<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 器の会について 

b0083902_2111525.jpg
  


  台風一過、ここ数日秋晴れのカラッとした空気と吸い込まれそうなまでの青空を堪能しております。朝も眠っているのがもったいないほど気持ちのいい目覚めに始まり、散歩の足取りもつい軽くなります。冬に向けて植物は花から実、種へと変化を遂げ、これから咲こうとしている和の草花はその色合いがまさに秋の色、日本の色を存分に見せてくれます。写真はヘクソカズラの実、緑から黄土色に変り始めていますね。まだまだですよ。もっと深く、もっと照りよく、そして水分が抜けて軽くなる頃には黄金色へと変ります。11月の始め頃でしょうか、、、リースの素材として集めにまた帰ってきます。それまでここにいてね。 


b0083902_22172120.jpg
  


  今月からOFFICE TOYODAでのレッスンには「器の会」が加わります。それは単に知識や情報だけではなく、器の種類や用途にもこだわらず、草花をどう活かすか、暮らしの中での器全般に目を向けてご紹介したいと思っています。
  あの白洲正子さんの言葉に、「生け花の先生は器」という言葉があります。「花の命は厳しく言うと一日しかないもの。花ははかない。だからいいのよ。そのはかないものを焼きものや籠など かっちりと存在感のあるものにいれて生かす。陶器がこういうふうに活けたらたらと教えてくれるの。」

  野の花を摘み、プリミティブなものに生けるとき、確かにその花生けとなる器の力は大きいと思います。また生けた花を置く空間と暮らしぶり。花はそれらが一体となってこそ活かされるのかもしれません。ご一緒に器について学べたらと思っています。 


  
b0083902_21244992.jpg
 
      ( 山口県萩の陶芸家 濱中史朗氏の器 ) 
by miki3998 | 2013-09-19 21:14 | STUDIO PLANTS | Trackback | Comments(4)

 初秋の白  家の周りの草花から

b0083902_16434228.jpg
  


 あの暑い夏が遠い過去だったように、庭や畑を見渡せば、自然は暦どおり秋の訪れを知らせてくれます。まずは香り高くその姿も優雅なジンジャーから。
 風にのって庭中に甘くエキゾチックな香りを放つジンジャーは、お隣のおばさまら根ごといただいたもの。南側の狭い通路のような場所でもひと際華やかにその存在感を表します。切ってリビングに飾りましたら、まるでベールを纏うようにジンジャーの香りが体に巻き付いてくるのです。花の命は短いのですが、充分楽しめます。


b0083902_16515542.jpg
 


 センニンソウです。まるでこぼれるように白い花が連なりながら流れて咲きます。蔓は秋の野草に絡まり、隠れ、そしてそれを超えて2メートルくらいに伸びていました。楚々として可憐な花ですが、強さも感じる秋の野花です。 


b0083902_16551724.jpg
 


 タマスダレです。肥やしが足りなかったのか、それとも今年の猛暑のせいでしょうか、一輪しか咲いていませんが、その名の通り群れて並ぶ様は簾のよう。夏の終わりの雨が降った後に次々に咲く親しみのある野花です。こちらはおばさまのお宅のプランターでひっそり咲いていました。(おばさまも気づいていなかったんですよ。笑) 


b0083902_16595552.jpg
 


 おしまいはシロシキブ。初めは緑色をしていますが、徐々に白くなります。背丈ほどに伸びたシロシキブはお花が好きなお仲間、もうひとりのおばさま(お隣のそのまた隣りのおばさま)の玄関先に植えられていて、ムラサキシキブと並んでいます。「いつでも切ってお使いになってね。」そうおっしゃって庭や家の前の小道にある草花を分けてくださいます。私は本当に恵まれているとお二人のおばさまに感謝しています。 
by miki3998 | 2013-09-11 17:06 | | Trackback | Comments(6)

 9月9日 重陽の節句 〜スケジュールのご案内〜

  
b0083902_2037252.jpg



  9月9日は五節句のうちの重陽の節句、菊の節句とも呼ばれます。不老長寿を願い、菊の花の香りのお酒で月を愛でたのだとか。。。
  合わせて19日は中秋の名月、里芋がおいしくなる時期でもあり、収穫の秋にふさわしくススキや枝豆、団子に添えて里芋もお供えします。


  
b0083902_18224612.jpg
 


  鎌倉はすでに秋祭りの準備が始まっていて、スタジオのある由比ケ浜通りの<甘縄神明宮>でも14日が宵宮、15日には例大祭が行なわれます。同じ日には八幡宮でも例大祭が。。。通りのあちこちに提灯や紙垂(しで)が飾られるのを見て、秋だなあと季節の移り変わりを実感します。


  
b0083902_18291452.jpg
 


  スケジュール告知が遅くなってしまいました。9月のサロンドレザンジュもすでに終了、今月のテーマは「骨董 アンティーク」でした。レクチャーは骨董へのアプローチや身近なショップのご案内、手持ちのアンティーク品のご紹介をさせていただきながら、自分にとっての価値ある物とは。。。というお話をさせていただきました。スイーツもトラディショナルなケーキに加えて、パティシエオリジナルの『オペラ』にはお客様からため息の嵐。もちろん器は骨董やアンティークのお皿。すべてパティシエの辻元さんがご実家からお持ちになった年代物を使っての披露となりました。  来月は「旅に出るなら」と題してとっておきの情報と楽しい趣向でレザンジュの素晴らしいスイーツをご用意します。(10月3日木曜日です)どうぞお楽しみに。 


   
   では、9月の草花教室のご案内です。テーマは『〜お月見 秋の草花を集めて〜』 
    9月14日(土曜日)  拙宅にて  
    9月17日(火曜日)  高島屋サロン 「日本の色 住まいの色」
    9月24日(火曜日)  OFFICE TOYODA  「器の会 萩焼と草花」定員になりました。
    9月27日(金曜日)  拙宅にて
    9月29日(日曜日)  拙宅にて 



  
b0083902_150588.jpg

  
            
       ******* 『器の会』のご案内 *******

   今月からOFFICE TOYODAでのレッスンでは「器の会」が始まります。
   草花のレッスンと合わせて生活の中の器のいろいろ、<陶器、漆器、ガラス、竹、銀、錫など>レクチャーさせていただきます。花瓶だけではなく、皿、壷、籠、。。etc.について、季節感や草花との関係、歴史やエピソード、暮らしの中での活かし方など、ご一緒に学びます。どうぞよろしくお願いします。 


  
b0083902_157256.jpg






  
by miki3998 | 2013-09-09 20:39 | スケジュール | Trackback | Comments(0)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧