<   2007年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今年最後のごあいさつ  『 笑う門には お多福来る?』   23年前はね・・・笑


  今年もお世話になりました。 特にこの一か月は体調を崩し、皆様のブログにお邪魔できずに毎日をバタバタと過ごしてしまいました。 来年は新たな目標を立てて、頑張りますよ。 その目標ですか? 秘密です! (笑) 不言実行ですものね。 今までの私? 有言不実行でしたから・・・。 (爆)

  相変わらずの拙いブログですが、来年もまた遊びにいらしてください。
  今日は今年最後のジョークを皆さんにプレゼントです。 アハハ、と笑ってください。
  もう20年近く前(正しくは23年前)の写真です。  今の私ですか? 
  そりゃあもう、 引力には勝てませんから・・・。 (会った方はお分かりですよね。)
  ご想像にお任せします。 そこのあなた、 詐欺だ~っていってるでしょ? ごもっとも!

  では 皆様よいお年を! 座右の銘 『 笑う門には 福来る 』 でっす!
   
  
  
b0083902_112917.jpg


 この年頃のとき 流行りのワンショットバーのスクリーンにはこんな音楽と映像
                              You Tube 山下 達郎 『 JODY 』

  アッコちゃんのリクエストにお答えして、この曲もどうぞ!
  本当はこっちを載せようとしたのだけれど、あまりにも切ないので迷いました。
  でも 私もこの曲が大好きなのです、ハイ!
 
    歌詞が切ないなあ~「、あなたの風邪になりたい・・・失礼、あなたの風になりたい」 でした。 (笑)
                               You Tube 『 世界の果てまで 』   

    

 
by miki3998 | 2007-12-31 01:01 | プロフィール | Trackback | Comments(70)

20年前の私

b0083902_19455688.jpg


  今年はいろいろなことがあった年。私の52年間で一番、心も体も大きく動いた年と言ってもよかったかも知れません。 この写真は結婚間近のもので、会社のIDカードでした。 個人情報もここまで来れば時効ですよね。現在は違った姓を名乗っていますから、まいっかという感じ。もちろん顔も大きく変わってます。(笑) まあ、それにしても何も迷いもなく、ただひたすら仕事に燃えていた頃であり、自信をもって毎日楽しく過ごしていた時代だったかなあ…思い出はいいことしか浮かんできませんものね。

  
b0083902_19535518.jpg


 これは次男が2歳のころでしょうか、もうすっかりママの顔になっていますね。どこかどっしりとしていて、普段は病弱な長男の世話で忙しくしていました。手のかからない次男でしたが、本当は手をかけないで育てたので、自立心はこの頃からしっかりと芽生えていたように思います。

  
b0083902_20121196.jpg


  これは去年の私。 もう年をとると、引力の法則にはかないません。 諦めるしかないのですね。 体も顔も緩みっぱなしです。 

  さて、このエントリーの寿命は 3分間です。 今年最後のジョークということで ・・・
  ウルトラマンと同じで 宇宙の彼方に消えて行ってしまいますからね~。 笑

  

  
by miki3998 | 2007-12-30 20:15 | プロフィール | Trackback | Comments(2)

 12月の雨

b0083902_20254468.jpg


  リース作りをしながら、ときどきふと手を休めてテラスの外を見上げることがある。ちょっと前までは目の前の樹木は緑色の葉っぱで覆われていて、その先が見えなかったのに、今はそれも落葉してしまい、ずっと遠くの横浜線が走るのが見えるほど、視界は開けている。
  青空がまぶしい日だった。 一筋の飛行機雲を見つけて、思わず外に出てシャッターを切る。 携帯のカメラだからもしかしたら写っていないかもしれない・・・でもその写真をすぐに友達に送った。 もうしばらく音信のない離れたところで一人頑張っている友人だ。見てくれたかなあ・・・ただの自己満足だと分かっていても、同じものを見て欲しいという願望だけで送ってしまった。 返事はまだ来ない。
  
  飛行機雲で思い出した。 
  学生の時、初めての学園祭のゲストはつのだひろとスペースバンドだった。そしてその時の前座が荒井由美。デビューしたてであのトレードマークのようなつばの広い帽子をかぶって 『12月の雨 』を歌った。 私は楽屋の裏方をしていたので、よく覚えているが 今ほどのパワフルな歌い方ではなくて、どこかおざなりで声の出し方も力ない感じが逆に新鮮に感じたものだった。 今日は一日 この曲を聴いていよう。 『ひこうき雲』もいい曲だったけどね。 (笑)

  
b0083902_20423171.jpg


 たまには江ノ島にでも行ってみよう。 友達との待ち合わせは新しいデートスポットのイタ飯や。 眩しいくらいの午後からの日差しが、海岸線を走る車を追うようにして照らしている。 

 b0083902_20465929.jpgb0083902_2048728.jpg

 



 









夕陽が沈んでゆく様は 自宅のテラスからも見える。 それはいつも丹沢の向こう側に沈んでいく。 それが今日は水平線に沈む同じ夕陽を まるで新しいものを見る感じで眺めている。 ひとつしかないはずの太陽が 山ではなくて海に沈んでいく。 まるで冬の海に吸い込まれて行くようにゆっくりと堕ちてゆく。  穏やかで暖かい光景。 また来よう、 違う顔の夕陽を見るために。

  
b0083902_2059124.jpg


 ♪♪  雨音に気付いて 遅く起きた朝は 
    まだベッドの中で  半分眠りたい 
    ストーブをつけたら 曇ったガラス窓
    掌でこすると ぼんやり冬景色 

    いまにも あなたが  白い息を吐き
    通りをわたって  この部屋に来る気がして

    時はいつの日にも 親切な友達
    過ぎてゆく昨日を 物語に変える 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪♪

                     荒井 由美 『 12月の雨  』


 昨夜は出先からの帰りに、この12月の雨にあってしまい、びしょ濡れになりながら あの坂を登ってきた。流石に寒気がしてそのままダウン。 まさにこの歌のようにベッドから出られない朝寝坊の年の瀬となってしまった。  でもたまにはいいよね、 ベッドで過ごす一日っていうのも。
    

  
by miki3998 | 2007-12-29 21:25 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(26)

かあさん・・・ごめんや

 かあさん、 クリスマスもおわったなはん。 マウイのピアノの発表会、立派にひげだづもね。いがったなあ。 ふだんはなまけでいるみででも いざどなったらどうどうとするどご、 まるでむがしのおらみでだね。 とうさん、みき子そっくりだ・・・っていっつもじまんするもね。 まだおっきぐなったべね。 みんなにあいでなあ。

 もさげねども この暮れはかえれねよ。 ごめんや、かあさん。 とうさん がっかりするべな。雪かき、てつだえねけど、無理しねんでやって、とうさんさ言ってけでね。 おせちのじゅんびもてづだえねなはん。かあさんひとりでだいじょうぶだべが・・・しんぺだなあ かえりでどごはやまやまだっけとも  いえのながもかだづけでば まるで雑木林のながさいるみででっす。 おしょすくて ひとよべでのっす。こんたなせいかつしてらのっか って、きっとかあさんにおごられるべなあ。 かあさんのむすめなのに だらしねくて われながら なさげねぐなるよ。 なんたら 馬鹿なむすめになったべ。 自分でもわがってるのっす。 だども からだがうごがねし あだまもはだらがねのは なしてだべ? こんたなはずじゃながたのに・・・なさげねくて なみだっこででくる。 

 らいねんこそ きっといいとしになるよなはん? うだねば 悪いごどばりで 生きでぐ力っこわいでこねのっす。 なみだっこででくる。 なしてだべなあ。 としのせいだ・・ってなぐさめられでばりだども 気も弱ぐなったんだべね。 かあさんみでに なんでもてきぱきこなして きもちもしっかりして 家族のためにはだらく かあさんだったら おらほのむすこだぢもだんなさんもしあわせだったべなあ。 

 蘭の花、みんなによろごんでもらったよ。 ご近所さくばったり 友達にももってったがらね。いっつも心にかけでもらって 感謝してもしたりねなはん。 とうさんや要一によろしぐね。 嫁さんの実家にもおせいぼしておいだよ。 いっつもりんごおぐってもらうがらね。

  もうべっこ暖がぐなったら 鎌倉さ あそびにきてや。 まってるがらね。
 みんなみんなげんきで いいとしむがえでけでや。 おらはだいじょうぶだ。 きっとのりきってみせるがら しんぺしねんでやぁ。 かあさんの 福神漬  こどしも まってるがらねぇ。
                            

 
b0083902_151378.jpg

 
b0083902_1584815.jpg

かあさん、 おひさまは こんたにあったけのっす。 ひのひかりって ありがでなはん。
b0083902_222780.jpg

 いっしょにさんぽもするべしね。 さざんかがきれいなごきんじょだよ。 
 
b0083902_2264877.jpg

  庭のゆずが いっぺとれだがら どうぞ・・・って玄関先においであるのっす。、いいひとばかりだよ。 おらももらってきて ゆずゆにしたのっす。 こんな思いやりのある街だよ 北鎌倉は。
だがら とうさんも しんぺしねんでや。 おらもちゃんとご近所と仲良くしてもらってるがらっす。
もう、いづまでたっても こどもみでにおもってるべ、なは、とうさん?
 

  いつだって帰れる、 いつも帰りたい実家。 でも今年の暮れは帰れない。 壊れてしまったこの体と心が元気になってからにしよう。 この家だって しばらくほっておかれたから もうあちこちボロボロ。 私と一緒だなあ。(笑) しっかりきれいに 気持ち良く住めるように、  さあ、明日から大掃除。 曇ったガラスも 草ぼうぼうの庭の草花も 丁寧に 優しく触ってあげて手を入れてあげよう。 生きてゆくお水もいっぱいあげよう。 
 それからでも遅くないものね 里帰りは。 とうさん、かあさん、待っててね。
  
by miki3998 | 2007-12-27 15:11 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(32)

今年最後のリース 

b0083902_0262089.jpg


 今年最後のリースです。 白い素材だけを集めて作りました。 母の得意なシロタエギクをふんだんに使って、 赤い繊細な枝はレッドウィロー、柳です。 大きさは直径50センチ以上はあります。 誰のためにでもなく、この季節最後に作って飾っておきたいリースです。 ここまでお付き合い下さったリース好きの皆様、 赤と白だけを基調にして作ったのですが、お近くにすおばさま(生徒さんです)が、庭に鉄線が咲いたので、その蕾を持ってきてくださいました。 

 さっそくちょっといたずら。 冬枯れの高原に春を呼ぶ緑の蔦がきれいなラインと、優しい蕾を絡ませるように、このリースはちょっと現実離れしているけれど、シンプルで何かメッセージを持っている気がします。 さて、赤は愛情でしょうか? それともみなぎる元気な血、つまり健康を表すのでしょうか・・・・。 でも白は? まさに純粋と正義、そしてつつましやかな願いをもつあの人の希望・・・思いを馳せるといろいろなことが浮かんできますね。 この一年の締めくくり、この赤と白のリースでその大切な思い出をどこかにしまっておいてください。 ね!

  
b0083902_0351723.jpg

  
b0083902_0362395.jpg

   
b0083902_0375755.jpg


 同じリースでもちょっと差し色を入れると感じが変わりますね。それに写す角度でも力強さや動きが感じられるようになります。 リースって面白いんです。

   もう明日からはお正月の準備ですね。 松飾りの用意はお済ですか?
   
b0083902_0433340.jpg

 
b0083902_044147.jpg


   昨日届いたこの箱二つです。 ひとつは京都のnakano さんから、ドイツトウヒやサルスベリの実、ピラカンサス、ヤシャブシもはいっていました。 お飾りもできそうですね。
  そしてこの蘭は田舎の母が送ってくれたもの。 元気で最後まで咲いてくれるので、さっそくこれもお正月の迎え花にいたします。

  みなさまもきっとクリスマスからお正月の準備へと 気持ちを切り替えている頃でしょう。
  私も明日からはお正月飾りのお届けです。 浮かれ気分でいる暇もなく あっという間に私のクリスマスも過ぎ去ってしまいました。 さてと、ここで一息入れて、今夜はお休みとしようかな。 ご覧になっていただいたあなたも、 どうぞゆっくりお休みくださいね。

  最後の最後、今年最後に宅配便でお届けしたリースをご紹介します。
  届きましたか? 森のリースをこれからの一年間 あなたのそばで一緒に時間を共に過ごしてあげてくださいね。 来年の今頃、きっとしっとりとした冬のリースになっていますから・・・。
  
b0083902_11552353.jpg

by miki3998 | 2007-12-27 00:51 | | Trackback | Comments(18)

Everybody Loves Somebody  贈る心

b0083902_7395276.jpg


  これは寝たきりになったお母様の枕元に飾られるために 娘さんが88歳の誕生祝いにと注文いただいたリースです。プレゼントは何にするか迷われたそうですが、ベッドのそばで私が作ったリースを見せてあげたいからと、お会いしたことのない方からメールでオーダーが入りました。 お好みをお聞きし、本来はシックな感じがお好きなようでしたが、せめてリースには季節の木の実や綺麗に色づいた枯れ葉をふんだんに付けてあげたい、そう思ってお作りしました。誕生日は12月21日。 間に合いました。 そして娘さんもお母様も、たくさんの名も知らぬ木の実がついたこのリースをご覧になって 、心から癒されたとお礼のメールをくださいました。

  今回のリース展では ほとんどが初対面のお客様ばかり、それもみんなブログをご覧になりいらして下さった方ばかりでした。遠くは岩手の盛岡から日帰りで、なかには埼玉から、そしてご自分でお作りになったトートバッグを私にとプレゼントして下さった方、お友達を誘って一人でも多くの方に見てもらいたいからと気遣ってくださった方・・・あの急な坂道を息を切らせて、道に迷いながらいらして下さったみなさん、本当にありがとうございました。 この小さな家がそんな優しい気遣いをしてくださる方でごった返すくらいの盛況ぶりでした。 

  いらして下さった方、そしてお会いできなくてもメールやお電話でお問い合わせいただいた方、あらためてここでお礼を申し上げます。 クリスマスに間に合うようにお作りしましたが、まだ届いていない方は「 一年を通じてミキさんのリースは楽しめるので お時間のある時にゆっくり作ってください。 」 そうおっしゃってくださったかたです。 お言葉に甘えて、今日もゆっくり丁寧に作らせていただいています。年内にはお届けしますから、もう少しお待ちくださいね。

  贈る心を感じ取る、それはその方の顔も暮らしぶりも分からなくても、言葉や思いをお聞きしながら私の中でその思いを想像することから始まります。どんな方へ、どんな思いをお届するのか思いめぐらし、それからゆっくりリースという形にするのです。 届きましたという電話の向こうの弾んだ声、メールのなかの感謝という文字、そしてそれを飾ったお部屋の写真・・・作り手である私は、そこで初めて贈る心が通じたと知りホッとします。 そして皆さんからのお便りや励ましで勇気づけられ、作ってよかった、送ってよかったという感激を静かに、じっくり味わっているのです。

  今年一年の感謝を込めて、そしてこんな拙いブログに足蹴く通ってくださる皆さん、 私からの感謝の気持ちを込めて 最後のリース、今日中にエントリーしますから、夜中の12時、愛に来てくださいね。 あれ、間違った・・・会いに来てくださいね、でした。 (笑)

  
b0083902_82556.jpg

    インフルエンザでレッスンに来れなかった生徒さんへのキャンドルリースです。
   宅配便のお兄さんが慎重に運んで届けると約束してくれました。 よろしくね!


 リース展にいらしたかた、ご注文をくださったかた、そしてこのブログを応援して下さる方、私の周りのすべての方に、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 イブに届いた一枚のCDです。メッセージは『21番目の曲だけを聴いてね』・・・でした。 送って下さった応援団の I 先輩、 ここには書ききれないくらい、いっぱいいっぱいありがとう。   その21番目の曲ってね・・・
  ディーン・マーチン 『  Everybody Loves Somebody 』  なんです。(^^)/

 
b0083902_8142022.jpg

 
b0083902_8501889.jpg

   ( ピアスを届けてくれた生徒さんからのプレゼント、こんな素敵なからくり絵本でした。)

 
b0083902_9554965.jpg

   ( これは母へのプレゼント。 肌色の皮でできたバブ―シュ。刺繍が優しい。喜んでくれるかな? )
 
 
by miki3998 | 2007-12-26 08:15 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(6)

クリスマスの奇跡!?

 今日は昨日レッスンの予定だったお若いお母さまお二人の振替レッスンでした。お子様がインフルエンザになられたとのこと。 先週のレッスンでも生徒さん自身がインフルエンザにかかり欠席されましたから、ジワジワト流行の兆しです。 気をつけなければ・・・主婦にとってこの忙しい師走に風邪などひいていられませんものね。 
 ピンポーン・・・さあ レッスンが始まります。予定より少し早めに着いたお二人、玄関先で何やら嬉しそうな笑顔です。

  「 おはようございます、先生。 いきなりですが 目をつぶって掌を貸していただけますか?」

  「 あら、何かしら? 」 そう言って 私は半信半疑で目をつぶりました。その掌にのせられたものは・・・一粒の奇跡でした。 

  そうなんです。 絶対見つからないと思っていたあのピアスが、帰ってきたのです。
 「 えぇ~!(マスオさんの驚きの声) どこにあったの? 」
 「ここに来る途中の坂の石垣においてありました・・・きっと見つけた人が 置いてくれていたみたいでした。 」

凄いです。 あの枯れ葉の中にあったとして、それを近所の方が履き掃除をしていて見つけたか、歩いている人が見つけて きっと探しているだろうと思って そっと置いてあったのか・・・。いずれにしても そのご親切な方にお礼が言いたいです。 もし、もしもこのブログをご覧になっている方だとしたらなおさら コメント欄から名乗り出て欲しい。 

 正直言ってこのピアスは思い入れがあって 失くしてから何度か探しに行きました。
b0083902_2114033.jpg

 この銀杏の木のあたりかなあ~?
b0083902_211450100.jpg

 この坂を帰ってくる時も・・
b0083902_21153463.jpg

 こんな感じで下を見ながら 枯れ葉の間を気を付けて探したつもりでした。 でもこんなたくさんの葉っぱの吹きだまりですから きっともう出てこないと諦めていたのです。 
 落した日が18日の深夜でしたから 今日22日まで枯れ葉のお布団の中に埋もれていたのでしょうか、それともすぐに見つけられて その石垣の上にちょこんと置かれて 私が探しに来るのを待っていたのでしょうか。
 
 「 先生、このピアス きっと先生じゃなきゃ嫌だと思っていたんですよ。 よかったですね。」

本当に良かった。 朝からこんな嬉しいことがあるなんて、いえ ここ数週間というもの、 嫌なことや心配事が重なり 少々落ち込んでいたことは確かです。ましてあの大好きなピアスを落として片方だけになってしまったこと。 凹みました。 このピアスをしていくのは ちょっとウキウキする時が多かったのです。 品川に出かける時、京都への日帰り、ジャズを聴きに行った夜・・・楽しい思い出が沢山だったピアス。 よかった 帰ってきてくれてありがとう。 失くしたものが また私のものになる。 こんなに嬉しいこと 久しぶりです。 もしかしたら北鎌倉にもサンタクロースがいるのかもしれない・・・日頃頑張っているおばはんが しょんぼりしているのを見かねて 戻してくれたのだわ。 しっかり肌身離さず大切にしなさいってねというメッセージかもしれません。  
 
b0083902_21384472.jpg

  やっぱり二つで一つ、 ですよね。 ありがとう、拾ってくださった方。そして今日のレッスンにいらした生徒さんのお二人。 あなたたちが ブログをみてピアスのことを知り この辺で落としたのかしら・・・と気を付けて歩いて来て下さったおかげです。 きっとこれってクリスマスの奇跡です・・・ よね! 
 
 
b0083902_21504885.jpg

by miki3998 | 2007-12-22 22:08 | お気に入り | Trackback | Comments(98)

真珠のピアス  

b0083902_19343142.jpg


  ついていないお話の続きです。
  昼はレッスン、夜はオーダーのリース作りと連日忙しくしていたので、気分転換に侘び助に出かけました。 ワンコインで今夜は焼酎のお湯割り、 気持ちよくいただいた後、 帰り道の坂を登りながら リースに使う枯れ葉を拾います。 この時間がけっこう好きです。 澄み切った夜空には冬の星座が瞬いていて、急ぐ必要がない私は ゆっくりゆっくり登りながら 形が面白いものや 色が鮮やかな枯れ葉を拾うのです。 耳にはipodから今井美樹の『 ドライブに連れて行って 』が流れています。 15分で帰る道を 30分かけて登りながらの枯れ葉採集(?) 。抱えるようにして枯れ葉を持ち帰り、 冷えた体を温めるためにお風呂に・・・。 

  あれ~? 右の耳についているはずのピアスがない! セーターを脱ぐときにはもうありませんでした。 そぞろ歩きをしながら 耳にはipod 、枯れ葉を拾うことに夢中になって 落としたことに気がつかずにいたのでしょう。 引き返して探そうにも あの枯れ葉の中に落としたとすれば 見つかる可能性はゼロに近いし、 侘び助で落としたとすれば あとで確かめれば済むこと。 でもたぶんないだろうな・・・。疲れていた私は あっさり諦めました。 今年の春にオーダーして作ってもらったばかりのこのピアス。 オレンジ色の淡水パールがメインのデザインです。セミロングの髪の間から ちょっとだけ見え隠れするこのピアス。 お気に入りでした。 出かけるときも家で仕事をする時も 体の一部のように身に付けていたピアスだったのですが・・・。そう、京都に行った時も付けていました。 う~ん、 ちょっと悔しいかな。(笑)

  ♪♪ どこかで半分失くしたら 役には立たないものがある

    Broken Heart それはあの時  青い心の海に 一粒投げた ああ真珠のピアス
  
    Broken Heart 最後の夜明け 

    Broken Heart 最後のジェラシー  ♪♪ 

                          松任谷 由美 『 真珠のピアス 』 より

   
彼のベッドの下に捨ててきたのではないけれど、(歌の文句ですよ、 笑)  やっぱり片方じゃ役に立ちませんね。 右と左両方揃ってこそのピアスですもの。 どちらかかたほうだけでは駄目なのです。 クリスマスプレゼント、 サンタクロースにお願いしようかな ~ (笑) 紙飛行機にでも願いを書いて ひらりと飛ばします。 どうか 届きますように・・・。

  
b0083902_2039234.jpg


      拾ってきた枯れ葉です。 高い枯れ葉についちゃった! (^^;)

b0083902_2041569.jpg


 森をイメージしたキャンドルリース。クリスマスまではテーブルを飾り、その後ドアにも掛けられるようになっています。  花を使わず 緑色のグラデーションを楽しむアレンジです。  アバンギャルドなスタイルがお似合いの I さんの作品。 お洒落な美人ママです!
by miki3998 | 2007-12-19 21:03 | お気に入り | Trackback | Comments(40)

やっちゃった!

 今日は体調が今ひとつ。テンションが上がらない。パソコンも文字が飛んでしまって言うことを聞かない。 ないないづくしだったので お昼からソファで昼寝。 まいっか、こんな日もあるさ・・・という感じで夕方まで気持ちよくおねむの時間を過ごす。

 息子と待ち合わせて夕方はCDのレンタルショップへ。 お腹がすくと別人28号に変身する次男、そそくさと借りたいCDを選び帰路を急ぐ。 途中コンビニへ立ち寄り 車のドアを閉めた途端・・・やっちゃった!  そう、 鍵をつけたままロックをしてしまったのだ。 あれ~~、まいったなあ。息子も家の鍵を入れたままのバッグを助手席におき、私は勿論ショールをシートに置いたままでセーター姿のまま立ちすくんでしまった。 30年近く車を運転しているけれど、こんな経験は初めて。 う~ん、まいったなあ。 おまけに私の携帯は電池切れ。JAFの番号も携帯に入ったままで見ることもできない。 まったく、どうしちゃったんだろう。 今朝からついていない。

 こんな時に限って長男は茅ヶ崎まで遊びにいってるし、家の鍵さへあてにならなくなってしまった。はて、どうしたものか・・・。財布に入っていた保険会社に電話をしてみる。幸いロードサービス付きの保険だったので、30分ほどで鍵をあけてくれる業者に手配してくれるとのこと。ふ~ぅ、助かった。

 そこで来てくれたのが鍵を開けるお兄さん。 まあ、凄い! スパイ大作戦並みですよ。暗い道の真ん中で 懐中電灯を片手に何やら小道具を出してきて、カチャカチャやってます。さしずめその姿はミッションインポシブルのトム・クルーズばりのかっこよさです! ものの10分、いや5分だったかもしれない。 
 「 はい、どうぞ。 念のため 動作確認をお願いします。 」 
 「  は,は、はい! 分かりました。 ありがとうございます。 」 

あまりの手早さとかっこよさに 私は緊張してドアを開け閉めし、エンジンをかける。やった~、大丈夫。ドアもあくしエンジンも掛かる。 流石でっす! プロですね。そしてサインだけして湘南のトム・クルーズとはさよなら。 ありがとう、以後気をつけます。 隣で次男が寒そうにこっちをにらんでました。 まいっか、こんなこともあるさ。 いい経験です。そして何よりもあのお兄さんに感謝。

 普通は鍵開けは25000円ぐらいかかるそうな。 もちろん 今回はタダ。ホッ!
 最近ボーっとしていて、考えもなく意味不明な行動をしている私。 携帯をリモコンと間違えて
テレビに向かって一生懸命チャンネルを変えようとしたり、おみそ汁のお椀にご飯を盛ったり・・・あげればきりのない失敗。 ちょっと脳みそが佃煮化していて、縮んできているのだろうか?
脳内トレーニングの必要ありだね。 息子たちにあきれた笑いを浴びた夜だった。

  
b0083902_249254.jpg

  
b0083902_2502333.jpg

  
by miki3998 | 2007-12-18 02:52 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(42)

里の干し柿 

b0083902_040225.jpg


  「 うまそうだなあ~ 」、っていってるのは東慶寺のネズミさんです。 毎年この時期になると干支の置物を買ってきてくれる生徒さんがいらして、今年はこんな感じなんです。
  お皿の上の干し柿は 里の母の手作り。 渋柿を干して、時々掌で丸めながら柔らかくして、また干します。それの繰り返し。 小さくて食べやすい大きさなのでついつい二つ三つ、甘いものが欲しい時につまんでしまうのです。 
  オーダー分のリースを作りながら 夕方ちょっと疲れた時にいただきます。こんな手間のかかるおやつを口に出来るのも 当たり前ではなくて感謝しながらでないと罰があたりますよね。 

 
b0083902_04794.jpg


 
b0083902_152573.jpg

  リースはいろいろ、大きさも素材もそれぞれ違いますが、今年のテーマ『 森のリース 』にふさわしい材料を選んで作っています。 テーブルも出窓も 家中のあちこちに素材が置いてありますから 息子たちはこの時期、ダイニングテーブルで食事ができません。 ごめんね、もう少しの我慢だから・・・。 

 
b0083902_0502076.jpg
b0083902_051694.jpg


  黒文字のリースとヒュウガミズキのリースです。それぞれ写した角度が違いますが、ヒュウガミズキのリースはバスケットみたいにボリュウムと高さがあって、今年一番の人気でした。黒文字と紫式部のリースも 初日のお客様がお気に召してくださって、お持ち帰りになりました。和風の雰囲気、お正月まででも飾れるとおっしゃってくださいました。
 まだまだお届けの順番ごとに宅配のお兄さんが毎日やってきます。明日は特に多くなりそうです。

  「 あ、ごくろうさま。 今日はこれをおねがいね。 甘いもの欲しくない? 車の中で食べてね。」  干されてじっくり甘さが増した干し柿、 宅配便のお兄さんにもおすそ分けです。

 
b0083902_056147.jpg

 
  ほらね、 2個なんて一口ですから。(笑)
 
b0083902_1534341.jpg


  庭で育ったユーカリをいただいて綺麗なドライに仕上がりました。ウメモドキやドウダンツツジと一緒にはいっているのは 軽井沢の星野やで見つけた松ぼっくりです。 これから最後のリースに使い仕上げます。
by miki3998 | 2007-12-17 01:56 | Trackback | Comments(12)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧