<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 『 森のリース展  2007 』  遊びにいらしてくださいね。

b0083902_199921.jpg

                              (生徒さんの作品です。)

  今朝はどんより曇り空の北鎌倉でした。 ミルク色の空からは 今にも冷たい雨が落ちてきそうな そんな週末ですね。 
  暖かい部屋で丹精込めて作られたリースの数々、 今日はこちらをご紹介します。
  
  このリースのフレームは黒文字です。あの楊枝につかわれる香のいい枝です。  レッスンではこのフレームから作り始めます。
 今年は3種類あって、黒文字と日向ミズキ(姫ミズキ)とサンゴミズキを使うのです。 それぞれ生徒さんの希望を伺って、お好きな枝を選んでいただきます。 そして材料もそこにあるものを好きなだけ・・・。 もちろん 京都で見つけた蔓やヤマフジの実、紅葉葉楓、プラタナスの実、そしてナンキンハゼ・・・。 岐阜から届いたムラサキシキブも都内のブロガーさんからの椿の実も、ふんだんに使えるなんて、なんて幸せなんでしょう。 感謝です。

  
b0083902_19331887.jpg


 よく見ると エゴの白い実、ヤマブキの黒い実、葉っぱの後ろやその上にちょこんと乗っているのが分かります。 白いナンキンハゼがアクセントになっていますね。 まるで雑木林をそのままこのリースに再現したかのような、冬を迎える森のリースになりました。

  『  森のリース  2007  』  へのお誘い  

   今年も残すところあとひと月となりました。クリスマスまでのカウントダウン、なんだかワクワクしますね。 プレゼントは何にしよう? 誰と一緒に過ごそうかしら・・・? 思い思いの聖夜を迎えるその日のために、 リビングや玄関ドアに飾っていただける『森のリース』をお作りしました。 今年は特に素材にこだわり、たくさんのブロガーさんから送っていただいた木の実や枯れ葉をふんだんに使って、森のリースにふさわしい香りがするものばかりです。 お忙しいとは存じますが、どうぞお気軽に遊びにいらしてください。 温かいコーヒーでもいただきながら、我が家からの景色と『森のリース』を楽しんでいただければ幸いです。

  ご都合がつく方、いらしてみたいという方は、下記のアドレスへお知らせください。 おってこちらからお電話又はメールを入れさせていただきます。 よろしくお願いします。


    日時   12月 5日 《水》 ~  12月 8日 《土》
             午前 10半~ 午後  5時 
    場所   北鎌倉の拙宅 
            連絡先  flores-miki@sage.ocn.ne.jp

  
b0083902_21153451.jpg



 ≪ お願い ≫
      恐れ入りますが、参加ご希望の方で、いただいたメールにお返事をお出ししたのですが、受信不能とのサインが出ました。 「 展示会の詳細を知りたいのですが、」とだけあり、お名前も連絡先も記されておりませんでしたので、こちらからはメールだけが頼りです。
 
 メールをだしたのに 返事が来ないという方  至急お確かめいただき、再度電話番号とお名前等、そちら様のご紹介をした上でお申込みいただけますでしょうか・・。 よろしくお願いします。
  


 

  
by miki3998 | 2007-11-30 21:07 | Trackback(2) | Comments(50)

森のリース  いろいろ  ≪Ⅰ≫

b0083902_11422570.jpg
b0083902_11425961.jpg
b0083902_11433446.jpg
b0083902_11442092.jpg
b0083902_11451385.jpgb0083902_11455186.jpg

  11月のレッスン、一番最初のクラスです。 京都から送っていただいた素材がどこに隠れているか分かりますか? 画像が小さいので細部まで見られないかもしれませんね。 写真の上をクリックして画像を200パーセントで見ると、もう少し大きくなります。

 まずはリースを作ることを楽しむことが大切だと思います。もともと私は先生と呼ばれるほどのことはしていないのですから、教えるなんておこがましいかもしれませんね。 その人の感性とセンスが、そのまま作るリースに表れると思います。でも上手だとか下手だとかではなくて、大胆だったり繊細だったり、ラブリーだったり素朴だったり・・・素材の良さを活かして、森にあるままの姿を思い浮かべながら作っていけば、きっとその人にとっての素敵なリースが出来るのだと思います。 きれいに並べる必要はないし、自然はキチンとなんかしていないのですから、枯れ葉も木の実も複雑に複雑に・・・・・重なったり横を向いていたり、後ろからちょっと覗いていたりしているはずです。 よ~く観察してみてください、足元に枯れ葉と一緒に落ちてきた木の実の様子を。

  それぞれのリースの出来映えを比べるのではなく、この人はどんなリースを作りたいのかなあ、素材はいかされているかなあということを探りながら、ちょっとだけヒントを差し上げます。 まずは触って、冬を迎える森の中をイメージしてみてください。 これで半分はできたも同じ・・・なんですよね。 あとの半分はどれだけこの素材をいとおしみながら作るか・・・だと思っています。 あくまでも私流ですが・・・。 

≪この日のリースの素材≫
      サンゴミヅキ、 ヤマフジ、 プラタナスの葉と実、 モミジバフウ、 ノイバラの実、サンキライ、 シモツケ、 カラスウリ、 ヤシャブシ、  トウガラシ、 ナンキンハゼ、 ドングリの帽子、 ホップ 、 コバンソウ、 ヒオウギの実、 ニゲラ、 キリの実、 ムラサキシキブ、 ツルウメモドキ、 南天の実 、ニシキギ・・・・・他。

今朝も明け方に白い月を見た。 そろそろ自分のリースを作らなくては・・・。もうすぐ『 約束の12月 』だから。
   
by miki3998 | 2007-11-25 04:48 | | Trackback(1) | Comments(54)

そうだ 京都へ行こう! その3 祇園とお土産編

 
b0083902_1415979.jpg
  実は私が京都でぜひ会いたいのはもう一人大切な人がいました。 ブログを初めて真っ先にコメントをくださった、いまでもここぞと言う時に、優しくて思いやりのあるコメントをさりげなく入れてくださる方、Y-moonlightsさんです。 私が京都に行こうかな?と気まぐれなことを書いたばっかりに、仕事を休んでまで京都駅まで会いに来てくださいました。 ありがとう。感謝です!
 子供のこと、家族のこと、仕事や自分自身のこと・・・時間がどれだけあっても足りないくらい、お話しましたね。 でも焦ることはないのです。これから先、まだまだ長いお付き合いができるのですから。 そして今度はあなたが北鎌倉にいらっしゃる日を楽しみにお待ちしています。それまで、お元気でね。いただいたお土産(和久傳のれんこん餅、三嶋屋のしぐれ煮、原了郭の黒七味)おいしかったぁ。 このナンキンハゼも一生懸命、私のために拾っておいてくださったんですものね。 本当に、ほんとうにありがとう。
  
b0083902_1420714.jpg

 ホテルグランヴィアのロビーでお茶をしているうちに、外はこんな感じで真っ暗。伊勢丹のクリスマスツリーもほんのり瞬くようなライトで、夜の帳を優しく照らします。
 さて、今度はタクシーに乗って一路祇園へ! 行ったお店は『 ビストロ さか 』 
 お世話になった龍安寺そばの北山さんの行きつけのお店です。お任せコースで次々と季節の旬を目と舌、あらゆる五感を使って味わって欲しいと言うオーナーシェフの願いどおり、運ばれてくるお料理は心も体もワクワクするような食材ばかり。 思わずカメラに収めることを忘れていただきま~~~す。 ワインももちろんいただくお料理にぴったりの赤をセレクトしてくださいました。他にも鳩もいただいたし、お魚はえ~と、なんでしたっけ?教えてドライバーさん、じゃなくて、中野さん。そうそう、クエでした。 ね、そうでしたよね? (笑)
  
b0083902_14281980.jpg

  
b0083902_14284586.jpg

  
b0083902_14293772.jpg

すんまへん、 グラスに口紅がついてまっせ~。 こんなもん、載せるな・・・と言うご意見。ごもっとも。 ま、ご愛嬌と言うことで、お許しを。 

 ここで当日のタイムテーブルを参考までに・・・。 体と好奇心に自信のある方は日帰り京都、お薦めです。 いらないものや場所をウロウロしないで、行きたい所だけをじっくりです。結構楽しくて満足度200パーセントの旅でしたから。

  11月16日(金)  4:50  自宅を出る
              5:00  横須賀線始発に北鎌倉から乗車
              6:11  新幹線 のぞみ99号 新横浜から乗車
              8:05  京都着 (マックの前で待っている間に、ポタージュを飲む)
              8:30  お迎えの車到着 「はじめまして、中野さん!」 
              9:30  保津峡 到着 ぶらぶらタイム トロッコ電車通過
                    駅のタヌキの置物の姿でしばし盛り上がる(笑)
             10:30  奥へ奥へとドライブ 
                    水尾の奥、 あの大銀杏のお社、のどかな里山で深呼吸
                    帰りにゆずの宿のオヤジさんに出会い、ゆずを譲っていただく
             11:30  大覚寺そばの植木屋さんのえ~と名前は・・池内和庭園さん。
                    お若い彼はひょひょいと紅葉の木に登り、枝を切ってくださる
                    鎌倉のお庭の仕事、いつでも出張しますとのこと・・・嬉しい!
             12:00  近くのうどんやさんで名物「 ぶっかけうどん定食 」をいただく
                      * 京風あじつけのかやくごはんがついてます。
             13:30  仁和寺前を通過、龍安寺門前にある「 北山都乾園 」到着。
                    ブロガーさん『Hard Rockな男』さんとご対面。 その偉大なるお父様と
                    もお会いする。 お父様のブログは圧巻です。(60代かな?)
             14:45  京都駅着  ホテルグランヴィアロビーへ。
                    Y-moonlightsさんと お茶タイム(想像通り、可愛い女性!)
             17:00  京都駅地下伊勢丹でお買いもの  もろもろの土産を購入
             17:45  祇園一力角で待ち合わせ(鍵善良房行きたかった~)
             18:00  「 ビストロ さか 」でイタリアンをいただく  デリシャス!
             21:34  タクシーで京都駅到着  お別れを惜しんで新幹線最終に!
 11月17日(土)  01:00  北鎌倉到着  無事、ご満悦気分でそのままベッドへGO。

 とまあ、こんな具合です。 ね、無理なくまわっているでしょ? 誰が一番楽だったか? もちろん この私です。 いろんな人にお世話になりました。 ビストロ さかのオーナーも奥から出てきていただいて、丁寧なお料理をお作りになるお人柄、いっぺんで分かりました。ありがとうございました。昨日ポストに早速のお礼と次回のお誘い状がカードになって届いていましたよ。 流石でっす!
   
b0083902_15281340.jpg

   こちらは私の好物です。 お土産は自分のため? いえいえ、もちろん家族も大好き。お刺身にしていただき、あとはシイタケやマイタケ、鶏肉と一緒に炊いていただきました。
 
b0083902_15304427.jpg

   そして息子たちの好物はやよいのちりめんとお漬けもの。これさえあれば機嫌がいいのです。(笑)
 
b0083902_15323542.jpg

 忘れてはいけないのが、そうあのゆずですよね。 ゆず釜として料亭で使われている
立派なお姿のこの子たち。出番を待ってます。 案外高級料理ではなくて、カブのお漬けものに香りをつけたり、ポン酢にしたり・・・最後は今夜のゆず風呂へと行く先は決まっているのでした。
 おしまい! 今度はどこに日帰りしようかな? (笑)

  注)  うら覚えのおばはん、 エントリーしながらあちこち間違いを記していました。 すみません、 会社の名前を間違えるなんて・・・大バカ者でした。 訂正してお詫びします。『Hard Rockな男さん』ごめんなさい。 お年を間違えたお父様にも、深くお詫びします。m(><)m
by miki3998 | 2007-11-22 15:49 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(44)

そうだ 京都へ行こう!  その2 旅の目的

b0083902_18302113.jpg


   京都での収穫、リース編です(お土産編は次回)。 どうです、なんだかお分かりですか?
  この箱の中の素材、すべて京都産です(笑)  産直の新鮮な木の実、枯れ葉、蔦いろいろ・・・。 箱を開けると山の匂いがプンプンしてます。 日帰りなのにすごいでしょ? 

   答えは 京都のブロガーさんが集めていてくれたのです。 お仕事の合間に、車を走らせながら木の上をキョロキョロ、地面をジロジロ・・・。これは使える? 数はどれくらい?・・・ 本当に申し訳ないくらいお手数をかけました。 おまけにこれらを発送してくださったお友達も、お仕事先から宅配便を手配してくださった・・・。 私は手ぶらで行って、手ぶらで帰ってきたのです。ほんとうにありがとうございました。

  ブログはバーチャルな世界であり、あけてびっくり玉手箱の世界です。いろいろな人がいて、善意の人だけではないことも知ってます。 ブログでの出会いは、ブログの内容を理解するだけではなく、嘘のない自分を出し合うから通じるものが分かってくるような気がします。 大切にしたいブログこそ、言葉を選び慎重になる私です。 時々失敗もしますが(笑)。 もちろんご厚意であってもそれに甘えすぎでもいけないと思っています。(ホントです) 

 今回だけではなく、これまでも何人かのブロガーさんから、木の実や草花を送っていただきました。 みなさまのご厚意に報いるよう、私が出来ることは、丁寧にリースを作ることです。森の片すみで木の実や枯れ葉が地面にハラハラ落ちてきた、そんなイメージで季節感のある私だけのリースを作らせていただきます。
 

 
b0083902_19543538.jpg


                       マックロクロスケみたいでしょ? 紅葉葉楓です     
b0083902_19552679.jpg

                       プラタナスの実 緑色がきれい!

  
b0083902_1958550.jpg


                      保津峡で見つけた蔓、植木屋さんの紅葉も入ってます。
   
b0083902_19572650.jpg


                      南京はぜです。 殻が弾けて白い実がきれいですね。

 さて、これだけ素敵な(私にとってね)素材が集まったのですから、いつも以上に力を入れてがんばりまっす!  京都の皆さん、そのうちアップしますからご覧になってくださいね~。
  
by miki3998 | 2007-11-19 20:16 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(48)

そうだ 京都へ行こう! その1

b0083902_415946.jpg


  11月16日 午前5時北鎌倉発、 同日 8時05分京都着。 
  ぶらり京都一人旅は、行く先も分からぬままにドライバー任せの日帰り旅行です。
  
  京都市街をすり抜けて、日光いろは坂のようなくねくねした山道を抜けたかと思うと、見事なまでに美しい杉の林を通り、一面ゆずだらけの里山に到着。 おいしい水炊きとゆず風呂が満喫できる旅の宿もあったりというこの場所・・・さあ、一体どこでしょう?

 
b0083902_422784.jpg


 紅葉って空に透かして見るとこんなふう。 見透かすってこうゆうこと?(笑)
 
b0083902_4235444.jpg


  誰もいない里山です。空も山も田んぼだって、懐かしい匂いがしてきそうな、私の子供のころの遊び場にそっくりの風景が目の前に広がります。なんだかずっとここに居たいとさへ思えてくるのです。 旅をしてこんな気分になったのは久しぶりです。
  私はこの一枚の景色のために ここに来たのかもしれない。
 
b0083902_4263825.jpg

 
b0083902_4385394.jpg


  外にはしんしんと雪が降っていて、吐く息が白くなる頃、あったかいゆず風呂につかって、水炊きをいただくコース・・・いい、いい。 ぜひ次回はこちらでお世話になりたいでっす!(笑)
雪見酒、おいしいだろうなあ。 さて、ここがどこか分かった人? 
  
b0083902_446046.jpg

  
b0083902_11371453.jpg


  カメラを向けて激写、 でもヨロッと行ったら下はこんな感じです。 火曜サスペンス劇場の世界、 ギャ~。(笑) 
  
b0083902_11401921.jpg


  さて、ドライブコースは順不同です。どこを歩いているかお分かりの方は京都通ですね。
  そろそろ場所を明かすヒントをご披露します。

   御利益にあやかりたい(?)おじさんたち、たぬきのある部分を『ナデナデ ボーイ』になってまっす。(笑)  エェエ~? って、あまり深く突っ込まないで、ここは軽くスル―ということで。 
あっ、 このおじ様たちと私? 全く無関係です。 にぎやかなおっちゃんたちでした。(笑)

  
b0083902_4471251.jpg


  『夜の祇園とお土産編』 そして何が目的の旅だったかは後日アップ・・・かも? 
  ちなみに帰宅は 11月17日 午前1時 北鎌倉着 でした。(笑)

 京都でお世話になった『3人の愉快な仲間たち』のみなさん、 大覚寺の植木屋さん、龍安寺の石屋さん、そして宇治からきたドライバーさん(違った?笑)。 初対面にもかかわらず気持ち良くお付き合いして下さって、本当にありがとうございました。 これに懲りず、ぜひ今後もよろしくお願いしますね。次回は必ず泊りますから~。 みんなみんな  ありがとう。
  
by miki3998 | 2007-11-17 11:49 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(55)

そのままでいい

b0083902_725767.jpg


  東からお陽さまが登っているところです。 木々の紅葉はその光でより一層の輝きを放ちます。
b0083902_7262454.jpg


  西側にある小さな街も 朝の生まれたばかりの日差しを受けて、うっすらその姿をさらけ始めます。 (マリア様じゃないですよ、 大船観音のお姿です)
  この時間の太陽の動きは、まるで時間を早回しで見ているように、はっきりとその動きを私たちに教えてくれます。 西側の丹沢の姿もそれに合わせて変化を遂げるのです。まずは目をこちら側(西)に向けてみましょうか・・・。

 
b0083902_7415654.jpg

 
  テラスのギリギリ端っこに立っています。これ以上前の進むと、下は崖・・・おっと、危ない!(笑)  この森はまだ太陽の光が半分しか当たっていませんね。 まるで光に命があるように、森もその温かい光をもらって生きている、そんなことを目の当たりにしている気がします。

 
b0083902_1116581.jpg

 
b0083902_1116337.jpg


  見えますか? 丹沢の山肌が。 そして美しい稜線が・・・。 お昼間に見る丹沢の群青色は、きっと空を讃えるようにして発する色。 でも目の前にあるオレンジや黄色の山肌が今の丹沢の本当の姿なのでしょう。 

  
b0083902_1122148.jpg


  ほら、もう森を照らす光の幅はここまで広がっているのです。 空気もさわやかで、空がどこまでも高くて広い。 これ以上の何を変えなくてはいけないのでしょう?  丹沢はそこにあるだけでいいのですから。  そのままでいい・・・ね、  そうでしょう?
 
 


 
by miki3998 | 2007-11-14 07:33 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback

愛しのグレース 

b0083902_12233247.jpg

                        『 GRACE 』  by  HOWELL CONANT

  遅くまで起きていたので、ボーっとしたままの脳細胞。 朝食はカフェオレだけで十分。小春日和の今朝は、体もさほど冷えていませんが、やはり温かい飲み物が欲しい。マグカップの中のキャラメルの香りがするコーヒーには、たっぷりのミルクを注いで、窓から見えるいつもの景色を確かめるように眺めます。
 
  こんな時は大好きな写真集でもめくりながら、ゆっくり頭と体を覚醒させてゆきます。ソファのそばのマガジンラックにはそんな時のためのグラビア雑誌や建築の本、写真集などが入れてあります。 今日は久しぶりに大きくて重たいこの本を選びました。写真集は女性のものばかり持っています。 ほかに大好きな女性が二人。(おいおいにご紹介します) でもグレースが一番好き! 本当はもっといろいろ素敵な彼女を紹介したいのですが、著作権に触れるのでしょう。 だからこれだけ、ね?お許しを。
 ざっくり編まれたフィッシャーマンセーターにデッキシューズでヨットに乗る彼女も素敵。勝気な表情でカメラマン(パパラッチ)を見つめる彼女もいい。 そして母親として子供たちとはしゃぐグレース。 レーニエ大公とゆったりくつろぐ庭で撮った一枚も 穏やかな表情で綺麗です。 でも本当はどこか寂しげに見えたりして、ジーンときちゃうのです。
 実は昨日11月12日は彼女の誕生日でした。そして彼女が悲劇の事故死を遂げたのが、私と同じ52歳の秋。 今朝なにげにこの写真集を手にしたのも、何かがシンクロしていたのかもしれません。 そう思いたいのかな。 (笑)
 さて、いろいろと想像しながらご覧になってくださいね。 あ、コーヒーをこぼさないように・・・パチリ!

  
b0083902_12423381.jpg


  今朝のBGMは、ちょっと渋い感じで、この曲を。
      こんな彼女を 『 見つめていたい 』  「 Every Breath You Take 」 by The Police
  
  
by miki3998 | 2007-11-13 12:46 | お気に入り | Trackback | Comments(52)

丹沢  ずっと眺めていたい・・・ (加筆版)

b0083902_12315893.jpg


   ふっと窓の外を見ると、遠く丹沢の山並を覆うようにして まっ白い雲の帯が
 空から降りてきます。  それは崇高な何かが、静かにゆっくり湧きでているようにも見えます。

 
b0083902_12342272.jpg


  まるで空と繋がる雲が 優しいベールになって、山の傍らで漂っているかのようです。 

 
b0083902_12365262.jpg

 
 流れるように 、穏やかに、 今はそっと 山を包み込んで欲しい

 
b0083902_12401267.jpg
 

 その願いはいつしか  消えないでほしいという祈りに変わっていました。 でも・・・。
 
 
b0083902_12474423.jpg


 足元には こんなに季節が溢れています。   それだけで 幸せ です。
by miki3998 | 2007-11-11 14:10 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback | Comments(40)

あなたに出会えて ありがとう~。

b0083902_13285439.jpg


  雨の土曜日、ちょっとブルーになりますね。 こんな日も嫌いではないのですが・・・。アンニュイ・・・? いえ眠くなるだけです。 (笑)
 うちのパソコンの壁紙、季節感がないなあ・・・そう思って壁紙を衣替えしました。一気にハワイからスイスに飛んで、晩愁のスイスの教会です。名前? 忘れました。(笑) 
   ロマンチックでしょ? 落葉を踏みしめながら歩き続けたいですね、どこまでも・・・。♪ ☆ ☠ ???

  さて、テーブルの上の奥にちょっとだけ写っているもの、なんでしょうか?木のお皿の上にあるものです。 先日のお散歩で見つけて、リースの素材にしようと、そろそろいただきに行こうと思っていたら、なんと植木屋さんが入ったのか、椿の実どころか、枝も短く切られてしまっていました。 あら~~ガックシ!  でもここで神様は私をお見捨てにはなりませんでした。 (いつも助けてもらってばかりですが・・・・)

 
b0083902_15401792.jpg


  椿の実でっす! (ここで力強くアピール!)  ブログ仲間のKさんから届いたのです。この優雅なカードも、きっとお庭で育てたバラのお写真で作られたのでしょう。 グッときますね。
 嬉しい、嬉しいの三乗です!!! 一緒に送られたオカキも美味しくてすぐに完食でした。なので画像なしです。(笑) 
  幸せの探し方っていろいろだけど、私にとっての幸せはこうゆうことだなあ。心のどこかに留めていてもらえることの嬉しいさ。 来年は気を付けてちゃんと取っておくわね・・・というさりげないけれど優しいお言葉。  ありがとうございます、Kさん。 めげずにサクサクですよね? 頑張りまっす!

  そしてこちらは 先日ゆずのコンサートに来ていたMさんから届いた写真(一緒に写ってます)とゆずドリンク。 せっかくなら会いたいということで、会場まで押し掛けて一緒にお茶しました。初対面ながらもう旧知の知り合いの様。新幹線の改札前でのお別れの時、なぜか二人とも涙涙・・・おばはんの涙線、限りなく緩んでます。 なんなら名古屋までついて行きたかったなあ~(笑)  ありがとうね、 あなたが選んだ切手は、いつもながらその時の季節にぴったりの優しくて温かいデザインの記念切手。 こんな心遣いが胸に沁みます。 Mちゃん、これからも、よろしくね。 

  
b0083902_15511386.jpg


    写真、ピンボケです。 大ボケな私らしい。 
 『 あなたに出会えて  ありがとう~♪ 』はそのままあなたに贈ります。  感謝。

        *************************

   さてと、来週は木の実拾い大イベント、『そうだ、京都へ行こう』でっす! 雨が降っても風が吹いても決行します。こうご期待。 (今年のリース、経費かかってます。 嘘です! 笑)

  
by miki3998 | 2007-11-10 16:14 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(52)

幸せの探し方

b0083902_12352973.jpg


♪  そんな素敵な瞬間が  散りばめられている

   明日に出会えると  信じて眠るの

   幼い日のように


Fais un beau reve come un petit enfant
Tu vas surement trouver la joie

C'est pas la peine de poireauter cent ans
Tu n'as qu'a dormir une fois

Allez viens, dors dans mes bras
On sera heureux pour toujours    ♪

          


                                   MARIYA TAKEUCHI ♪ 『 幸せの探し方 』 ♪

           久々のオフ  アイロンかけながら 聴いています。

  

   *** 昨日の 『幸せな過ごし方』 (笑) はこんな感じでした。  ゆりこちゃん、 私は手抜きでリンク頂きまっす! (笑)  そして MOさん、 お気をつけてイタリアにもどられてくださいね。 また会う日まで お元気で。 *** 
       
by miki3998 | 2007-11-08 12:54 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(34)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧