<   2011年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 花と器と空間と。。。

b0083902_1423379.jpg
  


  雨のしずくがしたたりそうなハナミズキ。 赤い実がわかりかすか? 
  火曜日はオフィストヨダを使ってのレッスン。
  内と外と繋がる空間、森もテラスもひとつの世界としてとけ込んでいます。
  花を飾るには 器と空間との関係も大切だということをお伝えしたくて。。。
  しばらくは数枚のスナップから 広がりの中の草花をご覧ください。



 
b0083902_14392214.jpg
  



   ハナミズキをひと枝、エントランス脇の木製のテーブル(BBQ用の竃です)に。
   テーブルが器の代わりになり、濡れた木目が色づいたハナミズキを鮮やかに引き立てています。


  
b0083902_14433554.jpg
 
  
b0083902_14443587.jpg

 


   家があり、緑があり、それがバラバラではなく繋がっている空間になるよう、オーナーは植栽と色彩にこだわった家作りを心掛けたのでしょう。変わる季節を体全体で感じられることこそ本当の贅沢かもしれません。四季のある国に生きる喜びを再発見させてくれる家だと思います。 そして、だからこそ草花を生けるという行為は自然でありたい、このクラスはそんなことをお伝えしていこうと思っています。


  
b0083902_14594530.jpg

  
b0083902_1504423.jpg
 


    同じ花でも置く場所が違うと。。。
    ヤマイチジクやスダチ、ハナトラノオの穂だけをシンプルな器に。
    光があたると 器は緑色のマーブル模様が浮き出ます。黒いストーブとマッチしますね。


  
  
b0083902_155717.jpg
 
  
b0083902_155438.jpg
  


    コーナーにおかれた土ものの器の花。 さび色の器の存在感とジンジャーの白い花の凛とした姿は縦のラインを強調しました。木製のブラインドは幅のある落ち着いたもの。光を取り込む角度で、おかれた花も微妙にその色彩を放ちます。ハナミズキのひと枝と枯れ始めた秋色紫陽花、香り高いジンジャーの一花が 色づく秋をいっそう華やかに迎えているようです。


  
b0083902_15104430.jpg
 
  
b0083902_15114418.jpg
 


    リビングからつながるテラスの下には、プライベートな森に繋がるデッキが。
    スギやクヌギ、ハナミズキやヤマイチジク、オーナーも気づかなかった珍しい樹木や蔓がいっぱい。11月のリース作りまでに私は何度この森に入ることになるのか、いまからわくわくしています。もちろん生徒さんといっしょに、冬のリースは森のリースにしようと計画中。木の香り、実の形、蔓のライン、それぞれ自然がいかに素晴らしいデザインそのものなのかを味わいましょう。



   
b0083902_1517448.jpg

  
b0083902_15174937.jpg
  



    時間がたつと、テーブルの上に届く光も短くなり、影の表情も変化します。
    時折風が吹いて、木々を離れて枯れ葉が舞い降りるウッドテーウル。
    器は青銅色、ヤマウドや紫陽花が器にとけ込んでひとつに。まるで盛り鉢のなかの葡萄のようにも見えてきます。たとえお客さまを迎える花だとしても、インテリアや風景とかけ離れることなく、さりげなくその家らしさ、自分らしさをありのままにいけたほうが好感がもてるのではないでしょうか。


   
b0083902_15264936.jpg

   
b0083902_15274337.jpg




   リビングのガラスドアをフルオープンにすると、内と外がこんなふうに繋がります。
   レッスンはゆったりと、日差しが入って 木々のざわめきがそのまま陽炎のように揺らいでます。すべての草花の名前を憶えなくても、今日の花材でお気に入りをひとつ、忘れられない秋の一輪として覚えていただけたら嬉しいです。


 
   
b0083902_1536818.jpg


   



  時間が経つのもわすれて レッスンの余韻にひたりながら軽い食事をご一緒に。
  遠路いらしてくださるみなさまのために、私がご用意させていただいております。
  季節の草花のお話や次回のご紹介などを。
  来月(秋のバラ)再来月(森のリース)と人気のクラスが続きます。
  恐れ入りますが定員がございますので、早めのご予約をお勧めいたします。

           以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。






       
by miki3998 | 2011-09-30 15:45 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback | Comments(10)

読むラジオ 9/26  『  情けない週末 』 

b0083902_2140401.jpg
  


  9月も最終週、週末はいよいよ10月に。。。またひとつ年をとるなあ。
  今月はラグビーワールドカップ特集で番組をすすめて来ましたが、この日はその最終回。いよいよ明日は因縁のカナダ戦。ジャパンラグビー最後の試合を精一杯応援したい旨を伝え、元春の歌『Someday』で締めくくりました。
  正直言ってトンガ戦を落とした時点でラグビー仲間のテンションは急降下気味でしたが、仕方がない、それが現実です。2019年の日本開催まであと8年しかありません。よりおおくのファンと厚い選手層を作り上げるためにも、27日のカナダ戦は必ず勝ってもらわねば。。。誰もがそう思って試合を見守っていたはずです。


  ところでラジオ『おはよう鎌倉』が10月から番組内容が変わることになりました。6時45分からが7時スタートと変わり、鎌倉市行政からのお知らせ「カマクラジオ」が10分間の枠を占めることなったのです。15分短くはなりますが、朝の情報番組というカラーはそのままですから、各パーソナリティのコーナーがコンパクトになると言った印象でしょうか。もちろん同じメンバーが引き続き担当します。相変わらず拙い放送ですが、私の月曜日は、ラジオ&ツイットキャスティングで聴いていただけますから、これからも応援よろしくお願いします。

そうそう、ミキサーも変わるんですよ。アナログおばはんにはまたまた頭の痛い日々がまっている。。。トホホ。



  <9月26日の音源>
   佐野元春特集も最終回。 独断と偏見で私の好きな曲を。。。
   題して切なくなる曲オンパレード  アルバム『Slow Songs』から
    1、 こんな素敵な日には
    2、 情けない週末
    3、 二人の理由
    4、 ジュジュ
    5、 SOMEDAY


  4曲目はアルバム「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」からのセレクト。5曲目はニュージーランドでジャパンを応援しているラガーマンhanarugさんからのリクエストでした。結局カーワンジャパンはカナダ戦も同点に終わり、ワールドカップで1勝も出来ない結果となりました。正直試合後は虚脱感のような得体のしれない疲労がどっと湧き出てくるようでしたが、気持ちを切り替えて、今後もジャパンラグビーを応援してゆくつもりです。



 b0083902_2315513.jpg


  佐野元春『 Slow Songs 』 
   このアルバムには大好きな『バルセロナの夜』『彼女』など12曲のラブソングが含まれています。小川洋子の書き下ろしエッセイ「無垢な恋」と版画家山本容子のアートピースが46ページのブックレットとして付いているのも嬉しい。秋の夜長、ちょっと切ない恋のお話を読みながら、元春のラブソングを聴いてみるのもいいかも。。。

   
  

     もう他人同士じゃないんだ
     あなたと暮らしていきたい
     <生活>といううすのろを乗り越えて 

             「情けない週末」  

    
  









  
by miki3998 | 2011-09-28 22:40 | Trackback | Comments(6)

 日本のマンハッタン 

b0083902_15501353.jpg
 


 台風の翌日、葉山は台風の影響でマリーナがお休み。予定したクルージングは来月に延期となった。
 翌日プライベートでセーリングのお誘いがあり、都内某所へ。こちらは大丈夫。
 空はどんより曇っていて風は少し冷たかったけれど、現地のコンディションは上々。
 今日こそ海へ。いざ出艇!



b0083902_15553061.jpg
 

 
b0083902_15564686.jpg
 

 
b0083902_163191.jpg
 



 景色を見る余裕がでてくると、葉山の海との違いも見えてくる。色が違う、匂いが違う、行き交う舟の種類が違う。。。ベテランスキッパーの無駄のない動きを見ながら、邪魔にならないことだけを心掛けた。


   
b0083902_1683411.jpg

   
b0083902_169174.jpg
  



  建設中の新しい橋『東京ゲートブリッジ』そしてウォーターフロントのマンション群。まるで日本のマンハッタンだ。


 
b0083902_16143437.jpg
 
b0083902_16151074.jpg
 


 約4時間のクルージング&セーリング。帰る頃には青空が広がり日差しも暖かく感じられた。海に沈む夕日もきれいだろう。いつかきっとナイトクルージング!


 
 ヨットの魅力ってなんだろう。。。
風を孕んで膨らんだセイル。傾いた船体が波しぶきをはじいて滑るように進む姿は生き物のように見える。雄大な自然に果敢に挑むときもあれば、夕凪に音もたてずに漂う時も。。。水平線の向こうには未知の世界が広がり、自分を待っている何かがあるような予感さえする。それを求めてラットを操り、風の声を聞く。
 いつもならただヨットに乗るだけの自分だったのに、今日は違う。一人一人の動きが気になった。
 マストにセイルを張る瞬間、メインとジブとのバランス、タッキングのタイミング。。。
 技術的なことは何ひとつわからないけれど、風の強さや方向を見極め素早く判断するスキッパーの役割がいかに大きいかを知る。息のあったクルーの的確な動きも見ていて気持ちがよかった。シングルハンドやダブルハンドだけではなく、クルーが多い舟には別の面白さがあるのかもしれない。
 果たして私は仲間になれるのか。。。海が好きという点だけは合格点をもらえそうだ。



  b0083902_1910561.jpg 

 
 
         
by miki3998 | 2011-09-24 17:21 | ヨット・シーカヤック | Trackback | Comments(10)

  風の又三郎 

 
 
b0083902_18483678.jpg



 昨夜は海からの東風が、雨を横殴りのカーテンに変えて、まるで雪でもふっているかのようにあたり一面真っ白。窓からの景色は初秋のそれではなく、墨絵を思わせるような灰色の世界になっていた。

 裏山はどんよりと雲が垂れ込めて、竹林は大波のように揺れ、庭のオリーブの木も、反り返ったりうなだれたり。。。たわわについた実はきっと暴風雨に吹き飛ばされたか地面に叩き付けられているだろう。

 
 ふっとこんな歌を思い出した。

 「どっどどどどどーど、どどーどどー。。。
 甘い林檎も吹き飛ばせ、すっぱい林檎も吹き飛ばせ。。。」
 
                          『 風の又三郎 』

 



  9月21日は宮沢賢治の命日だ。故郷花巻では毎年この日に『賢治祭』が催される。
 たまたま次男坊が一昨日から里帰りしていて、賢治記念館や賢治村を訪れたらしい。
 「おふくろ、花巻も大雨だよ」そんなメールが届き、添付されていた写真がこれ。


 
b0083902_19135299.jpg



  宮沢賢治記念館のロビーにて。カルテットの生演奏を聴いたのだとか。賢治祭のリハーサルだろうか。。。

  


  
b0083902_242679.jpg

 『セロ弾きのゴーシュ』のつもりかな。童話村での一枚。この後、弟の車で世界遺産の平泉へ。


  休日返上でボランティア活動に参加し、バイト先では新店舗のヘルプで池袋に通ったり。。。最近忙しかった息子。わずか3日の里帰りだけど、母の手料理を食べ、弟に車であちこち連れて行ってもらたりと、充分楽しい里帰りだったようだ。実家の両親も、先日は長男夫婦が結婚報告に、今回は次男が遊びにと、時間差で二人の孫の顔を見ることができて嬉しかっただろう。

  「Kちゃんのすぎな えびの天ぷらあげだのっす。50尾ぐれあったのに、さっぱど たべでけだったあ。まあんつ 食うなハ。いがった、よろごんでけでっす。 まってや、いまとうさんど かわるがら。」 母の声は弾んでいた。
  「父さん、ながなが いげねくて ごめんや。でも こどもだぢのほうが とうさんも うれしべ?」
  「うん、いがった。ありがど ありがど。おめも むりしねんで げんきでいろよ。」
 息子たちが私の代わりに孝行してくれたようだ。



  
b0083902_2262378.jpg




  今朝の丹沢。山肌までくっきり見える。秋空はどこまでも高く、澄んだ青色は山をも染めた。 
  台風一過のテラスに折れて飛ばされた小枝や宙を舞った笹の葉が、渦を巻いたように重なっていた。
  あのこの仕業かもしれない。
  

  



 


 
by miki3998 | 2011-09-22 23:47 | 家族 | Trackback | Comments(8)

 花の仕事    

b0083902_22395139.jpg



   早朝、また山に入った。長靴の膝まであるようなうっそうとした畑。持ち主はもう老いてしまい、手入れもされずにそのまま夏草が生い茂っている。それでもよく注意してあるくと、藤色の蔓穂(つるぼ)が咲いていたり、白やピンクのフウロソウを見つけたり、その度に私はうっすらと笑みを浮かべてしまう。 ここまでよく来たね。。。山がそんな風に私を歓迎してくれているようだ。ご褒美に使う分だけ持って行きなさいって。。。勝手にそんな会話を交わして山から下りてくる。


  篭の中身は山の野草や家の周りの草花を一緒に摘んで来たもの。篭の中のどれもが愛おしい。生徒がいなくて残念だけど、こればかりはタイミング。レッスンの日の朝にこれだけの草花が揃うとは限らない。できるだけ今の季節のものを集めたくて、時には車を走らせて遠くの山も歩く。花屋の整然と並んだ形も色もピカピカのそれとは違って、土の匂いがする旬の草花は勢いが違う。もう少し先までいってみよう。もうちょっと奥まで入ってみよう。。。今、この時の花を伝えるのが私の仕事だと思っている。


  摘んで来た草花を洗いながら、器を選ぶ楽しさ、水切りをしながら嬉しくなってまた口角があがる。今日はオフ。ポストカードの撮影だけ。じっくり眺めながらこの花を独り占めできる贅沢を味わっている。 私が私である時間。 しあわせだ。 


   

  
b0083902_22382921.jpg





  

            外は雨。 不安なまま眠れない夜を迎える人もいるだろう。
            これ以上被害が拡大しないことを祈っている。
            明日は穏やかな朝を迎えられるよう。。。。祈っています。 
  
by miki3998 | 2011-09-20 23:00 | | Trackback | Comments(18)

 読むラジオ 9/19 『 Wird Hearts  冒険者たち』

b0083902_13222269.jpg
  
                                  (今朝の由比ケ浜。)




 三連休の最終日、早朝にしてはめずらしく鎌倉街道を数台の車がバンバン飛ばして走っていた。いつもなら通勤渋滞も始まっていないし、逆方向は混んでいても、鎌倉方面はガラガラ、ほとんど車も人も見かけない。せいぜい朝ランの地元民が数人いるくらい。今日は何かあったかなあ。。。

 そのうち、サーフボードを積んだ一台のワゴンがバッグミラーに映った。ずっと段葛の手前から合流し海まで一緒だった。納得、今日は絶好のサーフィン日和。ボードを小脇に抱えた若者も続々と海に向かって歩いている。夏が終わって閑散としていた裏道のコインパーキングまでも満車のサイン。サーファーの朝は早いのだ。


 9月16日、対ニュージーランド戦、ジャパンラグビーは7−83と、大敗した。NZのトライ数13、JPはわずか1トライ。フランス戦で活躍した選手を10名入れ替えて優勝候補のニュージーランドと対戦したジャパンラグビー、最後まで自分たちのラグビーをさせてもらえずに終わった。素人のおばはんが戦略について語れるわけもないけれど、4試合中2試合は必勝するというミッション優先の作戦なのだろう。残り21日のトンガ戦、27日のカナダ戦、必ず勝ってワールドカップのシード権を獲得して欲しい。

 試合が終わってニュージーランドにいる知り合いからこんなメッセージが。
  「 強すぎてごめんなさい。 」
 まったくだ。強すぎる。相手はまるでバッファローのようだった。まともにあたったら死んでしまうかも。。。それはちょっとオーバーだけど。
 どこが違うのだろうって? 
 フランス戦のときのような「もしかして。。。」という瞬間は一度もなかった。確かにラグビーは過酷なスポーツ、80分間ずっと本気の格闘技をし続けているようなスポーツだ。選手が一試合で消耗するエネルギーは半端ではなく相当なもの。中3日〜4日でそれをどこまで回復できるのか。。。それでも、いや だからこそ全試合スタメンの小野沢選手のトライには、フランス戦とは違った感動で画面がぼやけるほど目から熱いものが流れた。気持ちを切り替えて、体調も万全に整えて明後日のトンガ戦に備えて欲しい。

 今朝のオハトークは『あなたの好きな、あるいは応援しているアスリートは誰ですか?』
 たくさんの方からつぶやいていただいた。
 ラグビークラスタのみなさんからは もちろんジャパンの代表選手の名前が。圧倒的に多かったのが大野均選手、畠山健介選手の名も。(ちなみに彼らは東北出身。ご実家は被災している。)
 アスリートということで陸上の尾崎好美選手、女子ラグビーの鈴木彩香選手やゴルフの宮里藍さんを応援している人もいた。人間以外でサニーブライアンという馬の名前を呟いたカズさん、ありがとう。馬もそれを育てる調教師も ある意味アスリート、競技者ですものね。

 アスリートとは可能性へのチャレンジャーであり、最大のライバルは自分自身かもしれない。記録を残し、勝利を手にしてこそトップアスリートとして認められる。なでしこジャパンが人気があるのは結果があるから。それまではスタンドに観客が数名だった試合が、ワールドカップで優勝したからは満員のファンが押し寄せる。認められてこそ人気がついて来るのだ。2019年までにどれだけラグビーファンを増やすか。。。今回のワールドカップの結果はシード権を獲得するだけではなく、ラグビーへの理解と応援団を増やす絶好のチャンス。もちろん私は最後までカーワンジャパンを応援するよ。
 

 今朝の音源  佐野元春特集第3弾
   1、 アンジェリーナ
   2、 バルセロナの夜
   3、 ハッピーマン
   4、 僕は大人になった
   5  ナポレオンフィッシュと泳ぐ日
   6、 WIld Hearts  冒険者たち


  この夏最後の休日、去り行くものを追いかけて さあ波に乗ろう。






  
 
by miki3998 | 2011-09-19 14:40 | 鎌倉FM 『 おはよう鎌倉 』

  おいしい水  『 ウィリアムモリス 』

 
  
b0083902_1973965.jpg



  
  レッスンはないけれど、今日は来年のカレンダー用の写真を撮るために草花を集めました。裏山に入ったり、家の近所を散歩したり、路地にはフウロソウが咲いていて、大きな篭に野草がいっぱい。すでに日差しは高く、暑く。。。早めに水切りをしないとあっという間に草花がしおれてしまいます。



  
b0083902_19111576.jpg




  葛や茅、庭のメドウセージにメキシカンブッシュセージ、リップセージもあります。うっそうと茂っているような庭ですが、夏の終わりはそんなもの。ついこの間草取りをしたのに、足元をおおいかくすように元気なハーブは主張しつづけます。



  b0083902_19145934.jpgb0083902_19154969.jpg   




   











     





















































 同じ花も位置を変えてみると、印象が変わります。
 左の写真、出窓に置いたほう、強い日差しが緑をより野性的に映し、植物のおおらかさが伝わります。
 右側の写真は、どちらかというとやさしい印象でしょうか。クロスも花瓶もグリーンのグラデーションを助けるような穏やかなパステルカラー。テーブルの上の本を引き立てているかのようです。(それを狙ったのですが) 

   
 10月号のミセスにも紹介されましたが、11月号にはいよいよ「ウィリアムモリス」の布地が付録でついてきます。ミセス50周年記念の特別なものだそうです。とても楽しみ。ちなみにこの本は今から15年前1997年国立近代美術館のウィリアムモリス展で求めたものだったと記憶しています。



 
b0083902_19233485.jpg



 
  以前インテリア業界の大きなイベントでモリスの壁紙のプレゼンテーションを見たことがあります。外国の大きな家、広い間取りと高い天井、家具の色や暮らし方など、日本人のそれとは大きく違うライフスタイルにため息がでたことがあります。壁紙に柄のあるものを選ぶのはやはり難しく、結局色と質感で各々の部屋のイメージにあったコンサバなものを選びました。

  でも今なら書斎をモリスの壁紙で。模様替えをして書棚とお揃いの机、ベッドもシンプルなものを選びました。どれも落ち着いた色合いです。モリスの壁紙に変えても違和感はないと。。。ベッドかバーもモリスのものを選びたい。いつのことになるかわからないのに、あれこれ想像だけはたくましくふくらむのです。イマジネーションの世界は、例えるならば切り立ての草花が水を欲しがるように、私も「おいしい水」を必要とします。心が渇かないように。。。



                         Aqua de Beber - Astrud Gilberto おいしい水
  

 
by miki3998 | 2011-09-18 19:23 |

   『 感じる秋 』

b0083902_17325514.jpg
  



  土曜日の散歩。今朝はちょっと遠出をして山の中に。 
  葛の花を見つけた。うっそうとしていて虫にあちこち刺されたけれど、香りのいい葛は色合いも優しいローズレッド。手をのばして蔓をずるずると引っ張る。足元には彼岸花も咲いていた。早起きは三文の徳。今日も一日いい日になりそうな予感。






b0083902_17363362.jpg
b0083902_1737087.jpg  





















  器に生けずに 柱にぶら下げる。馬蹄にからめるだけだ。
  リビングからダイニングに繋がる柱、部屋のアクセントとしての飾り柱になっている。














  

















   葛の花にはかすかだけれど 甘い香りがする。
   すぐに消えてしまうのだけれど、秋のおとずれを告げている。
   葉の形もいい。蔓の曲がり具合も。。。










  
b0083902_1750887.jpg
  


                           (小野哲平さんの器に飾って。。。)
by miki3998 | 2011-09-17 17:41 | Trackback | Comments(2)

 再び 「ずっと嘘だった」

 
  





    
 9月14日から始まった『風とロックSUPER野馬追』に出演した斉藤和義。
 再び『ずっと嘘だった』を歌いました。
 削除されるかもしれませんが、彼が福島で歌ったことは事実として残ります。

 動画の中の福島の人たち  
 忘れてはいけない 残してはならない 原発のこと
 歌を聴きながら 考えます。 
 『 I love you & I need you ふくしま 』
 

    

        
 
by miki3998 | 2011-09-16 23:34

葉山でクルージング&レッスン   

 
 
b0083902_1629235.jpg
 


  これ以上の青い空を見たことがあるか? って言うくらい抜けるように蒼く高い秋空。
 今年は一度も海に出ていなかったので、今日はクルーズ&ランチそしてレッスンと、初めての試みですが盛りだくさんな一日を過ごしました。夏の終わり、秋の始まり、みんなまとめて葉山の9月をお見せします。


 
b0083902_18513146.jpg
 



  マリーナのスタッフが個人所有のヨットのお世話をしています。きびきびと挨拶&笑顔がいいなあ。


  
b0083902_18555647.jpg



  富士山もおでまし。 潮風が気持ちいい! 



  
b0083902_21304571.jpg
 



  風をうけて進むヨット。まるで生き物のようです。空も海も限りなく大きい存在。



  
b0083902_2140401.jpg




  水色の空に群青色の海、くだける白波。フェルメールも悩んだ青い色。
  そうだ、海はラピスラズリーの色に似ている。 



  
b0083902_2141712.jpg




  今日のベストショット! 波しぶきが真珠のようです。iphone ではこれが限界。お気に入りの一枚。



  
b0083902_2145717.jpg
 



   楽しませてくれたクルーザー。ありがとう、お疲れさま。また来るね。


  
  
b0083902_21462751.jpg




   そのままマリーナのレストラン『青羅』で中華のランチコース。アルコールフリーのビールです、キッパリ!
   お舟を眺めながらの食事も嬉しい。お腹も心も満腹。眠くなりそうですが、遊んだ後はしっかり仕事。
   今日はこれからがレッスン。葉山から逗子を抜けて海岸線をドライブしながら家へ帰ります。

   ツルウメモドキや野バラの実を主役に、秋の枝をしっとりと生けました。
   例によって写真はなし。(ヨットの写真は撮ったのにね)
   ご希望の生徒さんにはいつでもお連れしますよ、葉山まで。
   台風がふたつ近づいているのだとか。 大丈夫でしょうか、来週のレッスン。


   最後にマリーナで見つけた美人なヨット。40フィートはあるでしょうか。素敵です。


   

  
b0083902_2154097.jpg


   


  
by miki3998 | 2011-09-15 22:03 | 葉山・逗子 | Trackback | Comments(6)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧