<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ジャズとワインと江ノ島の花火

b0083902_1450280.jpg


  土曜の午後、沈む太陽が山の尾根にかかった瞬間、「わあっー。」車に乗っていたゲストたちから歓声があがった。久しぶりに見るオレンジ色の夕日に ため息さへも朱赤に染まった。この時間、この場所で、お客様を迎える意味があったと思える瞬間だった。

  T邸のエントランスは ハナミズキの古木がライトアップされ、株だちのケヤキには効果的な角度で照明があてられている。さっきまで太陽が地上を明るく照らしていたのに、いまは漆黒の空を明かりが映し出しているようにも見える。


 
b0083902_1459161.jpg


  演奏はピアノ角脇真、サックス西口明宏、二人ともバークリー音楽院出身の若手(まだ30歳)ジャズプレーヤー。フライミートゥーザムーン、テイクファイブ、イパネマの女などスタンダードナンバーに加え、最新アルバムから数曲、そしてクリスマスソングも。気取らないスタイルで楽しめる内容と、人懐っこい人柄からくる楽しいおしゃべり。ワインも進んでおいしい料理もすぐに空っぽになった。
  
  この日は江ノ島で花火大会があり、晩秋の夜空を大輪の打ち上げ花火が音を立てて舞い散った。これにはミュージシャンのふたりもお客様もみんなテラスに出てしばしうっとり。夕日に続いて2度目の歓声も聞こえた。よかった、喜んでもらえて。。。

  舞台裏では渋滞に巻き込まれ送迎に時間がかかってしまい、スタートが遅れるなどのトラブルもあったけれど、なんとか無事に終わることができた。楽しかった、おいしかった、またやってください。。。そんなゲストの言葉に救われた気がする。息子まで手伝わせることになったこの企画。次回への反省とともに、手応えのあるイベントに終わり、心身ともにほっとしている。

  いらして下さった(遠く栃木からいらしたOさん、稲毛から久しぶりにお顔を見せてくれたNさんら)たくさんの皆様、本当にありがとうございました。ぜひまたお会いできますように。この夜の出会いに心からの感謝を。

  
b0083902_9153868.jpg



  ★★★ 2010年12月 冬のリース展 ★★★
    
  12月3日(金曜日)から5日(日曜日)のリース展は 北鎌倉の拙宅で開催します。
  ささやかですが、温かいお茶とお菓子でゆったりご覧いただけるよう準備中です。お気軽に遊びにいらして下さい。お待ちしています。
   
   コメント欄からお名前、連絡先、ご予定日をご記入ください。お電話番号もお願いします。こちらからご連絡を差し上げます。
   時間は午前11時から午後5時まで。よろしくお願いします。
   

 
  ※ 諸事情により、一般の方へのリース展のご案内は3日からと変更させていただきます。
    ご都合上どうしてもというかたはコメント欄からその旨おしらせください。



   
b0083902_926524.jpg

    
by miki3998 | 2010-11-28 16:48 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback | Comments(20)

明日のために

b0083902_1191280.jpg


 クリスマスまであとひと月。
 買い物先のスーパーの屋上
 車のエンジンをかけながら  久しぶりの夕映えに元気をもらった。

 よっし… 握ったハンドルに力が入る。
 

b0083902_140553.jpg
 

 限られた時間をどう使うか、
 ピンチはチャンスだとつぶやく。 
 明日のために 今日はもうひとがんばり。

 
b0083902_9485434.jpg

 
by miki3998 | 2010-11-26 02:21 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(10)

暖炉のあるリビングで。。。


b0083902_20424929.jpg


       ====== Standard Jazz ~~~Late in the fall~~~

    11/27(sat) 16:30 open
             17:00 start
             20:00 close

             place Office Toyoda
             player Makoto Kadowaki
            Akihiro Nishiguchi

             food & drink (Itarian wine , Antipasto)

    早めにいらしてテラスからの鎌倉の夕景をお楽しみください。
      晩秋の森を茜色に染める夕日。ウェルカムドリンクで初めまして。
      暖炉のあるリビングで、くつろぎながらのピアノとサックス。
      たまにはこんな週末も悪くないなあ。

     ※ お席に若干の余裕がございます。お気軽にお問い合わせください。
       北鎌倉までいらしていただければ お迎えに参ります。



b0083902_2154410.jpg


景観デザイナーのMさんのお宅。 真っ白いドアに似合うリースのご注文
    ジャズライブに間に合うように ただいま製作中。
       
  
       
       
     
by miki3998 | 2010-11-24 21:09 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback | Comments(6)

干し柿とニシキギ

b0083902_147177.jpg


  きたきた、実家からの宅急便。大きな段ボール4個。いつものお兄さんじゃなかったなあ。もう荷物が多くなって宅配便屋さんも大忙し。毎日のようにいろいろ届くので、何屋さんですか?と逆にこちらが問われるくらいに 新入りのお兄さんと仲良くなった。たぶん明日も荷物が届くからよろしくね、そんな会話も楽しむ時期なんだね。

  開いた箱にはそうっと新聞紙に包まれた箱があって、他に袋入りの柿と一緒に つぶれないような仕掛けがしてあった。袋の柿は焼酎で渋柿をさわしたもの。そしてこの箱は同じ渋柿を軒先に吊るして作った干し柿。ぷっくりとしていてふわっと柔らかい。干しては乾かし 固くならないように手でもむ。それを何度も繰り返す。しわの寄った手と節高な指の母が くるくると柿をもみながら甘くなれと思いを込める母。その干し柿をつぶれないように箱に並べる母。ひとつ口に入れながらそんな母を想像する。柔らかい舌触りは母のおかげ、こっくりとした甘さはお日様のおかげだ。

 
b0083902_1423165.jpg


 小さな庭で育てた南天の実。紅白で毎年たくさんの実をつけてくれる。
 私のリースには欠かせない素材。大きさもマットな感じのその色も 他の緑としっくりくるのが南天の実。白い南天の実は なかなか手に入らない。

b0083902_14253130.jpg


  そしてニシキギの枝。葉も見事に紅葉し、小さめのリースに使えるちょうどいい大きさだ。いつ見てもこの枝の不思議な形に感心する。そうだね、カミソリの刃のようだと言えばわかるだろうか。小枝のはじまで互い違いに形を変える。

  ニシキギの実も可愛いものだ。いつもなら早めに剪定して ところどころに小さくて可愛い鈴のような実(マユミの実に似てるかなあ)もついてくるのだけれど、体調が完璧でない母に あれこれ頼むことはできなかった。いいのだ、いまあるものでつくればいいのだから。これで十分。ありがとね、母さん。 
 そろそろ3時だ。暑い番茶を入れて 干し柿をもうひとついただくよ。


b0083902_1534851.jpg

( お昼は湯葉のまぜご飯。 こちらは焼酎でさわした柿。ジューシーだ)



 
by miki3998 | 2010-11-23 14:33 | 家族 | Trackback(1)

読むラジオ11月22日『冬のファンタジー by カズン』

b0083902_19171368.jpg


  今夜は満月。。。のはずだった。残念ながら雨で月は見えない
  今朝運転中の車の正面にはまだ真ん丸お月様がこっちを見ていて、誘われるようにしてスタジオに向かった。時刻は午前5時を過ぎていたが、確かに満月だった。

  私に取って月は特別な存在。きらめく星よりも、燦々と照りつける太陽よりも 月の方が数倍も好き。なぜかはわからない。

b0083902_22355832.jpg


  今朝のオハトークのお題は「最近ショックだったこと」。残念ながら思い当たらない。相棒の城後さんにふると、「今朝体重を量ったら7キロも太っていてびっくり、結構ショックでした。」との答え。いわゆるしあわせ太りだと思う。今年結婚した彼は奥さんの分まで食べるのだとか。。。お料理上手の奥さん、すっかりオノロケを聞かされた。いいなあ、新婚て。

  通勤途中の道沿いのイチョウの木、一本はほぼ黄色、もう一本はまだ黄緑色、どうしたんだろう。そういえばこのあたりであのピアスを落としたんだった。いろんな思い出が詰まった道。大きな広い道と違って、路地裏や学校に続く坂道はぼんやり考え事をしながら歩くのがいい。足早に何も見ないで通り過ぎるなんてもったいないな。


b0083902_001920.jpg
b0083902_011044.jpg



   







     
   














   



  

   

 ラジオでもリースの素材の話を。毎日届けられる貴重な木の実や山の蔓。リビングは森の香りで一杯。ありがたい。
 そして昨日はこんなものが。。。まさにサプライズ! 私の名刺とプライスタグ。リース展が迫っていることを知って、仕事の役に立てればと。忙しいのは私以上なのに。。。オリジナルの名刺には裏に教室への問い合わせ先がしるしてあり、タグは出来上がったリースに価格を記入してぶら下げられるように 毛糸のひもがしっかりつけてある。時間がかかったろうなあ。想像するだけで涙が出てきた。感謝の気持ちをどんな言葉で伝えようか。

  今朝の音源
   1、夢に消えたジュリア           サザンオールスターズ
   2、冬のファンタジー            カズン
   3、ラブ  (ウインター ラバーズ)    福原 美穂
   4、ハーベスト ムーン           ジェーン バーキン
   5、母親                  ジェーン バーキン

  カズンの冬のファンタジー、懐かしいなあ。冬になると聴きたくなるんだ。映画『宮沢賢治』のテーマも彼らが歌っていたっけなあ。
  バーキンはいただいたCD、あの豆柿の送り主から届いたもの。さりげなく「応援してますよ」のコメントにまた涙。


 





  
by miki3998 | 2010-11-22 19:52 | 鎌倉FM  『 おはよう鎌倉 』 | Trackback

香りが魅力

b0083902_116488.jpg


 鎌倉の某スーパーの店先に出ていた花屋は 若いお嬢さんが3人できりもりしていて、ちょっとしたお願いも快く引き受けてくれた。たとえば苗のオーダーもラッピングの注文も、客の話をよく聞いてくれて、どこかゆったりと買い物ができた。みんな花の仕事が好きで、楽しそうに働く姿は清々しくもあった。残念ながらその店は店ごとオーナーが代わり、スーパーから独立した形で存続はしているが、メンバーは一新。3人はお辞めになった。

 これはその3人の中のお一人が送ってくれたリースの素材。みんな自分で育てたものや散歩で見つけたものだという。毎年この時期になると送ってきてくれる。ありがたい。もちろんリース展にも遊びにきてくれる。わざわざ遠くから電車に乗りこの坂をのぼり、この素材たちを使って作るリースを見に来てくれるのだ。
 モミジカラスウリ(これは私が差し上げた種で育ててくれたもの)やカラスサンショウ、ノブドウにトウガラシ、バラの実もある。箱を開ける前からいい香りがして、あ、あれだな。。。と予想がつくくらいにフルーティな匂いがする。やはりカラスサンショウの実だった。

b0083902_11144969.jpg
   

  カラスサンショウは大木でとげがあるらしい。らしいというのは、私もまだその大木をみたことがないのだ。風が強かった日の翌日、地面に落ちた小枝にふんわり実がついているのを見つけるだけ。庭師のINOGUTI君から聞いた話では、相当に大きな木らしい。その木の近くを通っただけで存在がわかるほど、柑橘系の香りは甘くさわやかで、この固まりから発せられているとは想像もつかないだろう。 


  楽しんで作る私のリース、楽しみにしている遠くの友。支えられて生かされて私のリースが完成する。あともう10日で12月。冬将軍はもうすぐそこまで来ている。

  
b0083902_11225234.jpg

by miki3998 | 2010-11-21 11:33 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(14)

イチジクとシャリンバイ

b0083902_1244257.jpg


 寒い朝ほど お昼間はぽかぽかと暖かい。厳しい寒さはこれからだろう。北国の寒さはこんなもんじゃない。ふと早朝の丹沢のくっきりとした山肌を眺めながら里のことを思い出していた。
 気持ちが伝わったのか、昼前に父から電話がはいる。
 「げんきだが? かあさんはもりおがさいったじゃ。あいかわらず じっとしてねなあ。ははは。」
 よろこばしいのだ。声が弾んでいた。父も愚痴っぽく言うけれど、内心は元気で出歩く母を悪くは思っていない。今年の春の入院時には 母が救急車で運ばれるのを見て涙した男だ。80過ぎの父が おろおろし、そしてなす術無く号泣する。そんな光景を想像するだけでいたたまれなかった。
 母はきっとデパートに歳暮の準備で出かけたのだろう。送り先には鎌倉もはいっているにちがいないのだ。たまにはおいしいものでも食べなさいと とびきりのハムやジュース、チョコレートを贈ってくる。箱に入って熨斗がついているのだ。母のけじめなのかもしれない。いまだに宛名は元夫。

 
b0083902_12531849.jpg


 「こどしはっす、あじさいがあんまりきれいでねのっす。うらのホップもいづのまにがきられでしまってだっけし、ウメモドキどナンテンぐれだなはん まんつ適当にあづめでおぐるがらっす。まってでけでや。」

  いつも野菜や果物、冷凍食品から肉魚まで、4個口にして送る母は ドライにしたリースの素材も一緒に送ってくれる。猛暑の夏は寝ている日も続き、山を歩いて見て回れなかったと私に詫びる母。無理はしないでと言っても母の耳には入っていかないようだ。丹念に梱包し、実がこぼれないようにして送ってくる。

 
b0083902_13304729.jpg


  私が作ったイチジクのコンポートは赤ワインとグラニュー糖で、写真上のぷっくりしたほう。母は皮を剥き ザラメだけでこっくり煮たらしい。ワインもブランデーももちろん水も加えていない。まるで栗の甘露煮のようだ。さらっとしていてワインの香りがする私のイチジクと年季が入っていて丁寧な仕上がりの母のイチジク。どっちもおいしいけど。。。。いわずもがな、だね。

  大きな黒い実が欲しくていろいろ探して歩く。まるでワインになる日を待つ熟したブドウのようなシャリンバイ。紫から深いえんじ色のグラデーション。バラの実やコケモモが若い女性なら、年を重ねて円熟みを増したミドルな女性のようにも見えるシャリンバイ。さあ、どんなリースを作ろうか。

 
b0083902_13385698.jpg


  
by miki3998 | 2010-11-20 13:20 | お気に入り | Trackback | Comments(10)

はるばると。。。

b0083902_19483556.jpg


 ブログのおかげで、遠路はるばる北鎌倉にお嫁にきたあなた。
 香りとフォルムの素朴さ、シナモンスティックはまるで暖炉にくべるあの薪のようだ。
 これはスワッグにしてドアに飾ろうか、それともガーランドにしてリビングのアールの部分に飾ろうか。。。いただいた素材をどう活かすか考える。じっくり考える。その時間も楽しい。

 
b0083902_2038391.jpg


 届いた箱を開けたら 弾けるようにたくさんの木の実が目に飛び込んできた。
 野バラの実、ヒオウギ、ピラカンサ、ヤブランの実だろうか、他にも名前のわからないものが。
 あれもこれもまるで宝箱を開ける時のように、ワクワクしながら図鑑を開く。

 
b0083902_204213.jpg


 あ、ガガイモ。そして豆柿。ちいさいけれど存在感たっぷり。微妙な色がいい。素敵だ。
 リースだけどクリスマスカラーにこだわらず、もっと暮らしに寄り添えるものにしたい。
 ガガイモの黄緑、うぐいす色と言った方が近いかもしれない。今一番好きな色。ブローチにしたいな。
 白いふわふわの羽みたいな種は、風にのって飛んでいってしまいそう。そんなはかなげなところもいい。

 
b0083902_2050764.jpg


 キラキラしたものより、鈍い色、重たい感じが好き。
 はっきりしたものより、曖昧な存在に魅力を感じる。
 リースも、飾ったときに壁にとけ込むような そんなものを作りたい。

 
b0083902_20555299.jpg


 送ってくれたお二人に心からの感謝とお礼の気持ち伝えたい。
 そのためにも できるだけ丁寧に 私だけのリースを作ろう。
 ありがとうを形にして、楽しみながらリースを作ろう。
 急がなきゃ、まだ11月?いえ、もう11月だから。 

 
       
 
by miki3998 | 2010-11-19 21:55 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(8)

読むラジオ 11月15日 『 自然体な生き方 』

b0083902_23472857.jpg
 
            ( エビヅル、ハマゴウ、センニンソウ )

  11月15日って、坂本龍馬の誕生日だったんですね。って、後から知ったので、この日の「おはよう鎌倉」は全くその話題には関係のない内容でしたが。。福山龍馬ファンのみなさん、ごめんなさい。
  この日は久しぶりに鎌倉カヌークラブの平島さんをゲストに今のシーズンのシーカヤックのお話や先日開催された鎌人市場(かまんどいちば と読みます)に出店した際のこぼれ話を伺いました。いつもながら平島さんは心遣いの細やかな方で、私にお土産ということで、写真の手作りカードとハマゴウ(浜香)のポプリ(入浴剤にもなる)をいただきました。海辺の植物にもお詳しく、収穫した木の実からジャムを作ったり種から育てたり。。。力まず自然体で生きている平島さんの丁寧な暮らしぶりに脱帽な朝でした。詳しくはこちらをクリック!  (すみません、手違いで平島さんが横になったまま映っています。次回から気をつけますので、お許しを!)

  
b0083902_0131410.jpg

      (テリハノイバラ この状態でリースに見えてきますよね。)

  仙人草もバラの実も、自然生えです。いわば野生の植物。光の方向にのびるもの、水を求めて這うようにのびるもの、 葉山や三﨑、三浦方面にいくと見つかるかもしれません。リース教室まであと一週間。時間とお天気の許す限り、素材探しは続きます。
  今日はマユミとシャリンバイを乾かし、ツルウメモドキを枝から外しました。
  先日銀座の『野の花 司』さんで日陰の葛を見つけ、数本お持ち帰り。イメージに沿った植物との出会いもまた楽しみの一つです。

  完成したリースのブログアップはもうすぐです。オーダーいただいた方々へ、今しばらくお待ちくださいね。

  
b0083902_0205961.jpg


 長い夜はついコーヒーに手がのびます。熱くて濃いめのエスプレッソを少し。


  11月15日の音源
    1、マチルダベイビー         サザンオールスターズ
    2、さらばシベリア鉄道        大滝 詇一
    3、誰よりも好きなのに        古内 東子
    4、イパネマの少年          ダイアナ クラーク

  ※ ダイアナ クラークはこの翌日46回目の誕生日でした。彼女のボサノバもなかなかです。

  
 リース教室、ジャズライブと告知が続きましたが、いずれもご希望の方はコメント欄の□にレ印を入れてください。 鍵がかかった状態で、私以外には読めないしくみになっていますので、お問い合わせ内容とお名前、ご連絡先をご記入ください。よろしくお願いします。  

  
by miki3998 | 2010-11-19 00:41 | 鎌倉FM  『 おはよう鎌倉 』 | Trackback | Comments(6)

あのお宅でジャズライブ!

b0083902_0441123.jpg


  このケヤキが目印、そう、私の大好きなあのお宅です。
  こちらは景観デザイナーTさんのご自宅。いまや人気実力ともに押しも押されもしない存在となり、多忙な生活を送られています。ご縁があってもうかれこれ15年以上のおつきあいをさせていただいています。このたびTさんのお母様からのご依頼でホームコンサートのコーディネートを務める事になりました。音楽ジャンルはジャズです。
  晩秋の鎌倉山、絶景をのぞむテラスからは見事な夕映えを臨めます。ここでしか味わえない空気感、ライブハウスではなくこの建物をえらんだのはそこにあります。インテリアもしつらいも格のある大人のこだわりが感じられ、晩秋の夕景と一緒に 大人の音楽に浸れるはずです。もうイベントの半分はできあがりました。

  
b0083902_0594867.jpg
   

 
   今回もうひとつのこだわりは イタリアワインとアンティパストです。鎌倉で今一番の注目ショップ『OLTREVINO』にもお手伝いいただく事にしました。音楽とワイン、そして楽しい語らいの場に新しい出会い。きっと満足していただけると信じて、着々と準備中。
   リビングの暖炉の火を眺めながらしばし時間を忘れて、ピアノとサックスが奏でるジャズに酔いしれていただければ幸いです。


      11月27日(土曜日)  午後4時半  開場
                   午後5時   開演
         場所        鎌倉 T邸
         チケット料金    4000円 (ワンドリンク、アペリティフ付き)
         
   ご興味の在るかたは コメント欄からお名前とご連絡先をご記入ください。こちらからご案内をさせていただきます。定員がございますので、お早めのお申し込みを。素敵な出会いの夜にしたいと思っています。

  
b0083902_11231680.jpg

     
by miki3998 | 2010-11-17 01:38 | お気に入り | Trackback | Comments(14)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧