<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 えっ、また?


  おとといひと月ぶりに帰ってきた息子、
  今朝また旅に出ました。
  今度はどこへ? 
 

  皆既日食を見に出かけた奄美大島で 気の合う仲間ができたようです。
  長野で高原野菜を作っている農家の手伝いをするのだとか。
  いいねえ、どんどん出て行ってちょうだい。
  たまにレタスでも送ってくれたら最高です。
  もしかしたら 帰って来ないかも・・・。
  元気でいれば それでいい。
  
  
  
  


                                    
by miki3998 | 2009-07-31 00:13 | 家族 | Trackback | Comments(28)

帰ってきました!

 
b0083902_21231334.jpg


   夕立のように降ったかと思うと、さっと上がる7月の雨。
   雲の間から青空が見えてきて、竹林も大きく揺れています。風がでてきたかなあ。

   昼過ぎに息子から「 今日の9時ごろ帰る。」のメールが届きました。
   あらあら、予定では31日のはずだったのに・・・どんな顔で帰ってくるやら。
   7月1日に出発して、ひと月ぶりに帰宅する長男。貧乏旅行も終わりのようです。
   9時ならきっと夕飯は食べていないだろう。冷蔵庫には何があったかな。
   何よりもゆっくり風呂に入りたいだろう。いや、まずはうまい飯が食べたい!・・・かな?
   皆既日食の話で盛り上がるんだろうな。ヒッチハイクもしたみたいだし、200円のカツ丼も気になる。
   

  
b0083902_21242657.jpg


    駅に迎えに出ると、古都鎌倉には似合わない真っ黒に日焼けしたヒッピーが一人、
    大きなリュックとテントらしき荷物を脇に抱えて座っています。
    坂本竜馬のように髪を一つに束ねて眼だけギョロギョロさせている男。確かに息子です。
    「ただいま。Kは?」 まずは弟を探すところがかわいい。(笑)
    クールな次男は「 おう!お帰り。」の一言。
    早速遅めの夕飯にありついた彼は、無心に食べ、ボソボソと質問に答えます。
    何食べてたの? 困ったことは何? 日食はどうだったの?
    息子は大いにしゃべり、豪快に笑い・・・洗濯をしていたかと思ったら、お風呂に入って寝てしまいました。
    寝る前に「やっぱり我が家はいいなあ。」ですって。(アハハ、当たり前だ!)

    鍋でご飯を炊くのって大変だという話、安いのでピーマンばかり食べていた話。
    お金が無くなってマヨネーズをなめた話、フェリーでワインを飲みすぎ船酔いした話。
    乗せてもらった軽自動車で窮屈な思いをした話(5人で乗ったらしい)、アメリカ人と友達になってプロレスをした話。
    何よりも奄美大島の人の暮らしぶりに感動し、生きてゆくには物はできるだけ少ないほうがいいと淡々と話す息子。 
    携帯もいらないな、と言いながら、友達に電話をしている息子。自分でも笑っていました。
    子供なのか大人なのか よくわかりません。
    たぶんしばらくは皆既日食の興奮と、ヒッチハイクの楽しさと、出会った仲間の話で盛り上がるのでしょう。 
    まずはホッと一息です。
     
    

   
  ≪このブログにいらしてくださっている皆様へ≫

    いつも拙ブログを読んでくださってありがとうございます。またコメントを残していただいた皆様へのお返事が遅れましたこと、改めてお詫び申し上げます。 本当に申し訳ありませんでした。

   ≪CDをご希望された方へ≫

     第2弾の発想が一昨日完了しました。メール便は2~3日かかるそうなので もうしばらくお待ちください。 ありがとうございました。

  
by miki3998 | 2009-07-29 23:20 | 家族 | Trackback | Comments(36)

鎌倉の夜 スペイン居酒屋 バルにて

 
b0083902_18232953.jpg


   海の家を後にして、このまますんなり北鎌倉に帰るわけありません。(笑)
   一緒に飲んでいた元田園調布マダムはこの日のガールズトーク(???)のボスです。「 さ、バルに行くわよ!」の掛け声とともに、向かうは鎌倉の某所にあるスペイン居酒屋バル。ボスはどこにでも出没しているので、美味しくて安いお店をよく知ってます。

  ここはお酒は300円から、料理は何と100円からなんです。安っい! それも激ウマ。
  まずは私はワインといろいろ(笑) お隣は 生ハムといろいろ。(笑)
  イワシのマリネも100円です。 アボガドディップも100円。 キッシュも、シシカバブ風焼き鳥も100円・・・。って、タイ料理もたらふく食べてきたのに、まだまだ入るお腹がおぞましい。

  
b0083902_18312246.jpg

b0083902_18314358.jpg


 私は正直お酒は2杯が限度・・・え、嘘でしょうって? そうなんです。飲める顔をしているといわれますが、それ以上飲むと あの坂を上って帰れなくなるので、自分でブレーキをかけるか、時間をかけてゆっくりゆっくりいただくか・・・。この日はワインとカクテルを一杯。ごちそうさま~。 シンデレラ達は12時前に帰宅しましたよ。(笑)

  
b0083902_18344599.jpg


     私も母親とこんな店に来たかったなあ。 
by miki3998 | 2009-07-28 18:47 | 鎌倉・北鎌倉

由比ガ浜 今年の海の家

b0083902_11574330.jpg


  もどり梅雨とでも呼ぶのでしょうか・・・、今日も鎌倉はどんより曇り空です。
  体の調子が悪いと嘆いている人も、プチ鬱気味で引きこもりがちなあなたも、たまには海にでも出かけて「 バカヤロウ~!」 なんて叫んでみてはいかが?

  由比ガ浜は日中 遊泳者が優先。サーフィンは時間が決められていて、夕方からならオッケーです。この日私がここに来た時間は6時を過ぎていましたから、海はもうサーファーでいっぱい。ボードに乗ってプカプカ浮いている初心者も、砂浜に向かってパフォーマンスを繰り広げるベテランもみんなご機嫌な波乗りタイム。


 
b0083902_1275421.jpg


「クイックシルバー」というカフェです。ここは海の家として地元ィー(ジモティ)にも人気のお店で、毎年嗜好をこらした演出がされるのですが、今年はMTVとサントリーが協賛ということで、先日もトータス松本さんがライブをやってました。ボリューム満点のステーキが人気メニューです。

  
b0083902_12114585.jpg


  こちらは「フィアットカフェ」イタリアの車フィアットが飾られています。白が基調のオープンカフェですが、お店の奥では音楽に合わせてきれいなお姉さんが踊っていました。 由比ガ浜には他にもライブハウスがあったり、カウンターの上でビキニのお姉さんが踊ってくれてるカフェバーもあるようです。 よいこはあまり近寄らないように・・・なんてね。(笑) 年々こうして海の家も様変わりしてゆくのでしょうか、さびしいなあ。 

  
b0083902_1217871.jpg

b0083902_12194928.jpg


タイ料理のお店で乾杯!ワタリガニのピリ辛煮、うまい!!! (じつはこの日は海の日7月20日)ラジオの仕事の後、あの矢野君も誘ったのですが、早起きして付き合ってくれたおかげで(?)彼は爆睡中でした。お疲れ様~、おばはんはリースの仕事の合間に遊んじゃってます。遠い(でもないか)茅ヶ崎では桑田君がやはり海でライブをやっていたらしいのですが、この季節、湘南の海はあちこちで大物コンサートが繰り広げられていて、ドライブしながらでも生の音楽を耳にすることができるんですよ。ちなみに26日は逗子のライブハウス「音魂」で小田和正さんのコンサートが・・・葉山の花火を楽しみながら海岸からでも彼の歌が聴こえたらしいです。(二男が行ってました!)

  さて、私はもう一杯チャイナブルー(ブルーハワイにライチジュースを入れたもの)を飲んで帰ろうかな。 帰ったらもちろん、仕事、仕事!
by miki3998 | 2009-07-28 12:34 | 鎌倉・北鎌倉

夏のリース 「 庭の緑 」

b0083902_1936517.jpg


  せっかくいらっしゃるのですから、リースだけではなくて、北鎌倉の風を感じて帰ってほしい・・・。

  昨日の日曜日は朝から夏日。都会ではビル風と照り返しの熱でうんざりするようなお天気だったでしょう。でもここはエアコンなんていりません。 まるで夏の別荘地に吹くような心地よい風と、眩しいくらいのたっぷりの緑があります。蝉の声も木々を渡りながら鳴く鳥も、体に優しい涼しさを呼んでくれますし、ゆっくり何も考えずに空を見上げる贅沢な時間は暑さなんて忘れてしまってます。もしかしたら遠い昔を思い出して、幼いころの自分を振り返ったり、故郷の父や母がそこに座って迎えてくれているような錯覚にさえ陥るような空間です。

  
b0083902_19411023.jpg


  リースという言葉から持つイメージ・・・いかがですか?
  冬だけのものではないけれど、季節感のないものを無理に飾る気持ちにもなれない。まして造られた花などいらない。
 今そこにあるものに目をやると、こんな草が、こんな蔓が、そしてこんな実が・・・。夏の草花の生き生きとしたラインやみずみずしい表情。いいなあ・・・と感じるのは私だけでしょうか。


  
b0083902_19413928.jpg


  訪れてくださった中年の男性が、案内状の写真をほめてくださいました。木漏れ日の温かさと栃の葉の透明感がとってもいいですねと・・・。嬉しかったです、とっても。これは東慶寺で撮った一枚でした。(↓)

  
b0083902_19441453.jpg


  私はもしかしたらこんな感想を持っていただけることに喜びを感じているのかもしれません。 形であらわすこと、目に見えるものを説明することは容易です。でも そこにあるものから感じることはひとそれぞれ。来てよかったの一言が私のすべてです、たぶん・・・きっと。

  
b0083902_19475150.jpg


b0083902_19491642.jpg


b0083902_19502135.jpg



         今週末 7月31日から8月2日、夏のリース 第二弾が始まります。
         また違った表情のリースをお作りして 皆様のお越しをお待ちしております。
by miki3998 | 2009-07-27 20:16 | | Trackback | Comments(4)

緑のリースと風の音

 
b0083902_2014515.jpg



   「夏のリース 緑をあつめて」の初日、二日目と無事に終わり、今週は明日の日曜日で一端終了します。平日は籐源治ラボはカメラマンのオーナーのご自宅なので、週末だけの手紙カフェ。昨日は生憎の雨にも関わらず、たくさんの方にお出かけいただきました。なかでも遠方からいらしてくださったこの方とお会いできたこと、ブログを続けていて本当によかったと感激しました。私のリースをこんな風にご紹介していただき、とっても嬉しいです。この方のカメラの腕前、もうすかりプロ顔負けですよね。初対面なのに、以前からのお友達のようにお話ができるのも、優しい物腰で聞き上手な彼女ならではだと、ますますこの方のファンになりました。

  
b0083902_20121464.jpg


    そして二日目の今日はお天気に恵まれ、庭の木々を渡る風の音も心地よい絶好のお出かけ日和。日が陰った北鎌倉には日暮らしの蝉の声が・・・。茅ヶ崎や藤沢のブログをご覧いただいているお客様、なんと私のラジオを聴いていますとか、友人の息子さんと同級生のご子息がいらっしゃるかたなど、まるでつながっていることを実感させられるような出会いが待っていました。なかには草花好きなご夫婦や手紙カフェファンの男性も数名、お話も進む新しい出会いもあったりと、今回は私にとって世界が広がる個展の幕開けになりました。


b0083902_20303462.jpg

(  初対面でもお話が進む手紙カフェファンのかたと、ラジオの仲間チヒロちゃん。彼女もイラストレーターです)

  もちろん会場の手紙カフェでは、今日もおひとり様用の机で、お友達に手紙を書いている女性もいらっしゃいました。 彼女は埼玉から遊びにいらしたのだとか・・・。こんな出会いも嬉しいですね。

   
b0083902_20352967.jpg


   お昼から始まるリース展のために、オーナーのAYAちゃんが期間限定でオリジナルランチを用意してくれました。黒米の上にトロトロの長いもとザーサイ、お豆腐を程よいだし汁でときトッピング。その名も夏バテ防止のトロトロ丼です。ぜひ召し上がってみてください。私も美味しくいただきました。ごちそうさま!

   
b0083902_20445440.jpg


  目の前には藤棚が下がり、庭のお隣にはもう一つギャラリーがあります。この籐源治ラボの住人N氏のお母様の絵が展示されていて、そこにも私のリースが飾られていますので、こちらもご覧下さいね。

  
b0083902_2047288.jpg

  
b0083902_20472936.jpg


  さて、明日はどんな出会いがあるのでしょう。午前中はレッスンがあります。それが終わり次第、生徒さんと一緒にカフェに出かけますので、ぜひお声をかけてくださいね。 お待ちしております!
  なお、来週末31日、1日、2日もリース展第二弾を開催します。 そちらも飾るリースを変えてお待ちしています。よろしくお願いします。

  
  
by miki3998 | 2009-07-25 20:38 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback | Comments(16)

 いよいよです。

b0083902_21125814.jpg


  皆既日食のニュースで日本中が沸いた一日、息子が滞在している奄美大島ではどうやらダイヤモンドリングも観測できて、無事旅の目的を果たせたようです。あとはどうやって帰ってくるか・・・。帰りのフェリーは27日まで予約でいっぱい。しばらくは島の皆さんのお世話になるのでしょう。なんならそのまま定住してもらってもいいかなあ、なんて暢気なことを考えている私。青春18切符ならなんとか帰ってこれるのではないかしら。お金があればの話ですが。(笑)


  さて、明日は23日、搬入の日です。
  「 夏のリース ~緑をあつめて~ 」と題して、今ここにある夏の草花をリースにしてご紹介するイベントがいよいよ始まります。 個展は初めてのこと。 といっても、籐源治ラボの手紙カフェの空間にあった、シンプルでみずみずしい草花の壁飾りを見ていただければと思っています。リースはラボの中の一部、あくまで緑が新鮮な印象と美しさ、そしてその勢いを感じていただけたら幸いだと思っています。

 
 
b0083902_21143777.jpg
  

  写真は山椒の実と栴檀の実です。これもリースの素材として使います。冬のリースとの違いも感じていただけるよう、この季節ならではの素材選びをしています。

 24日から2週にわたって毎週金、土、日曜の3日間、午後12時から18時までですので、都内からぶらっといらしていただき、草花の香りを楽しみながら、誰かに手紙を書いていただいてもよろしいかと,お時間の許す限りゆっくりしていってください。なお、リースは生花を使いますから、週替わりでお作りしたものを飾ります。お近くの方は何度でもいらしていただき、いろいろな素材の面白さもご覧いただけらばと思います。 手紙カフェは朝日新聞でも取材されあるほどの話題のカフェです。AYAちゃんの手作りのランチやスイーツもぜひ堪能してください。会場には私もおりますので、お会いできると思います。どうぞよろしくお願いします。

  
  
b0083902_21161450.jpg


    ≪ 野バラの実のリース。 月桂樹とリキュウソウをあしらって。 壁にリースの影が映っています。 しなやかなフォルムと生き生きとしたニュアンスを楽しむリースです ≫
by miki3998 | 2009-07-22 21:31 | | Trackback | Comments(12)

 皆既日食は見れるの?

 
b0083902_13251122.jpg



世の中にはいろんな研究家がいるようです。
  料理研究家や食文化研究家はきいたことがありますが、今回は「働き方研究家」西山 佳哲氏が書いた本をご紹介します。その名も『自分の仕事を作る』です。

  今度生まれてくるとしたら 私は建築家になりたいとずっと思っているのですが、この本は、職種や仕事についてよりも、魅力的な仕事をしている人を紹介しながら、どう働くかについて追及した本でした。誰にもかわれない、自分だけの仕事をすること、それが人を満足させるいい仕事の原点でであり、ワークスタイルはライフスタイルにつながっている・・・そんなことをさらっと紹介しています。この年の私も思わずあこがれてしまうようなワークスタイルが。もう10年若かったらなあ。
 これから仕事を探す人、目指すものが見つからないと迷っている人、今仕事を持っていても、その仕事について魅力を感じていない人へ、まずはページをめくってみてください。でもけしてバリバリの仕事人間の本ではありませんから、誤解のないように。 

  
  
b0083902_15232463.jpg


  わが長男、ただいま奄美大島滞在中。 電波が届かないのか数日前から音信不通です。
 鹿児島からフェリーに乗るところまでは電話をしてきたのですが、公園で洗濯をしたよ。テントを買ったらお金がなくなった。昨日は200円のカツ丼を食べた(どんなカツ丼?)・・・などという話をしていて切れました。 さて、無事生きているでしょうか? アハ、こんな世の中でも死ぬことはないだろうと楽観的な私。なんとかなるでしょう。(笑)

  皆既日食は7月22日水曜日です。どうやら天気が怪しくなってきました。鹿児島地方は曇り!?
  7月1日にぶらっと出て行った息子は ご覧の通りのいでたち。この写真は九州に到着したというメールと共に添付されてきたもの、まるでフーテンの寅さんです。一体だれが写したのでしょう?(一人旅のはずなのに。)駅員さんにでも頼んだのかしら。だれとでも仲良くなれるのも 彼の数少ない才能の一つです。 そんな彼が以前こんな恰好で昼寝をしていたことがありましたっけ。あれからちょっとはたくましくなっているのでしょうか。(笑)

  旅の始めに名古屋の友人宅に寄り、大阪では甲子園で阪神戦を熱く観戦し、その後どこをどうまわったのか、ある日「九州、最高!」とのメールが。 「今は田原坂にいる、感激!」などと知らせてきました。 無駄に熱い男です。(笑)
 帰ってきたらそれなりに生きてゆくのでしょうね、たぶん。
 「なかなかいい本だよ。私からのプレゼントとして 机の上に置いておくからね。 読むかどうかはお前の自由だから。」


  今日の北鎌倉は 八雲神社のお祭りの真っ最中。 高台の我が家まで 子供神輿の掛け声が聞こえてきたり、山車をひく太鼓や笛の音が青空の下、遠くまで轟き渡っています。どうやら夏祭りは、大人の私たちまでそわそわさせる何かがあるんですね。


******** CD届いてますか? ********

       関東近郊でしたら、すでにとどいているようですが、
       申し込んだのに、まだ届いていないという方はお知らせください。

by miki3998 | 2009-07-19 13:43 | 家族 | Trackback | Comments(46)

北鎌倉 幻薫庵

 
b0083902_1454811.jpg



   ここは自宅から10分ほど歩いたところにある和食のお店「幻薫庵」です。
   
   けして派手なたたずまいではありませんから、見落としそうな店構え。
   入ってすぐの上がり口のディスプレイは、住んでいた人のそのままのセンスを残しているのでしょう。お二階もあります。 その昔、某有名女優の別荘だったとか・・・。

 
b0083902_1416217.jpg


こちらは本来は何のために使われていたのでしょう。
   いまは器のコレクションケース。ちょっとレトロな香りがしてきます。
   そうそう、建物をご紹介しなくては・・・。

 
b0083902_14191296.jpg


   北鎌倉に越してきた当時から、散歩の途中で見つけて気になっていた建物でした。
   いったいどんな人が住んでいるのだろう。
   窓ガラスといい、板張りの外壁。どこか懐かしい造りです。
   いろんな想像をめぐらせるとき、散歩って楽しいと感じる瞬間です。

 
b0083902_14223625.jpg

b0083902_14231153.jpg


トウモロコシの豆腐から始まり、白桃のムースで終わる。久しぶりの抹茶も後味が爽やか。 
   料理は高価な素材を使っているわけではないけれど、素材を吟味し奇をてらわず丁寧に調理されています。目にも舌にも優しい料理の数々が、タイミング良く運ばれてくるのです。

  
b0083902_1437662.jpg


   椀の裏には カワセミの柄が・・・季節を意識した器選びですね。
   他の料理もご紹介したいけれど、言わずもがなです。想像してみてくださいね。
   イカゲソご飯と潮汁がほどよい量でふるまわれます。 ここまでの料理が6品も。お腹一杯です。

  豪華な外食の記事を載せると、まるで毎日そんな食生活を送っているかのような誤解を与えかねないので、今日はこの辺で。 ちなみに本日のコース、おひとり様3625円也。お高いかお安いかは人それぞれの価値観かもしれませんが、たっぷりの時間を手入れされたお宅で、趣味のいい器と美味しい料理が堪能できるのですから・・・ね。
  さあ、明日からまた仕事がんばるぞ! 働かざるもの 食うべからずが我が家の家訓ですから。(笑)
 

  
   
b0083902_154468.jpg

b0083902_1449465.jpg

by miki3998 | 2009-07-18 15:29 | Trackback | Comments(16)

薔薇の実と利休草のリース

  
b0083902_20513165.jpg



  リキュウソウ(利休草)、ご存知ですか? しなやかなラインと、ライム色の葉、写真では分かりにくいのですが、小さい薄緑色の花をつけています。茶花として使われますが、中国から渡ってきた薬草です。

  今日はマンツーマンでJさんと一緒にリースを作りました。ベースはの薔薇の実がついた大ぶりの枝です。他にも時計草の蔓やテイカカズラの枝を絡ませたり、薔薇の実にリキュウソウにひっかけたり。 できるだけふんわりした感じと、それぞれの葉の色のグラデーションを楽しめるように、形にこだわらない夏のリースです。 (写真が小さくてごめんなさい。) ナチュラルなスタイルがお好きなJ子さんらしい夏のリースです。
 「 リキュウソウを家に飾ると、厄除けになる。」ともいわれているのだとか・・・。 


  
b0083902_2057269.jpg


冬のリースと違って、厚くみっちり枝が張っているわけではありません。 それぞれの素材が自由なラインを描くように、丁寧に繊細に絡めてゆきます。ワイヤだけで留めているので、風が吹くと微妙に葉や蔓が揺れて、優雅な動きを見せます。

  生の枝や蔓、そして薄い葉っぱは ドライとは違いますから、日持ちはせいぜい2~3日。 でもベースの薔薇の実とテイカカズラはそのままドライに。 
  もしも素材が色あせてきたら、その部分だけ取り換えてみてください。 庭のアイビーでも 山歩きをした時のガガイモの蔓でも、山葡萄の蔓でも・・・。 
  一瞬を楽しむ。 そしてまた変える。
 
  夏のリースは そんな手間をかけながら、なによりも「今の緑」を集める楽しさを味わってほしいと思います。

  
  明日は月桂樹とナナカマド(ライデン)の実を使って 夏のリースを作ろうと思います。


    
b0083902_2110887.jpg


   お待たせしました。 CD発送の準備が完了しました
   ご希望のコメントをいただいた皆様、本当にありがとうございました。
   壊れないように CD用の封筒が届くのを待っていました。 これも伊藤忠文さんのお兄様が送ってくださったものです。クロネコメール便でお届けしますので、2~3日お待ちくださいね。

   なお、締め切りはありませんので( 今日ご本人伊藤忠文さんが追加を届けてくださったんです!)、まだまだ受け付けます。 『 二人の渚 』という曲、今のシーズンにぴったりなんです。ぜひ聴いてみてください。 また初めてブログに遊びにいらした方でご興味がある方、ご遠慮なくコメント欄からお申込みください。 よろしくお願いします。

  
by miki3998 | 2009-07-15 21:20 | | Trackback | Comments(12)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧