<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

しばらくお休みいたします。

b0083902_22385586.jpg


                           バリ土産のキャンドルスタンド


     皆様、暑中お見舞い申し上げます。

       いつも拙いブログにいらしていただき、心より感謝申し上げます。
       大変申し訳ございませんが、しばらくお休みさせていただきます。
       忘れられる前にはきっと戻ってまいりますので(笑)、それまで
       どうかお元気でお過ごしくださいませ。


   
     
by miki3998 | 2006-07-14 22:53 | Trackback | Comments(51)

夏のリース   7月のレッスンより

b0083902_219589.jpg



    7月のレッスンは『夏のリース』がテーマです。
   写真は私がリビングの壁に飾っている、スマイラックスとトケイソウで作ったシンプルなもの。生徒さんには山のアイビーをベースにして、お好みどおり自由に作っていただきます。
 
  レッスンの年間のスケジュールは、ほぼその月の旬の花をテーマにいたしますから、春にはスミレやムスカリなどの小さな花から始まり、チューリップやバラ、カサブランカや紫陽花などと鎌倉の山野草や枝物との組み合わせを楽しんで、季節感を感じるお稽古にしております。
 花を見てその時を思う・・・生け方よりも生ける時の心を草花に託す、そんなことを大切にしたいと思っております。
 
 暑い8月を乗り越えて、秋にまた輝ける季節の草花を生ける。その後は暮れの12月までがあっという間に過ぎてしまいます。11月にはクリスマスのためのドライリースの準備も始まりますが、今月のリースは、緑を中心にした若々しいリースを作っていただきます。大切なのは、作る時のわくわくした気持ち、このリースをどこに飾ろうかしら・・・その思いがあれば、素敵なリースのなるはずですから。

  
b0083902_2136509.jpg


  このリースはブログをご覧になって入会を希望されたMさんのリースです。
  5月のバラのレッスンから始めたばかりの方ですが、今日のレッスンも熱心にお作りになってました。アイビーをベースに、ライデンの実やノバラの青い実、ピンクペッパー、紫陽花、ルリタマアザミなどを使って、やさしいリースになりました。最後に細い針金のようなミニアイビーをふんわり絡ませてあげました。いかがですか?
by miki3998 | 2006-07-12 21:47 | | Trackback | Comments(42)

もうひとつの庭へ・・・

b0083902_9553926.jpg


   今朝もすっきりしませんね、このお天気。でも暑さは少し和らいだのでしょうか・・・。
 夜中にお湿りがあったおかげで、今朝は庭に水をあげなくてもすみそうです。
  実は今朝4時からワールドカップ・三位決定戦を見ていましたから、その後ソファーで変な仮眠をとってしまい、起きたらもう6時半、中途半端なだるさが残ってしまいました。

   
   写真は我が家とお隣を結ぶ階段です。お隣のおば様がつけられました。
   実はおば様の家は駐車場がずっと離れた位置にあるばかりではなく、家までの道が極端に狭いのです。御用聞きのバイクが入っていくこともできませんし、もちろん郵便やさんも歩いて手紙を届けに来ます。まるで野中の1軒や状態なのです。ずっと昔に土地をお買いになり、何もないところに家をお建てになりましたから、今のような道路の幅の制限もなかったのでしょう。北鎌倉では良くあることですが、車が止められる道からはどう考えても歩いて20分はかかります。そして私たちが越してきて翌年、おば様のご主人ががんでお亡くなりになりました。具合が悪い時にすぐ車の手配ができず、とても困ったという経験をされたのです。

  そんなことがあって、緊急の時のために階段を作らせて欲しいとのお申し出でした。もちろん、お役に立てるのなら喜んで。救急車もタクシーも、我が家でしたら家の前につけられますし、緊急の場合だけではなく、普段でも我が家の前の道から坂を下りた方が駅までは近いのです。庭を横切るくらい、何の支障もないのですから。
  でもおば様はお気を遣って、めったにこの階段を使ってお出かけにはならないのです。もし使われるとしても、必ずお電話を下さって、明日通らせてくださいね・・・とお願いになる方なのです。

  そして今はその階段は、美味しいものが届いた時、たくさんお惣菜を作った時、お花のレッスンで使ったバラのおすそ分け・・・と私のほうが頻繁に使わせていただいてます。カタンコトンと靴の音が響く階段ですから、夕方などはその音を聞いて、おば様が明かりをつけて待っていてくださいます。そして必ず持っていった器が空になって返ることはなく、季節の和菓子や美味しい新茶、ご実家からおくられた南京豆や佃煮などが入ってくるのでした。
  このおば様のおかげで私は、知らなかった山野草や枝ものの育て方を教わり、まるで自分の庭のように行き来をさせていただいております。

 さて、我が家の庭のからくり・・・おわかりになりましたでしょう?え、自分ちの庭の紹介がまだですって?・・・おいおいに、またご紹介いたしますよ(笑)。

  b0083902_1055286.jpg
by miki3998 | 2006-07-09 11:04 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback | Comments(44)

道端の夏草 モントブレチア

b0083902_19113622.jpg


    2階のベランダからの景色  丹沢連峰側です。曇って見えませんが、残念!


 7月に入り暑い日と梅雨の残り雨との繰り返しで、庭はあっという間に夏草で覆われてしまいました。といっても普段から、どれが花で雑草なのかあまりこだわらず、自然のままの草花の中に、バラが咲いたり、イチゴがなったり・・・気ままな庭には夏草が似合っています。
 バラの剪定が終わり、ナスタチウムが横に這って、ブラックベリーがそろそろ熟す頃、我家の庭はハーブたちが元気に伸び放題。青いメドーセージ、赤いチェリーセージ、鮮やかなライム色のレモンバーム・・・その中にあってひときわ鮮やかに咲くのがモントブレチア、オレンジ色の花です
b0083902_19182661.jpg


  この花は別名 『姫檜扇水仙』(ひめひおうぎすいせん)といって、その名のとおり、檜扇水仙と姫トウ菖蒲との雑種です。もともとは南アフリカ原産ですが、そのせいでしょうか、夏の日差しをいっぱいに浴びた朱紅色をしています。庭に一株植えただけなのに、地下茎で瞬く間に増えます。いまではまるで野草のような顔をしていますが、その形はミニグラジオラスのようにも見え、まるで南国の夏の花といった感じです。
  夏の花といえば向日葵や朝顔を思い浮かべますが、散歩の途中に立ち止まって見てください。目線と同じ高さで草花を見てみると、名もない路傍の小さな花にも季節の表情を感じることができますから。

 
b0083902_1940147.jpg


    中国のアンティーク・炭入れに終わりの紫陽花を飾って。
by miki3998 | 2006-07-07 19:42 | | Trackback | Comments(38)

孤高の闘将  中田 英寿

b0083902_22221654.jpg


               我が家のベランダからの景色  円覚寺方面


  蒸し暑い7月の夜、いまやスポーツニュースのトップはワールドカップ一色ですね。
  世界の4強が出揃い、さあ準決勝はこれからという時、このニュースが飛び込んできました。

 『 中田英寿選手、現役引退!』

   まさかと思う反面、なんて潔いのでしょうと半分絶句してしまいました。皆さんはどうお感じになりましたか?
 ブラジル戦に敗退し、しばらくピッチに仰向けになったまま、涙を流しながら遠い空を見つめていた彼の姿。インタビューを終えて帰っていく後姿には痛々しいくらいの孤独感を背負っていたように思えました。
 今このときの引退宣言は、彼らしいといえばそうなのですが、でもなぜ今?・・・いえ今だからかも・・・・いろんな思いが心の中を駆け巡ります。清々しいくらい潔い決断はこの後も日本のサッカー界だけではなく、スポーツ界にも衝撃を与える話題になるはずです。

 中田選手はご自分のホームページでこんな風に今の思いを語っています。

 「プロサッカーという旅から卒業し、『新たな自分』 探しの旅に出たい。」と。

 日本代表としての9年間、孤高の闘将として国内外で活躍してきた彼ですから、きっとこれからも世界を股にかけるような国際人として、きっと今以上の飛躍を遂げてくれるに違いありません。私は彼こそサムライニッポンというにふさわしい選手だったと思います。

 ありがとう、中田選手。そしてお疲れ様でした。
by miki3998 | 2006-07-03 22:55 | Trackback | Comments(46)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧