カテゴリ:花( 157 )

いつも二人で・・・ 挙式その2

b0083902_23493266.jpg


   なんて初々しい花嫁でしょう。笑顔も素敵です。彼のエスコートでキャンドルサービスをしながら、お客さまお一人ずつに丁寧にご挨拶をして回ります。

  このブーケがメインのキャスケード。バラが3種類、アイスバーグとカルトブランシェ、そして彼女のためにあるかのようなプリティガール。他に使われている花材はうちの庭のものがほとんどです。この季節の緑が入ることで、6月の白いバラが一層美しく映えます。でも何よりも彼女が一番きれいです。美しさは内側から滲み出るという言葉どおりですね。

   
  Mちゃん、あなたの素直で優しい性格、躾もきちんとされているし、何事にもひたむきに取り組む姿勢、きっとご両親様も手放したくないと思っていらっしゃるのではないかしら。でも、Yさんなら大丈夫。思いやりがあって、静の中にも動を持ち合わせたおおらかな男性。安心して任せられる方ですね。何よりも、いえ誰よりもMちゃんを愛しているのという彼の熱いまなざしを、私は見逃しませんでしたよ。お二人で幸せな家庭を築かれてくださいね。

 しばらくはお二人の生活をエンジョイされて、その後Yジュニアがお生まれになったら、ぜひラガーマンにしてくださいね。(笑)

 b0083902_0154137.jpg

  二次会も楽しいひとときでした。お若い方たちに混じって、私も久しぶりにエネルギーをいただきました。二つ目のブーケは大好きなブラックティーとジュリアのラウンドブーケです。髪に飾ったブラックティーが大人の女性にふさわしい品と知性を表しているかのようです。もちろん新郎のブートニアもお揃いで作りましたね。偶然ですが、ブーケを包むサーモンピンクのチュ-ルがドレスとピッタリで、ラッピングをした私はホッとしたり嬉しかったりでした。そばで見守るYさんのどこか誇らしげな表情が印象的でした。
 主役は花嫁ということで、こちらはMちゃんだけのアップにいたしました。
 そうそう、ブーケトスで幸運をつかんだのは新郎の後輩の女の子だったとか。とって嬉しそうにはしゃいでいましたよ。もしかすると彼女もまた、ご自分でブーケを作りたいと決心するかもしれませんね。 
 
 幸せいっぱいのお二人に、幸多かれ。
by miki3998 | 2006-06-12 00:25 | | Trackback | Comments(22)

200本のバラ! 挙式その1

b0083902_20572258.jpg


  挙式前日の我が家のリビングの様子です。これから花嫁さんとこのバラを使ってブーケやブートニアをお作りします。黒いアイアンの譜面台には、受付でお客様をお迎えするウェルカムボードをのせます。白いバラはアイスバーグ、カルトブランシェ、そしてプリティーガールの3種です。こちらで白いバラと緑を使ったキャスケードダイプのブーケとブートニアをお作りします。

 他に移っているバラたち、緑はエメラルド、オレンジはパレオ、濃い赤はブラックティ、そしてジュリアです。こちらでは花嫁のお色直しに持つラウンドタイプのブーケとブートニア、そして髪飾り、ウェルカムボードもお作りします。

 花嫁のMちゃんは、小柄で目のクリットした美人さん。何事にもひたむきに取り組み、聡明で明るい素敵なお嬢さんです。オーストラリアでパティシエの勉強もなさった頑張りやさんでもあります。
そんな彼女ですから、仕事で忙しいにもかかわらず、レッスンも熱心に受けられ、ご自分のブーケと新郎のためのブートニアもご自分の手で作りたいと決心なさったのでしょう。

 そして出来上がったのが、こちらです
b0083902_2115198.jpg


  こちらは私がお作りした2品です。グリーンの皮製のバスケットには、山のスグリやグリーンのバラをあしらいました。花嫁のお姉さまに。私からのプレゼントです。ボードのグリーンはブログ用に文字を隠して撮影するために、多めに絡ませてあります。

この続きは明日。
by miki3998 | 2006-06-11 21:35 | | Trackback | Comments(23)

雨の後は・・・

b0083902_1813612.jpg


  雨が続いて、庭のバラはすっかり痛んでしまい、残すところわずかな種類だけが蕾をしっかり硬くしています。ツルバラは咲いたところをご近所のバラ好きな方に差し上げたり、わざわざ尋ねてきた友人に差し上げたり、喜んでくださるかたの家にお嫁入りです。挿し芽をして増やすといってくれた友人もいました。ありがたいこどです。感謝です。

  バラに限らず、草花好きの方と偶然にお知り合いになれたことが何度もあります。先日も買い物帰りにその方のお宅の前を通りかけて、素敵なお庭の感想を述べた所、ご自分で育てたツルバラを下さるというのです。わざわざスコップを持ち出し、私のために丹精込めたバラを掘り出してくださいました。感謝です、大切にしなければ。そして私もまたどなたかに分けて差し上げよう・・・そう思うのでした。

  重たい雲も去って、日差しが見えてきたので、のびきった庭のハーブを摘んでテーブルに飾ります
b0083902_19191938.jpg


     フェンネル、チェリーセージ、レモンバーム、イタリアンパセリ、グリーンローズ
by miki3998 | 2006-05-28 19:23 | | Trackback | Comments(27)

つぎつぎと・・・

b0083902_17144616.jpg


          バラ ( カクテル )、ナスタチウム、サンキライの葉、ドウカンソウ、 
                        カスミソウ・ピンク、ルピナス


    庭のバラが少しづつ咲き始め、そろそろかしら、と思っていたら・・・まあ、今朝は
   いっせいに咲いているではありませんか。カクテルはもちろん、薄いバニラアイスの
   様なデイブレイク、大好きなブラックティ、カップ咲きのスプレーローズなど。
     お願いだから楽しみはゆっくりと来てちょうだい、などという勝手な思いは
   通用しないのです。だって5月ですもの。みんな今頃の季節にあわせて咲くように
   植えてくれたのでしょう?・・・なんて、バラに叱られそうです。

    
by miki3998 | 2006-05-16 17:37 | | Trackback | Comments(25)

私のレッスンは・・・




       私の教室のことをお話いたします。
       レッスンは各クラス月に一回です。その月の旬の草花を集めて、できるだけ
      庭や野山の草花を使いたいので、人数は5~6人でひとつのグループに
      させていただいてます。それでも私の庭は大きくありませんし、花がタイミング
      よく咲いてくれる保証はないので、お隣のおばさまやそのお嬢さんさんに
      お願いして育てていただいたり、丹精込めてお世話をした草花や枝もの、
      季節の実の物などを譲っていただくのです。
       お二人とも大の花好き、そして草花についてよくご存知です。私はこちらに、
      越してきてから今まで知らなかったいろいろな季節の草花を教えていただき
      ました。私の教室が、お二人のお力で成り立っていると言っても決して過言
      ではありません。いつも感謝をして分けていただいているのです。
     


       さて今月のテーマは『 5月のバラ  新緑の中で 』です。
     バラは年中出回っていていつでも買えますが、私はバラと言えば5月のような
     気がします。というより5月と言えば、バラでしょうか。
       
       レッスンではまず生徒さんに花瓶を選んでいただきます。それにあわせて私が
     お花のひとまとまりをお渡しします。4人なら4通りのまとまりをを作りますから、
     みんな違う生け方をします。ちょっとしたアドバイスをして途中お花を足したり、
     引いたり・・・・・。あくまでもそのひとが花たちと語りながら、ご自分の思いを花に
     たくされたらいいなあと思うのです。この花はいったいどう生けてほしいのかなあ
     と。

     
     

       
b0083902_20424196.jpg
・・・
     
         『 Uさんの作品  』 バラ、サマースイトピー、水引の葉、アケビのつる、
                       カンパニュラ、ニンジンの葉

       

 
by miki3998 | 2006-05-10 21:12 | | Trackback | Comments(30)

朝一番に・・・

b0083902_22365498.jpg

          ナスタチウム、ブルーデージー、うつぎ(卯の花)、つるききょう・・・


       連休最後の日曜日、今日の北鎌倉は朝からどんより曇り空、
      今にも雨が降ってきそうです。ベランダから見える丹沢連峰も
      今朝は霞がかってうっすらとしか見えません。明日からまた
       いつもの生活が始まるので、今日は安息日としてゆっくりしましょう、
      ということですね。

        
       雨が降っても晴れていても、朝一番の私の仕事は、庭の見回りです。
      小さな庭に14~5種類のバラと、山野草、季節の草花にハーブが
      10種類ぐらいでしょうか・・・まずひとつひとつ見て歩きます。花は枯れて
      いないか、虫はついていないか、雑草に負けて弱っていないか見るのです。
      すると楽しい発見があって、思いがけないところから芽が出ていたり、
      昨日は蕾だったのが、きれいな花を咲かせていたりします。マア、とか
       アラ、とか、独り言が多くなります。今朝も、バラとバラの間に5センチ
       ぐらいの山椒の新芽を見つけました。いったいどこからやってきたの
      あなたは・・・なんてまた独り言。
       草花を育てる楽しさは、こんなところにもあるのです。
by miki3998 | 2006-05-07 23:25 | | Trackback | Comments(6)

4月のアレンジ

新緑の季節、緑を楽しむアレンジです。

野生のスイトピーの生命力、
クリスマスローズのやわらかいグリーン、
緑のグラデーションが楽しいアレンジ。


お料理は、
とれたてのたけのこのグリルを
フレッシュなサラダに。

ロゼのワインが華やかです。
b0083902_0114336.jpg

by miki3998 | 2006-04-23 00:11 |

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧