<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

『 December 2009 冬のリース展のお知らせ  』

b0083902_22122048.jpg



      明後日から12月、北風が木々を揺らし落ち葉舞う季節、 いよいよ冬将軍の到来です。
      北鎌倉の山々はまるで秋色のパレットのよう・・・ふんわり色づいた森の木々は 紅色や黄色のボンボンを連想させます。

      12月3日(木曜日)から6日(日曜日)、『 冬のリース展 』を開催します。
      よろしかったら山の上の小さな家まで お散歩がてら遊びにいらしてください。
      時間は 午前10時から 午後6時までです。
       (新聞をご覧になった方とは時間が若干違います。ご了承ください。)



      自宅での開催につき、恐れ入りますが、お電話で御予約をいただきます。
      コメント欄からお名前、電話番号、御希望日をご記入ください。こちらからご連絡させていただきます。よろしくお願いします。
      


   鍵でいらしたみなさま、順番にお知らせいたしますのでしばらくお待ちくださいね。


 
by miki3998 | 2009-11-29 22:29 | | Trackback | Comments(60)

 車椅子のあなたへ

  
b0083902_1251825.jpg


       事後報告になってしまいましたが(告知って苦手・・・^^;)、
     11月25日の読売新聞(神奈川版朝刊)に 私のリース作りの様子が紹介されました。
     以前籐源治ラボで開催された『夏のリース』を取材にいらした記者の方が、冬バージョンを楽しみにしてくださっていたのでした。 記事には私がリビングでリースを作っている様子が写っており、12月3日からのリース展の案内も掲載していただきました。開催中先着10名様まで、拙宅でのリース展を見ていただけるという内容でした。その記事でまさかこれほどの反響があるとは・・・。 早速夕方から電話のベルが鳴りやまず、トイレに行く暇もないほど申し込みが殺到したのです。嬉しいことに この晩だけで、見学希望のの予約でいっぱいに。 


     その電話のお一人目の方は 電話の向こう側のお声から想像するに たぶん私と同じ年代の女性と思われました。 「車椅子で伺ってもいいですか・・・。」という問いにハッとさせられました。

     はたして我が家は車椅子が自由に動き回れる設計になっているだろうか・・・。
     確かに階段やバスルームには取っ手がついていますし、ドアの幅も広めですが、駐車場から玄関までの道幅はギリギリで、部屋に上がるにもスロープは付いておりません。段差もありますし、車椅子がスムースに動けるスペースもない、いらしていただいても家に上がっていただけそうにないのです。せめてお車から手を引いて上がっていただけるよう、息子たちと協力して中に入っていただければとお話しました。

     「いえいえ、それなら諦めます。私は以前花巻で暮らしたことがあり、新聞記事に花巻出身とあったので、つい懐かしくてお電話しました。」と、その方はおっしゃってくださいました。お伺いしましたら、私が知っている町の名前や、病院の名もでてきて、いつしか花巻談議で盛り上がって・・・。
     「ではこんど、車の中でお話すればいいわ・・・。手紙も書きますから・・・。」そんなお言葉をいただきました。御不自由なお体をおしていらしてくださる決意をなさったのに、申し訳ありませんでした。幸いパソコンをなさるそうなので、ブログをご覧いただき、リース展の様子を見ていただけるというお話をして了解していただきました。 お電話ありがとうございました。感謝です!

    開催日まであとわずか・・・。 今夜もひとつ、「枝のリース・ウメモドキ」を作ります。
    疲れていても 今回のような 心の中が温かくなるような出来事があると、ついまたリース作りに力が入り、時間を忘れて根をつめてしまいます。 
    明日は月曜日、 ラジオの準備もしなくてはならないのに・・・ね。 
   

   
b0083902_2165435.jpg
 
by miki3998 | 2009-11-26 01:43 |

 『 茶色いリース 』

b0083902_06372.jpg


  今日11月22日は小雪(しょうせつ)。 そう、まるで今にも雪が降ってきそうな 底冷えのする一日でした。
  ここ数日リースの一日教室が続いています。もちろん普段通りのレッスンも・・・。
  素材集めと、レッスンの準備で毎日があっという間にすぎてゆき、ゆっくり丹沢を眺める余裕がない時、私の気持ちは少しだけ不安がよぎります。何に対してなのかわかりませんが、このままだといけないなあ・・・もっとゆったりしなければ。 そんな言葉をつぶやきながら 明日のラジオの原稿を考えています。

b0083902_071646.jpg



  今年はいつもよりも少し早目に クリスマスツリーを飾りました。 高さは2メートル以上にもなるので、ツリートップまでは手が届かなくて、息子にSOSです。 「もう飾るの?」と笑われましたが、心の落ち着きを取り戻すためにも 夜遅くひっそりしたリビングで オーナメントをひとつひとつ確かめながら飾ってゆきました。

  
b0083902_0141470.jpg


  この秋 初めて作った『 茶色いリース 』です。数日前から壁に飾って眺めていましたが、ある人の元にお嫁入りが決まりました。届けるまでにはまだ日があります。手元から離れるまでのわずかの時間、我が家のリビングで一緒に過ごします。


 ヘクソカズラは時間がたつと 茶色からあめ色へと変化し、やがて黄金色に透き通るのです。
それは頑なだった表情が 時間という魔法で しなやかで穏やかな印象へと変わりってゆきます。そして加えたムラサキシキブが 冬枯れの森を照らす日差しのように 温かさを感じさせる役目をしてくれます。

  

        ********     お知らせ    ********

一日教室へ御参加してくださったみなさま、お忙しい中ありがとうございました。
  そして これから拙宅へといらっしゃる皆様は、お目にかかる日を楽しみにいたしております。

   11月28日(土曜日)の銀座Le Sept(ルセット)での一日教室ですが、体調不良によるキャンセルがでました。 そこで若干名の募集を再度ここでお知らせいたします。
   夕方6時からのレッスンですが、並木通りのクリスマスイルミネーションを楽しみながら、一年中飾っていただける『森のリース』を 御一緒に作りませんか。
   終了予定時間は9時です。 ルセットの御厚意で お飲み物と軽いお食事をご用意して、皆様のご参加をお待ちしております。 
    お問い合わせは 鍵をかけたコメントでお名前、お電話番号をご記入ください。 こちらからご連絡させていただきます。(締め切りは11月25日です) よろしくお願いします。
   
by miki3998 | 2009-11-22 23:34 | 今日のつぶやき | Comments(18)

サイドウェイズ

  
b0083902_2117821.jpg

 
 ピンボケですが、一応映画鑑賞記念『サイドウェイズ』ワイン(勝手にそう呼んでるだけ)です!
ほぼ一年ぶりに、有楽町スカラ座にて、お一人様映画鑑賞です。平日はお客もまばら、ゆったりベストポジションで楽しみました。
内容はハリウッド映画『サイドウェイ』のリメイク版です。やっぱりあっちのほうが私は好きです。小日向文世、生瀬勝久どちらも味のあるバイプレーヤーで大がつくほどのファンですが、「そもそもさあ、ワインてございますって顔(つら)か?俺達。」というセリフが出てきたように、やはりこの二人にワインはピンときませんでした。おいしそうに見えないのです。ワイナリー巡りもぼやけていて、ここにいる意味があるの?って感じでした。
  おりしも今日はボジョレーヌーボーの解禁日。ピークだった平成16年に比べて 売り上げは6割にも落ち込んでいるのだとか・・・。 (成田空港に着いたばかりのボジョレーを、その場で開けて飲んでいる有名人が話題になったりもしましたよね。) ガラス瓶からペットボトルに変えて、輸入コストをおさえる工夫をしたり、1本のサイズを飲みきりサイズにしたり・・・業界もあれこれ工夫しているようです。 
 ところでその出来栄えは?  ここ50年のなかで最もいいそうですよ。 さあ、買いに行きますか?

 映画の中でこんな台詞がありました。
  「 ワインは 何を飲むかなんて重要じゃない。誰と飲むかが大切なんだ・・・。」 って。
 その通り、私も そう思います!(笑)
 
 
 ( それにしても カクカクシカジカのCMの生瀬さんの声、いいですよね あのカモシカ、好きだなあ。映画と関係なくてすみません)
  
by miki3998 | 2009-11-19 21:17 | 今日のつぶやき | Comments(12)

来た来た!

 
b0083902_18353414.jpg


   いつもの定期便に加えて、今日の宅急便は5個口でした。クロネコ兄さん、ありがとうね。いつもお世話になってます。よかったらこれ・・・と渡すリポビタン、お疲れ様,ありがとうのご挨拶です。

   
b0083902_19391533.jpg


   
b0083902_18375065.jpg


   
b0083902_18535226.jpg


  野菜や卵、肉、魚、こんにゃくや漬物までも・・・最近は忙しい私を気遣って、母は今すぐ食べられるものを送ってくれます。この日は届いた天然のなめこを使って 早速佃煮を作りました。 美味しくできたんですよ、これ。ご飯やお蕎麦に合うんです。

   待っていたのはこれだけではなく、鎌倉から戻ってすぐに準備してくれたこちら・・・。

   
b0083902_18552518.jpg

b0083902_18554589.jpg


庭の南天の実、白南天の実も入っていました。ヒオウギの黒い実や紅葉したニシキギも。
  米袋にはムラサキシキブやツルウメモドキがたくさん・・・。きっと指先や手の甲に擦り傷を作りながら 山を分け入っては集めてくれたのでしょう。 もし私に娘がいて、同じことを求められた時、はたして母のようにできるのだろうか・・・。

    
b0083902_1945236.jpg


長芋が入っていた段ボール箱の隅っこに、窮屈そうに入っていたカイガラソウ。そのままドライフラワーになる花です。リースに使えるかと思って入れてくれたのでしょう。素朴な色のこの花は、田舎の家ならたいていは庭先に咲いている花です。葉を少し整理してから飾ればよかったな。 
   「 いいんだがら まんつ かれねうぢに かざってけで。 」  なんていう母の声が聞こえてきそうです。

   
b0083902_19102799.jpg


   そして、そして・・・。
   さっき届いたラフランス。 これは父が手配してくれたのでしょう。 いつも贔屓にしている農園から定期的に送られてくる果物です。 そろそろリンゴの季節ですが、その農園ではプルーン、ラフランス、そしてリンゴの順に出荷してくれるよう父が契約しているのです。 食べるには少し早いけど、ご近所にお配りして その残りをいただきます。そうそう コンポート用にも何個か・・・ね。 

   「 とどいだがぁ。  いがった いがった。 うめものいっぺたべで びょういんさ かがらねようになぁ。医者さかがったどおもえば やすもんだぁ。 ハハハ~。」 と父。 電話の声はいつも元気ですが、足腰はすっかり年相応です。 83歳、 まだまだ元気で お願いします!


   

      
by miki3998 | 2009-11-17 19:20 | 家族 | Trackback | Comments(19)

燃える秋

b0083902_1501867.jpg


 土曜日の午後。送られてきたカリフラワーでポタージュを作っている。
 足元がすやすやと寒い。
 冬が来るんだとつぶやきながら キッチンでコーヒーをすすっている。
 気がつけば ドアの外がやけに明るい。


b0083902_18392219.jpg


 まるで何かが生まれてくるように 
 遠くの山の向こうが黄金色に輝いて見える。
 秋は色も形も 他の季節にはない深い表情を見せる。


b0083902_14214494.jpg


オレンジ色のグラデーションは 空一面を覆う厚い綿雲。
 これは雲ではなくて 空でもない・・・そんな錯覚を抱いてしまった。

燃える秋は、凍りつく冬までの ほんの一瞬の情熱かもしれない。


 
b0083902_1427929.jpg


 この湧き上がる思いが冷めないように・・・
 この漂いつづける思いが切れないように・・・

 くもりがちなレンズを磨いて 心のシャッターを押し続けよう。
by miki3998 | 2009-11-15 18:39 | 今日のつぶやき | Comments(4)

  女 「ねえ、今何してるの?」

  男 「 え? 仕事、のらないんだよ、これが。 うだうだしてるよ。 そっちは? 」

 なんてね・・・妄想です!(映画の見過ぎ) ちなみに男役は私。(笑) 頭の隅にあるネジがゆるみっぱなしって感じです。 実は荷物を待っているのですが、未だ届かず。もう届いてもいい時間なのですが・・・リースの素材が岩手から。 宅配便のおにいさん、どうしたのかな?
 こうなったら開きなおって、ムービーチャンネルの「キルトに綴る愛」なんか見ながら、またまた料理に没頭するのみ。 素材が新鮮なうちにさばいちゃいましょ。 すべて田舎から送られた野菜ですが、きっと昔の人って、いただいた先から調理して、たくさんの材料を無駄にしないよう、常備菜にしたり差し上げたり。手を替え品を変えて 食卓の上に上手に並べたのだと思うのです。だから私もやっつけちゃいます、今のうちに。
 そうそう、この映画、なかなかいいんですよね。 ウィノナ・ライダー主演のアメリカ映画。でも実は脇役のおばさんたち6人がいいんです。主役はこっち、ベテラン女優(卒業のアン・バンクロフトも出てます)がいい味だしてます。まだご覧になっていない方、 ぜひ! 

 
b0083902_11162451.jpg


  サツマイモじゃありません。 ごしごし洗っていたら、なんだか違った手ごたえが・・・。
 「 かあさん、あのイモ、さづまいもだっか? なんだがちがうみでだよぉ?」
 「 あいやぁ いわねがったっか? あれはなはん ヤーコンだっけ。 つねおおんつぁんがら もらったのっす。 そのままうすぐきって サラダにしてもいいし、 にでたべでもいいっけよ。 糖尿の人さもいいんだど。 すぎなようにしてたべでみで。」

  なるほど、ヤーコンね。どうりで皮も薄くスライスすると中が透き通っていて、サツマイモとは明らかに違います。どれどれ、サラダね。 う~ん、寒い日にはサラダより温野菜だよね。 よっしゃ、常備菜に何か作るか。

 
b0083902_1122536.jpg


ということで サイコロ状に切って、コンソメと塩コショウで軽く炒め、ねぎの青いところを味のアクセントにちょこっと。 付け合わせにいいかも。 感想は? う~ん、冬瓜のような大根のような・・・。ちなみに息子たちはあまり箸が進まずでした。味付けよりもこの微妙な食感が問題かな。次回はサラダにしてみます。生でもいただけるそうなので、しゃきしゃき感を活かしてヤーコンの千切りサラダかなあ。

 
b0083902_11244358.jpg


  キッチンに立ったついでに、一緒に送られてきたカブで千枚漬けを作っています。まずは薄切りにしてと・・・。
 
b0083902_1125531.jpg


こんな感じに透けてます。 それにしても指、短いっす!
 お酢と砂糖、塩とお酒少々。昆布を入れようかどうか・・・ちょっと迷って今回はなし。 どろっとした感じ、これまた息子たちには不評なので、あっさり甘酢に漬けた感じに。レモンの輪切りも一緒にいれて サラダ感覚かな。
  それにしても リースはどこへ・・・。 この雨だと山にも行けない。晴れたらあの秘密の場所に行ってみよう。この風でやしゃぶしが枝から振り落とされているんだろうなあ。明日は晴れるかな?

  
b0083902_11304886.jpg


  たっぷりのカプチーノ。 こんな感じで入れてます。もちろんネスプレッソはダブルで入れます。
  
b0083902_11315933.jpg

キャラメルシロップをお砂糖代わりに入れて、香りもグゥ!
  
b0083902_11331478.jpg


  一人だけパン食べてます。 となりで息子はご飯に味噌汁、きんぴらごぼうにスクランブルエッグにソーセージ。ワッシワッシとがっつく息子。 ハードなバイトが待っていますから。
  私はパンがどうしても食べたくなって、冷凍庫にあった忘れられたフランスパンのはじっこをガーリックトーストにして。 いただきま~す、硬っ!
  お皿にのっているのは あのヤーコンのソテーと刻んだだけのコールスロー、そしてセミドライトマトでっす! 朝からカロリー摂り過ぎというご意見もございましょうが、まあ、この後ガッツリ仕事しますから。(座ったままですが・・・。^^;)

 さあ、やるぞ! 気分転換終わり。(笑)
 
 「キルトに綴る愛」ではないけれど、集めた木の実や庭の枝を並べながら、去年のクリスマスのこと、夏の日の海辺のこと、歩き疲れてしばらく座りこんだ森の奥の池のほとりの景色・・・いろんな思い出が浮かんでくるのです。 それを形に表すことができれば・・・。
 ゆったりぼんやりしながら 明るくなってきた空を眺めています。群青色の丹沢には グレイッシュな雲がゆったり寄り添うように浮かんでいて、なんだか温かそうに見えるから不思議。 あんなに風が強いのに 雲は丹沢から離れない。
 
 
 森のリース、冬のリース、 そして思い出のリース・・・。
 
by miki3998 | 2009-11-14 12:26 | お気に入り | Trackback | Comments(10)

 気分転換 

 
b0083902_21402592.jpg


   仕事がたまっています。 ひたすら机に向かったり、途中で山に入って木の実を探したり、はたまた銀行に行ったり郵便局で書類を発送したり・・・え~と、まだほかにもやることがいっぱい。頭の中を整理しながら 今日なすべきことを プライオリティの高い順から片付けていきます。 一日が48時間あったらなあ・・・なんてね。 いえ、それは無理でも 主婦がもう2~3人ほしい!


  
b0083902_21405169.jpg



  そうなると私の場合、仕事の合間に気分転換に家事をこなす感じになっています。
  なかでも料理は絶好のストレス解消であり、欠食児童を抱えた親鳥としては、ヒナ鳥(もうヒナではないな)のためにガッツリ系の食事を用意していないと 「オフクロ、メシ~は?」ときてしまう。 はいはい、わかってますよ!

 一枚目は シシャモを揚げて まずはそのまま食べて、その後南蛮漬けに。 緑色の瓶は即席ドレッシング製造器。 ゴマ油とお酢、お砂糖少々を入れてシャカシャカ振るだけ。 大雑把な料理です。
   ここで 机に戻って一仕事。 3~4時間たつと、またキッチンに戻ります。

  二枚目は大学芋を揚げてるところ。 スティック状にして ちょっとオサレ~に。 おやつにもなるし、ご飯のおかずにも。 さっきまでお客様がいて(といっても御近所さんですが)、お茶うけにこの大学芋をお出ししました。 番茶にも合いまっす、ハイ。 やはり この形が好評。

  この日は二男の友人トクちゃんが泊まりに来る予定になり、もう一品。 カレイの煮つけを別の鍋で。
  大根サラダと白菜のキムチもささっと作って、それなりにかっこがついてました。(笑) 
  
  
  
b0083902_2144307.jpg


  料理に飽きると また机に向かって仕事します。 それなりに仕事が気分転換になり、家事がそれに変わったり・・・。 それも飽きたら お散歩お散歩。 木の実拾いや山の様子を観察に。
  こんな毎日が年の暮れまで続きます。 どれも私の大切な仕事。 好きだから続いてます。
  

  
b0083902_21491255.jpg


御馳走さまの後は? もちろん息子たちに片付けてもらってますよ。 ついでにお風呂も洗っておいてね。一宿一飯の恩義、しっかり言い聞かせていますから、息子にも友達にもね。  ホント、人遣い荒いオフクロです! (笑)

  
by miki3998 | 2009-11-13 22:01 | 家族 | Trackback | Comments(14)

リースの準備

 
b0083902_15591145.jpg



バルの御主人から譲ってもらった箱です。散歩のたびに集めておいた木の実や 庭のムラサキシキブの実、椿やバラの実、マユミやヘクソカズラの茶色い実も入っています。でもまだまだ足りない・・・。
   今年は先日まで母が鎌倉におりましたから、実家に戻り次第、庭のシロヤマブキやツルウメモドキ、マツムシソウの種など準備して送ってくるでしょう。紫陽花のドライは今年、花が少なく 早めに枯れてしまって期待できないようですが、問題ありません。その年その年、無理なく一年かけて集めた草花や枝、蔓などを自然に任せて乾かすだけですから、目の前にあるものを活かせばいいのです。


  
b0083902_1644027.jpg



   クチナシやザクロ、モチの木の実、大きなオレンジ色の実は黒真珠という薔薇の実です。たくさんはないけれど、それだけに大切に使いたいものです。今年のリースは、山の空気感と12月森の香りが漂うような そんなリースにしたい。 素材がたくさんなくても、種類がいっぱいでなくても、四季を通じて目にしてきた自然の緑が冬枯れと共に変化した様子が伝わってくればいい、そう思います。

   夏のリースは緑を集めて作りましたが、どこか躍動感のあるラインだったり、瑞々しい葉や若々しい蔓の表情が見えたりしましたが、冬のリースは奥深くて温かい、成熟した雰囲気になると思います。寒い季節だからこそ そんなリースが求められるのかもしれません。

   今日の北鎌倉はミルク色です。白く煙る山々や 枝から枝を飛び交う小鳥の声だけが 静まり返った空にこだまします。木蓮の葉は黄金色に染まり、その枝はまさに冬枯れの様相。近づく晩秋の気配と匂い。ぼんやり窓の外を眺めて暮らす一日。さあ、そろそろ腰をあげましょうか。
  b0083902_16124999.jpg





   一日教室へのお申し込み、ありがとうございます。
  拙宅、および銀座教室にはまだ若干余裕があります。
  ご興味がある方は コメント欄からお問い合わせください。
  なお、ご住所をいただきました方には 郵送にてご案内を
  お送りしました。
    なお、12月3日から6日までの『森のリース2009』開催については
  近日中にブログでご案内いたします。どうぞよろしくお願いします。
by miki3998 | 2009-11-10 16:23 | | Trackback | Comments(15)

母の背中

b0083902_831105.jpg


   今年も次男の学園祭に行ってきました。
   『ピアノカフェ』、 ピアノ愛好会の仲間と一緒に お客様のリクエストにピアノで応えるカフェです。





 
b0083902_8383254.jpg

 
連弾で 『 パイレーツオブカリビアン 』を・・・
 
b0083902_839620.jpg

 
        みんなで歌ったり・・・  

 
b0083902_8422890.jpg


        Мちゃんは YUKIちゃんの曲が得意、 


   来年はもう4年生になる息子。学園祭は今年が最後になるでしょう。 無二の親友であるトクちゃんがこの会の部長です。彼とは高校時代からずっと一緒。楽しい時も苦しい時も 何でも話し合い、分かち合い、支えあった仲・・・ まるで恋人みたい?  ごめんごめん、恋人はМちゃんよね!(笑)

   
b0083902_8525248.jpg


  そしてそして・・・今日の最大のゲスト、 花巻のおばあちゃんです! 

    「 ケイちゃん、おばあちゃんす こんたにうれしごどねぇよぉ。 いがったなあ、かまくらさきて。 がぐえんさいさもこれだし、Мちゃんどもあえだし。 うだっこも じょうずだった~。 かえったら おじいちゃんさ きがせるがらっす。 いいむすめさんだっけよぉってなはん。」

    
   
   母も今年76歳、さすがに年をとりました。なんだか身長がちぢんだようで、こんなに小さい人だったかしら、とちょっと寂しい気持ちにもなりました。 でも相変わらず気力・体力は私以上です。 今回は一週間の滞在でしたが、家事を手伝うために来ているようなもの。 いつもそうなっちゃうのです。ごめんね、かあさん。
  私の庭は 母のおかげでもっているようなもの。 いる間にオリーブの木の剪定も、球根類の手入れも、玄関周りや床磨きだって母が率先して仕事しました。 花巻でも毎日休むことなく体を動かし家事を切り盛りしていますから、少しばかり背中が丸くなっても気にしない。 素顔のままで暮らす母には 顔のしわさへ勲章のようなもの、気になりません。 
   


  
b0083902_934491.jpg



   母が帰りました。 いつもの我が家にもどり、私は今 もやしの根をとっています。
   母がそうするように 私も同じことをしています。 そのほうが食べやすく美味しいから・・・。
   食べる人の身になって 少しでも美味しくなる工夫をする、たとえ時間がかかっても。
   だから一日中何かしら仕事をしている母。 背中も丸くなるわけです。 母から見たら 私がいかに怠け者か。 「なんたら おめはん こったに怠け者だったってか?」と叱られました。

   学園祭は予定外でしたが、せっかくだからもう一泊と息子たちにせがまれて延泊した母。
   北鎌倉までは長男に車で送られ、そこから横須賀線で東京駅までは私が送ってゆくのです。父の時もそうですが、電車の中では何も話すことがありません。母はずっと窓の外を眺め、私は本を読んでいるつもりでしたが、文字が頭に入ってきません。 長いような短いような50分です。 


  東京駅、新幹線の改札口で荷物を渡します。 母は娘の私に深くおじぎをして、お礼の言葉をいいます。

 「 ながながど もさげねがったなはん。 おせわになりあんした。 ありがどございましたぁ。 まんつっす、 おめさんも しっかりがんばるんだよぉ。 からだばりも きいつけで。 なにがあったらいっつでも しらせでやぁ。 うじゃ  まだねぇ。」 

  改札の向こう側とこちら側、なんだかいつもよりも遠く感じました。 そして 母の丸くなった背中が小さく見えて・・・。 

   すみません、 今日は これでおしまいです。 
  
by miki3998 | 2009-11-07 10:44 | 家族 | Trackback | Comments(34)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧