カテゴリ:葉山・逗子( 6 )

 海っていいなあ。 

b0083902_20223797.jpg
  


  8月24日土曜日、夜は銀座教室があります。。。が、お誘いがありまして久しぶりに葉山から海に出ました。(もちろん4時には横須賀線に乗って銀座に向かいましたよ)この日はイベントがありまして取材がてらお手伝いをさせていただくことになりました。早朝8時マリーナ出港です。


b0083902_20281970.jpg
 


  イベントは『湘南オープンウォータースイム大会2013』、葉山から江ノ島まで10キロを泳ぎきる過酷な大会のサポートをしました。ゴールまでの会場に万国旗を掲げた数艇のヨットが、ポイントごとに停留し、スイマー達に目的地までの道標となるのです。あいにく昨日は台風12号の影響でうねりが高く、泳ぎ手にとっても波の上に浮かぶヨットも、まるで木の葉のように大きく傾く状態でした。いままで何度か船に乗っていますが、酔ったのは初めて。(陸の上にあがってもしばらくは体が揺れる状態でした)顔ではニコニコしていましたが、実は胃が口から飛び出しそうなほど気持ち悪くなってました。(笑)


 
b0083902_20372958.jpg
  


 きっと大海原を体ひとつで泳ぐ選手達も苦戦したに違いありません。高波に体をとられながらコースを大きく外れることもあるので、側にはボランティアのカヤッカーやレスキューサーファーが並走します。そして私たちも船の上から声援を送りました。「がんばれ〜、もっと右、右!」 


 
b0083902_2041581.jpg
 


 目の前を見覚えのあるカヤッカーが通ります。パーソナリティの城後さんでした。彼もスイマーのサポート役を引き受けていたのですね。思わず名前を呼んでいました。彼もまた私がなぜこの場にいるのかとビックリしていた様子でした。大会の最後までお手伝いをし、その感想などをこんな風にのべています。(城後さんは逗子カヌークラブを主宰しています)

 「 昨日は湘南オープンウォータースイムのお手伝い。逗子から江ノ島まで10km泳のサポートです。カヤックが他者のために貢献できることはとても限られていて、数少ないうちの一つが遠泳サポートと考えています。こういう機会が与えられるのはチャンスだと思うし、自分の学びの場にもなります。台風12号からの大うねりの入る中、選手は果敢に海に挑戦し、長い距離を泳ぎ切ってました。感動とパワーをもらえる場となりました。」 


  
b0083902_20572677.jpg
 


 写真はボランティアスタッフに配られたTシャツです。海のことも船のこともまったくの素人ですが、この機会をいただけたことに感謝しています。知ることで益々興味が湧きもっと知りたくなりました。城後さんが言うように、自分の学びの場となった気がします。
 最後に、私を誘ってくれた仲間足をつりながらも諦めずにゴールを目指したスイマーのみなさん、そばで声をかけながらサポートをするボランティアの方々、マリーナで準備や後片付けを手伝うスタッフのみなさん、この大会を支えるすべての人たちを心からリスペクトします。


 
b0083902_21244725.jpg



  明日8月26日のラジオでは、この大会の模様と同じく葉山マリーナで開催中のもうひとつのイベント「OPTIMIST ASIAN CHANPIONSHIP 2013」についてご紹介します。子供達のキラキラした表情、海っていいなあ。
「おはよう鎌倉」月曜の朝7時スタートです!
by miki3998 | 2013-08-25 21:38 | 葉山・逗子 | Trackback | Comments(4)

 葉山まで 

                   
b0083902_15382667.jpg
 


  昨日は真っ青な空にこの旗がたなびく様子を美しいと思って眺めた。今日であの日から一年半たった。同じ海を穏やかな気持ちで眺められる平和な一日。思いがけない訪問者があった。
  一緒にいたのはブログで知り合った友達。花巻生まれで弟と同級生というその人から、上の娘さんを連れて「いま大船にいます。」という電話が入った。
 「美紀さんの花巻弁、きぎだくてきたのっす。」以前も下の娘さんと一緒に、一度北鎌倉に会いに来てくれたその人は、ラジオにも初回当時から毎週応援メッセージを送ってくる人だった。


b0083902_1551389.jpg
 


  白露を過ぎたのに暑さは厳しく、とても鎌倉を案内して歩くような天気ではなかったので、ドライブがてら食事に誘った。修学旅行で一度来ているから観光名所はいらないと、その娘さんも喜んでくれた。空はどこまでも高く、水平線の向こうから一本日の光が水面を黄金色に染めていて、とても穏やかな表情の相模湾。空と海がそのまま解け合うような鮮やかな青色だった。



 
b0083902_1664657.jpg
 


  
  遅めのランチをゆっくり話しながらとり、青春18切符で静岡まで帰るというその時間まで、どこに寄るでもなくただ車で海岸線を走った。食事中は口数も少なく、おばさんが二人、震災後の田舎について話こんでいるのをつまらないと思っていたかもしれないが、18歳になるというその娘さんは、好きな歌手の話やラジオ番組の話をする時、確かに輝く眼(まなこ)をしていた。窓をフルオープンにして走る車には、浜風が通り過ぎてゆき、気持ちのいい夕暮れを迎えていた。娘さんも車窓からの景色を楽しんでいるようで,時々歓声に近いため息が聞こえた。


 
b0083902_16152010.jpg
 


  打ち解けはじめた頃、娘さんからリクエストがあり、車の中で山下達郎を聴きながら江ノ島に向かった。もうすぐ日が落ちる。後ろの座席からカメラのシャッターを切る音が何度も聞こえて来た。一緒に北鎌倉まで来てくれたこの娘さんは、帰りの電車で母親とどんな話をするのだろう。ふっとそんなことを考えながら、二人を鎌倉駅まで送った。母親と娘、思いは違ってもきっと通じるものがあるはず。私は息子しか育てなかったから その難しさも楽しさも分からないけれど、いまマメに電話をしてくる母のことを思うと、ひとりぐらい娘を持てばよかったかなあと。。。そうだ、私には嫁がいる。
 「明日また葡萄が届くから取りにいらっしゃい。」
  嫁は今妊娠7ヶ月。クリスマスの頃 私もおばあちゃんになる。
by miki3998 | 2012-09-11 14:54 | 葉山・逗子 | Trackback | Comments(4)

葉山でクルージング&レッスン   

 
 
b0083902_1629235.jpg
 


  これ以上の青い空を見たことがあるか? って言うくらい抜けるように蒼く高い秋空。
 今年は一度も海に出ていなかったので、今日はクルーズ&ランチそしてレッスンと、初めての試みですが盛りだくさんな一日を過ごしました。夏の終わり、秋の始まり、みんなまとめて葉山の9月をお見せします。


 
b0083902_18513146.jpg
 



  マリーナのスタッフが個人所有のヨットのお世話をしています。きびきびと挨拶&笑顔がいいなあ。


  
b0083902_18555647.jpg



  富士山もおでまし。 潮風が気持ちいい! 



  
b0083902_21304571.jpg
 



  風をうけて進むヨット。まるで生き物のようです。空も海も限りなく大きい存在。



  
b0083902_2140401.jpg




  水色の空に群青色の海、くだける白波。フェルメールも悩んだ青い色。
  そうだ、海はラピスラズリーの色に似ている。 



  
b0083902_2141712.jpg




  今日のベストショット! 波しぶきが真珠のようです。iphone ではこれが限界。お気に入りの一枚。



  
b0083902_2145717.jpg
 



   楽しませてくれたクルーザー。ありがとう、お疲れさま。また来るね。


  
  
b0083902_21462751.jpg




   そのままマリーナのレストラン『青羅』で中華のランチコース。アルコールフリーのビールです、キッパリ!
   お舟を眺めながらの食事も嬉しい。お腹も心も満腹。眠くなりそうですが、遊んだ後はしっかり仕事。
   今日はこれからがレッスン。葉山から逗子を抜けて海岸線をドライブしながら家へ帰ります。

   ツルウメモドキや野バラの実を主役に、秋の枝をしっとりと生けました。
   例によって写真はなし。(ヨットの写真は撮ったのにね)
   ご希望の生徒さんにはいつでもお連れしますよ、葉山まで。
   台風がふたつ近づいているのだとか。 大丈夫でしょうか、来週のレッスン。


   最後にマリーナで見つけた美人なヨット。40フィートはあるでしょうか。素敵です。


   

  
b0083902_2154097.jpg


   


  
by miki3998 | 2011-09-15 22:03 | 葉山・逗子 | Trackback | Comments(6)

 お舟はおやすみ。。。in 葉山 

b0083902_20301284.jpg
  


              舟に乗るはずだったのに。。。  



b0083902_2049259.jpg




              現代美術ってむずかしいね。
  
  

 
b0083902_2051710.jpg

  

  

              カッシーナの白いソファがいい。
  

  
 
b0083902_2052203.jpg




              夕日を追いかけて もうちょっとドライブ。。。
              
             










   




 
by miki3998 | 2011-09-07 00:28 | 葉山・逗子

 しあわせな食事のための映画たち  at   CINEMA AMIGO

b0083902_1434814.jpg



  19日金曜日、昼過ぎに友達から電話が入った。
  「今日までの映画があるんだけど、行って観ない?」
  「いいよ!」
  外は雨が音をたてて降っていて、普通なら出かけずに本でも読んで過ごしたいと思うところだけど、暑い日が続いていたせいだろうか、傘をさして歩くのもまんざらじゃないなと、山を下りる決心(な、おおげさな)をして身支度をした。この夏何度着ただろうというネイビーとグレーのボーダーシャツに白いパンツ。おなじ紺色の傘がグレーの曇った空に妙に似合っている感じがした。
  
  電車に乗ってふた駅目。逗子で降りて海岸に向かって歩く。8月も後半ともなると、海水浴客もめっきり減り、おまけにこの天気、134号線はガラガラに空いていた。車でくればよかったかなあ。。。住宅地の空き地がコインパーキングになっているのを見て、そんなこともチラッと頭をよぎったけれど、歩かなければ見えない情景もある。庭先の芙蓉の花、小さな川にはカモが数羽いたし、玄関脇に立てかけられたサーフボードもこのあたりではめずらしくないけれど、北鎌倉とは違った景色の住宅街。心無しか海の匂いもしてきた。目的地『CINEMA AMIGO』まではもうすぐだ。



  
b0083902_15946100.jpg
 



 この日上映されるのは『サルー!ハバナ キューバ都市農業レポート』『コミュニティの力』そして『ソウルキッチン』の3本。時間がなくて3本目は見れなかったけれど、2本とも見応えのあるドキュメンタリー映画だった。
 誘ってくれたのはあの「北鎌倉の台所」の著者、藤田みどりさん。自分でも裏山の畑で自宅用の野菜を作っていて、季節ごとに葉ものや芋類、根菜にハーブなど、料理もさることながら、畑仕事もマメにこなしている。彼女も食いしん坊だからかもしれない。野菜のことになると、まるで我が子のように自慢話が始まる。(笑)四国生まれの彼女もまた食について自分なりのこだわりを持って暮らしている。
 テーマが『しあわせな食事のための映画』ということだったが、私たちが見た2本は残念ながら昨日までの上映。今後の予定はこちらを参考にどうぞ。(ちなみにチケットはドリンク付き1500円でその日の作品を何本でも見ることが出来る。)



  
  
b0083902_17541479.jpg
 




  さっき実家から届いたばかりの野菜たち。さっそくトウモロコシを茹でる。 柔らかそうな実が優しい色あいと甘い香りを放つ。子供の頃、八百屋の店先では茹でたてのこんなトウモロコシが売られていて、生のトウモロコシとさほど変わらない値段だったと思う。母はおやつ代わりに買ってくれて、何本でも好きなだけ食べたものだった。(ときどきお腹を壊したけど)
 しあわせな食事とは、何を食べるかよりも誰と食べるかが大切だと思っているけれど、このタイミングだと、どこで採れた何を口にするかも問題になってくる。農家の人たちなら誰もが、丹誠込めて育てた作物を我が子のように思っているだろう。それを口にできないなんて。。。こんな国になってしまったことが、悔しくてたまらない。

 


    
  
    

  
by miki3998 | 2011-08-20 15:11 | 葉山・逗子 | Trackback | Comments(6)

今話題の 逗子 「CINEMA AMIGO シネマ アミーゴ 」

b0083902_5195665.jpg


  日曜日、シーカヤックの後、ランチはイタリアンだったのですが、お茶はどこで?ということで、同じ逗子にある>「 シネマ・アミーゴ 」に行ってきました。以前から気になってはいたのですが、やっとたどりつけました。聞けばjyougoさんも行きたいと思っていたのだとか・・・。駐車場がどこも満員だったのですが、海岸からすぐのところで、次回からは一人でも大丈夫。オーナーの長島さんともご挨拶できたし、夜にはBar and Cinema になるので、「大人の夜は映画だ~!」と、夏休みが終わった頃にでも来るつもりです。

b0083902_5252545.jpg

                                 1F カフェ

b0083902_5265338.jpg

                                 1F バーカウンター

  
b0083902_528453.jpg

                                 2F オーナーのコレクション

  
b0083902_5291123.jpg

                             

   まだ2階は準備中ということでしたが、快く見学を許していただき、オーナーのコレクションの写真集やアンティーク家具などを拝見させていただきました。近く雑貨なども販売予定だそうです。
   お腹がいっぱいだったのですが、お店には日替わりランチや地元葉山の食材をつかったデザートも揃っています。私がいただいたのは 葉山のメロンに葉山の蜂蜜をかけたシンプルなスイーツ。美味しゅうございました!
   夏休みともあって、曜日によっては子供向けのアニメの上映もありますが、基本的には夜のシアターはこだわりの大人向け映画を上映しています。9月からは私の大好きな「 グランブルー 」、まだご覧になっていない方、必見ですぞ~。詳しくはこちら→ 


  b0083902_5363093.jpg
b0083902_5372014.jpg





   
b0083902_5405422.jpg

                            お隣のおしゃれなパン屋さん


  
今年から始まった 逗子海岸映画祭にも関わったオーナーの長島さん、話題の人はミセス7月号にも登場しています。湘南の潮風に誘われて、お出かけ気分100パーセントのあなた、こんな小さなシネマカフェで一息つくのもいいかもしれません。お隣にはこんなパン屋さんもあって、逗子海岸の路地裏、散歩してみる価値ありますよ!
by miki3998 | 2010-08-19 05:44 | 葉山・逗子 | Trackback | Comments(6)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧