カテゴリ:ラグビー( 13 )

 全国のラグビークラスタに感謝!

  
b0083902_2311314.jpg

        ( このグランドが開発問題で 平成25年には使えなくなるのです )


 先日来よりブログ上でもお願いしていた『鎌倉ラグビースクール 練習グランド代替え地署名運動』に協力してくださいまして、ありがとうございました。

 おかげさまで最終日には768名、合計5126名の署名が集まりました。本当にありがとうございました。スクール校長中谷旭にかわりまして、ここに厚く御礼申し上げます。以下は校長からの報告です。

             *******

 本日、鎌倉市文教常任委員会で深沢多目的スポーツ広場の代替地の陳情内容説明を行
いました。
(会議は17:45~18:50 但し小生は11:00からスタンバイしていました。)
署名の内容が審議され 結果は委員長を含め7名の委員は
継続審議3名、採択3名。(委員長は表現しない)再度結論を出すか決をとり 全員一
致(ただし一名退席)で採択。これで市議会本会議に審議されることになりました。
皆様のご協力のおかげでここまで来ることができました。何とか本会議で可決し 良
い方向へ向かうことを祈ります。
改めて ご協力を感謝いたします。
本来ならば署名戴いた皆様に御礼しなければなりませんが、
替わって宜しくお伝え下さい。


            ********



 先日ラジオにゲスト出演し、練習グランドが25年から使えなくなるというお話をし、ツイッターで呼びかけたところ、即座に動いて下さり、たくさんの署名と激励のお言葉を送っていただきました。校長もこの結果に驚くとともに、心から喜んでおりました。あらためて全国のラグビークラスタの皆様に感謝いたします。放送と同時に協力しますと応えてくださった方、黙って署名を集めて締め切りまでにお送りいただいた方、私自身も感動しています。恐るべしツイッター。そしていかにラグビークラスタが熱い気持ちで応援して下さったか、ひしひしと伝わってきました。何かあったらいざ鎌倉。。。と言って下さった横浜のyokanranさん、名古屋のhiroさん、秋田のyamuyamuさん、海老名のhanarugさん、千葉や都内、関西からも。。。続々と届いたたくさんの署名用紙にみんなびっくり。ほとんどがそれぞれのラグビースクールのコーチや父母のみなさんだと思います。本当にありがたかった。(最近は涙腺がゆるんできています)

 本日採択されたのは署名の内容だけ受理されたのです。これから市議会にかけられ本格的に審議されます。どうか子供たちから練習グランドを取り上げられないよう、代替え地問題がスムースに解決されることをひたすら望むばかりです。

  最後になりましたが、本当にありがとうございました。今後とも鎌倉ラグビースクールの応援、よろしくお願いします。



    
b0083902_2324984.jpg


                 子供っていいな。
                 ラグビーっていいなあ。
by miki3998 | 2011-09-13 22:48 | ラグビー | Trackback | Comments(5)

 ラグビーワールドカップ 『 男たちの決闘 』  

     





        ラグビーワールドカップニュージーランド大会が9日オークランドで始まった。
        厳かな開会式でのマオリ族のパフォーマンスの素晴らしさにため息をつき、
        ニュージーランド「オールブラックス」のハカを見て鳥肌がたった。
        男たちのいわば決闘のような戦いが始まる。
        明日10日は日本対フランス戦。日本時間14:30キックオフ!
        結果を出そう。人気は後からついてくるのだ。
        待ちに待った大会。今夜は眠れないかもしれない。





  



b0083902_17324090.jpg

            ( 今朝のTHE NEW YORK TIMES 思わず買ってしまった! )







  先日のラジオ『おはよう鎌倉』にて、鎌倉ラグビースクールのグランド代替え地署名運動のお願いをしました。それをお聴きになった名古屋と東京の方から早速署名のご協力をいただき、送っていただきました。鎌倉ラグビースクール、および私からも感謝の意をこめて、心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。








  
by miki3998 | 2011-09-09 17:44 | ラグビー

 いとしのラガーマン!

b0083902_13404593.jpg
 
          幼稚園児のグループ、おじいちゃんみたいなコーチたち。頭とボールが同じ大きさ。(笑)  




  見て下さい、まだおむつがとれたばかりみたいな幼稚園児たち。一生懸命コーチの話を聞こうとしています。でももって10分かな、集中力の限界は。笑)目に入れても痛くない、愛おしくなってギュッとしたくなるような、みんな可愛いラガーマンです。
  20年前の息子たちもこんな感じでした。飽きちゃってすぐに別なことを考え、雑草を抜いてみたり、仲間とじゃれ合ったり。。。でもいいんです。また来週もラグビーしにグランドへ行こうよ!って気持ちになってくれたら万々歳。まずはボールに慣れて楽しむことです。コーチたちはそんな子供たちの気持ちを理解しながら丁寧に指導してくれます。勝ち負けも大事ですが、それ以上にマナーやチームワークの大切さを教えながら、ラグビーを心から愛する人間性豊かなラガーマンになって欲しいというのがこのスクールの願いなのです。





b0083902_13454331.jpg
 
         背中の文字も凛々しい、低学年グループです。白いヘッドキャップ姿、いっちょまえです。





  9月9日からラグビーワールドカップニュージーランド大会が開催されます。そこで今月は全面的にラグビー月間ということで、『おはよう鎌倉』はラグビー一色の話題で行こうと思っています。(役得役得。 笑)
  それに先立ち、明日はゲストに鎌倉ラグビースクール校長の中谷氏をお招きしています。今朝はうち合わせ兼取材。懐かしい深沢グランドに行ってきました。

 息子たちがお世話になった頃は、このグランドは石ころだらけの粘土質の最悪のコンディションで、グランドとはとても呼べないただの空き地でした。毎週日曜日コーチ全員が早く来て、その石をひとつひとつ拾ってから練習を始めたものでした。それが今ではきれいな芝生になっていて転んでも痛くない状態にまで整っていました。月日が経つのは速いものです。ちょっと前まで息子たちもこの子たちと同じように、楕円のボールを追ってグランドを走り回っていたのですから。





 
b0083902_14211971.jpg
 
          さすが高学年。 走る姿も様になってます。この中からジャパン代表も夢じゃない! 




  
  明日はスクールの活動状況やグランドの使用権について(詳細は次のブログで)を前半に。
  後半はカーワン監督率いるジャパンチームへの応援メッセージのご紹介などお送りします。
  音源はラガーマンに圧倒的は人気の『佐野元春特集』、「あなたの元春ベスト5を教えて下さい」と題して、彼のヒットナンバーをかけます。
      乞うご期待!(朝から熱い放送になるぞ!) 






  







by miki3998 | 2011-09-04 13:46 | ラグビー | Trackback | Comments(7)

  『 KIA KAHA JAPAN !!』 

b0083902_0512022.jpg
 


  一昨日思いがけない贈り物が届いた。鮮やかな赤と白の2枚のTシャツ。胸に書かれた文字は『 KIA KIHA!! 』ニュージーランドのマオリ語で『ガンバレ』『負けるな』『くじけるな』『強くあれ』というニュアンスで用いられる言葉だそうだ。シャツには『KIA KAHA !! JAPAN』と書いてある。『がんばれ日本!』という思いが込められているのだ。でもそれだけではなかった。
    「 Earthquake occurred on March 11 at 2:46pm 」という文字も。。。

  『KIA KAHA!!』は日本の震災だけではなく、ニュージーランド クライストチャーチの震災への祈りの意味も込めて作られたTシャツだそうだ。『がんばれ日本、がんばれニュージーランド!』
文字は軽やかに胸の上で弾けているけれど、その意味は深かった。すばらしい贈り物をいただいた。


  送り主はツイッター仲間のAさん、お子さんと共にスクールでラグビーをしているお父さんである。このデザインはAさんが考えたのだという。背中には彼が関わっている松戸ラグビースクールのロゴもプリントしてある。速乾性と吸汗性を併せ持つ素材で、これからの暑い季節にぴったりなラガーシャツ、洗濯してもすぐ乾くというのも嬉しい。


  実はAさんは、ツイッターのフォロワーという関係だけではなく、私のラジオも聴いてくれていて、リスナーの一人としてリクエストをくださったり、嬉しいメッセージをいただいたりしている。私の仕事もご存知で「母の日」に奥様へのプレゼントとしてリースを注文して下さった。以来、ツイッターで毎朝の挨拶に始まり、他のラグビー仲間と一緒に、ワールドカップの話題で盛り上がったりしている。思いがけない贈り物は、あの時のリースのお礼ですと手紙が添えられ、わざわざこの2枚のTシャツを送って下さったのだ。


 
b0083902_2292116.jpg







   これは次男、最近ラグビーから遠ざかっているので、お腹がややプックリ状態。
   再来週からボランティアに行くことになっているので、まさにこのシャツはうってつけ。
   被災地で額に汗して、ついでにお腹も引っ込めて帰ってきなさい。
   赤が好きな息子は早速このシャツを着て出かけて行った。
   私は白を着させていただく。似合うかな。


   
   ありがとう、Aさん! 大切にします。
   できればこれを着て秩父宮か菅平にでも出没したいですね。
   今度試合があったら誘って下さい。   
   ツイッターもフェイスブックももちろんブログも使って、ラグビーファンを増やしましょう。
   2019年ラグビーワールドカップ日本開催まであっという間に時間は過ぎるでしょう。
   ボヤボヤしていられませんね。 頑張りましょう。
   合い言葉は、もちろん。。。『 KIA KAHA JAPAN! KIA KAHA NEWZEALAND!』

by miki3998 | 2011-07-03 00:51 | ラグビー | Trackback | Comments(6)

 『 私が子どもだった頃  小沢 征爾 』

 久しぶりにラグビーのお話です。 と言っても、息子のお話ではありませんよ。
 あの世界的な指揮者・小沢 征爾氏のお話です。
 さっきまでNHKで放映されていた「 私が子どもだった頃」と言う番組を見ました。彼も中学生の時、成城学園でラグビーをしていたんですね。ポジションはフォワード・3番です。失礼ながら今のあのお体からは想像もつかないことでした。幼い頃からピアノを習っていた彼は、親に内緒でラグビー部に所属し、指を骨折しながら決勝戦までのぼりつめ、優勝するのです。結局 その時の指の骨折のために ピアニストを諦めることになるのですが、恩師から指揮者への変更を勧められ、桐朋学園の斎藤秀雄氏に師事し、あの山本直純氏らと一緒に、指揮者への道を歩むのでした。

 時代と先生に恵まれたとおっしゃる小沢さん。中国・満州から引き揚げてきて、母親や兄弟たちと合唱する賛美歌で育ち、音楽から離れることなく、成長してゆきます。インタビューで小沢氏は、野球でもバスケットボールでもなく ラグビーを選んだわけを次のように語っていました。
 「ラグビーはチームメートと全身でぶつかるタックルやスクラムを通じて 肌と肌、体と体のぶつかりあいができた。今こうして指揮者でいられるのも、その頃培われた気力と体力のおかげだ。」と。

 高校生まで肺炎をわずらい病弱だった小沢さんは、背中をさすったり必死に看病をしてくれた母親の手の感触を覚えているそうです。 その母親が野に咲く花を見て、そこにあるものはみな美しいのだと教えてくれたそうです。ここで大きくうなずいてしまいました。男の子ばかり4人兄弟、けして裕福ではなかった家庭でも、 一輪の野の花を飾って楽しむ優しお母さんの影響もあってきっと情操的にも 豊に育ったのでしょう。

 小沢さんにとって賛美歌とラグビーこそ、原点だったのですね。
 あのエネルギッシュな指揮者としての小沢さんしか知らなかった私には、今夜の番組はとても興味深いものとなりました。 もちろんなお一層、小沢さんのファンになったことは言うまでもありません。
 ちなみに番組の中の回想場面で、父親役で演技をしたのは 息子さんの小沢 征悦さんでした。
 


   
b0083902_230183.jpg
     
  






  
by miki3998 | 2009-06-15 02:21 | ラグビー | Trackback | Comments(16)

初蹴り  鎌倉ラグビースクール

b0083902_16295948.jpg


  これ なんだと思います? そう、グランドの枯れた芝生に降りた霜なんですよ。
  今朝は冷え込んだようですが、グランド集合9時の時点で まだ溶けていません。ちょっと風が冷たいけれど 気持ちのいいお天気になりそう。 絶好の初蹴り日和です。 

  息子二人がお世話になった鎌倉ラグビースクールは、一月の始めの日曜日、まず鶴ヶ岡八幡さまにお参りをして、その後このグランドで練習をします。恒例の初蹴りですね。 中学卒業まで10年以上お世話になったスクール。私たち夫婦もずっとスクールのコーチたちと一緒に運営のお手伝いをしていましたが、ここ3年ほどご無沙汰をしておりました。 今日は私も一緒に息子とご挨拶かたがた 練習に参加しました。 久しぶりにお会いしたコーチ達とハグで迎えてもらって、 私もしばし上機嫌です! ちなみに私は〇〇ママと呼ばれていました。 チーママではありません、念のため。 (笑)

 
b0083902_16381363.jpg

                          新年の挨拶。 小、中学生一緒に整列。
  
b0083902_1744041.jpg

           学年ごとにコーチからのお話。 生徒12人にコーチ3~5人もいます。

  スクールのコーチたちはもちろんボランティアです。 教えてやっているなどと勘違いをしているスポーツが多い昨今、 自腹を切って「子供たちに遊んでもらっている」・・・そうおっしゃる紳士たちの集まりです。 ラガーマンとしてだけではなく、人間性の豊かな熱い男たち。中には単身赴任で仕事をされているのに、週末には必ず帰って来て日曜日にスクールで半日過ごし、そのまままた赴任地に帰る・・そんなコーチもいました。 本当に頭が下がりました。

  
b0083902_161262.jpg


 
b0083902_16471385.jpg
 

 見てください、この子供たちを。 小学1~2年生かな。 ヘッドギアのほうが大きいくらい、まだ体は小さいのですが、ガッツは大きい子たちにも負けません。楕円のボールを必死で持って走ります。 将来の全日本選手もこの中から生まれるかも ?しれないのです。 頑張れ、負けるな!

 
b0083902_16515056.jpg

 次男です。 左となりも同じ高校の先輩。ずっと仲良くしていただいてます。お父さんもコーチです。スクールを卒業してからもこうして事あるごとに集まってきて、少しでも役に立てるお兄さんに育ってくれているのが嬉しいですね。 年々コーチは年をとって、体力的に限界に近い方もいます。もちろん、気持ちは万年青年ですが。  若手のコーチに頑張ってもらわないと・・・校長のお言葉。 確かに! (笑)
 
b0083902_16561759.jpg

  生徒が帰った後も コーチたちは練習方法の研究と実践です。 鎌倉の子供たちが伸び伸びラグビーを学び、楽しみ、成長していくために努力を重ねる皆さん、 本当にありがとうございました。 卒業してもこうして温かく迎えてくださって、 だからこそ息子たちも活き活きと試合にのぞみ、長くラグビーというスポーツに関わっているのだと思います。だってもう15年ですから、 大きくなったものです。 なぜか私も成長が止まらない。 アハハ、体ですよ。頭はとっくに止まってます。 いえ、後退するばかりかな・・・トホホ。

  
b0083902_1715993.jpg

 さあ、ここからはオマケです。 気になっていたのがこの子。 失礼この青年。 うちの長男と同級生でした。この春大学を卒業します。 大きくなったなあ~。 久しぶり!そしてもう一人、やはり同級生が来ていました。 OBだけでもひとチームできるくらい集まってくれていました。 優しくて子供たちの面倒を見てくれる、本当にいい子たちです。
  ブログのことを話して 写真を撮らせてもらいました。 このエントリー、見てくれているかな? 
 
  
b0083902_17211811.jpg


 もう照れてしまって まともな写真が写せませんでしたが、二人ともハンサムな好青年になっていました。  エへへ、実はナイスショットがあるのですが、 それは携帯の待ち受けにしようかなと・・・ (笑)   みんな ありがとう。  またグランドで会おうね! 

  どのコーチも変わりなくお元気でした。 子供たちと関わっているからでしょうか? すっかり老けこんだのはこの私かも。  またこの芝生のグランドで 小、中学生がボールと格闘する日曜日、 息子たちがそうだったように、 私もまたお世話になった恩返しをしたくなりました。 
  
  今年の日曜日は また忙しくなりそうな予感です。 ラグビーって 楽しい!
by miki3998 | 2008-01-06 16:59 | ラグビー | Trackback | Comments(32)

世田谷のセントラルパーク?     駒沢公園

b0083902_16441058.jpg


  息子が今日、大学生になって初めてのトライを決めました。例によって親バカぶりを発揮?と思うでしょ。 エへへ、もちろんそれも目的でしたが、大好きな駒沢公園での試合だったので、ワクワクしながらグランドへ・・・。だってほら、こうですもの。 別名(私だけがこう呼んでいるのですが)世田谷のセントラルパーク、緑が豊富で都会のオアシスのような公園です。オリンピックスタジアムをはじめ、野球場、体育館、弓道場などを含む総合運動場です。休日は子供からお年寄りまでそれぞれ屋外スポーツを楽しんでいるんです。たとえば、 ジョギング、犬の散歩、家族連れのピクニック、そしてそして・・・。
  
b0083902_1649437.jpg

    スケボーのお兄ちゃんたち。
  
b0083902_16495469.jpg

    ちびっこも頑張ってます!
  
b0083902_1651596.jpg

  こちらは小、中学生かなあ、バトントワリングの練習。 先生の厳しい掛け声が聞こえます。

 実は私もバトントワリング、やってました~。 短いスカートで飛んだり跳ねたり、くるくる回したり・・・。 小学校6年生で身長が158センチでした(現在163センチ)から、目立つことだけは確か。鼓笛隊でも一番前で踊ってました。パレードも楽しかった~。いまだにディズニーランドに行ってもパレードについて歩きたい衝動にかられます!(変?)

 話が脱線しました。 今日は駒沢公園について書きたかったのです。 スケボーも自転車も(写真はボケてました、削除)、バトンも・・・いたるところで体を動かしている老若男女がいるのです。公園内では横並びのっ二人乗り自転車のサイクリング道路もあります。ジョギング中の人の邪魔にならないようになっていて、見ていても気持ち良さそうです。いいなあ、いろいろなことができるんじゃない・・・ちびっこも一人前にヘルメットをかぶって、半円のボードの上をスケボーを操って滑っています。 うまいなあ~。 なんでもいいんだね、好きなことに熱中できるって素晴らしい! 頑張れちびっこ、頑張れ少年たち!
  
b0083902_172661.jpg

  そして久々の登場、次男です。 大学のラグビーサークルに入っています。今日は二部チーム同士の対戦。 相手は二部で一番強いくるみクラブ。 
 
b0083902_1744524.jpg

  
b0083902_1754424.jpg

 気持ち良さそうでしょ?こんなに緑が豊富なんです。芝生もきれいだし、幸せな気分に浸れそうな光景がいっぱい。 森の中にグランドがあって、オリンピックスタジアムの横がラグビーグランド、その横のグランドではアメフトやってました。 若者がいっぱいで嬉しい! 目移りしちゃいます。 今の男の子、みんな美系なんですもの・・・あ、また話が脱線。すみません! 息子は大学生になって初めてのトライを奪ってママも上機嫌。ウフ! 試合も取ったら取りかえされるのシーソーゲーム。残念ながら2トライ差で負けました。 トホホ。 ケイちゃん(チームメイトにもそう呼ばれています)、次の試合はリベンジね~。
  
b0083902_1711462.jpg

 試合後、私はリースに使えるような素材を探しに公園内を散歩。 まだ紅葉が始まったばかりで、実ものは落ちていませんでした。 もう少し経ったらまた来てみようかなあ。砧公園にはいろいろ落ちているんだけど・・・。 
 12月になって白いものが舞うようになったら、このヒマラヤスギは星の輝きがそのままオーナメントになるの・・・ロマンティックでしょ? 月灯りに照らされてきれいでしょうね。  時空の旅人、その名はmiki3998!  なんてね。はぁ~あ。 (← 溜息 ) こんなことしてはいられない、そろそろ息子のご帰還です。 さてと、今晩のおかずは・・・。現実に引き戻される私。 ギャフン! 
  おばはんの妄想に終わる休日、第一巻の終わりでございます。 お粗末!




 ≪追記≫  コメント欄、ずっとエキサイトユーザーだけに限って開いてまいりましたが、
     このエントリーからは、全面オープンで参ります。もちろん以前のブログに関してもコメントをいただけるようにいたしました。  皆様、またどうぞよろしくお願い致します
    
by miki3998 | 2007-10-14 17:19 | ラグビー | Trackback | Comments(36)

『ノーサイドの笛』   ラグビー部 3年生を送る会

b0083902_23295353.jpg


2月3日土曜日、朝から晴天に恵まれ、雲ひとつないこの日、息子達のラグビー部納会と3年生を送る会が催されました。最後の試合桐蔭戦からもう3ヶ月が経っています。学部や大学は違ってもそれぞれ希望した道へと進んでいく息子達。今日はラグビー部としての活動最後の日なのです。
 見てやってください、この笑顔。3年間苦楽を共にした仲間達の笑顔です。
 思えばこの3年、いろいろなことがありました。1年生の時はほとんどが雑用係に徹しました。毎日2リットル入りの水を凍らせて3本6キロの重さの水をカバンに詰めて登校しました。暑い日の練習に使う飲み水です。掃除当番のときは朝5時の始発に乗ります。冬はまだ星が出ている真っ暗な道を眠い目をこすりながら出てゆきました。お弁当は4時に起きて作りました。試合の後は先輩の泥だらけのユニフォームを洗濯、落ちない汚れを冷たい水で洗ってから洗濯機に入れるのです。親子が協力しながらの1年でした。始めは愚痴も出ましたが、そのうち自分達が出来ることは先輩たちを盛り上げて、少しでも勝利に役立ちたいという願い、その思いがあってこそ辛いことも我慢できたのだと息子は言いました。それほど先輩選手はひたむきに練習していると、尊敬の眼差しで花園での試合を見つめておりました。1年生の役目とは、単に慣習なのではなく、それぞれのなすべき仕事があり、それはそのときに必要とされる大切な役割なのです。

 キャプテンになった2年の前半は怪我との戦いでした。腰のヘルニアでほとんどがグランド脇での見学。悔しい気持ちをバネにして、頑張りましたが、なかなか勝てず最弱とまで言われたこともあったようです。仲間が4人も辞めて行ったときは、流石に息子も悩み、説得にあたりましたが、結局この12人で頑張るという決意の基、最後まで弱音を吐かずにやりとおしました。もちろん、怪我に悩んだり、勉強で苦労した仲間は他にもいます。桐蔭戦で怪我をしてグランドを出るときも、息子を背負って走るY君のお陰で、試合後の挨拶は全員で出来ました。彼も肩を痛め試合には出られなかったのですが、部活は辞めずに最後までやりとおしました。Y君ありがとう、本当に感謝しています。
 
b0083902_2358081.jpg


  ラグビー部総監督です。画面には見えませんが、右ホホから鼻にかけてチューブを貼り付けていらしゃいます。病気療養中のお体でしたが、この日は教え子のために病院から駆けつけてくださいました。かすれた声でしたが、その思いは力強い言葉となり、息子達へのはなむけの言葉をそれぞれ書いた色紙をお読みになってくださいました。毎年恒例ですが、先生は自筆で選手一人一人の特徴をかんがみ、ピッタリの激励の言葉を書いてくださいます。
  
b0083902_04477.jpg


 『 俺流の覇気、黙々 それが男の本懐  血潮、涙、絶叫  負けじ魂は仲間の誇り 』
  涙声のまま、最後まで息子へ呼びかけるようにかすれた声で読んでくださいました。泣きながらじっと聞く息子達。どの子達も先生に感謝をしながら握手を求めます。3年間、よくやった。たとえ花園へは行けなくても、君達のラグビーのスキルは確実にアップし、精神的にも成長している。これからの人生に、この辛く苦しい練習を成し遂げたという自信を役立てて欲しい・・・そう監督は言い残して、会場を後にされました。もう立っていられないくらいに,お疲れになったのです。
 
b0083902_0182953.jpg

  チームドクターA先生です。生徒達の怪我やその後のリハビリの指導をしてくださいました。感謝を込めて息子が代表で花束贈呈のお役を務めました。(ちょっとニヤケていますね。)腰をいためた際に針とマッサージでお世話になった息子、その節は本当にありがとうございました。

 実は先生はご家族でわがラグビー部と深く関わってくださっています。お父様はOB会の会長として、弟さんはコーチとして1年からずっとご指導していただいてます。普段の練習だけではなく、試合はもちろん菅平の合宿まで家族揃って応援にいらしてくださっています。ありがたいことです。本当に感謝です。監督、コーチ、大学生の先輩と、どれだけ優秀なスタッフに囲まれているか、これ以上の心強い応援団ガ他にいるでしょうか。そしてなによりなのは、選手はもちろんその家族もラグビーをとおして固い絆で結ばれて、今後もきっとお付き合いが続くだろうということです。生徒だけではなく、その家族の胸の中にも『 One for All, All for One 』の精神が宿っているのだと実感しています。
  
b0083902_0393599.jpg


  会の最後は花道です。これから部を盛りたてる後輩をはじめ、大学の先輩や諸先生方、そして応援してくれた家族に見守られながら、みんなでつくった花道をくぐりぬけて卒業してゆくのです。ありがとう後輩、ありがとう先輩、ありがとう先生・・・そしてありがとう家族のみんな。
 たとえ進む道は違っても、今日の日を忘れずに、楕円のボールを追いかけて迎えたノーサイドの笛の音を、きっとこの子達は宝物として胸に刻むことと信じています。
 
b0083902_046523.jpg

    ( 花束はバラのジュリアとチューりップのピンクダイアモンド、庭のセージとローズマリー、クリスマスローズの葉を添えて。 いつもクールで秘めた情熱を持つA先生へ)
by miki3998 | 2007-02-06 01:01 | ラグビー | Trackback | Comments(60)

 「 信じよう! 絶対に勝つぞ。」

b0083902_038165.jpg
b0083902_0394459.jpg


  10月29日11:00 キックオフ。いよいよ桐蔭学園との試合です。春の大会でも桐蔭に負けているので、今度こそリベンジを!そして花園の切符を手に入れるためには必ず倒さなければならない相手です。試合前選手全員で円陣を組んで気合を入れます。お互いのモチベーションを最高に引き上げてグランドに向かうのです。キャプテンとして息子が最後に言った言葉は
  「 信じよう! 絶対勝つぞ!!!」
 この言葉は私が朝出てゆく息子の携帯に送った言葉「自分たちを信じて!」と同じでした。緊張感とプレッシャーでガチガチの自分に言い聞かせるように、息子はチームメイトに檄を飛ばします。

 
b0083902_052678.jpg
b0083902_056569.jpg


  前半は互角に戦っています。相手は第一シード、今日の試合が初戦です。畳み込むように攻めればきっとチャンスはまわってきます。真剣な眼差し、ちょっとしたミスがピンチを招くのでひとつひとつ丁寧なボール捌きを必要とするのです。

 
b0083902_14584.jpg
b0083902_161237.jpg


  必死でボールを握りダウンボールする息子、この後アクシデントは起こります
b0083902_18415.jpg


  前半早々、ラックの中で何が起こったのでしょう。息子は左足首の怪我でグランドを後にします。今までどんな怪我でも決して交代せずに試合に出続けてきました。まだ後半も残っています。ここでグランドから出るなんて、どんなに悔しかったことか・・・。息子の胸のうちを想像すると胸が張り裂けそうでした。
  
b0083902_11254100.jpg

 スクラムでは引けを取りません。フォワード頑張ってます。さあ、このまま、押せ押せ !
  
b0083902_1143162.jpg

 得意のモールで一気にトライ!わが法政二高らしい攻め方でトライを取りました。やった~。
 行ける行ける、もう選手も応援席のみんなも心をひとつにして相手チームに突進です。
  
b0083902_120861.jpg
b0083902_1214155.jpg

 
b0083902_123111.jpg

 後半、キャプテンを欠いても選手は心の糸を切らさず、必死で食らえつきます。今までで一番子供たちの心がひとつになった試合でした。 「信じよう、勝つぞ!」最後まで諦めません。
 相手の選手も苦し紛れに首に手を回しハイタックル・・・反則です。

  
b0083902_1374297.jpg

 
b0083902_1265853.jpg

 
b0083902_1335012.jpg

 
  見えますか、この泥しぶき。最悪のグランドコンディション、とても公式試合とは思えない素晴らしい(?)アウェイグランドで、選手たちはボールをつかみ必死で走りぬきました。

 終わってみれば40対5です。後半戦は惜しいところでミスが出たり、相手に交わされてトライを奪われたり。トライ数は7対1でした。
 
 ノーサイドの笛が鳴り、お互いの検討を称えあいます。もちろん息子の姿はありません。泣きながら父母のいる応援席に駆け寄る選手たち。息子は怪我で出られない控えの選手に背負われて挨拶に来ました。目を真っ赤にして、悔しさをかみ殺して頭を下げる息子。今日で終わったのですよ。お疲れ様、素晴らしい試合を見せてくれて、ほんとうにありがとう。何よりも誇りに思うのは、相手が反則をしても決してラフプレイに走らず、どんな試合でもフェアプレイに徹したことです。それは日頃の練習はもとより、生き方にも通じることなのですから。

  応援席には大学に進んだ先輩たちも駆けつけてくれていました。控え室に帰り、声に出して泣く選手たちに、先輩たちが声をかけます。息子たちのラグビーは今日で終わりますが、また新たな目標に向かって始まりのときでもあるのです。気持ちの切り替えは容易ではないけれど、あれだけの苦しい練習をこなし、誰よりも努力を重ねてきた仲間たちなのですから、残りわずかとなった高校生活も、きっと謳歌するに違いありません。今日の試合で学園祭には出れなかったけれど、明日からまたいつもの高校生活が待っているのですから。

  応援をしていただいた皆様、中には息子のスクールカラーのリストバンドやストラップを贈ってくださったブロガーさんもいらっしゃいました。この場をお借りして、息子共々心から感謝いたします。本当にありがとうございました。


  追記: たくさんの皆様からお見舞いのお言葉を頂戴し、本当にありがとうございました。
      本日、スポーツ整形の医師に診断していただきましたが、『左足首靭帯損傷』(靭帯が切れた状態です)ということでした。全治3週間です。引退後はゆっくり出来ますので、すぐに回復してくれると思います。ご心配をおかけして申し訳ございませんでした。息子共々、こちらから
お礼のご挨拶とさせていただきます。
by miki3998 | 2006-10-30 02:03 | ラグビー | Trackback | Comments(91)

ハラハラ、ドキドキ!

  毎度親バカの一説を・・・お時間が許すまでお付き合いくださいまし。お相手はわたくし、不二家 ペコでございます。(笑)

  さて今日は3回戦、今までのように100点台のワンサイドゲームとなりますかしら?
  まずは朝ごはん、「何時に出るの?」 「 6時45分だよ。」 「あらあら、さあ早く食べて。」と言って差し出したカシワウドンが6時44分。可愛そうに息子はウドンをつるっと2~3本すすっただけ。一緒に出かけたものの、心なしか元気がないのは、こんな中途半端な朝食のせいかも。ごめんね~、朝寝坊のママのために、ほんまにスンマヘン。
  駅のキオスクでスタミナドリンクとBCAA入り飲料水を購入。おにぎりでもと言ったのに、息子は緊張のためか、「 いらない!」の一言。う~ん、暗いぞ息子よ。ファイト一発、リポビタンDだろ!(失礼、興奮するとオヤジ言葉になる私)

 
b0083902_2322090.jpg


  やはり、今日の試合はなかなか楽に勝たせてはもらえません。前半は相手チームのフォワードも頑張ります。息子よ、踏ん張れ、負けるな!

 
b0083902_014012.jpg


  
b0083902_053639.jpg


   ボールが出た! それー、行けー!  オバチャン応援団の声がグランド中に響きます。

   少ないチャンスをモノにして、確実にトライに持ち込む。勝つための鉄則です。

  
b0083902_083588.jpg

  
b0083902_0113755.jpg


   相手も必死、もうぐちゃぐちゃ、息子は目を傷めました。怪我人続出、相手チームのフランカーも足首を怪我。救急車で運ばれました。大丈夫かしら・・・心配です。
 

   
b0083902_0164418.jpg

   前半5対0でわが校リードで終わり、後半戦はこちらがリードしながらの30分。特にこの選手が出てきて、見事な走りっぷりを見せてくれました。D君です。切れのある力強い走りをしてくれました。彼も怪我の痛みをこらえての出場です。ごめんね~、ほんとは休ませてあげたい!
  結果は17対5でわが高の勝利です。
  しかし勝ったとは言うものの、息子に言わせればミスの多い試合で満足していないとか。確かにそうでした。応援団の私たちも声をからせての試合は久しぶり、本当に疲れました。

  さて皆様、4試合目は私たちにとって決勝戦のような試合です。相手は昨年の全国大会準優勝校です。その桐蔭学園戦、今日以上にハラハラドキドキすることでしょう。でも何とか勝って欲しいです。それぞれこの大会を勝ち進むために厳しい練習を乗り越えてきたのだから。花園と言うたったひとつの大きな目標に向かって、この3年間頑張ってきたのだから・・・。

  もさげねなっす、もべっこ、親バカさつぎあってけでやあ~。
  
   
 
by miki3998 | 2006-10-23 01:00 | ラグビー | Trackback | Comments(70)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧