カテゴリ:お気に入り( 97 )

小正月に…

b0083902_14251119.jpg




里帰りから戻ったのが松も開けた8日でしたので、年賀状やらお届け物がテーブルの上に溜まっておりました。その中に、年末にお世話になった庭師の植徳さんから、お年賀として浅草「小桜」さんのかりんとうがございました。ご覧の通り、紫紺の和紙に桜の花びらが散らされた包装紙に桃色の紙紐、さり気ないのですが、こうゆうものにわたくしはグッときます。もともとは老舗料亭「福し満」さんのお土産用として生まれたお店らしいのですが、東京の〈三大かりんとう〉のひとつだそうでお味もよく、細めの塩かりんとうとメープル味の2種類が入っておりました。いつもながら植徳さんのセンスの良さ、気取らぬもの選びにも彼なりのこだわりが感じられます。まだ30代かと思いますが、細かいところにも気遣いを怠らないいい職人さんです。


b0083902_14251205.jpg



一月十五日、今日は小正月、女正月とも呼ばれるように、忙しかった大正月の家事から解放され、手添えなしで簡単な食事をいただきます。大正月では白い角餅を小正月はクルミや黒豆が練りこまれたかき餅をつき、ただ焼くだけでいいように用意するのです。毎年母が作って送ってくれていましたが、最近は体力も落ちましたので、餅をくるむ練りクルミや練りゴマ、ずんだなどを里から戻る際持たせてくれました。今夜はくるみ餅をいただきます。たぶん胡麻も。

我が家では最近〈もち麦〉を使って、一日一度はお粥をいただいてます。あごだしと卵をとじて和風に、コンソメで炊き蒸し鶏を混ぜ洋風に…オートミールのような感じと言えばお分かりになるでしょうか。もち麦(大麦)は食物繊維も豊富で腸内環境も整えるのだとか…またお粥にしますとツルッとして舌触りもよく、美味しくてつい食べ過ぎてしまうのですが、お粥ですからカロリーも抑えられダイエットにも役立つのです。
今朝もいつも通りに粥を炊きましたが、小正月と言えば小豆粥。赤い小豆は邪気を祓うそうですから無病息災、今年もまた家族みんな健康でいられるよう祈りながらいただきました。

漆黒の器と皿は、昨年京都の「昴kyoto」さんで手に入れたもので、いつ使おうかと考えてはそのままにしておりましたが、こんな風にお粥を入れますと、雲水の自鉢のようにも見えます。シンプルだからこそよく噛んで味わい、静かな気持ちで器の中を覗き、またひと匙口に運びます。粥はお腹に優しいだけではなく、心にも優しい豊かな食べ物かもしれません。たまにはコトコトお粥を炊いて、美味しい梅干しやお漬け物だけで簡素な食事をゆっくり味わっていただくのもまたいいものです。


b0083902_14251245.jpg



by miki3998 | 2017-01-15 12:43 | お気に入り | Comments(0)

5月の台所仕事

b0083902_23171395.jpg
 


  
 今日はいちにちお休み、京都で買い求めた食材を使って保存食の準備をしました。
 新生姜、山椒の実、そしてラッキョウです。下ごしらえさへ丁寧にすれば、食卓に並ぶ料理の役に立つものばかり、面倒がらず楽しみながら調理します。



b0083902_23181717.jpg




 山椒の実は、お隣のおばさまからもいただくのですが、今年は少し多めに用意して、昆布との佃煮やちりめん山椒も作ろうと思います。色よく煮えて、実もふっくらといい感じです。 



b0083902_2319195.jpg
 



 ラッキョウも1キロ漬けました。砂糖の代わりに私はザラメを使って甘酢を作りますが、出来上がりがこっくりとした甘さで、きっと美味しくなるはず。食べ頃になるまで待ち遠しいですね。 



b0083902_23404480.jpg
  



 出来上がった保存食トリオ、冷蔵庫に並んだ姿をうっとり眺めながら、今日のおやつは汲み上げ湯葉。
 京都の半升さんのは本当に美味しいんです。出し汁と白醤油で伸ばし、ワサビを添えていただきます。
 フワフワ、ウマウマは言うまでもありません。 「ごちそうさまでした!」 大満足な休日。
 さて、明日は月曜日、ラジオの準備します。(錦織の試合を横目で見ながら)
by miki3998 | 2016-05-29 23:50 | お気に入り | Trackback | Comments(6)

基本、黒蜜派!

b0083902_20593818.jpg


ここ数日夏日や、ところによっては真夏日を迎えた地方もあるようで、そろそろ冷たいものが恋しくなる季節ですね。
好物のくずきり、何と言っても私は黒蜜派! あ、でも基本と申し上げておきましょう。ジリジリと暑い日は、サッパリとした白蜜もいいかもしれませんからね。白蜜派のあなた、ね、そうですよね⁈
ああ、想像しているだけでコックリと甘い黒蜜と、舌触りも滑らかなくずきりが口の中でとろ〜り… 。
明日吉野葛を買ってきて作ろうっと!




by miki3998 | 2016-05-07 20:46 | お気に入り | Comments(0)

ミュージカル『メンフィス』を観て...

b0083902_14081574.jpg
 予報通り、関東地方は朝から雪。高台の拙宅には、北東の風がヒューヒューと音をたてながら大粒の雨を連れてきます。
 雨だれで窓が縞模様になり、ガスがかかったような北鎌倉の山々、春はまだ遠いと言いたいのでしょうか、景色も白くぼやけて見えます。
 
 今日が初日のミュージカル『メンフィス』、一足先に昨夜、赤坂のACTシアターで行なわれたゲネプロ(とおし稽古)を鑑賞してきました。
 主役の白人青年ヒューイ役の山本耕史さんは俳優としての演技しかしりませんでしたが、素晴らしい歌唱力もお持ちだったんですね。「ひとつ屋根の下」の文也役や、「新撰組」の土方役、「陽炎の辻」の磐音役(これ、とても好きな時代劇でした)の印象が強かったのですが、歌って踊れるミュージカルスターだったとは。。。息子に聞きましたら、山本さんはギターも相当な腕前(腕前というのかどうか。語彙が貧困ですいません)なんだそうで、まったくその方面に疎いと言うか、何も知らずに出かけただけに感動も一入でした。もう一人のヒロイン・黒人女性ファレル役の濱田めぐみさん(劇団四季出身)も(これまた初めて拝見)小さい体に似合わぬソウルフルな歌声と表現力、花のある役者さんで、ゴスペルを歌う場面では会場いっぱいに響くその歌声に鳥肌がたちました。切ないストーリーもエンディングを迎える頃には熱のこもった歌と演技も最高潮、思わず目頭が熱くなるほどの感動を覚えました。(最近富みに涙もろくなっていますが...) 

 実はつい先日も『プルートゥ PLURO』という森山未來さんや柄本明さん、永作博美さん出演のお芝居を観たばかりで、生の演技を堪能する機会に恵まれています。音楽もそうですがライブの醍醐味は、演奏者や演技者と一体になり、汗や呼吸、眼差しの先まで共有できることではないでしょうか。手を叩き体が一緒に動いてしまうほどその場面に入り込んだ昨夜のミュージカル。感動を素直に表すことがミュージカルの一番の楽しみ方だと改めて思いました。興奮はまだ続いています。


 
b0083902_14075142.jpg


by miki3998 | 2015-01-30 16:43 | お気に入り | Trackback | Comments(2)

食べてみて!

b0083902_01321145.jpg
    
     月曜日、ラジオが終わると野菜を買いに廉売所に立ち寄ります。     
     お目当てはビタミンカラーの野菜。見るからに美味しそうでしょ!
     
     調理法は蒸すだけ。
     早摘みのオリーブオイルとひとつまみの塩をタラ〜リ。
     
     その甘さと香り、歯ごたえや舌触り。。。パーフェクト!
     旬の野菜は、体にスーッと溶け込む最高のサプリメント。
     
     

by miki3998 | 2014-03-19 22:22 | お気に入り | Trackback | Comments(5)

 文房具のお話 スタンプ&シーリング

b0083902_1473096.jpg
 


  雨上がりの牡丹、円覚寺や建長寺でも今は盛りの艶やかな花姿を披露してくれています。
  ゴールデンウィークも残すところ一日。ここ数日咳が止まらず、予定を変えて家で過ごしています。本当なら新緑の八ヶ岳、青空の美しい甲斐駒ケ岳の風景の中で過ごすはずだったのですが。。。小淵沢、また今度、バラの仕事が終わった辺りに車を飛ばすことにしようと思っています。


b0083902_2223574.jpg
 


  3日はまるで梅雨と台風が一緒に来たようなお天気。早朝から凄い音の雷とバケツをひっくり返したような土砂降り。外出は諦めて、久しぶりに手紙と葉書の整理をしました。切手の買い置きは間に合ってるかなあ、切手帳はどこだっけ。。。と、机の中を探していたら、こんなものが出てきました。


b0083902_233401.jpg
 


  スタンプが好きで いつの間にかこんなに。。。他にも子供が小さかったとき、バースデーカードもオリジナルを作りたくて ブルーナのウサコちゃんシリーズやヨットや自転車など乗り物シリーズなんかも持っています。ほとんど使わなくなりましたけれど。


 
b0083902_23756100.jpg
 


  いつもよりちょっとトラディショナルなカードを選んでメッセージを送ります。シーリングセットは伊東屋で衝動買いしたもの。よく使う色は赤ですが、今日はカードとお揃いのゴールドをチョイス。インクはオリーブ色です。届けるものは、あのフリーペーパーKAMAKURA.。『食』特集。遅くなってごめんなさい。お詫びに東慶寺さんの和三盆を同梱します。
  じゃあ、朝の散歩、行ってきます。もちろん、東慶寺まで。 



  



  
by miki3998 | 2012-05-06 10:45 | お気に入り

 サックスの詩人 川口力 『夢のあとに』 

  
b0083902_14171729.jpg



   いただいたミモザ、花言葉は「豊かな感受性」 仕事の前のテーブルはこんな感じです。
   今日はお届けが1軒。庭のクリスマスローズの水揚げがうまくいきません。ちょっと待ってからブーケを作るところ。。。

   お隣のハクモクレンがそろそろ咲き始めました。満開の頃には櫻も開花します。
   窓の外の景色を見ながら 季節のうつろいや花便りを友達宛にメールします。
   それはたまにしか会えない、そして滅多に言葉を交わすチャンスのない人へ。
   花便りや山の様子を写真を添えてさりげなく送る。。。
   返事はいりません。そうひと言そえるだけ。



  
b0083902_14251293.jpg



  月曜日のラジオは、このアルバムから数曲チョイスしようと思っています。
  これはブログに遊びにいらしてくれる鷲っ子さんのご推薦、サクソフォン奏者川口力さんのアルバム『夢のあとに』です。
  忙しい毎日を送っていますが、自分だけの時間もちゃんとあります。そっちのほうが多いくらい。(笑)
  週末の午後、本を読みながら、熱い珈琲と一緒にゆっくり味わっています。誰にも邪魔されない自分だけの時間とお気に入りの音楽。至福の時ってこんな時間のことでしょうね。素敵なアルバムを教えていただきました。ありがとう、鷲っ子さん。
  キャプションにもありますが、「艶やかでビロードのような音色」のアルトサックス。語るように奏でる川口さんの演奏には、品格と優雅さを感じます。「若きサックスの詩人」と呼ばれる理由でしょう。どの曲も3分程度の聴きやすい長さ。そして演奏されている曲も私好みです。もちろん今日もリピートして川口さんの世界に浸っています。 北鎌倉、雨もあがって 青空がのぞき始めましたよ。さて、ブーケだ!



  
b0083902_145718100.jpg

  







    
by miki3998 | 2012-03-24 15:11 | お気に入り | Trackback | Comments(4)

 Day for like 今日もていねいに   by 松浦弥太郎

b0083902_12313710.jpg
 
                  (鎌倉 SWANY もめん館)


隔月発刊の『暮らしの手帖』、内容が濃いので読み終わるまでに丁度ふた月かかります。お気に入りのページを何度も読むので、思えばそれも私のペース。次の号がでるまでそばに置いてじっくりゆっくり。そして読み終わっても本棚の定位置にもどして、そこにあるということだけでも満足してしまう、そんな本が私の「暮しの手帖」です。

  その編集長松浦弥太郎さんのページもお気に入りにしています。『Day for like 今日もていねいに』というページです。不定期ですが、フェイスブックにエントリーされるたびに彼の博識ぶりはもちろん、ものごとへのこだわりや日々のつぶやき(のようなもの)など、頷いたり微笑んだり、ため息をついてみたり。。。時にはこうしてメモしておきたくなる内容があります。ここに記したのは彼のノートの1ページ。時々読み返したくなる大切なページです。

  

            *******

一度好きになったものは絶対に嫌いにならないという自信がある。
人はもちろん、ものやこと、どんなことでも、
一度でも好きになったら、その気持や思いはずっと変わらない。

そんなことあたりまえといえば、あたりまえだけれど、
今までしてきたことで、ひとつ胸を張っていえることは、
好きなものをずっと好きでいたことなんだ。
日々の暮らしの中には、いつもこんにちはとさよならがあって、
さよならは悲しいことだけれど、
だからといって、思いや気持ちが変わることなんてない。
忘れられないよ。ずっと。

             ********

  
  これはその一部です。
  続きもとっても素敵なことが書かれてあるのです。
  宝物のように 時々開いては読んでいるこのページ。
  Day for Like 今日をていねいに。。。
  読むだけではダメですけどね。 




b0083902_12472880.jpg
 
                    (鎌倉大町にできた新しいパン屋さん『mbs』)



   
by miki3998 | 2012-03-13 12:57 | お気に入り

 秋田から来ました。

 
b0083902_1254238.jpg
 


   
  秋田の妹へ


  連絡が遅れてごめんなさい。
  姉さんも耄碌したものです。あなたに届いたよのひとことを言ってなかったなんて。。。
  あの日の午後でした、宅配便が届いたのは。嬉しくてすぐに箱を開けました。欲しかった小振りのイチジク。それもこんなにたくさん。その日のうちに作らなきゃと思いながら、荷物はそのままにして、翌日のレッスンのために山に出かけました。本当はその時に電話をすればよかったのに、夜になってからにしようと。。。バカな姉さんでした。そこでストンと忘れてしまったのです。



  暗くなるまで裏の山に入り、大好きなマテバシイや枇杷、ヤマイチジクの葉っぱをいただいてきました。土手沿いのムラサキヨメナやヤブ豆、ナンテンハギも。。。。山は日に日に秋が深まっていきます。    
  家事を一通り終えて、夜遅くなってからイチジクを煮始めました。砂糖もブランデーも十分あります。鍋の様子が分かるように、キッチンに椅子をおいて、時々覗きながら本を読みました。音楽も聴いてます。外は風の音だけ。。。さすがにこの時間は足元も冷えるようになり、膝掛けを出してきました。
  時々アクをとりながら、鍋の中を覗きます。イチジクの実が黄緑色から飴色になり、だんだん透き通ってゆくのがわかります。ああ、なんてきれいなんでしょう。きっとおいしいに違いありません。花巻のかあさんのイチジクはレモンの酸味がきいてさっぱりとしたコンポートだから、私はこっくりと深い甘さのグラッセにしようと思います。あなたのおかげで 今年は二種類のイチジクを食べることができます。 
  本当に、ほんとうにありがとう、モモちゃん。



                                          忘れん坊の姉より


  
   追伸、  お詫びに心ばかりのものを送ります。気に入ってくれたら嬉しいです。
        秋の夜長、手元を明るく照らしてくれるように。。。
        楽しみに待っていて下さい。 あ、返事はいりませんよ。
        あなたも忙しいのだから、体にだけは気をつけてね。
        秋田の秋は短くて もうすぐ木枯らしが吹く季節になりますもの。
                               じゃあね。





 
b0083902_145393.jpg
 
                   ( イチジクを煮ている間、こんな曲を聴いてます。 ) 



      
 
by miki3998 | 2011-10-22 02:10 | お気に入り | Trackback | Comments(4)

 世界が舞台の男たちへ   

b0083902_1156423.jpg
   



  文房具好きな伊東屋ファンとしては見逃せない話題を。。。
  有楽町阪急がリニューアルして男性だけの百貨店『阪急MEN'S TOKYO』をオープンした。
  もうパートナーの洋服選びにつきあうこともなくなったけれど、気になるコーナーを目指して足早に地下1階メンズアクセサリーフロアーへ。



  
b0083902_12295199.jpg
 



  あの伊東屋ユナイテッドアローズがコラボ。オリジナルのステイショナリーを販売という記事を見つけ気になっていた。時刻は5時過ぎ、ぼちぼちサラリーマンも見かけられたが、どちらかというとトレンドに敏感な若者よりも、おしゃれな業界人だろうか、渋いおじさま族が多かったような印象。さすが『世界が舞台の、男たちへ』。エスカレーター前のシューズコーナーは私好みのいい靴が並ぶ。それも相当レベルの高いラインナップ。小物の中で靴が一番大事。。。と私は思っている。足元をみられないよう、男のオシャレは『靴』から始めて欲しいな。


  丁度クレイン社のカードをきらしていたので、渋めのカードセットをゲット。文字が大きいものよりもさりげない「 Thank you 」がいい。他スケッチ用のノートとアイデアを書いては切り取れるマルマンの「Mnemosyne」(ニーモシネ)を。物忘れが激しくなって、なんでも書きとめておく私には、大きさといい紙の質感といい好きなタイプのメモ帳だ。ちなみにニーモシネとはギリシャ神話のミューズたちの母で「記憶の女神」と言われている。


  伊東屋の本店にくらべれば種類も品数もわずかだけれど、おしゃれな男性でステーショナリーにこだわるのなら、ワニ皮のシステム手帳やキーケース、ノートやファイルなど、ファッションとトータライズさせるのが上級!? 出来る男はディティールこだわる。。。世界が舞台の、男たち。。。だもの。


 1階から8階までのフォロアーは、カジュアル、ドレスアップ、モダントラディショナル、クリエーターズなどなど、こだわりのスタイル別になっている。より自分に磨きをかけたい男性のためにヘアサロン、ネイルサロン、フットケアにボディケアと 女性顔負けのエステもあるようだ。いたれりつくせりの男性専科、世の中変わったなあと痛感した夜だった。




   
b0083902_13391683.jpg

        お買い上げ2000円以上のカスタマーへプレゼント。伊東屋のシンボル、クリップマークがいいね! 









  

  
  
by miki3998 | 2011-10-20 16:42 | お気に入り | Trackback | Comments(18)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧