<   2011年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

3月のレッスンスケジュール 

b0083902_1627340.jpg
 
 (このままブーケにしたいユミちゃんのお花、ライラックみたいなヒヤシンスがいいな)

   <3月のレッスン>

     水曜クラス   16日、30日
     木曜クラス   17日、31日
     金曜クラス   18日、25日
     土曜クラス   12日、26日
     日曜クラス   13日、(定員になりました)
             27日


  

 各曜日に予備日がございます。スケジュール変更による振替をご利用の方は、お早めにお申し出くださいませ。
   また各月とも欠席の方は、必ずご連絡をいただけますよう、お願いします。レッスン日より3日以降のキャンセルに関しては、キャンセルフィーをいただきます。長期欠席の場合も事前にお申し出いただけると幸いです。お花をお願いしている農家さん、市場、花屋さんへの予定発注の関係上、いらっしゃるものと思いご用意しております。どうぞご理解を賜りますよう、重ねてお願いいたします。



b0083902_15323993.jpg



今日のレッスンは椿がテーマでした。
  生ける、飾る、あしらう。。。それだけではなく、花の咲く姿や佇まいを知るために、
  レッスン後に北鎌倉散歩。 これもお稽古の醍醐味です。
  浄智寺で椿やクリスマスローズ、もうスミレも咲いていました。 プリムラはこれからですね。
  3月は春爛漫、パステルカラーの小さい草花を集めてお稽古します。


  
b0083902_15362522.jpg

  
by miki3998 | 2011-02-27 15:39 | | Trackback | Comments(8)

 授業は楽し! 大好きなゲスト、Pさん登場。

b0083902_14571943.jpg


 学舎で学ぶ講義もあと残すところ3回となった。3時間があっという間で、最近は居残り組は学舎をでるのが午後10時を過ぎている。地下鉄の駅までの帰り道も話が盛り上がり、たとえこの授業が終わっても、そのまま友達でいたい、そんな気持ちにさせてくれる楽しい仲間たちだ。

 今回はブルータスの編集長西田さんはお休みで、代わりにフードエディターのベテラン渡辺紀子(みちこ)さんがゲスト。通称Pさん、とてもチャーミングで素敵な先生だ。もちろんその世界では知る人ぞ知るという有名人。われわれ学生の頼れるお姉様だ。実践授業の合間に なぜこの仕事を選んだか、仕事の醍醐味、仲間の作り方、お取り寄せの極意など、興味深い話題にてきぱきと答えてくれた。


 
b0083902_1534368.jpg


  
  今日の授業風景。何を学んでいるかは秘密。お取り寄せ学も佳境にむかっている。松任谷教授も自腹でおいしいパンを提供して下さった。わがBチームはチームワークもバッチシ。最終授業まで突っ走るぞ!

 
b0083902_15483892.jpg


  (詳細はまだ言えないけど、なかなかの品揃え。どれも美味い!)


 朝から運慶展にでかけ、トムネコゴで美味しいコーヒータイム。午後から学舎での授業のため、一路青山へ。予習は電車の中。ああ、どうしてこうもタイトなスケジュールにしちゃうかなあ。。。
でもこんな生活が嫌じゃない。みっちり組まれた予定を手帳で確認しながら、体を軽くして歩き回る、最終電車に飛び乗って一息つく頃は日付が変わる。あと10年もすれば、行きたいところがあっても、思うように動けなくなるかもしれない。時間は無限ではないのだから、誰かのためにではなく、これからは自分のために納得のいく生き方を選ぼう。

  
b0083902_160334.jpg

 
by miki3998 | 2011-02-25 16:01 | お気に入り | Trackback | Comments(14)

 金沢文庫 運慶展

b0083902_1483460.jpg


  水曜日、わびの仲間イナダさんとマリちゃんと金沢文庫までドライブ。目的は運慶展。
この日も朝からいい天気で、ジャケットだけでコート入らないぽかぽか日和。平日だから午前中早いうちに行こうと10時過ぎには会場へ到着。住宅街を抜けた場所、称名寺のお隣にある金沢文庫は長蛇の列。65歳以上は入場料が100円。偉い騒ぎでびっくり。仏像ブームもここまで来たかという感じだった。

  b0083902_14141293.jpg


  なかなかのイケメンだ。仏像ガールたちにも 大日如来は特に人気らしい。なるほどいい表情をしている。好みかどうかは別として、端正な顔立ちと 香り立つような品格、そこはかとない雅な世界を味わうにはちょうどいい規模かもしれない。たまにはじっくり仏像を眺めるのも心のざわつきにはいい薬になる。。。かもしれないね。
 会場には他にも運慶作の帝釈天や毘沙門天、奉冠や垂髪などの飾り物なども展示され、狭い会場一杯に仏像おばさんおじさんが酸欠を起こさんばかりにあふれかえっていた。(私もそのおばさんだけど)

 
b0083902_14205634.jpg


 
  称名寺には地続きになっていて、のどかな昼下がり、弁当を広げて池の鯉をのんびり眺めるのもよし、椿を観賞するもよし。来月末には桜も見頃になるだろう。近場の花見もいいけれど、車を走らせ、こんな広い空間で、青空でも眺めて空っぽな自分を解放するのもいいなあ。 


 
b0083902_1429503.jpg


  藪椿の最後は無惨だ。最高の姿を放つまで時間がかかっても、散るときはあっけない。つぼみの可憐な姿、盛りの花の華やかさ、その時を人は見て美しいと思い魅了されるのかもしれないが、散り際の艶やかさは妖しげでもあり、ほんの一時しか見ることが出来ない。終わりの花に憧れるのは私自身が時を重ねているせいだろうか。

 
b0083902_14321411.jpg


  
  三匹の鯉が池の中を気持ち良さそうに泳いでいた。水温む季節、啓蟄まであと一週間あまり。2月はあっという間だった。立ち止まっていられない。顔を上げて胸をはり前に進もう。
 風が空の雲を押し流し、日差しで煌めく池の水面は、波もたたずどこまでも穏やかだった。

 
  
by miki3998 | 2011-02-25 14:41 | 鎌倉・北鎌倉

あなたへ。。。 27日日曜日、お待ちしています。


  間違っていたらすみません。
 昨夜コメント欄に 2月27日のレッスンを申し込みになられたあなたへ
 見間違いでなければ 以前のブログにお申し込みをされたと思うのですが、
 今朝見ましたらお名前もコメントも見当たらないのです。
 あやまって削除してしまったかもしれません。申し訳ありませんでした。  
 春の花をご用意して、お待ちしております。駅までお迎えにまいりますので、
 お手数ですが、もう一度こちらにご連絡をお入れいただけますでしょうか。
 よろしくお願いします。

b0083902_3363321.jpg


 (雪の日に。チューリップがけなげに見えたのは初めてだ。二輪一緒に咲くのがいい)
by miki3998 | 2011-02-25 03:51 | | Trackback | Comments(4)

 話は前後しますが。。。雪の侘助  読むラジオ 2月14日

b0083902_1675090.jpg


  まさか大雪になるとは。。。
  侘助の店番初日、2時頃から仕込みを始めて、きっちり4時には店を開店させた。
  初日の一人目はだれだろう、そんなことを考えていたら、あの『北鎌倉の台所』の著者藤田みどりちゃんが(お互いちゃんづけで呼び合う仲)、自分の畑で採れた野菜をどっさり持ってやってきた。思わず歓声を上げてしまうほど、本当に嬉しかった。大根、ネギ、コリアンダーにわさび菜、そして名前はわすれたけれど、菜花の仲間にトウガラシ、手作りのゆず胡椒にアンチョビだった。早速無駄なく料理に利用させてもらった。お客が誰も来なかったらどうしよう、そんな不安はまったくなく(笑)、誰か一人くらいは飲みにくるだろうと、楽観的に考えていた。
  ところが。。。

  
b0083902_161486.jpg


  開店してしばらくしたら、雨が振り出し、その雨が白い固まりになり、午後7時を過ぎた頃には、重く湿ったぼた雪へと変わったのだ。えぇえ〜、大丈夫?それでなくても北鎌倉は午後6時を過ぎれば人通りが少なくなる。暗くなったらもう人が歩いていないなんてことがしょっちゅう。ましてこの大雪?

  店番は急に決まったので、特に宣伝もしなかった。強いて言えばラジオで告知。何人の人が聴いてくれていたかさ高ではないし、城後さんもこの雪ならバイクは無理。わざわざ電車に乗ってなどこないよなあ。。。。なんて諦めていた。

  ところが、ところがだった。
  夕方から人が一人、二人、三人と、増えてきたのだ。8時には城後さんが奥さんを連れて、あの雪の中を夕飯を食べに来てくれたのだ。わざわざ電車に乗って。その頃はもう店も客でいっぱい。酒も料理も飛ぶように売れた。座る暇もなく、ひたすらチイママ状態。常連客は皆、私が一人で切り盛りしているので、あれこれ手伝ってくれるし、雪の効果(?)もあって、少々ハイテンション気味。今夜は店に泊まるか!?なんて台詞も飛び出すくらい、和やかな雰囲気で時間が過ぎて行った。
 ありがたいなあ。いつもコーヒー一杯で帰るIさんなのに、この日は二杯も。。。サイホンで入れるコーヒーのコツまでレクチャーしてくれた。立ちっぱなしだけれど、不思議に疲れはない。和やかな雰囲気で誰一人帰らないのだ。そんな中、次男も心配して、店じまいの手伝いに来てくれた。もう時計は日付が変わり1時を過ぎていた。

  
b0083902_13473164.jpg


  店から遠い客がタクシーを頼み、逆にお客が私を気遣って帰り支度を始めた頃(菅さんなら客が帰るまで店は閉めない)、最後の客が一人、ぬ〜っと入って来た。
  「一杯飲ませて下さい。。。」

  私は外で雨戸を閉めていたので気付かなかったが、息子はどうぞと招き入れ、一緒に座って話始めていた。聞けば大雪で電車が止まり、大船から歩いて来たそうだ。若者と中年の客が旅の話で盛り上がっている。息子に、若いうちに海の外に出て行って、いろんな国を見て歩くのがいい。まずはアジアから。。。とかなんとか、息子もあれこれ質問をして旅の醍醐味などを聞いているのだ。一杯が二杯になったことは言うまでもない。(笑) でも楽しかった、お話上手であり、生き方上手なDさん、塾の生徒も こんな先生なら授業も楽しいだろうなあ。

  家について、風呂にはいって寝たのが午前4時を過ぎていた。この日はラジオもこなしての月曜日だった。あの急な坂に積もった雪に気をつけながら、息子に手を引いてもらって帰ったこの夜。きっと忘れないだろうなあ。 みんなありがとう。息子よ、お疲れさま。

 あ、翌日、店番の二日目の口開け一番に来てくれたお客は、なんと前日最後まで飲んでいたあの塾の先生Dさんだった。なんと手には嬉しい土産を持って。差し出された袋の中にはうぐいす色のきれいなふきのとうが四つコロンと入っていた。自分で採ってきたのだという。わびすけのありがたい常連客の一人だ。

  
b0083902_1413795.jpg



   この日のおはよう鎌倉はこちらからどうぞ(この文字をクリック) 
by miki3998 | 2011-02-22 10:06 | 鎌倉FM 『 おはよう鎌倉 』 | Trackback | Comments(8)

読むラジオ 2月21日 『 無敵バッチだ!』

b0083902_1058233.jpg


  そろそろ春一番が吹き荒れる頃だろうか、昨日も今日も、竹林が大きくうねるような強風が鎌倉中を吹き荒れている。それでも日の出は確実に早くなっていて、寒い朝とはいえ、スタジオについた頃はうっすら空が明るくなり始めるようになった。スタジオにつくや否や、エアコンのスイッチをいれるけれど、設定温度はいくぶん高めになったことも季節がかわろうとしている兆候だ。

  今朝は春らしい軽快な曲にしよう。次男に選曲のヒントをもらう。
  「 お袋、これいいよ。」
  そう言って差し出されたのは、くるりのトリビュートアルバム。その中の『春風』がいいとアドバイスをしてくれたのだ。歌っているのはユーミン。春と言えばお決まりのようにかかるあの曲ではなく、くるりを歌っているのは新鮮かもしれない。
  
  上のピンぼけ写真、なんだかお分かりだろうか?
  その名も『無敵バッチ』ある方から送っていただき、さっそく胸につけて出勤した。
  実はこのバッチ、あのクリントイーストウッド監督もつけている。送った相手はジャーナリストの鳥越俊太郎氏だ。先日朝の情報番組で、鳥越さんがアメリカで監督と対談をしている映像だった。その際に、鳥越さんが胸につけていた無敵バッチに興味をもち、その言葉の意味を問うた。
 『 NO ENEMY』という意味ですよ、と鳥越さんが答えると、その場で監督も胸にバッチをつけてくれたのだった。以来映画『ヒアアフター』のキャンペーンの際にも このバッチをつけているという。
  鳥越さんと言えば、2005年に直腸がんの手術をし、その後肺に転移し切除、新たに肝臓への転移も見つかった。取り除けばいいだけ、、、と再手術をされている。この無敵バッチは特別な意味をもっているのだ。がしかし、バッチをつけている人はその人の中の無敵バッチでいいのだと思う、バッチは名古屋の書道家、矢野きよ実さんの作品で、彼女のサイトにいくと通販で手に入る。興味がある人は探してみて欲しい。

  お忙しい中、私の問いかけに対して迅速にお答えいただき、思いがけずご本人から届いた封筒。手書きの封書には鳥越さんのお人柄が伺えるような、達筆な文字が並び、大切に包まれたこのバッチが入っていた。
  テレビでお見かけする鳥越さんは、とてもお元気そうで、地方公演も積極的にこなしておられるようだ。幸い私も元気に暮らしている。ありがたいことだ。改めて無敵バッチを眺めながらがそれぞれの思いで繋がって行けばいいなあと、今朝のラジオでも紹介させていただいた。
 あらためて 送り主の鳥越俊太郎さんと、このバッチの作家矢野きよ実さん、お二人に心からの感謝を申し上げたい。ありがとうございました。

 
  
b0083902_1245156.jpg

 今朝の音源
  1、 不思議なピーチパイ        竹内 まりや
  2、 チャンスの前髪          竹内 まりや
  3、 春風 (くるりトリビュートアルバムから)  ユーミン
  4、 ばらのはな (くるりトリビュートアルバムから) 奥田 民生


       今朝の放送はこちらからお聴きになれます。

  さてと、来週は桑田復帰記念ということで、特集くみますぞ! 
  BRUTUSもAERAもSWICHIも、みんなまとめてかかってこい!(笑) 
by miki3998 | 2011-02-21 12:46 | 鎌倉FM 『 おはよう鎌倉 』 | Trackback | Comments(4)

 訳あって 店番します 

 わび助のオーナー菅さんが久しぶりに里帰りをする。もう7〜8年帰っていないのだとか。
 私と同じ岩手出身で一つ年上、兄のような存在。息子たちも店に顔を出しているし、何かと気に留めて声をかけてくれている。その菅さんが店を閉めて実家に行くというので、ピンチヒッターを申し出た。日頃お世話になっている、私で役に立つなら嬉しい。するとすんなりオッケー。留守中の店番をおおせつかった。
 ちょうどその日は仕事がオフ。お客もみんないい人ばかり、店のキッチンもよく知っているし、以前一日店長もした。不安なことなど何もない。楽しみながら店番を手伝うことにしよう。特別な料理ではなく、いつもの家庭料理、温かいご飯でも作って待っていよう。明日と明後日二日間、私はわび助の飯炊きおばさんとなる。

 ということで、わび助、午後4時開店。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

  
b0083902_2251548.jpg


          これはうちの朝ご飯 (笑)
by miki3998 | 2011-02-13 22:53 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback | Comments(20)

MUBARAK STEPS DOWN (加筆版)

おめでとう、エジプト!  エジプトは自由を勝ち取った。


そろそろ寝ようかと思っていた時、テレビにニュース速報の文字が。。。
『ムバラク大統領辞任』

よかった、本当によかった。
残念なことに、地上波はどこもやっていない。速報だけを流し、そのままお気楽な番組をつづける。
せめてNHKは融通をきかせて番組を変更し、その瞬間をライヴで流してほしかった。
NHKだけを責めているのではない。民放もだ。どこか一局でも 歓喜にわくエジプトの様子を伝える局があってもよさそうなのに。

ツイッターとフェイスブックで広がったムバラク政権への不振や不満。
武器を持たずにエジプトは革命を起こし、見事自由を勝ち取ったのだ。
なのに、その瞬間を伝えるテレビ局がないなんて。。。

半日前までは怒りに震えながら 必死で訴えかけてい民衆が、
今は満面の笑顔で疲れなど見せずに声を張り上げ喜び合っている。
変われるんだなあ。
諦めなかった彼らに敬意を表して、
もう一度 おめでとう。




                    
                 
by miki3998 | 2011-02-12 02:28 | 今日のつぶやき

東京芸術学舎ライフスタイル学科『果てしなきお取り寄せ』

b0083902_22362672.jpg

    (学科長の松任谷正隆氏、ブルータス編集長の西田善太氏、お二人が先生)
  昨日は写真を撮り忘れた。 それくらい楽しかったし、カメラを向ける余裕もなく 授業に没頭した。(だからといって、前回ぼーっとしていたわけではないけどね)
  学舎での授業は、18時30分から21時30分までみっちり3時間。昨日は授業後にパソコン教室。学生同士が連絡を取れるように、新しいアカウントを取得した。
  確かに若い人には及ばない部分がある。新しいことへのチャレンジはそうたやすくはないかもしれない。でも出来ないわけではないのだ。時間をかけて、何回も繰り返して、取得したことを誰かに伝えて。。。億劫がらずにその場で知らない、分からないと恥ずかしがらずに聞くこと、調べること、メモること。 こんなことを書いている今も、ああ、これが老いに近づいていることかとちょっとがっかりもするけれど、その分経験があるではないか、自信を持てばいい。若い人が知り得ないことも身に付いているのだから。

b0083902_2315396.jpg

       

  学生メンバーも多彩だ。お取り寄せに興味がなく 一度も取り寄せたことがない人もいる。新しくレストランを開きたいと思って勉強中の若者、単に食いしん坊で 何かうまいものが食べられるかも、そんな期待で通っているサラリーマンや、地域の活性化を目指し、お取り寄せされる方にまわりたいと思って遠方から通ってくる女性、食に関わるコピーライター、某有名カフェの店長。。。まだまだ経歴が面白い学友たち。みんな熱心に授業を受けている。3時間があっという間に過ぎてしまう。
  
 
b0083902_23173990.jpg



 おなじグループのMくんと一緒に地下鉄の駅まで一緒に帰った。彼は京都育ちで食関係の仕事がしたい、自分の店を持ちたいと勉強中の若者。オリーブオイルについて学んだばかりの話を聞きながら歩いた。たぶんこの学舎に通わなければ会話をともにすることもなかっただろう20代の彼。授業中も熱心にメモを取る姿が印象的だった。きっと実現させるだろう、彼なら。

 
 次回は松任谷先生が自腹でおいしいパンを用意してくれて 我々はそれを活かす素材を選んで試食。そのための宿題を準備しなければならない。ブルータスの西田編集長は鋭い質問をしてくるし、講師の渡辺さんは、食のプロとして的確なアドバイスをしてくださる。お取り寄せの真髄を学ぶための行程を着々と進行中。学ぶことの楽しさを満喫している。

  東京芸術学舎のブログ→ http://geijutsu-gakusha.blogspot.com/2011/02/blog-post_01.html (さて私はどこにいるでしょう?)
by miki3998 | 2011-02-11 00:02 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(8)

チロルチョコとマーブルチョコレート

b0083902_112298.jpg


 ラジオ、やってます。いつもどおり、朝5時出勤。まだまだ外は暗いけれど、見上げた空には冬の星座が煌めきながら応援しているような気がして、「行ってくるね。」と眠っている息子に声をかけて出ます。時には沈みかけた三日月に導かれるように車を走らせます。今更ながら月と星の魅力にすっかりまいっている私です。


b0083902_1134066.jpg


 5時半到着、冷えきったスタジオで 熱いコーヒーをすする時、よく続いてるよなあ、なんて呟きながらミキサーの調整や音源の確認をしています。バイク通勤の城後さんは 私以上に北風を全身で受けながら海沿いを飛ばしてくるでしょう。早く来た私の役目は スタジオを温めておくことも仕事のうちです。
 アシスタントから始まった城後さんも、いまやずっしりくるほどの存在感。彼の素晴らしいところは ヨクワナク ケシテイカラズ、イツモシズカニ ワラッテイル。。。宮沢賢治のような人柄。ぶれる私を支えてくれながらも、しっかり自分の伝えたいことを貫いています。(彼のブログです。)

  ということで、昨日の『おはよう鎌倉』のゲストは葉山でカヤックインストラクターをされている姫野さん。もう4回目のご出演ということで、おしゃべりも手慣れたもの。葉山の海の話題や漁師さんとのやりとり、どこの食堂がうまいとか、こっそり教えていただきました。立春を過ぎて 海も徐々に穏やかになってきています。私もそろそろまたカヤックで海に乗り出したいなあ。

  2月7日の放送はこちらからご覧になれます → おはよう鎌倉 

b0083902_1151313.jpg


   今週のお題は『チョコレート』、そうか、来週はバレンタイン。最近義理チョコさへも買ったことがありませんでしたが、わが相棒の城後さんとゲストの姫野さんに私からチョコレートラスクとバラエティセットになったチロルチョコをプレゼント(しょぼい?)。そこから話は昔の駄菓子屋のお菓子の話に飛んじゃいましたが、あの頃はどんなお菓子もキラキラしていたなあ。ひも付きのイチゴキャンディ。くじ引きになっていて いかに大きな飴を引き当てるか真剣だった。チョコレートらしきものを口にしたのはマーブルチョコレート。日曜朝の『鉄腕アトム』のコマーシャル、あの上原ゆかりさんはどうしているだろうなあ。。。とまあ懐かしい話はつきないのでありました。 ツイッターでハーシーのチョコレートのお話を送ってくれた逗子のアヤヤナミさん、いつもありがとう。子供の頃元町で買ってもらった輸入チョコ。。。なんて、さすがハイカラです!  
   

今朝の音源
1、アトムの子 /   山下達郎    
2、ENDLESS STORY /  伊藤由奈    
3、スピーチバルン  /  大滝詠一   
4、僕の一番欲しいもの / 槙原敬之   
   アトムと言えば マーブルチョコレート?  以上、バレンタインにちなんだ選曲?(笑)

  ※写真は昨日のリビング。 
   銀座教室のみなさん、春の草花をいっぱい抱えていきますからね、楽しみにして下さい。
by miki3998 | 2011-02-08 13:47 | 鎌倉FM 『 おはよう鎌倉 』

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧