『 今 』 を 生かす

 
b0083902_2143776.jpg


   こぼれ種で育ったデルフィニュームの花です。 いつもお世話になっているご近所の方から 「 もう終わりの花ですが、よろしければどうぞ。」 とお声をかけていただいたものです。
 丹精込めて育てた草花は確かにもう花が種へと変わっておりましたが、のびのびと、そして優雅な姿で咲いていました。 この紫がかったブルー、その小さくも可憐な姿、花屋さんのそれとは違った素朴な魅力を称えています。

  この花とともに、お稽古のために用意された草花は、自宅の庭の草花はもちろん、お隣のおばさま、遠く京都の中野さんから送っていただいた枝物、花巻の実家の母が育てた花など、いろいろな人の思いと共に、このテーブルの上に揃うのです。

 
b0083902_21542180.jpg


私は草花を探すとき、綺麗な花はないか、使える枝物はないかという目で見てはいません。
 季節の移り変わりとともに変化する、今そこにある草花の姿を追いかけながら、その『今』を生けたいと思っています。だから4月の紫陽花と6月の紫陽花の姿は違っても、その時、その瞬間の枝も、葉も、花もすべて美しく見えるのです。 そんな目で見ると、ミョウガの葉も枇杷の葉も、私にとっては魅力ある花材となります。
 明日のお稽古を待つ草花。 水揚げをしながら、この草花をみなさんがどう生かしてくださるのか、いつもワクワクしているのはこの私なのかもしれません。

 
b0083902_22304815.jpg

 集めた葉物、ふが入ったドクダミ
b0083902_2232369.jpg

   送っていただいた八重のくちなしの花 これも花材です。
 
b0083902_22343092.jpg

   庭のバラや紫陽花。 ピンクはカガリビソウ。 
   明日はカサブランカとともにお稽古をいたします。


 生ける、あしらう、アレンジする・・・ 言葉はいろいろです。 私は生けるよりもあえて言えば生かす、でしょうか、 ひたすら草花に向き合っていたい、そう思います。
 野に咲く花も花屋さんの花も、摘んでしまうことで花の命を一度は絶ちます。 それを切り戻すことでまた命を吹き込んでやる。 だから生きていた時のように、草花を解き放ってあげたくなるのです。
 
 
トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/8909755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aamui at 2008-06-28 23:21
白州正子さんはいけて はじめて花になると仰っていますね 生かすと・・・
Commented by y-moonlights at 2008-06-28 23:45
どのお花も、瑞々しい季節の香りがして、素敵ですね。。
mikiさんの教室でいけられる草花達。。それぞれに、いろんな方の優しい気持ちが込められているようで、本当に素敵です。
生ける、というより生かす、ですか。。
mikiさんの魔法の手で、生かされた草花達、また一段と輝いて見えます。
Commented by miki3998 at 2008-06-28 23:54
★ aamui さん、 私の使っている花鋏、白州さんと同じ職人さんが作ったものなんです。

  花の心や生ける姿勢、まだまだ迷いながら学んでいます。 花と器の出会いも興味深いです。 でも何よりも草花を生かすことを目指していたいと思っています。 草花の前では謙虚でいたい、そう思います。
Commented by miki3998 at 2008-06-28 23:59
★ y-moonlights さん、 ありがとう。

   草花を生かすこの私の手、まだまだなんです。 
   生ける時、自分がいて、生かすとき、草花がそこにある、そんな感じがします。 どちらでもいいのかもしれませんが、まずは自分自身が生き生きと暮らしてゆくべきなんですよね。 しなやかに生きて、穏やかな心で向き合いたいと思うのですが・・・できるかなあ。 
Commented by emi at 2008-06-29 00:15 x
そうですね。生けるではなくて生かす・・・・mikiさんのお花を見ていると、それぞれのお花が喜んでいるように感じます。
とても深い言葉だと思いました。生きとし生けるものに通じるような気がします。

今日、小雨の中、宇治の「三室戸寺」へ行って満開のアジサイをみてきました。

Commented by miki3998 at 2008-06-29 00:47
★ emi さん、梅雨まっただ中という感じ、今も雨が降っています。

   三室戸寺 ですか、 そちらの紫陽花も満開なのですね。
  北鎌倉の明月院もそうです。 東慶寺も、浄智寺も・・・紫陽花のことをハイドランジアというのですが、たしか水をため込むとかたたえるという意味のラテン語だったと思います。 なるほどですよね。

  お花を極めることとははるか遠い私です。 迷い悩み、思うようにならないと嘆く・・・違いますよね、きっと。 大切なのは草花に聞きながら どう咲きたいのか どう向きたいのかとじっと見つめることかもしれません。
Commented by 乙女 at 2008-06-29 08:37 x
mikiさん
おはようございます。

優しい草花に会えて、元気をもらいました。
デルフィニュームの花・うちの庭にもこぼれ種で、点々と咲いています。
草花たちが、自然にひっそり咲いてる風景は好きです。
良く見ると、クリスマスローズも種が飛んであちこちに芽をだしています。

mikiさんの、お蔭でいろんな事に気付かさせていただいています。
ありがとうございます。

来月半ば、鎌倉散歩一人旅を目論んでいます。一人旅・・・私にとっては一大事、実行して自信をつけたい。。。
報告しますので聞いてくださいね。
Commented by nakanokeiichi at 2008-06-29 18:57
美紀さん クチナシは無事でしたね  嬉しいです。
山田無文師の言葉を
 >  いったいこの花々は誰のために咲くのか。蜜蜂は花に寄りすがる。蝶も花に群がる。しかし、花の美しさは分からん。色も分からん。鳥も鳩も兎も猪も花の美は分からない。

 花の美しさを知るのは人間だけ。花は人間のために咲く。「碧巌録」のなかにも、”百花春至って誰がために開く”という言葉がある。
 花は人間のために咲く。人はその花をみて喜び笑う。その心とは何か。

華道の宗家がこういっている。
 ”石も花 垣も花 華台も花 薄板も花 鋏も花 水も花 生けられる草木ももちろん花 生ける姿も花なり”

 ここまで至れば、絢爛たる百花ばかりでなく、松も緑、木の緑、樹木の緑、一切の新緑も様相一変。道端の岩も石も土も、ありとあらゆるものが花となる。何をみても花だ。そう分かれば朝から晩まで笑いはとまらん。笑ってばかりいなくてはならん。

あなたの生ける姿が 花  なんですね。

Commented at 2008-06-29 21:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miki3998 at 2008-06-29 22:43
★ 乙女さん、 鎌倉にいらっしゃるのですか?

  今日はあいにくの雨模様でした。 でもこの梅雨があればこそ、草花も潤ってまた元気になれるのです。紫陽花もひと際きれいですよ。

  七月の半ばともなれば梅雨が明けて夏本番、 湘南の風を胸いっぱい吸い込んで、ひとり旅を満喫なさってくださいね。

  
Commented by モコ at 2008-06-29 22:44 x
やっぱり花を見ると癒されるというか、心落ち着くというか、、、
同じ花材でも、活ける人によって全然ちがうアレンジになりますね。
私もお稽古していた頃、出来上がりを見るのが楽しみでした。
Commented by miki3998 at 2008-06-29 22:56
★ nakanokeiichi さん、 たくさんの草花をおくっていただき、ほんとうにありがとうございました。

  くちなしの花、箱を開けたとたん、いい香りが部屋中に立ちこめて しばし幸せな気持ちになれました。 

  生ける姿が花  ですか・・・ ありがとう、 でもちょっと褒めすぎです。(笑) これからもよろしくお願いしますね。 感謝。
Commented by miki3998 at 2008-06-29 22:59
★ 6-29  21:25 の鍵コメさん、

  こちらこそお世話になりました。 流石、料理の腕前はプロですね。

  遠くからで申し訳ないのですが、またぜひご一緒しましょう!お待ちしてますね。 そうそう、今度は私がそちらにお邪魔します。連れて行ってくださいね、あの場所に。(笑)
Commented by miki3998 at 2008-06-29 23:02
★ モコさん、 こんばんは。

  ここに並んだ花は すべて生徒さんのために用意したものです。出番を待つ草花といったところでしょうか。
  
  今日の一日教室、おっしゃる通り、それぞの個性が出て楽しかったです。 花は人を表す、 そんな感想を持ちました。 みなさん楽しまれていかれたようで 今ホッとしているところなんですよ。
Commented by harunoyokihi06 at 2008-06-29 23:50
おばんです。
今日の楽しそうな様子がなんだかわかるような気がします。

デルフィニュームきれいですね。
立派な花屋さんのよりこっちが自然でステキですね。

いい時間を過ごされたmikiさんの嬉しそうなお顔が浮かびます。

Commented at 2008-06-30 00:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by syenronbenkei at 2008-06-30 00:27 x
いつだったか、息子さんの彼女の話のときでしたっけ。
「そんなヤワな女じゃありませんのことよ」ってmiki3998さんが言いました。
こんな言い方↑をしたかどうかは知りませんが(笑)

2年以上にわたってmiki3998さんにふれさせていただいて、たしかにヤワくないです。
今を必死で生きてる人だなと思います。
しんどいことも山ほどあるだろうに。
立派だと思います。
Commented at 2008-06-30 12:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-06-30 17:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-06-30 18:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miki3998 at 2008-06-30 19:17
★ harunoyokihi06 さん、 おばんです。

   まだ夕焼けが丹沢を覆っています。 晴れましたね、今日は。

   このデルフィニューム、綺麗ですよね。 
  それは完璧な美しさではないけれど、花屋さんの完璧さがウソに見えるくらい、本当の美しさだと思います。
  やはり 花は育ててみて分かることがあるのだと思いました。
  種から育てる喜びって、生けてみてわかります。 やはり 生かすことにこだわりたいものです。
Commented by miki3998 at 2008-06-30 19:19
★ 6-30 0:11の鍵コメさま、

   こちらこそ 楽しいひと時をご一緒できて 何よりの喜びです。
   至らぬ点もあったかと思いますが、 お許しいただき、これを機会にどうぞよろしくお願いします。

  リンク先の名前、 もう一度ご確認ください。あの名前はハンドルネームなんです。

  
Commented by miki3998 at 2008-06-30 19:25
◆◆◆ syenronbenkei さん、 こんばんは。

  シリアスに受け取っていいのですか? 調子が狂っちゃいます。
  確かに私はヤワな女ではありません。 どちらかというと 諦めない女、かな。(笑) でも ありがとうとごめんなさいは早く言いなさいを家訓として息子たちに厳しく言ってきたので、すぐに謝ります。(笑)

  今は好きな言葉が「 Yes 」 だと言える しなやかな女になりたいです。

おねがいだから、 立派だと思います・・・ なんて言わないでくださいね。
Commented by miki3998 at 2008-06-30 19:29
★ 6-30  12:54 の鍵コメさん、

   あなただけです、きっと今日のこの日を憶えてくれているのは。
   ありがとう、本当に、ありがとう。

 実はそうなの。 もうお仕事落ち着かれましたか。
 出しそびれた手紙がバッグの中に入ったままです。 ご家族やお仕事がひと段落をしてからでいいのです。 私は待っていますから。

 いま私自身のブランディングの準備中です。詳細はそちらのブログにお書きしますね。 ゆっくりでいいのです、あなたじゃなくては意味がない。
これからの私を作っていく上で 必要とする人ですから。 
Commented by miki3998 at 2008-06-30 19:31
★ 6-30  17:14 の鍵コメ様、 

   そうですか、わかりましたか。 よかった~。
   素敵なブログでしょ? 私のブログなんかよりもずっと参考になるかと思います。 彼女の実力はピカイチですから。 
Commented by miki3998 at 2008-06-30 19:34
★ 6-30 18:17  の鍵コメ様、

  くちなしの花言葉 『 私は幸せ者です。』 
  私も  しあわせです。
Commented by geko at 2008-06-30 20:30 x
草花を解き放つ、いいなぁ・・・
やっぱりmikiさんはただものじゃないなぁ!
私も解き放してもらいに、mikiさんちに行こうかな。。。。
Commented by miki3998 at 2008-07-02 01:36
★ geko さん、 解き放たれっぱなしの私です!(笑)

  ご旅行の様子、ブログで拝見しました。 やはり只者ではないです。
  こうなったら『 只者ではないクラブ 』 でも結成して、只者ではないオフ会を決行しなくてはね。 北鎌倉集合で盛り上がりましょう!

  いつでも解き放ってあげますよ~。 いらっしゃい、いらっしゃい!(笑)
by miki3998 | 2008-06-28 22:45 | | Trackback | Comments(28)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧