<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

生まれてきた役目

 たぶん今夜は9時から10時半まで、パソコンの前に座っている女性は少なかったのではないかしら・・・。
 もしかしたら この時間、紅白並みの高いパーセントでNHKの視聴率が上がったのではないかと予想されます。 いやあ~、久しぶりにワクワクしながら1時間半の間、席を立つことなく見いってしまいました。
 期待通り、面白かった! 来週が待ち遠しいです。全3回のドラマですが、3回目は8月だそうです。
 ちょうど今日の午後の番組に、伊勢谷友介君がゲストで出ていましたが、いいですねぇ。他の俳優さんにはない華がある。次郎を演じるのにぴったり、他に誰が演じれましょう。すっかりぞっこんです、私。(笑)
 恥ずかしながら 胸ときめかせて9時になるのを待ちました。もしかしたら今までこんなにワクワクして見た番組はないかもしれません。 ドラマであってドラマではない。 実際に存在した日本人男性の物語なのですから、素晴らしい。 吉田茂の孫の太郎さん、見てましたか? 太郎より次郎ですね。 白洲正子さんが羨ましい、(羨ましかった、?)です!(笑)

     *****************************************************

 心に残る場面がいくつかありました。
 幼い頃病弱だった次郎を思い出して、やんちゃな17歳の息子に語りかける母親のセリフです。
 「 何度も生死をさまよったあなたがこうして生きているのは、 きっとこの世に生れてきた意味があるのです。」

 人にはそれぞれ生まれてきて 背負うべき役目があると私も思っています。
 それは一人一人違っているのでしょう。 

  やりがいのある仕事を見つけた人、 幸せです。
  守るべき家族を持った人、 強くなります。
  自分自身を受け入れられる人、 愛すべき人です。
 
  
   今日2月28日は 長男の23回目の誕生日でした。 
   息子もいままで何度か死にそうな目にあいました。 肺炎、喘息に始まり、大怪我に大病・・・。
  その度に 母親の私はオロオロ歩き、泣きながら祈るしかありませんでした。 そして自分自身に言い聞かせて育ててきました。 次郎の母親が言った言葉と同じことを。
  そんな息子も、今は元気な体になってくれました(完璧ではありませんが)。 健康でいてくれるだけでありがたいのです。 
  そしてこれからも 神様から与えられた試練を、一つ一つ越えて行って欲しい。 
  親子ともどもまだまだ未熟ですが、謙虚と感謝を忘れずに生きていたいと思います。

 
b0083902_2336194.jpg
   次郎の父・文平のお抱え大工の三好の言葉です。
 「 正しいという字は 一つ所に止まると書く。 職人は10年かかって やっと一人前になる。 
  物になるまで長い時間がかかるってことだ。 」
 




  

  
by miki3998 | 2009-02-28 23:55 | 映画 ・ドラマ

北鎌倉のオカメ桜と桜餅

b0083902_1935593.jpg


  晴れましたね! 二月最後の土曜日、昨日の寒さは何だったのでしょう?都内では雪が降り、最高気温が4度。まさに冬に逆戻りのお天気でした。外を歩く人が手袋をしていましたし、吐く息が真っ白で、あわてて厚手のセーターを出してきて重ね着したほどでした。今までが暖かすぎたのでしょうか・・・。

  ブログで予告させていただいた、建長寺の天狗神楽、おかげさまでたくさんの方たちに見ていただいたようです。私も仕事を終えて2時過ぎに足早に向かったのですが、クライマックスが終わった後。あら~とがっかりしていたら、それを見たKARASUさんがアンコールでもう一曲、お仲間と演奏してくださいました。こんな感じです!
b0083902_19555411.jpg


b0083902_19582383.jpg


  カメラマンが下手ですみません。 KARASUさんはこの後イタリアへ。 世界7カ国でのゲリラライブ、元気で行ってらっしゃい!

  
b0083902_2004940.jpg


今建長寺では オカメ桜が7分咲きです。 荘厳な雰囲気の山門前に 右と左にお対で咲いています。ピンク色の濃いこの桜は、イギリスの桜研究家INGRAMによって、カンヒザクラとマメザクラを交配して作られた桜。 このお天気でしたら、まだ見ごろはもう一週間は大丈夫ではないでしょうか。

   
b0083902_2082776.jpg


  お神楽を見た帰り、北鎌倉駅前、和菓子の「 こまき 」さんで桜餅を買いました。 ね、四角いでしょ?
  ここで訂正させていただきます。 先日ブログで3月2日までの販売とお知らせしましたが、3月3日の誤りでした。大変失礼しました。 透けるような薄皮で包まれた上品な甘さの餡子には、桜の葉の香りがしっかりと沁みていて、まるで皮というよりも桜の葉だけで包まれているような感じの桜餅です。おすすめのお菓子、お土産にぜひ! 


  さあ、9時です。 白洲次郎みなくっちゃ!!!
   

 
by miki3998 | 2009-02-28 20:14 | Trackback | Comments(14)

建長寺の天狗

  
b0083902_13442892.jpg


   この週末で2月も終わってしまいます。今年もこうして月日は足早に過ぎてゆくのでしょうか・・・。
   子供の頃は 早く大きくなりたい、中学生になって、高校生になって・・・早く独り立ちしたい。そう思っていても、時間はゆっくり流れていたような気がします。一週間が遅かった。ひと月もなかなか過ぎず、夏休みが待ち遠しかった。 それなのに今は・・・。 もうすぐ桃の節句ですものね。 まいったなあ。

   2月28日 午後12時と14時の2回、侘び助仲間のKARASさんのアウトドアライブがあります
   侘び助では アフリカのパーカッション(?)ジャンベひとつを使った ダイナミックな音の饗宴でしたが、今回彼は、天狗になってお神楽を演じます。
   場所は建長寺唐門前、拝観料300円を支払っていただくだけ、演目は天狗神楽『 柴引き 』です。
  
   山の神である天狗が 酒に酔い山から降りてきて、人々と榊の引き合いをして力くらべをして、人々の厄を払います。一緒に榊を手に取り 私も厄を払ってもらおうかなあ。(笑)

   当日は12時の部に さやかさんというダンサーのしなやかでダイナミックな踊りも加わって、素晴らしいライブになると思います。ちなみに彼はこの後、世界各国でゲリラライブの旅に出ます。イタリア、エジプト、インド、カンボジア、ニューヨーク・・・手始めにバチカン宮殿前でのライブを計画しているのだとか。 ピラミッドやアンコールワットの前でのライブって、いったいどんなんでしょうね。

   ≪ KARASU プロフィール ≫     
     伝統芸能である神楽を現代の解釈を通して表現する神楽師。 
     かつて自らも問題を抱えていたことから、教育現場で引きこもりや事象を繰り返す子供たちの前で縁部をする活動などを行う。その日本のまったく新しい欲求不満を文化として発表するため 20009年3月より、満月の夜に世界7カ所でゲリラライブを行うワールドツアーを予定している。


   b0083902_1464242.jpg

       春が来た  春が来た  どこに来た
 
       山に来た  里に来た  野にも来た   天狗も来た!? (笑)


       もちろん私も14時からのライブを見ます。 
       さて、半蔵坊からあの天狗が降りてくるかなあ~? 
       みなさん、建長寺で会いましょう!
   

   
by miki3998 | 2009-02-26 14:16 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback | Comments(12)

 花供養   白洲正子と 白椿

b0083902_1731673.jpg

                                《 土佐ミズキと 藪椿 》

昨日ETV特集 『 もう一度会いたかった ~ 多田富雄、白洲正子の能を書く~ 』を見ました。
 夕方は同じくNHKで『 白洲次郎を知ってますか?』という番組もあり、まさに白洲夫妻特集ね、などと言いながら息子と一緒に見ておりました。
  昨年12月26日、正子の命日に行われた、白洲正子没後10年追悼能公演『花供養』は、多田富雄氏が書き下ろした新作能で、番組は正子にゆかりのある方達の手で作り上げられるまでのドキュメントなのですが、あの花人・川瀬敏郎さんが柳と白椿を献花する場面は、静寂な空気感が画面のこちら側まで伝わってくるようでした。ちょうど今月のお稽古のテーマが『 椿 』でしたので、とても興味深く鑑賞しました。

 シテ役は正子、両性具有の花にして、心は男、姿は女という、正子自身が手に椿の入った桶を持った花の精になって現れます。4歳で能を習い始め、14歳で女性で初めて能舞台に立ったのが正子。そして初めての著書も「お能」でした。 その正子が、友・小林秀雄や夫・白洲次郎に先に逝かれ、寂寥の念を白椿という花に込めて花の精になって現れる。能を通して親交の深かった多田氏ならでは正子への思いを表現した舞台でした。

 そういえば武相荘の正子の書斎の窓から見えるのは 白椿。 潔いまでのまっ白な色と、一重の凛とした咲き姿は正子そのものであり、終わりの花を迎えたその時に、ぽとりと地面に落ちて果てる様子は、亡くなる寸前まで快活で大胆、繊細な面と大きな包容力を持った正子の最後に似ています。

 椿は、肉厚でと色濃く照りのあるつややかな「葉」も美しく、 しっとりとした落ち着きと華やぎを感じます。 
 晩秋から春まで椿の季節は長いのも魅力ですが、 藪椿、雪椿、さざんか、乙女椿や侘び助、黒椿・・・その数2000種類以上もあり、その椿の一種一種に、それぞれ独特の物語が生まれるような、椿は不思議な魅力を湛えた花だと思うのです。

  小林秀雄の言葉 『 美しい「花」がある。「花」の美しさといふ様なものはない。』 
  深いなあ・・・・・。

  
b0083902_17472240.jpg


  
b0083902_17474640.jpg

by miki3998 | 2009-02-23 18:48 | | Trackback | Comments(18)

ミモザの頃

 
    
b0083902_23564224.jpg


 仕事が楽しい、暮らしもまた楽しい。 
 時間が足りないのが悔しい。
 早起きの暮らしを始めてから特にそう感じるようになりました。
 今まで無駄にダラダラしていた時間は戻ってこないけれど、今からでも遅くはないのです。

    
b0083902_23575386.jpg


 お仲間と一緒のランチ。 モリモリいただきます。簡単お手軽スピードメニューは
 シーフードピラフとグリーンサラダ、ドリンクはキャロットの色も鮮やかな野菜ジュース。
 ビタミンカラーとはこんな感じでしょうか?バターはお好みで後からトッピング。(ダイエット中だからね)

 今日はフル回転で歩き回りました。
 レッスンがが終わってから電車で都内へ。 銀座は横浜よりも近い感じがします。
 同じ人混みも、銀座ならスイスイ。(横浜はぶつかりそうで ちょっと苦手。)
 目的地はこちら。いつものクレイン社のイニシャルカードを買いに。
 
  
b0083902_054014.jpg


  あたりはとっぷりと暮れていて、買い物客も心なしか急ぎ足で帰路についているように見えます。
  実は伊東屋の前に立ち寄ったデパートで、思わぬ買い物をしてしまい、時間が押してしまいました。
  本当は先日壊してしまった「ケメックス」のガラスのコーヒーメーカーを買い替えに行ったはずでした。
  でもそこでは扱っていなくて諦めて帰ろうとしたら、同じキッチンコーナーでこんなものに出会ったのです。
  母から誕生日祝いにもらったこのデパートのプリペイドカード、全部つぎ込んで買っちゃいました。
  それは・・・・

  
b0083902_0103185.jpg


ジャーン! エスプレッソマシーン。 「ネスプレッソ社」のものです。 
  以前から欲しかったのです。でも我が家のキッチンは狭いし、某メーカーのは大きすぎて場所を取るし、
  デザインがいまいちなのと、お掃除が面倒な気がして購買意欲がわきませんでした。
  ところがこのネスプレッソ(ブランド名です)、コーヒーのカプセルをポンと入れるだけ、
  ゴミもでないし 誰が入れても同じ味、捜査も簡単なんです。
  もちろんカプチーノも入れられます。紅茶のティーバッグを入れたカップにお湯を注ぐこともできちゃう、
  まさに横着者の私のためのマシーン、です!(笑)
  
  「かあさん、つかってしまったよぉ。 もらったあのカード。いいよなはん? 
  こんどかまくらさきたら おいしいコーヒーいれでけるがらねえ。
  いっつも カードでおがずだの お中元だのして 自分のためどいえば 
  年に一度 香水かうぐれしかねがったのっす。 ぜんぶなぐなるものばり かってらったども
  きょうは ながまのみんなさも ごちそうでぎるものかったのっす。 いいもねぇ?
  あさって とどぐのっす たのしみだぁ
  ささ はやぐ かえらねば  こどもだぢ はらへって まってらべぇ。 じゃねぇ。」

 
b0083902_02650100.jpg


  銀座のど真ん中で買い物をして、帰るのは静かな田舎の北鎌倉。
  いいなあ、このギャップが好き。(笑)
  都会のチューリップのお値段にびっくりしながら 寄り道しないで帰ります。
  

 
b0083902_0372373.jpg


b0083902_0383954.jpg

  
ヒヨコ色のミモザとチューリップ。 青文字とモクレンもはいってますよ。 わかりますか? 
 
  明日も元気で頑張れます。
  あなたもどうかお元気で。 
  行ってらっしゃーい!  (ラジオのエンディングの練習?  笑 )  
 
by miki3998 | 2009-02-20 01:28 | | Trackback | Comments(51)

如月  雨水

b0083902_5502584.jpg


   早起きの習慣が身に付きそうで、朝も5時頃になると、スムーズに目が覚めるようになりました。あれほど朝は苦手で、大学生の息子に合わせて7時頃に起きていた私が、いまはこの通りです。このままずっと規則的な生活を続けられるようにしなければ・・・。

   2月の今頃は日の出は6時半ごろ、すっかり天気予報を先読みする癖もつきました。ラジオのお仕事ではニュースや天気予報、日の出日の入りもお知らせしますからね。(笑)
  写真は円覚寺側の山並みに、東からゆっくりおひさまが昇る様子を写しました。もう空が明るくなっていて、一筋の陽射しが、山並みや家々を照らしていますね。ちょうど丹沢と反対方向、夕方は丹沢の上に夕陽が傾き始め、この逆の方向から陽射しが家並みを照らすのです。

   今日は24節気の雨水、立春から15日目になります。この日を過ぎると、雪よりも雨が降ることが多くなり、氷や雪が解けて水になることから「 雨水 うすい 」と呼ばれるようになったそうです。まだ体の芯まで沁み入るような冷たい雨ですが、ひと雨ごとに春が深まっているような感じられます。 二十四節気は中国から伝わったそうですが、季節の変化を表す綺麗な言葉ですね。できればこのような言葉を大切にして、日々の生活に役立てたいものです。 
  

  
b0083902_613760.jpg


数日前には鎌倉も24度を超す暖かさで、コートを脱いで歩く人を見かけましたが、そのお天気も行ったり来たりしています。まさに三寒四温、しばらくは変わりやすい日が続くのでしょう。
  昨日はうす曇りで冷たい北風が吹いていましたが、目の前の木の幹にこんな訪問者が現れました。
  ヒヨドリです。枯れ木にポツンと停まって、遠くを見ながら冬芽をついばんでいます。その姿を見ていると、鳥たちもきっとこの厳しい冬を耐えて春の到来を待ちわびているように見えます。 四季のある国に暮らしていればこそ、もう少し、もう少しと春を待つワクワクした気分を味わえるのかもしれません。 いろんなことがありますが、きっともうすぐです。春はもうそこまでやってきていますから。

  
b0083902_6171763.jpg


  冬芽を膨らませ始めた 女学校の桜の木です。 私は寒い日、真っ青に晴れた空に向かってのびる冬木立を見上げるのが好きです。
  
  桜の木で思い出しました。 北鎌倉の和菓子舗「 こまき 」 さんでは、3月2日まで販売しているのが「 桜餅 」なんです。このお店は月ごとにお品物が一種類だけと決まっていて、店内でも美味しいお薄と一緒に召し上がれます。薄い餅皮に包まれた上品な漉し餡と 桜の葉で挟まれた四角い(めずらしいでしょ?)桜餅は、桃の節句のお雛様の前日まで販売されています。店主の駒木さんの丁寧なお仕事ぶりを堪能されてはいかがでしょう。 あと十日あまりですよ、お早めにどうぞ。さあ、私も買いに行かなくちゃ。 では、お先に失礼。(火曜日がお休みです、お気をつけて)

  
by miki3998 | 2009-02-18 06:47 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(14)

息子のおかげ

b0083902_22365344.jpg


  息子達です!
  って、二人ばかり増えてますが・・・。 アハ、みんな息子みたいなもんです。
 
   「 ちわ~っす! いただきまっす! 」
  こんな感じで食卓へ着く息子たち。 友達もわが子もみんなまとめて面倒見ています。(最近は面倒見てもらっていますが・・・) この日はバレンタインの前日でしたが、何の気配もなく、静かに更けてゆく夜。 トホホ~。 ちなみに夕飯はこの日のメニューは、タラコのパスタ。イカのトマトソース煮、カボチャのジャーマンポテト風なんて感じでした。パスタ1キロ、カボチャ半個、イカ5はい完食でっす!!!  デザートは・・・?
 次男のグルメ友達(自称ですが)トクちゃんがお土産でこんなものを持ってきてくれました。

  
b0083902_22413662.jpg

池袋の『 味咲き 』で1時間も並んで買ってきてくれたのだとか。 お疲れ様~。いつもありがとうね。持つべきものは 息子の友達、です。(笑) 中味はあんことクリームチーズ、こんな感じです。
  
b0083902_22443210.jpg


  フムフム、なるほど、うまい! 和洋折衷の味とでも言いましょうか。クリームチーズがまったりと・・・あんこに合いますなあ。(偉そうに)

 「 トクちゃん、ありがとうね。 最近どう?」 などと、世間話もしちゃたりして。 
 すると、次男が「 彼女がいるんだよね~。」なんて横から入ってきます。
  「 おお~、おめでとう。 明日はチョコレート、期待できるね。」と私。
  「いやあ、そうでもないっす。 決まったら真っ先に 連れてきますから。」とトクちゃん。
  「 ホント? わぁ、嬉しい。 トクちゃん、約束だよ。待ってるからね~。」

 嬉しいじゃないですか。 お母さんよりも先に 私はトクちゃんの彼女とご対面できるんです。ご飯を食べさせたかいがありました。 嘘です。 ご飯はおまけ、息子たちの友達が遊びに来てくれる家であることだけで嬉しいもんです。 息子の友達は私の友達。友達こそ最高の宝物、そう言って育ててきてよかった。 よしよし、みんな どんどん おかわりしなさい!(笑)

 
  すると翌日、続々と届く届く。 嬉しい悲鳴! キャー~~~。(笑)

 
b0083902_22483690.jpg

 
b0083902_22513137.jpg


  手作りのマカロンにワッフル、ピエール・何がし・・・(難しい、覚えられません)のチョコレートまで。 数日前に実家の母から届いた播磨屋のチョコせんべい、たしか「ユーロの風」とかいったかしら・・・霞んでしまって、忘れられるほど。 やっぱり持つべきものは息子です、きっぱり!甘いもの三昧のバレンタインデーとなりました。 (私? 誰にもあげてません。 汗)
  アハハ、すべてが息子あてではないのですが、送ってくださった方々は バレンタインに間に合うように発送してくださったのでしょう。ありがとうございました。この場をお借りして、感謝。来年もよろしく おんねがいもうしあげまする~。 m(_ _)m  

  
b0083902_2311555.jpg


       ところで、 うちの息子たち、早く彼女連れてきなさいよ~。(笑)
by miki3998 | 2009-02-17 00:03 | 家族 | Trackback | Comments(22)

こんなカードが欲しかった!

b0083902_1746923.jpg


  これ、私・・・じゃないですよ。ま、近いものがありますが・・・。(汗)
  今北鎌倉のギャラリーカフェ『NEST』 さんで開催されている、「古知屋恵子 冬の版画展 」で求めてきたカードなんです。 なんとも心がぽかぽかしてくるようなカードでしょ。

b0083902_17494592.jpg


ほかにもこんなのや、こんなの

 
b0083902_1751983.jpg


  あ~あ、 ピンボケですね。 やっぱり NESTに行ってもらわなきゃわかんないなあ。
  古知屋さんは茅ヶ崎在住で、4歳のお子さんとご主人の3人暮らしの普通の主婦、いいぇ、失礼、イラストレーターです。NESTにはお茶を飲みに行ったのですが、丁寧なお仕事ぶりと、普段の生活のひとこまを切り取ったような一枚一枚のカードの温かさを拝見して、、一度でファンになってしまいました。ご本人とお話をしていて、飾らないお人柄と明るく屈託のない笑顔から、すぐにお友達になれました。作品の他にはこんなものが・・・

  
b0083902_1811468.jpg


これは ゴムのはんこです。 私は主人への定期便や実家への手紙は 一度使った封筒や手作りの葉書き(これも再生紙や包装紙を切り抜いて作ったもの)を使いますが、その封筒にこんなハンコを押して投函しようと思ったのです。ちょっと可愛いコンなマークが押してあったら、そのまま封を切るときにも ニコっと笑って笑顔で手紙のやり取りができそうじゃないですか?
こんな作品にも古知屋さんの思いが込められているようですね。

   
b0083902_1895811.jpg


彼女のメッセージが書かれたカード
    「 二人で ひとつの傘じゃ
      肩がぬれるかもしれないけれど

      疲れたら 変わりばんこに
      さし合おうよ。 」



 ちなみに彼女の作品展は 3月2日までです。きっと彼女に出会ったら、このカードの温かさの意味がわかります。

 さてと、このカード 誰に送ろうかなあ・・・。 雨漏り先生には・・・ さあ、どっちでしょう?(笑)

 
b0083902_188388.jpg

by miki3998 | 2009-02-16 18:13 | お気に入り | Trackback | Comments(14)

葦駄天 お正

b0083902_2319441.jpg


   ラジオのお話をいただいてから、不規則な生活を改善して、
   夜も早めに休むようにしていました。
   今週はオフが続くので、ちょっとだけ読書の夜を。
   数日前に気になることがあって、眠れない日もありましたから、
   そんな夜は開き直って本と仲良くしていました。

  
b0083902_1429171.jpg


   写真の本は先日『白洲次郎・正子展』で求めたものです。 
   一冊で二度美味しい本。右から読むと「白洲正子 美の世界」で、
   左から読むと「白洲次郎 プリンシパルのある人生」となるのです。
   ここ数年、二人への人気は高まる一方ですね。でもそれも分かる気がします。 
   以前次郎についてブログに書きましたが、今回は正子についてちょっとだけ。

 b0083902_23264467.jpg

         私は骨董についてはまったくわかりませんが、
        お洒落で独自の価値観を貫き、次郎を愛した自由人として
        生き抜いた正子がすきです。
        見たい、知りたい、会いたいとなったら、どこでも駆けつける、
        あの時代を駆け抜けた、その名も葦駄天・お正が好きなのです。
        あれだけ多くの著名人に愛され交流があっても、
        おかしな噂ひとつ立たなかったのは、
        正子が男勝りで気風がいい女性だったからでしょう。
        持っている魅力に引き付けられて集まってくる人との関係は、
        生きてゆく上で刺激を与えあうもの。 いい関係です。
         きっと天才イチローは、本当は秀才だったように、
        正子も育ちの良さや美貌といった天性の魅力とともに、
        負けず嫌いの努力の人だったと思います。
        目利きといわれるまでには、相当な勉強が必要ですものね。
         
          そんな彼女が彼女らしく生き抜いてこれたのは、
        夫が他の誰でもないあの次郎だったからかもしれません。
        白洲次郎流行りですが、正子のような女性もこれから先、
        お目にかかれないと思います。まさに ベストカップル。       
          
        彼女の快活でまっすぐな生き方、好きです。
        葦駄天お正は無理だけど、楽天お美紀なら!? なんてね。 (笑)  



     ***  2月28日土曜日から、NHKで「 白洲次郎 ]のドラマが始まります。
          次郎役は なんと伊勢谷友介君、 フフフ、ファンです。 見なくては!
          そして正子役は、中谷美紀さん。 あれれ、美紀ですって。(笑)
          土曜日の夜、また忙しくなりますね。
         9時からは『白洲次郎』で、10時からは『美の巨人たち』でしょ、 
          これは侘び助でゆっくりしていられませんね。(爆)                
by miki3998 | 2009-02-12 00:41 | 読書 | Trackback | Comments(30)

 季節を届ける 思いが伝わる  『 誕生日の花束 』

b0083902_128496.jpg

                      《 右腕に抱えた花束を上から撮りました 》
  
    昨日誕生日を迎えたお嫁さんへ、 ご依頼主はお義父様です。
        

  2月のブーケは桜3種類と(河津桜、啓翁桜、乙女桜)と蘭をメインに雪柳やこでまりなど、今が旬の草花だけ。枝物が硬く見えないように、そして技巧的に走るのも好みません。 春そのものをお届けしたいと思っています。行く先は海辺の町。電車に乗ってちょっとした小旅行のようでした。北風がとっても冷たくて、手袋を忘れた私の右手は、もうかじかんでいます。車内は冬色のコートばかりで暗い感じがしましたが、抱えていた春色のブーケは、そこだけパッと華やいで、まるで春そのものを運んでいるようでした。

  帰宅して熱いミルクティーを入れています。
  あの幸せそうな笑顔を思い出すと、私まで心がほっこりしてきます。この仕事をしていてよかったと感じる時でもあります。

  
b0083902_2292698.jpg

                     《 息子たちが幼い頃使っていたスノウマンのマグカップとケーキ皿  》

  ブーケを作るとき、私の左手は器の役目を果たします。右手でその器に草花を盛ってゆくような感じでしょうか? いつまでも迷ってもたもたしていると、握ったその体温が草花に伝わって、傷んでしまいますから、ブーケは素早く作るのが必須条件。左手に力を入れすぎて縛りすぎてもいけないし、緩めすぎてもブーケにはなれません。左手は花材を受け止める優しい器でいなければならないのです。

  生き生きとした春の草花、これから次々とつぼみが膨らんで花が咲き始めるでしょう。
  次のブーケは どんな草花を選ぼうか、今から楽しみです。

  
b0083902_25545.jpg

                 《 今月の壁紙  ANAのホームページから 》



 ♪  世界中にありったけの花束と喜びをを   あなたに出会えたこと 大事な宝物だよ  ♪

     
     

  ♪  あなたに出会うまでは弱さも隠していたよ  あなたの瞳に映る未来を祈っているよ ♪          

   「 しあわせ運ぼう 笑顔でいよう 」   思いはあなたに 届いてますか?               
   

  
by miki3998 | 2009-02-09 02:17 | | Trackback | Comments(26)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧