2013年 07月 28日 ( 1 )

『日本の伝統色について』 北鎌倉円覚寺夏期講座

b0083902_14687.jpg
 


  7月21日日曜日、この日も暑い日でした。かねてから尊敬する染織家吉岡幸雄さんの講座が開かれるとあって、レッスンを午後にまわし、生徒さんと一緒に受講してまいりました。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、吉岡さんは江戸時代から続く染屋「染司よしおか」の五代目当主で、伝統的な植物染めを受け継がれていらっしゃいます。興味深い染色のお話を聴けるとあって、会場は満員。私たちは会場とは別室に通され、スクリーンによる講義を拝聴いたしました。


b0083902_1525777.jpg
 


   「挑戦するんですよ、昔の人に。」
  染色について、分かり易くかつユーモラスにお話されながら、時折お見せになる笑顔は、以前観たドキュメンタリーの中の吉岡さんとは違う柔らかい表情をされていました。新しいものを生み出すためには古いものを学ばなければ、、、昔の人がそうしたように。日本の伝統色を守り育てて行くことは想像以上のご苦労があることを、(だからこそ魅了されるのだと思いますが)あらためて教えていただきました。


b0083902_282861.jpg
 


  方丈前にそびえるビャクシンの木です。建長寺のビャクシンは樹齢750年以上と言われ有名ですが、こちらは樹齢何年なのでしょう。残念ながら痛みが激しく、外科的な処置をされたようですが、鎌倉市指定の天然記念物となっています。 


b0083902_2281788.jpg
 


  思えばお昼間の円覚寺は久しぶりです。毎年8月のお盆には山門を囲むようにして盆踊りが行なわれ、私も必ず三日間のうち一日は参加しております。提灯の明かりの下、浴衣姿の若い人や家族連れがあつまり、輪になって踊る様は叙情的であり幻想的でもあります。そして北鎌倉にこんなにたくさん住んでいるのかなあと、いつも驚かされるのです。夏祭りや盆踊りを楽しみにしながら大切に守って行こうとする街の人たちの思いを感じます。(写真はその山門です。) 


 
b0083902_2393146.jpg
  


  講座の帰り道、東慶寺近くで見かけた紫色のギボウシの花です。
  紫色は吉岡さんが一番お好きな色、「紫は一番苦労する色だから。。。」とおっしゃっています。
  高貴な色であり、どこか神秘的な感じもする紫。キキョウ、アガパンサス、イワタバコ、クレマチス、ツリガネソウ。。。紫色の花をあらためて思いだしますと、どれも楚々として清々しく、凛とした姿の花が多いと気づかされるのです。 
by miki3998 | 2013-07-28 06:00 | 美術・芸術 | Trackback | Comments(4)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧