8月のレッスン  籠を使って・・・。



b0083902_16453191.jpg


   今日の丹沢です。 まるで墨絵のようなモノクロの世界。群青色の丹沢のすぐ上には、真っ黒な雨雲が垂れこめていますが、刻一刻と空は表情を変えていきます。写真にはその丹沢のすぐ下に広がるまっ白な雲海を収めました。白い雲が丹沢に寄り添っているみたいでしょ。 

   八月も今日明日で終わりますね。
   今年の夏も暑くて 夏大好きな私にとっては、季節を満喫できたような気がしておりましたが、ここ数日でそんな思いも一変しました。関東・東海地方を襲ったゲリラ豪雨、130万世帯の方が避難勧告を受けたのだとか・・・。名古屋のお年寄りは迫ってくる泥雨が屋根近くまで達し、一人では身動きもできず、尊い命を落とされました。 お身内の方もさぞ悔しい思いをなさっていることと思います。ご冥福をお祈りいたします。
 
b0083902_043526.jpg

  
   今月は涼を呼ぶテーブルの花をテーマに、アジアンテーストの籠を花器に仕立てたアレンジをいたしました。ラフなスタイルですが、ランチもその草花をイメージしたお料理を作ってのシンプルなセッティング。特別なコーディネートと言うわけではありませんが、これくらいなら気軽に話も弾むようなあしらいです。 メニューは夏野菜と海老のイエローカレー、 アスパラのグリーンサラダはナンプラーとスダチをドレッシングに。 飲み物はハイビスカスやローズヒップがたっぷり入ったが香り高いアイスティです。 暑い夏は熱いメニューで! それぞれの花の色と組み合わせで、黒い籠がまるで額縁のような役目をしてくれます。 花瓶ではない雑貨ものを使う際には 少し遊び心のある花あしらいで楽しみたいものです。

b0083902_0472059.jpg



b0083902_0482984.jpg


  同じ籠を使っているのに、花材が違うと、空間に広がる空気感も変わってきますね。
  花はガラスの小さな器に水を入れて生けています。グリーンや他の草花でカモフラージュしてあります。 この籠はおもち帰り、 取り外しの利く足が 籠をワンランク上に引き上げていますね。 お月見のときも、お正月の際にも 和のイメージを助ける小道具になってくれる籠です。
b0083902_0493914.jpg



  『 9月になれば 』という映画が昔ありました。 確かロック・ハドソン主演ラブコメディだったような・・・。 音楽は憶えていて、すぐにでも歌えるんだけどなあ・・・。 9月になれば、何かいいことあるかなあ…っていう映画だったかしら???
  いけない、 このボーっとした頭をシャキッとさせなくては!
  9月こそ!・・・ ですよね。  ( 何が?と突っ込みを入れてください。 アハハ )
トラックバックURL : http://flowermiki.exblog.jp/tb/9382016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinn-lily at 2008-08-30 17:40
9月になれば・・・いいことあるようにがんばりましょう!
10月になれば・・・もっといいことあるようにがんばりましょう!
がんばっるって言葉あまり好きではないけれど、
つまり口に出さずにがんばればいい、
でもmikiさんもいつもがんばっている(そう見えます)私もがんばっている(自己礼賛?)なので9月になれば、私たちにいいことあると信じています。
10月になったらもっといいことがある。
何が?はわかりません。
Commented by miki3998 at 2008-08-30 17:53
★ shinn-lily さん、 早々の突っ込み、ありがとうございます!

   そうそう、口にして頑張るって、周りも気を使いますよね。
  実際 頑張っているのよ光線を出しまくっていると、家族は鬱陶しいかもしれない。 私みたいに 適当で大雑把な母親だと、息子たちも諦めて 口を出さなくなります。 それくらいがいいのかもしれません。  
 誰のためでもない、自分自身が楽しみながら仕事もプライベートも鼻歌交じりでできたらなあ・・・と思っています。 私の頑張るは 踏ん張らない、突っ張らない、根をあげない…かな。(笑)

  9月になれば・・・ いえ、 10月になれば、です! 
  何が? は 秘密です。 ( ← 10月まで引っ張るつもり。 笑)
Commented by noodle at 2008-08-30 18:19 x
miki3998さん、素敵な籠とアレンジですね〜。日本には素敵な雑貨がたくさんあって、羨ましい限りです。香港ではなかなかお手軽なお値段でセンスの良いものが見つかりません。ランチもとってもおいしそう。
Commented by cazorla at 2008-08-30 21:20
10月の鯨 という本が好きです。
10月の旅人 も。
10月になると いいことあるかしらー。
良いこと待ってましょう。
と 書きながら上のコメント見たら 似たようなことが・・・

素敵な花ですね。
いつか スペインで展示会しましょうよ。
レオンとカソルラの間でマドリッド。
私 お手伝いにうかがいますから。
Commented by nageire-fushe at 2008-08-30 21:51
籠に洋の花達がこんなのも良いですね~~
アジアの風を感じます。
素敵な花達ですね。
Commented by aamui at 2008-08-31 05:38
ああ籠に活けること忘れていました ありがとね~~(桑田流にハハハ)
Commented by happyrose11 at 2008-08-31 10:24
ほんとに今年の夏は、暑すぎて・・・・”夏を楽しむ”って少なかったかかも。
お花もすぐ枯れちゃうしって、あまりお部屋になかったです。

やっぱりお部屋のお花いいですよね。
今日は新月。
お願い事するといいみたいですよ。
Commented by CarolineIngalls at 2008-08-31 15:20
もう8月も終わりなんですよね。
ここのところ涼しかったりお天気が悪かったりして、
すっかりまだ夏休みなんだということを忘れておりました。
ここ最近、また少し暑さが戻ってきて
まだまだお子さんたちは夏休みだったんだと思い出した始末(笑)
籠活けの素敵なお花を見つつ、9月に思いを馳せています。
どんな楽しい秋が待ってることでしょうか。
Commented by sagisouf at 2008-08-31 21:06
我が家の北陸から出稼ぎできたおばさんから買った籠は空のまま、部屋の中に陣取ってます。
西日があたるので、どの花もダメですね。
mikiさん、9月になれば~~8月は終わる。(あったり前田のクラッカー!)ふるっ。
Commented by yumiyane at 2008-08-31 23:00
mikiさん、テーブルに活けるときは、低く活ける、学びました。またお料理に合わせて、小道具選ぶこと、基本のようで忘れがちでした。
ブログでフリーで教わってスミマセン。
今気が付きましたが、右の映画の紹介でしょうか、「マーサの幸せレシピ」音楽がキースなんですよね。それで選ばれたのですね。
私もこの映画大好きです。ドイツ人とイタリア人の違いが面白いですが、ハッピーエンドでよかった。
Commented by miki3998 at 2008-09-01 00:05
★ noodle さん、 お恥ずかしいです。

  センスのいいnoodleさんから褒めていただき、とても嬉しいです。 籠は一回り大きいものもあって、お正月やお月見の時も活躍します。 高価なものではありませんが、 黒い色が花を引き締めてくれて、ちょっとモダンなテーストになりますね。 たまにはちょっと草花で ゆく夏を惜しむのもいいですね。 

  そちらのほうが籠のデザインも豊富で、価格も手ごろだとばかり思っていました。 やはり日本は凄いですね。
Commented by miki3998 at 2008-09-01 00:39
★ cazorla さん、 

   ごめんなさい、『10月の鯨』と言う本、知りませんでした。
 検索しても 「8月の鯨」しか出てこないんです。 無知で恥ずかしいです。 よろしかったら詳しく教えてくださいね。

  9月を飛び越えて 10月が楽しみだなんて おかしいでしょ?
  でも なんとなくでもいいから 待ち遠しいことがあるっていいですよね。 誰かを待つ、何かが起きる、それが10月・・・なあんて 夢見る乙女でいたころが懐かしいです! (笑)

  スペインでですか? 本当に?? マジですか???

  私はすぐ本気になります。 根が素直なので(笑) 相手の言うことを疑わないタイプなんです。 ホントに行っちゃうかも。 その時はよろしくです! 
Commented by miki3998 at 2008-09-01 00:47
★ nageire- fushe さん、

  バリからお帰りになったんでしたね。

  実は私も昔、 ウブドのアマンダリに滞在したことがあります。そこで出される朝食のパンが 素敵な籠に入っていたんです。 どうしても同じものが欲しくて バリの土産に同じものを買ってきました。 今でも大切にしています。 籠の色や素材、デザインも大切ですね。 今回の籠の色、黒がインパクトを与え、 まるで額縁のような役割をしています。 夏の終わりを惜しむように ちょっと南国のテーストを含んだ素材で楽しみました。  
Commented by miki3998 at 2008-09-01 00:52
★ aamui さん、 こちらこそ ありがとね~~~です。

   籠にもいろいろですね。 和風もいいけど アジアのいろいろな国の籠も楽しいですね。  秋の草花も 籠に生けると また感じが違うと思います。 私は籠が好きなので ついつい面白いものを見つけると手が出てしまうんです。 売るほどあるんですよ、籠。(笑)
Commented by miki3998 at 2008-09-01 01:12
★ happyrose11 さん、 北鎌倉は お月さまが出ていませんでした。

  いま外に出て見てきました。 残念! お願いことがあったんだけどなあ~~~。(笑)

  今年も暑い日が続き、庭のハーブも枯れたものがあります。
 うちは庭樹もあるので ときどき枝物を飾ります。夏は花にこだわらず、そこにある緑を集めて飾ってもいいと思います。 
 きれいなものを探すのではなく、そこにあるからきれいだと思っています。
Commented by miki3998 at 2008-09-01 01:24
★ CarolineIngalls さん、 息子の夏休み、9月22日までなんです。  もう秋休みもいいとこですよね。(笑)

  ここ数日の豪雨や暑すぎた夏、 やはり自然も壊れ始めているのでしょうか。 今日は真夏日のような暑さで 日焼けしまくりました!

  暑いときは涼しくなればいいと願い、涼しくなると どこか寂しくなる・・・ 人間なんて勝手なものですよね。 
  
 籠は夏のイメージがあるかもしれませんが、 秋には実りに感謝し、冬には暮れてゆく年を顧みながら 籠にその時の旬の草花を盛るようにすれば 一年中使えると思います。 あとは花選びですよね。
  
Commented by miki3998 at 2008-09-01 01:49
★ sagisouf さん、 北陸の籠ですか? まあ、どんな籠でしょう? 拝見したいです。

  日本の手仕事って 生活に密着していて 機能的でもあり形もきれいだったりしますよね。 東北も北陸も冬が長くて厳しいので、農家の人が農閑期にせっせと作って生計を立てていたのかもしれません。

  てなもんや三度笠、子供のころ楽しみにしていた番組です。
  藤田まことと白木みのる、 いいコンビでしたものね。

  
Commented by miki3998 at 2008-09-01 02:16
★ yumiyane さん、

   そんな風に言っていただけるだけで 嬉しいです、とっても。

  『 マーサの幸せのレシピ 』 大好きな映画です。
  音楽がキースだって、よく気がついてくださいましたね。 映画もハリウッドのリメイク版よりも こちらのほうが絶対面白いですよね。あのイタリア人シェフ、 いい味出してます。 かれは 監督もしますよね。 キースの音楽が流れていた最後の場面もほのぼのとしていて・・・。 メニューも厨房の感じも マーサ役の女優の重苦しさも あの映画だからこそ 生きてくるんでしょうね。 おいしそうだったなあ~。(笑)
   
Commented at 2008-09-01 11:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-01 14:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miki3998 at 2008-09-01 20:10
★ 9-1  11:08 の鍵コメ様、

  ようこそいらっしゃいました。
  ご依頼の件、メールでお知らせいたしました。 そちらからもう一度ご連絡をいただければ幸いです。
  よろしくお願いいたします。
Commented by miki3998 at 2008-09-01 20:14
★ 9-1  14:38 の鍵コメさん、

  まあ、 ひまわりですか・・・ 嬉しいです!

  最近は姫ひまわりという 小ぶりの可愛いひまわりも出ていますが、 もちろん大きいほうですよね。(笑)
  家族にとって ママは太陽いっぱいに浴びたひまわりのように ずっと笑顔で輝いていてほしいですものね。 

   ひまわりを何本もお部屋に飾って いつも元気でいたい、そう思っています。 この花のシーズンはそろそろ終わりですがね。(笑)
Commented by ako at 2008-09-02 21:37 x
こんばんは、以前書き込みをしたことがある北鎌女に通っていたものです。
綺麗な丹沢の写真に思わず懐かしくなり、コメントしました。
私も高校の窓から見える丹沢の山々が水墨画のようでとても綺麗だなと見ていた記憶があるんです!本当に懐かしいです!
あと、「侘び助」ですが、私が学生の頃はなぞのお店でした(笑)暗くて外からは中の様子が見えず、玄関先に飾ってある季節の花々がさりげなくて「わびさび」を感じるお店だなあ、だから「侘び助」?と思っていました。私は秋のススキが飾られているのが好きでした。もうすぐ本格的な秋ですね。。。


Commented by cazorla at 2008-09-03 07:54
フィリップ K ディックの小説だと思っていたのですが
実は 図書館で借りて 何度も借りて読んでいる本で
でも 本やで見つけられず 持っていないのです。
年を取った兄と妹が一緒に住んでいて 妄想の世界と こちらで
なんか大騒ぎしているという話。 なんか急に気になってきて
なぜ みつからないんでしょう。。
by miki3998 | 2008-08-28 00:55 | | Trackback | Comments(24)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧