<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 散り際の椿と。。。  2月最後のレッスン 

b0083902_1862165.jpg
  


 ハーレンベルキアという花です。白に見えますが、ほんのり藤色をしていて、上品でフェミニンな印象です。エントランスのアクセントに、大きめの素焼きの鉢にたっぷりと。壁にもハンギング仕立てで飾ってあります。サイディングの壁に午前中の陽射しがあたります。



b0083902_18132351.jpg
 


 終わりの椿ですが、庭に咲くエリカやシダと一緒に。艶やかで品格のある椿は散り際も美しい。


b0083902_18231854.jpg
 


 球根草がテーマの2月。アマリリス、チューリップ、エリカにアネモネ。。。Wさんがホーローのピッチャーに生けました。暮らしの中の道具ですが、静物画のようにも見えます。春を待つ期待感が溢れてくるようです。 


 
b0083902_1827211.jpg
 


 レッスンランチは春キャベツとベーコンのパスタ。あえて大きなお皿には野菜をたっぷり、ホワイトアスパラガスは塩麹でさっぱりといただきます。ライム入りのお水がいつもよりいっそう清々しくて美味しく感じるのは、外の陽気のせいでしょうか。 


 
 
b0083902_18314557.jpg
 


 デザートはWさんがお土産でお持ちになった桜餅、一口サイズのかわいい道明寺です。ほんのり桜の香りとほどよい甘さ。3個はいただけます、、、たぶん。(笑)東京駅の地下のショップでお求めになったか。おススメです。
 今年の関東地方の桜の開花時期は3月21日頃、ほぼひと月先との予想です。次回のレッスンは鎌倉山の桜を見ながらになるかもしれません。ランチはお弁当を意識したいと考えています。季節の草花と普段着の鎌倉暮らし。無理せずちょっとした工夫とやさしい習慣が、明日のワクワクを作るのだと思っています。(来月からのスケジュール、この後アップいたします。) 



  
b0083902_18521465.jpg
 

  
 夕方の陽射しもやわらかくなりました。春はもうそこまで。。。 at OFFICE TOYODA







  
by miki3998 | 2013-02-27 18:56 | STUDIO PLANTS | Trackback | Comments(0)

 初宮参り 「かけがえのないもの」

b0083902_23395395.jpg
 
     「 かけがえのないもの  この一枚が宝物です。 」



  2月吉日、この日まで病気もせず健やかに育ったことを鶴岡八幡宮にご報告、初宮参りを無事にすませることができました。嫁さんも孫と一緒に里から戻り、小さなアパートで親子3人つつましく暮らしているようです。孫の誕生を祝ってくださったみなさまへ、本当にありがとうございました。

  

 
b0083902_23501484.jpg
 

 
b0083902_2352362.jpg
 
 
 
b0083902_23532835.jpg
 



  お祓いの後、八幡様のお札とお守り、そして伊勢神宮のお札もいただきました。お札は七五三のお詣りまで家の神棚に奉られます。 



 
b0083902_23561676.jpg
 



  この日、孫が着ているのは息子の初宮参りの時のものです。実家の母が大切に保管し、そっくりそのまま息子の元に届けてくれていました。それを着せてお詣りができたことを嬉しく思い、自分たちらしいお宮参りだと本当に喜んでおりました。 
 実はこの日が孫との2度目のご対面。顔もしっかりしてきて、新生児から乳幼児へと変わったのがわかりました。あの日以来それぞれの生活にもどり、若夫婦なりに頑張っている様子、近くに住んでいるのになかなか会いにいけませんが、嫁さんがメールで孫の写真を送って来てくれます。かわいいのかどうか、まだ実感がわかないのんきなおばあちゃんですが、孫を抱いて神殿に座るときはさすがにこみ上げてくるものがありました。みんな元気でいてくれるだけでありがたいのです。
 息子がスーツ姿で孫を抱っこし、受付で申し込み用紙を書いている姿。。。「なんでも自分たちでやってみるのよ。」と心の中で呟きながら、ちょっとだけ頼もしく思えたのは親バカでしょうね、きっと。
 



  

  
  
by miki3998 | 2013-02-27 14:49 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback | Comments(11)

 読むラジオ 2/25 『 春、いろいろ 』 (加筆版)

b0083902_15202530.jpg
 
        ( スノードロップ )


  春よ来い、早く来い。。。
  「待ちわびる」季節、それは「春」だけに使われる言葉ではないでしょうか。
  今年は寒さが厳しくて、立春を過ぎても記録的な大雪にみまわれ、被害がでている地方もあります。都会が雪に弱いのはいつものことですが、環境の変化や暮らしが豊かになったせいか、人も寒さに弱くなったような気がします。花の開花も遅れ気味とのニュースが流れますが、植物は自然の摂理にかなった成長をしているまで。遅れているのではなく、待っているだけ。。。なのかもしれません。



b0083902_16253318.jpg
 
           ( 畑の朝日 )



 北国生まれの私には、長い冬が当たり前でした。冬は厳しい寒さで背中を丸めて吹雪に立ち向かって歩く季節だからこそ、待ちわびた新しい季節は、雪解け間近のせせらぎの音だったり、銀色のネコヤナギだったり、土手の黒い土の下から顔を出したウグイス色のバッケ(ふきのとう)だったり。。。音や色、そして匂いが春を知らせてくれるのです。ちょうど卒業式の頃、都会は桜も咲き始める3月でしょうか。。。芽吹きの時、北国の春はウグイス色。(好物のずんだ餅、あの色なんです。)

 

  
b0083902_1662947.jpg
 
            ( 霜柱 )


  マンサクや蝋梅、レンギョウに福寿草。。。黄色い花が運んでくる春と、梅や桃、桜にリンゴ、果実のなる木が次々と咲き始める春とは時間差はもちろん、春の深さが違います。花でいう初めの花、盛りの花、終わりの花。。。初春、早春、陽春、晩春。。。これからは「陽春」です。素敵な言葉、暗かった冬から一転して光り輝く季節を表す言葉です。厳しかった寒さを忘れ、ほっこり温かくなった土と陽射しに満足し、より暖かく居心地のいい季節を望むようになります。ないものに憧れ続け、いま目の前の小さな喜びに気づかずにいたりします。背中を暖めてくれる陽射し、足元の飴細工のような霜柱、風に大きく揺れる竹林、雪を被った早朝の山並み、。。。そんなひとつひとつを体で感じることが新しい季節、陽春です。

  

  
b0083902_167144.jpg
 
            ( ポカポカな陽射し ポカポカな気分 )

 

  たとえば2月の雨。晴れ渡った青空の毎日が続くと、朝晩の冷え込みで土はかちかちになり、芽吹こうとしている草花はなかなか顔を出せません。そんな時の雨の一日。土も植物もホッとしたようにしっとり濡れて気持ち良さそうに見えます。雨のしずくは透明なビーズとなり、葉の上を滑るように転がり土にしみこんでいきます。梅雨時や夏の夕立と違って、短くて冷たい雨ですが、草花には大切な恵みの雨。かじかんだ手に息をはーっと吹き込むように、硬くなった土はほんの少しの水分で暖まり緩むのです。もしかしたら乾き気味の心にも恵みの雨になるかも。 



 
b0083902_15302095.jpg
 
           ( 雨の夜 ナリヒラヒイラギナンテン ) 



 
  <今朝の音源  青春歌謡曲グラフィティ> 懐かしい曲をかけました。
   1 寒い朝            吉永小百合
   2 東京ドドンパ娘        渡辺マリ
   3 美しい十代          三田明
   4 霧の中の少女         久保浩  
   5 明日は咲こう花咲こう     吉永小百合&三田明   


  <復興支援の活動をお知らせ>
  3月9日(土)、10日(日)、北鎌倉の建長寺です。『復興支援 気仙沼屋台祭り』
  あの鹿踊もきますよ。みなさん、いらして下さいね。


 
b0083902_13313882.jpg
 


 
  
by miki3998 | 2013-02-25 07:00 | 鎌倉・北鎌倉 | Trackback | Comments(4)

 落ち椿 

b0083902_947845.jpg
 


  まどろむ朝に落ち椿
  
 凍てつく季節にひと枝見つけると、その凛とした姿に胸がしめつけられそうになります。
 花の少ない冬、堅い蕾は咲くその日をじっと待っている姿がけなげで、深緑の照葉がそれを守っているかのようにも見えてくるのです。初めの花、盛りの花にも魅かれますが、その終わる姿のいさぎよさも椿の魅力のひとつだと思います。
  
 椿は日本原産で野生種は「藪椿」と「雪椿」ですが、園芸種は数千種もあり、いまでは世界中で愛される花になりました。「椿」の文字が示すように、2月から3月には次々と開花してまさに春の代表と言える美麗な花です。

  この皿は1998年、Villeroy&Boch の250周年を記念して作られたものらしいのですが、椿の絵柄に一目惚れして連れて帰りました。季節を選ぶ皿ですが、しばらくは楽しめそうです。


 
b0083902_10434486.jpg
 
by miki3998 | 2013-02-17 11:33 | | Trackback | Comments(10)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧