<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『ようこそ無ら里へ』 

b0083902_21285826.jpg

 5月の連休、長男夫婦が孫を連れて実家に里帰りをしました。父にとって曾孫との初めての対面となり、賑やかな食卓になったようです。私も一緒にと思いましたが、嬉しいくて楽しい日が一気に終わってしまうより、日をずらして帰った方が父の寂しさも少しはやわらぐかと、私は一週後の週末に帰りました。そこで訪れてみたのがこちら『B&B 無ら里』(ぶらりと読みます)さんです。


b0083902_21300832.jpg
 花巻の市街地より少し奥まった場所にあり、周囲は緑たっぷり、深呼吸すると草いきれが心地よく、ゆったりした気持ちに浸れるレストランホテルです。(B&Bとは、ブレックファスト&ベッドのこと)

b0083902_21323099.jpg
b0083902_21332372.jpg

 この階段をあがるとお部屋は三室、シンプルで落ち着いたしつらいで、外の新緑がカーテン代わり、開け放って鳥の声を聞きながら一日過ごしても退屈しないでしょう。


b0083902_22235961.jpg



 
 花巻の実家から目と鼻の先にあるので、久しぶりに自転車で行ってみましたが、5月の風もさわやかで、ペダルも軽く感じました。遠く見える山脈は緑豊かで蒼い空に溶け込むような素晴らしい景色が広がります。オーナーの滝さんにお伺いしたら、遠方から車でいらっしゃる泊まり客はもちろん、ランチにディナーにといらしゃる地元のお客様が多いとか。ストーブのあるリビングや明るいサンルームはレストランというより、知り合いの別荘にでも遊びに来た感じで、どこかほっとする空間です。小学生の男の子とそのお母さんが楽しそうにデザートを召し上がっている様子も微笑ましい光景でした。


 
b0083902_20264829.jpg

 遅い春を迎えた岩手路、花巻を起点に三陸鉄道で遠野や釜石へ足を伸ばすのもいいかもしれません。里山はほんのり色づいて、これからは緑が日増しに色濃くなります。ゆったりのんびり、こんなB&Bで過ごし、オーナーとゆっくりおしゃべりをしながら北東北の5月を満喫するのもオススメです。
 
b0083902_20285439.jpg
 




by miki3998 | 2014-05-15 20:46 | 花巻  宮沢賢治

 「日々雑感」 ゴールデンウィークも終わりましたね。

b0083902_09081294.jpg
               ( 鳥達からの贈り物  釣鐘水仙 )


 ゴールデンウィークも終わり、しばらく長い休暇は望めませんが、思えば私の仕事は曜日や休日に関係なく、観察や作業も含めて休み無し。あ、休み無しといっても始終体を動かしているのではなく、何もしないでボーッとしている日もあります、もちろん。フリーランスですから、誰に雇われているわけでもないので、文字通り自由。忙しそうで実は暇だったり、猫の手も借りたいくらい忙しくて立ちっぱなしの日もあります。
 この仕事は、枝が伸び過ぎると剪定と言うメンテナンス、雨や嵐の前にはプランターを移動させ、できるだけ生きやすいように養生してあげたり、タネや苗、球根が増えれば誰かにもらってもらい、喜ぶ顔を見てまた同じ作業。時折元気な子供達をカメラに収めたり、散歩をしながら畑や森、野原の今の表情を捉え満足したり、心配したり、、、仕事とはそんな感じです。 それは母親業も同じ。みんなが食べ終わる頃に残り物をもったいないなあと口にほおばり、お風呂も最後、家事はもちろんのこと、家族が病気になれば、自分と代われるものなら代わりたいと快復を心から願い、そして寝ずの看病。これはボヤいているのではなく、好きでやっていることで、それが仕事であり生き方として納得しています。母親になったことも、草花の仕事を選んだのも自分の意思ですから。 


b0083902_09272308.jpg

 裏の野原、持ち主は少し離れた所に住んでいらっしゃいます。ここまでの道は細くて階段も少しあります。たぶん家が立つことはしばらく無いと思いますが、大きな梅の古木1本と、小さいのが2本、実がなる頃に草刈りと収穫にご主人がいらっしゃいます。腰の高さまで野草が生えると、一日かけて草刈りをしてくれるのですが、スカンポやハルジョン(ヒメジョンかな?)に混じってフランスギクが群生しているのです。何十本と摘んでもまだまだいっぱい。そんなフランスギクは残して草刈りをしてくださるのが本当に嬉しい。しゃがんで観察すると、スギナやカラスノエンドウ、そしてスズメノエンドウにケマンソウ、ところどころに野生のシラーも生えています。最近はこんな野原も少なくなって、空き地はすぐに建物や駐車場になってしまいますが、願わくばここはこのままでいてほしいものです。 

 
 
b0083902_09362645.jpg

 お隣のおば様の庭に降りて行くための階段脇に、たくさんの白雪ヒナゲシが咲いています。これはそのなかの一輪です。薄い花弁と折れそうな茎、葉は蓮に似ていて下の方に付いています。飾る頃には花弁が散ってしまい、持ち帰るのもかわいそうなので、いつも眺めるだけ。風にひらりと揺れる様はとても大人びて、薄暗くなってから見ると日本画に出てきそうな幻想的な風景になります。

 
 
b0083902_09432384.jpg
  
  これも好きな花(あ、どの花も公平に好きなんですけどね)、Silene dioca レッドキャンピオンといいます。ナデシコ科の花です。先日フィンランドに旅した友人から花のタネを数種類、お土産でもらいました。その中にこの花のタネがあったのです。名前がわからず、ずっと気になっていましたが、お隣のおば様の裏庭の蘭のプランターに一輪咲いていました。来年はうちにもこの花が咲くのです。もらったお土産の中で一番嬉しかったかも。また一人育てる子供が増えましたから。。。母親業、まだまだ続けられそうです。そう言えば今週末は母の日。終わることの無い仕事を与えてもらった喜びをかみしめる日ですね。


b0083902_09532522.jpg

  

by miki3998 | 2014-05-07 10:00 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(4)

アスパラ三昧。。。ラジオもやってます。 

b0083902_02492975.jpg
  < 只今ラジオの準備中! >
  明日5月5日こどもの日のゲストは、『鎌倉の歩くジュークボックス』と呼ばれている浅沼功一くんです。
  『僕たちと音楽の出会い」をテーマに7時20分頃からの特集です。聞き手にgood sleepsの高橋圭くんをお呼びして、彼らのフリートークととっておきのライブ音源をお聴きいただきます。どうぞお楽しみに!

  写真は5月3日に26回目の誕生日を迎えた圭君のために功一君を交えて、明日の音源選びや話のまとめをしているところ。(4日の深夜です)ちょうど花巻のフェイスブック友達である農家の平賀恒樹さんから採れたてのアスパラが届き、料理はアスパラ三昧。朝採りの瑞々しいアスパラは、まずそのまま生でもおいしく、バーニャカウダーでバシバシいただきました。(写真はなし)


 
b0083902_03040635.jpg
   
   ラタトゥイユに根菜サラダ、若者の食欲は限りがありません。あっという間に完食!
   まだまだありますよ、夏野菜のカレーです。吊るしベーコンをたっぷりつかったカレールーをさっと揚げた野菜と一緒にいただきました(これは届いたその日に作って完食)。美味しい野菜はいくらでも食べられます。お腹はパンパン、ベルトひとつ分ゆるめなきゃ。。。(笑)


     
b0083902_03091101.jpg

   どれもシンプルな料理で素材の旨さを引き出す感じ。5月のさわやかな風と色濃くなり始めた緑、鳥のさえずりをBGMに、テラスで食事をしたくなる、そんなゴールデンウィークにぴったりなメニューです。たっぷり作って気の合う友達と今日もワイワイ休日を楽しみます。
   そろそろ二人の相談もまとまったみたいで、「僕たちが出会った音楽」の音源5曲も決まりました。5日の朝7時、お休みですけど早起きしてぜひ鎌倉FMにチューンイン!聴いてくださいね。<Tunein Radioをダウンロード、鎌倉FMに合わせてタップ。am7:00になると「おはよう鎌倉」の放送が流れます>

  5月5日 音源リスト
   1 ジョージガール  ザ シーカーズ
   2 バンドオンザラン  ポールマッカートニー&ウィングス
   3 シリーラブソング   上記に同じ
   4 イエローサブマリン  リンゴスター&ヒズオールスターバンド
   5 ハイハイハイ    ポールマッカートニー&ウィングス  


 
b0083902_03285709.jpg
   

by miki3998 | 2014-05-05 07:20 | 鎌倉FM  『 おはよう鎌倉 』 | Trackback | Comments(0)

薫風にゆれる草花たち 

b0083902_02243535.jpg
 
   
 バラの季節になりました。でもその前に、庭の小さな草花をご紹介します。初夏を思わせる日差しの中で、可憐な姿の白い花、ミヤコワスレです。植えた時は薄いピンク色だったのに、どうしたのでしょう、今年はどれも白い花ばかり。土に肥料が足りなかったのでしょうか、不思議です。

  
b0083902_02333596.jpg

 白いタツナミソウです。ぐんぐん伸びて波しぶきを思わせる姿に、その名前の由来がわかりますね。近くの森に続く道沿いにも自生する薄紫色のタツナミソウを見つけることができます。春の山野草の代表選手、勢いがあります。 


 
b0083902_02381819.jpg
 匂い椿です。ほんのり薄紅を差したような淡い色の椿は、大きさが5センチほどの一重の椿です。ほんのり品のある香りを放つこちらはこれが最後の一花、昨年暮れ頃からいろいろな種類の椿が次々と咲いて、見るものを楽しませてくれましたが、そろそろバラの季節へとバトンタッチです。 

  
  
b0083902_02470791.jpg
 エビネランも咲いています。こちらも毎年この時期に花芽をつけ、ほっておいてもしっかり見事な花を咲かせます。
 どの花にも言えることですが、まだ春の柔らかい日差しですから、どこか淡くて温かい色をしています。


  
b0083902_02551858.jpg

 お隣の庭に咲くシキミの花。おばさまがご仏壇に供えたいからと高い場所に咲く枝を切って欲しいと言われ、何本か切って差し上げた時に落ちたのでしょう。いい香りがして花弁も華奢で美しい花ですが、枝も花にも毒があります。くれぐれもご注意を。 

 毎日庭や畑、森に行くのが楽しみで、鳥の声を聞きながらの散歩はつい長くなります。ゴールデンウィークは完全オフ、久しぶりの長い休暇なので、天気がよければ読みたい本とお茶を持って、森まで出かけようと思っています。そろそろ谷間のヤマフジが咲く頃ですから。 みなさまもよい休日をお過ごし下さい。


   
b0083902_03045601.jpg
b0083902_03052981.jpg
<ナガミヒナゲシとキュウリグサ>

by miki3998 | 2014-05-02 02:05 | | Trackback | Comments(4)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧