は病弱でしたが、不思議と実家に帰ると喘息が出ないのです。こちらよりもずっと寒いのに風邪も引かずに雪ダルマを作ったりしてね。空気が綺麗で澄んでいるからでしょうか・・・。

 子供が自力で抵抗力をつけることや、適応能力をつけてゆくのを見守るしかないのかもしれませんね。

  確かに季節感の無い条件のほうが多いのですが、その中でもちょっと工夫すると旬のもの、地場のものを見つけられます。出来るだけ自然体で生きてゆきたいですね。
Commented by miki3998 at 2007-03-18 00:04
★ macciato さん、ようこそいらっしゃいました。

  私のお料理はたいしたことがないので、どこか素敵なブロガーさんのところに入れたコメントをご覧になったのでしょうか・・・。
 でもご縁があるのかもしれませんね。私のプロフィールがお母様に似ていらっしゃるなんて・・・。 私も普通のおばちゃんですよ。決して素敵なマダムでも何でもありませんから、誤解のないようにね。 笑

  こんなブログですが、また遊びにいらしてくださいね。
Commented at 2007-03-18 10:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanabi827k at 2007-03-18 11:18
mikiさん、こんにちは。ツル桔梗、可愛らしいですね。一輪挿しも温かみがあって、ほっこりゆったりした気分になりました。ありがとうございます。
いま、季節感が失われていますね。でも、散歩していると、沈丁花の花の香りや小さな草花、ベランダから見える海の色も深くなり、春の兆しを見つけることができますね。
もうひとつの花器も、楽しみにしています。
Commented by 純じゃぱ at 2007-03-18 11:28 x
タイトルがいいですね。ほんと、季節を肌で感じることが減ってきたように思います。季節を感じるってことは、なにも気持ちいいことばかりではなくて、寒い思いや、暑い思いなどもその範疇に入るのでしょう。そんな地球の環境に囲まれていることを実感できる生活をしていきたいものです。
Commented by cubic-r at 2007-03-18 15:15
素敵な画像にうっとりです。我が家の庭にもツル桔梗があるんです。
mikiさんのセンスある活け方で、優雅さもましてますね。

エルちゃん、残念でしたね。。。
でも、ご家族皆さんに愛され幸せだったでしょうね。
Commented by miki3998 at 2007-03-19 08:16
★ 鍵コメ 3-18 10:49 さん、

   今回はお役に立てず申し訳ありませんでした。またの機会がございましたら、お知らせくださいませ。

  

  
Commented by daikanyamamaria at 2007-03-19 08:44
mikiさん、おはようございます。
クーちゃんのあの花器の撮影会、ご一緒できなくて残念でした。
次回はお花見。。。楽しみにしております。

また、先日はワイン会においでいただきましてありがとうございました。
ワインのお味に心を傾け、季節を楽しむ一時。。。
そんな、ゆったりした時間。。。
また、おいで下さいね^-^
Commented by miki3998 at 2007-03-19 08:46
★ hanabi 827k さん、 おはようございます。

  一昨日は北鎌倉にも雪が降ったんですよ。すぐとけてしまいましたが・・・。でも寒いのが冬、三寒四温を繰り返して春が来るんですね。

  普段車ばかりに乗っていると、道端の小さな草花に目をやることが少ないのですが、歩いてみると違いますね。家に庭が無くても、しっかり根付いた野草の姿には、春を待ちわびた顔があって、思わずしゃがんで見入ってしまいます。 ベランダにはリスが来て、鉢植えの中を覗き込んでいました。 ワクワクする季節、もうすぐですね。

  

   
Commented by miki3998 at 2007-03-19 08:52
★ 純じゃばさん、おはようございます。

  そちらの春はどんな風にしてやってきますか?

  田舎で育った私は、冬中長靴で走り回る生活でした。子供も大人も雪には負けない、寒さなんて吹き飛ばすような元気がありました。まさしく宮澤賢治の生き方を見習って・・・。花巻の人々は賢治が大好きですから。

 おっしゃるとおり、自然と向き合ってそれと共存する姿勢を失いたくないですね。 便利さや心地よさだけで生活していると、人間は傲慢な生き物になってしまうのではと心配しています。
Commented by miki3998 at 2007-03-19 09:01
★ cubic- r さん、おはようございます。

  cubic さんのお庭にはいま何の花が咲いていますか?

  春の花も黄色からピンクに移行し始めていて、サンシュユやレンギョウから桃や桜へと、私達の目を楽しませてくれる草花が咲き始めていますね。 可愛い草花が重い土を持ち上げて芽を出しているのを見ると、頑張れと声をかけてあげたくなります。 
 この写真はレッスンの後、yumingさんのカメラで撮っていただいたものなんです。うちのパソコンの調子が悪くて、写真が取り込めないので、送っていただきました。一輪挿しはつくばのazumiさんから送っていただいたものです。 ブログで拝見して気に入って、すぐにいただくことにしました。器との出会いはこんな感じで、ほとんど迷わずに決めています。野草が似合う器だと思います。

 エルのこと、お優しいお言葉、ありがとうございます。 いつも一緒にいると感じています。
Commented by miki3998 at 2007-03-19 09:06
★ daikanyamamaria さん、おはようございます。

  土曜日、楽しかったですね。もっとゆっくりできればよかったのですが、途中で失礼して残念でした。

  思いがけない出会いがまたあったようで、びっくりしております。これもご縁なのですね。 皆様とつながっている実感を味わっております。

 お花見は3月末から4月中ごろまでですが、北鎌倉の山々には、ソメイヨシノや大島桜、八重桜に枝垂桜・・・・色々な桜が次々と咲き、しばらくは楽しむことが出来ます。皆様、ご都合がよろしい時にいらしていただければと思います。4月はスタートの月、また新しい可能性に向かって進んでいきたいですね。
Commented by paris-cordon at 2007-03-20 07:58
「生きることは生かされていること」
思わず目頭が熱くなりました。
お言葉に甘えて、携帯の待ち受けにさせていただきます。
私もmikiさんのような先生になれるようにがんばります^^
あたたかいお返事ありがとうございました。
Commented by miki3998 at 2007-03-20 09:40
★ paris-cordon さん、おはようございます。

  お近くでしたらね、あなたのお作りになったお料理、一番にいただきたいと思いますよ。いつかきっと、そちらにお邪魔する日をお約束します。どうぞお料理教室、がんばってくださいね。
Commented by cazorla at 2007-04-01 08:05
器がいいですね。
こういう花のあしらい 大好きです。
Commented by miki3998 at 2007-04-02 01:05
★ cazorla さん、いいでしょ、これ。 笑

  スペインの春の花…ハイビスカス?
  そちらはどんな花を飾っているのでしょう。それとも家の中に飾らずとも、道すがら野に咲く草花を見て楽しんでいるのでしょうか。
  お母様の日常は、多少言葉に不自由しても、ボディランゲージで何とかなるのかもしれませんね。目は口ほどに物を言う・・・ですから、言葉以上のコミュニケーション能力をもっていらっしゃるのでしょう。お母様の柔軟性とおおらかさ、素晴らしいです。
 コメントは残していなくても、cazorlaさんのブログ、楽しませていただいてますよ。ありがとう。
by miki3998 | 2007-03-15 20:55 | | Trackback(1) | Comments(66)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧