カテゴリ:ヨット・シーカヤック( 7 )

 星降る夜に  

 
b0083902_1952673.jpg
 



  今夜は新月、星降る夜。
  月明かりがないかわり、漆黒の空はより深く、瞬く星はいっそう鮮やかだ。
  瞳を凝らして待ちわびて、、、流星は一瞬でこぼれ落ちてしまった。
  水面に映る金色の灯りは、落ちてきた星屑のかけらかもしれない。



  
  
  
  
  
by miki3998 | 2012-12-14 00:28 | ヨット・シーカヤック

海と風と白い舟

b0083902_1124369.jpg
 

   
  9月になって変わったもの。。。それは海辺の風景です。
  浜辺はつい先日までオシャレなお店が軒を連ね、若い人たちで華やいでいましたが、海の家も先週いっぱいで終わり、後片付けが始まっています。あっという間に元の静かな浜辺にもどるのです。ちょっと寂しい気もしますが、早朝の由比ケ浜にはサーフィンやパドボを楽しむ人たちがいますから、まったく人影がないわけではありません。残暑が秋の訪れを遅らせている間に、ちょっとだけ夏の終わりの余韻に浸りたい、そんな気持ちになって写真だけでも残しておこうと思います。


b0083902_1592392.jpg
 


  これはFB友達が三重県の鳥羽から江ノ島までの『パールレース』に参加した時、ゴールで出迎えるために待っていたときの写真です。なかなか風の状態がつかめず、また今どの辺りにいるのかわからず、ひとりマリーナをウロウロしていた時、もしかしてこれかなあとシャッターを切りました。(違ってましたけど。。。笑)


b0083902_223870.jpg
 


 こちらは防波堤から撮った一枚。iphoneだとこれが限界。ヨットが写っているだけのショボイ写真ですが、白波が立っていましたから、風も出てきてそろそろゴールに向かって進んでいるはず。。。そんなことを考えて待っていました。 海の向こうに見えるのは三浦半島、奥のほうまでヨットがたくさん写っていますね。この日は他にもレースがあったとみえて、ディンギーもたくさん海の上に浮かんでいました。


 
b0083902_274347.jpg
 


 大会本部の方に,お目当てのヨットの情報をお聞きしたら、「まだまだでしょう。予想がつかないけれど5時過ぎかも。。。」とのことでしたから、近くのヨットクラブの写真でも撮ろうとぶらついてみました。この一枚はお気に入り。ロングボードがきれいに並べられていて、真夏のショットとしては雰囲気がでていていいなあと。。。自己満足。そんなことをしていたから、その友達とすれ違ってしまったのです。(実はこの間にゴールしていたのでした。。。トホホ)


 
b0083902_216329.jpg
 


  結局諦めて帰ろうとしたら、駐車場のチケットを無くしてしまい、これまたひと騒動。どこまでもついていない日でした。「そんな日もあるさ。。。」と呟きながら帰宅。あとでその友達も麦わら帽子をかぶった私を必死で探し、防波堤からマリーナ付近を歩き回ったと聞かされて、逆に申し訳ないことをしたと反省しました。待つと決めたらとことん待つべきだったという失敗談。潮風を浴びてちょっとしょっぱい(?)思い出になりました。

  ラジオのスタジオが由比ケ浜から長谷に近いビルの3Fに引っ越してから、海沿いを車で走るということがなくなりましたが、たまにふっと海を見たくなることがあります。そんな時は遠回りして江ノ島辺りまで車を走らせます。サンルーフも窓も全開にして、風をうけながらのドライブ。これからは気持ちのいいドライブの季節ですから、たまにではなく、度々になるかもしれません。
by miki3998 | 2012-09-05 07:47 | ヨット・シーカヤック

 初夢? 

 

   



   
    初夢?。。。残念ながら今年になって毎夜夢もみずに深く眠っている。
    こんな(画像)夢ならずっと覚めずにいてほしい。
    努力次第自分次第の2012年。。。

    
    豊かな暮らしとは ものに囲まれた裕福な生活だと思ってはいない。
    いや、もともと豊かさを求めていないのかもしれない。
    さもない喜びに小躍りし、悲しさを仲間と分け合い、今日も一日無事に暮れたなあ。。。
    そんな毎日の繰り返しをしあわせだと思う。今よりも。。。などと欲はない。
    でももしこれからの生き方を自分自身に問いてみれば。。。

    季節の中での営みが自分たち中心ではなく、自然と共存しその恩恵に感謝する。
    労働に生き甲斐をみつけ楽しみながら働き、遊ぶときは徹底してまじめに遊ぶ。
    そのためなら死ぬまで働いてもかまわない。仕事とは自分のためだけはなく、
    誰かの役にたっているのだという使命感が支えるものでもあるから。
    宮沢賢治ではないけれど、自分を勘定にいれずに暮らすのが理想だろう。
    謙虚な生き方と感謝の気持ちが、この体と魂を作るものであって欲しい。
    煩悩を捨てられない愚かな自分だけど、まだまだ時間はある。
    新しい年は、始まったばかりだもの。

   



    ぜひ上の画像はフルスクリーンでどうぞ。 
    ラストがクール! 
    こんな一年を送りたい。。。 




    
by miki3998 | 2012-01-05 18:45 | ヨット・シーカヤック | Trackback | Comments(13)

 日本のマンハッタン 

b0083902_15501353.jpg
 


 台風の翌日、葉山は台風の影響でマリーナがお休み。予定したクルージングは来月に延期となった。
 翌日プライベートでセーリングのお誘いがあり、都内某所へ。こちらは大丈夫。
 空はどんより曇っていて風は少し冷たかったけれど、現地のコンディションは上々。
 今日こそ海へ。いざ出艇!



b0083902_15553061.jpg
 

 
b0083902_15564686.jpg
 

 
b0083902_163191.jpg
 



 景色を見る余裕がでてくると、葉山の海との違いも見えてくる。色が違う、匂いが違う、行き交う舟の種類が違う。。。ベテランスキッパーの無駄のない動きを見ながら、邪魔にならないことだけを心掛けた。


   
b0083902_1683411.jpg

   
b0083902_169174.jpg
  



  建設中の新しい橋『東京ゲートブリッジ』そしてウォーターフロントのマンション群。まるで日本のマンハッタンだ。


 
b0083902_16143437.jpg
 
b0083902_16151074.jpg
 


 約4時間のクルージング&セーリング。帰る頃には青空が広がり日差しも暖かく感じられた。海に沈む夕日もきれいだろう。いつかきっとナイトクルージング!


 
 ヨットの魅力ってなんだろう。。。
風を孕んで膨らんだセイル。傾いた船体が波しぶきをはじいて滑るように進む姿は生き物のように見える。雄大な自然に果敢に挑むときもあれば、夕凪に音もたてずに漂う時も。。。水平線の向こうには未知の世界が広がり、自分を待っている何かがあるような予感さえする。それを求めてラットを操り、風の声を聞く。
 いつもならただヨットに乗るだけの自分だったのに、今日は違う。一人一人の動きが気になった。
 マストにセイルを張る瞬間、メインとジブとのバランス、タッキングのタイミング。。。
 技術的なことは何ひとつわからないけれど、風の強さや方向を見極め素早く判断するスキッパーの役割がいかに大きいかを知る。息のあったクルーの的確な動きも見ていて気持ちがよかった。シングルハンドやダブルハンドだけではなく、クルーが多い舟には別の面白さがあるのかもしれない。
 果たして私は仲間になれるのか。。。海が好きという点だけは合格点をもらえそうだ。



  b0083902_1910561.jpg 

 
 
         
by miki3998 | 2011-09-24 17:21 | ヨット・シーカヤック | Trackback | Comments(10)

夏バージョン

b0083902_5142252.jpg



  週末に雨だなんてね。
  梅雨時なんだから 仕方ないか。
  沖縄はもう明けたらしいよ。 
  壁紙を代えたね? 
  うん、夏バージョンにね。


b0083902_5201736.jpg



  いいね、これ。
  いいでしょ?これ。
  大好きな色、デザインも気に入ってるの。
  夏だね。
  うん、夏よね。



 
b0083902_5245685.jpg



  香りが変わったね?
  そう、カモミールとミント。
  お部屋も香りを代えなくちゃね、夏だもの
  そうか、夏か。。。
  そうよ、夏よ。。。


b0083902_5271598.jpg




       お気に入りの本です。 先日 品川で買いました。
       電車を待っている間、この本からイメージする会話を。。。。
       もちろん 架空のお話。(笑)





  
by miki3998 | 2011-06-11 05:33 | ヨット・シーカヤック

読むラジオ10月25日 「ストーリーテラーズ ~小説と絵画~展 」加筆版

b0083902_16564737.jpg

 (阿園の庭展の会場。 アンティークな道具が飾られた棚は 幼稚園の下駄箱だった)

  ここ数日洗濯物が乾かない。10月ももう最終週、晴れ上がった紺碧の空ばかりを期待しているわけではないが、つい先日まで半そで姿でも汗ばむ陽気だったのに、昨夜はひざかけが必要なほど底冷えがした。夏が長引いただけに、心待ちにしていた次の季節は、案外短く終わり、その次の真っ白い季節へとどんより曇った暗い空の下、冷たい雨に肩を濡らしながら足早に家路を急ぐ光景へと急に変わった。これが秋なのだ。いつものようにとっぷり暮れた台峯の夕景をお茶をすすりながら、お隣の柿の実の橙色が、暗い秋色の景色の中で、ひときわ鮮やかにぶら下がっているのが見える。庭のミニザクロがプックリとした実をつけて、そろそろリースの準備に本腰を入れなければならないよ・・・とせかされている気がする。

  今朝の「おはよう鎌倉」は、相棒の城後さんが関わる「鎌人市場 10月31日日曜日」の紹介と、私の友人でもある瓜南直子さんや伴清一郎さんらが出展している「ストーリーテラーズ~小説と絵画~展」のおススメ。

  
b0083902_1720199.jpg


  ストーリーテラーズ ~小説と絵画~展   

 33名の美術家が、純文学や娯楽小説、詩などを題材に作品を発表いたします。美術と文学、双方の語り手たちの競演。機知とユーモアに富んだ精鋭たちのちきさくをご堪能ください。
                          < 以上、ご案内より抜粋 >
  東京展  10月20日(水)~26日(火) 高島屋東京店6階美術画廊
  横浜展  10月27日(水)~11月2日(火) 高島屋横浜店7階美術画廊  名古屋展 12月1日(水)~7日(火)ジェイアール名古屋タカシマヤ10階美術画廊

 
  お二人とも類稀なる(ごめん、ポチさん!)個性の塊、実に愉快で豪快なアーチストである。いったいどんな小説を選び、どんな絵が描かれているのかいまから楽しみにしている。鎌倉からだと横浜展が近いので、会期中足を運んでみるつもりだ。


  鎌人市場のサイトはこちら→http://www.kamandoichiba.com/ 

 当日城後さんもカヌークラブのブースにいるとのこと。また、知人・友人がガレージセールに参加もしている。こちらも時間をやりくりして出かけなければ・・・。秋は興味深いイベントが目白押し。体がいくつあっても足りないくらい。みなさまも鎌倉へお出かけのご予定がありましたら、ぜひ10月31日午前9時から、由比ガ浜海浜公園へGO!ですぞ。


  <今日の音源> 
   1. 素敵なバーディ           サザンオールスターズ
   2、 小鳥                遊佐 未森
   3、 レット イット レイン /   エリッククラプトン
   4、 告白                ロバータ・フラック
   5. プログレス             スガシカオ

  ※ 『告白』は竹内まりやの曲をあの「やさしく歌って」のロバータ・フラッグがカバーしている。まりやバージョンとは全く違った渋い雰囲気。朝からちょっとしっとりしてしまったなあ・・・。 今日の放送のアーカイブはこちらをクリック!
  

    b0083902_2046513.jpg
        
    数珠玉  子供の頃に糸を通して遊んだっけ・・・。
    いま私は時間差えあれば山や野原に散策に出かけている。
    リースの素材探しだ。集めても集めても・・・足りるだろうか・・・。
    風が強い日の翌日、ワクワクさせて出かけても、森はまだ応えてくれない。
    11月までお預けかなあ。


 
  

   b0083902_20574811.jpg

      

      お知らせ      
  
  誕生日を機に、iphoneに変えました。
  電話番号はそのまま、アドレスが変わりました。
  @マークの前はそのままです。
  @i.softbank.jpですので変更お願いしま
す。


     
b0083902_10531488.jpg

   (ダリア、ヒぺリカム、キンカン、紫陽花、カラテナ、カンガルーポー、ウンリュウヤナギ)
    
    最近は花のブログが少ない・・・とお叱りを受けました。もうしわけないです。
    忘れているわけではないのですが・・・弁解無用ですよね。
    新宿から通われているHさんのお花。 聡明なまじめなHさん、紫陽花の葉がダリアに負けない存在感を醸し出しています。柳の細いライン、おわかりでしょうか? 携帯を変えたらお伝えしきれない色合いが・・・。慣れるまで我慢です。腕をあげねば。



   10月26日 日本橋高島屋、行ってきた。
   明日からは横浜展。 ぜひ!
   
 

by miki3998 | 2010-10-25 17:04 | ヨット・シーカヤック | Trackback | Comments(4)

  今日から私もシ―カヤッカー

b0083902_20233814.jpg


  朝8時、逗子駅集合。いよいよ今日はシーカヤックデビューの日。私の専属の講師はラジオ仲間jyougoさんです。彼は先日新婚旅行でプーケットに行ってきたばかりなのに、その翌日には富士山に登ったという超アイアンマン(鉄人)ですが、これがとってもソフトな語り口の優しい海男(?)。海の素晴らしさやカヤックの楽しさをさらっと話しながら、暮らし方も自然体で毎日をエンジョイしている素敵な人です。もちろんその奥さんも彼同様、とってもナチュラルな可愛らしい方。今朝はその新婚宅を訪問しておしゃべりをした後、いざ逗子の海へ!彼の家から歩いて3分。まさに海中心のライフスタイルにふさわしいロケーション。お仲間の二人乗りカヤックをお借りして、逗子の海へGO! ワクワクする気持ちを抑えるのが大変でした。(笑)

  
b0083902_20334594.jpg



  私です!(笑) いつの間にjyougoさん写真を撮ってくれていたんでしょう。余裕です。
  私? 余裕ないなあ・・・ひたすらパドリング中。目指すは左前方の白い建物、レストラン・ラ・マーレード・チャヤ。風も強く、時折大きな波も向かってくるので、何度も海水がカヤックの中にザンブリと入ってきたり、荒波に浮かぶ小舟はちょっと油断すると傾いたり・・・気がつけば目の前にチャヤが。となりでパドリングボードを漕いでいる人や、アウトリガ―とすれ違ったりしてご挨拶。うんうん、余裕の優ちゃんです。(笑)jyougoさんは毎朝一人で海に出て、トローリングもやっちゃうのですから、凄いですよね。毎朝採れたての鯖やタコを彼自身が調理して奥様に食べてもらっているらしいですよ。浦山氏!
 
  小一時間海の上で過ごした後、無事生還しました。体力があったら もっと乗っていたかったなあ。初めてのカヤック、これくらいにしておいたほうがいいなあと判断されたのでしょう。海の状態や風の強さでその疲れもいろいろ。まして初心者の私、体にかかる負担はけっこうあるんです。肩も手首もそして下半身も「ガッチガッチやぞ」。 きっと明日は箸ももてないと思います。(笑)明日はラジオもあるし、今日はこれまで。 お疲れさまでした! 



   b0083902_2119287.jpg


       

   シャワーを浴びてサッパリ! ランチは海沿いのイタリアンレストラン「Cantina 」石窯で焼かれたピザが絶品。 何枚でもいけそう、奥様お気に入りのお店です。

   
b0083902_2124080.jpg


  
   みんなお腹が空いているので 食べる食べる。大きめのピザ2枚とパスタ。私はもちろん野菜中心で控えめに・・・ふふふ。 デザートも断り、飲み物も無糖のジンジャ―ウォーターをチョイス。ピザ、本当においしゅうございました。もう一枚!という気持ちを抑えて 腹八分。これが大事です!意思は固く、頭は柔らかく・・・ね。(笑)


   カヤックの魅力は ヨットやクルーザーと違って、水面がほぼ体と同じ高さだということ。水しぶきを浴びながら、腕が肩が足が、つまり体全体が舵になりエンジンとなるのです。うまくコントロールできるようになって、海から眺めた陸の様子を眺めたり、水平線に向かってパドリングを続けながら 心地よい孤独感を味わうのが醍醐味かもしれません。生き生きと語るjyougoさん同様、私もその魅力に取りつかれたのは言うまでもありません。 夕映え俱楽部に続き、シーカヤッククラブ、正式入会決定です!


   
b0083902_21314056.jpg

   

   
   
by miki3998 | 2010-08-15 20:47 | ヨット・シーカヤック | Trackback | Comments(20)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧