<   2015年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夏の風情、夏の味 「れんこん餅と新生姜ご飯」

b0083902_10040687.jpg



明日から8月、陰暦で八月のことですが、新暦では9月上旬から10月上旬の秋のことで、葉が落ちる月、葉落ち月が転じて『葉月』となったという説があるそうです。
8月6日のレザンジュサロンでは、「夏の風情」というテーマで、夏休み、夏祭り、帰省、お盆。。。など、シーズンの話題や盛夏の庭仕事、この時期の食にまつわる「夏の味」などをご紹介します。どうぞお気軽にお出かけ下さい。外は猛暑ですが、涼やかなレザンジュでご一緒に夏のスイーツのコースをお楽しみいただけたら幸いです。なお、今月のレザンジュからの贈り物は、冷たいスイーツにぴったりのデザートグラスをペアでお持ち帰りいただきます。そちらもぜひお楽しみに。


b0083902_10053105.jpg
れんこん餅


b0083902_10062168.jpg
新生姜ご飯 


夏のおもたせはどんなものをお選びですか?
7月、8月季節限定の『れんこん餅』は、7月のお稽古のおやつにみなさんといただきました。和三盆と黒糖、れんこんの澱粉で作られた、口当たりも爽やかで美味しい水菓子です。また下の写真は、新生姜の千切りを炊き込んだご飯にちりめんじゃこと茗荷がのったシンプルなお包み。新生姜の香りとおじゃこの程よい辛さ、ご飯がたっぷりなので食べ盛りの息子のお弁当にも充分な量です。もちろん親しい方へのお土産にも喜ばれると思います。いずれも日影茶屋さんの季節限定のお品です。添えられた保冷剤の小花模様、ちょっとしたことですが、こんなところへの心遣いが嬉しいですね。 
サロンでは、スイーツのコースをお召し上がりになる前に、暮らしのちょっとした工夫や季節の室礼、草花のご紹介などをさせていただいております。お席に余裕のあるうちにご予約いただけますようお願いいたします。<お申し込みは、レザンジュ鎌倉本店 0467−23−3636まで> 





by miki3998 | 2015-07-31 10:54 | レザンジュサロン | Trackback | Comments(2)

鎌倉暮らし

b0083902_23250227.jpg


 いつもの坂道、スタジオから帰るときはゆっくりゆっくり登ってきます。けっこう急な坂なものですから、家にたどり着くまでに2、3度立ち止まり空を見上げたり、登って来た道を見下ろしてみたり、休みながらの帰り道は登り始めてから15分はかかるでしょうか。。。(下りは10分もかからないのですが)
 途中の角に友達のアサコさんの『阿園の庭』というカフェがあります。庭の大きな栗の木が目印で、その下に小さなイガグリが落ちていました。暑いけど秋に向けてちゃんと準備してるんだよと言っているようで、辺りを見回し3個ほど見つけて持ち帰りました。
 季節を告げる草花は、突然現れるのではなく、それぞれが着々と準備しているのです。たまたま目に付いた落ちたイガグリですが、誰かに知らせるためのサインのように思えます。急いで先取りするでもなく、遅れて追いかけるのでもなく、路傍の草花から季節を移ろいを感じとる...そんなちょっとした発見も楽しいものです。
 数日後、同じ道をゆっくりゆっくり登っていたら、アスファルトの上にアオダイショウが!2メートル近くはあるでしょうか、足がすくんで声をあげそうになりました。暑さで草むらから草むらへ移動中だったのでしょう。なかなか視界から消えてくれず、しばらく立ち往生。鳥肌がたちました。鎌倉はヤモリもカナヘビ(トカゲのようなもの)も出ますし、ムカデやゲジゲジ、脚の長い蜘蛛もでますが、ヘビだけは大の苦手、何度見ても慣れません(慣れるのも怖い)。
 住みたい街ランクの上位にあげられる鎌倉ですが、いいことばかりではないのです。森や竹林がすぐ側にあり鬱蒼とした草むらのあるお宅なら、こんなことは珍しくはないでしょう。それも含めて自然と向き合いながらの鎌倉暮らし...いかがですか?


 
b0083902_02211515.jpg




by miki3998 | 2015-07-31 08:41 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(2)

暑中お見舞い申し上げます。 <8月のスケジュール>

b0083902_21423074.jpg


 
   明日は7月最後の月曜日、ラジオの特集は『夏の風情』をテーマにお話しさせていただきます。
   話題の夏グッズ、住まいの工夫、夏こそ縁側...etc. 8月を目前にイベント紹介のコーナーも!
   Tune In Radioというアプリをダウンロードして、鎌倉FMをお気に入りに登録してください。
   毎週月曜日朝7時、快適生活情報局鎌倉FM 高瀬美紀の「おはよう鎌倉」をどうぞよろしく!



               ********************

  
 <8月のスケジュール> 
  8/6  レザンジュサロン  『夏祭り』をテーマにデセールのコースをお楽しみいただきます。

  8/10.11 Phoenix Art Project vol.2
      18:30開場、19:00開演 和光大学ポプリホール鶴川にて 
     『LIFE』をテーマにバレエ、ダンスコンテンポラリー、音楽が融合する舞台。
      素晴らしいダンサー達を交えた刺激的な公演です。ぜひお出かけ下さい。
     ※舞台の草花を担当させていただきます。
  
  8/22  銀座教室      「晩夏のリース 〜緑を集めて〜 」 
   /23.  北鎌倉草花教室   「 夏の終わりの贈り花」 <おやつにずんだ白玉を作ります。>
   /25  オフィストヨダ        上記に同じ
   /29 北鎌倉草花教室        上記に同じ

  ※土曜クラスの募集をします。午前11時から午後2時まで。ご興味のある方はコメント欄から連絡先をお知らせください。お返事を差し上げますので、お名前、メールアドレス、電話番号をお願いします。 


 
  
b0083902_23455377.jpg






  

by miki3998 | 2015-07-26 23:47 | STUDIO PLANTS | Trackback | Comments(2)

夏のリースと涼を呼ぶ室礼

b0083902_23003092.jpg

b0083902_23021963.jpg


b0083902_23031766.jpg

b0083902_23041229.jpg
  隔月で里帰りをしながらB&Bレストラン『無ら里』でサロンを主宰させていただいて、次回で丸一年になります。
  開催当時からずっとレギュラーでご参加くださっている方をはじめ、今回もお二人が新しいお仲間になってくださいました。花巻や北上、そして盛岡と、広い岩手県のあちらこちらからお集りいただき、心から感謝しております。ありがとうございます。
  7月のテーマにそった花材を集め、テラス席で準備をしておりますと、食事にいらしたレストランのお客様からも注目していただけるようになり、またホテルの宿泊に興味を持ち鎌倉から参加を希望される生徒も増えて、次回9月はより一層充実した会にしたいと思っております。
  写真は夏のリースのために集めた野いちごやノブドウ、エゴの実やヨウシュヤマゴボウ...etc 犬の散歩をしながら実家の周りで見つけたものばかりです。瑞々しい夏草や宝石のような輝きを放つ木の実、うねる様なラインの蔓など、どれも自然の造形の美しさとその魅力を見せつけてくれます。 

  
b0083902_23174925.jpg
 
b0083902_23193649.jpg
 
b0083902_23224109.jpg
 
b0083902_23390180.jpg
b0083902_23402469.jpg
  サロンでは、時節にあった話題もご紹介していますが、今回は『涼を呼ぶ室礼』ということで、会員の方にわたくしからのお土産に葉山の日影茶屋さんのれんこん餅をお持ちしました。召し上がっていただきながら、盛夏にふさわしい器やバリ島で買い求めた篭を使った室礼、「青紫聯芳」のお話をさせていただきました。また日本古来の文様の美しい手ぬぐいと扇子の飾り方なども...。拙い説明を熱心にメモをとりながらお聴きになる皆様の真剣な眼差しと楽しそうな表情に、次回また暮らしに役立つエッセンスのご紹介をさせていただくお約束をさせていただきました。9月は花巻祭りの初日11日、12日に開催します。400年を超える歴史ある祭りには、鹿踊やお神楽、風流山車や100基以上の神輿が市内を邌り歩きます。ご興味のある方は『無ら里』0198-24-2026へお問い合わせください。よろしくお願いします。 


 
b0083902_23492989.jpg
b0083902_23503983.jpg

by miki3998 | 2015-07-19 00:11 | 花巻  宮沢賢治 | Trackback | Comments(4)

いいことってね…

b0083902_17065142.jpg

( ヤマボウシの実 )


玄関でチャイムが鳴った。開けてみたらご近所の小学生Rintarouが立っていた。どうしたのと尋ねると、泣きじゃくりながら言葉を詰まらせた。どうやら鍵を持ってなくて、家に入れないらしい。共働きでひとりっ子。小さい頃からよく知っているイガグリ頭のかわいい坊やだ。


お母さんが帰るまでうちにいていいよと言うとホッとしたような表情を見せた。小学生が喜ぶようなおやつがないなあ…なんて思いながら冷蔵庫を物色。そうだアレがある。


ゴリゴリ、シャーシャー…氷が気持ちいいくらい細かく砕かれ、下の硝子ボウルに積もってゆく。メロンのシロップがあったはずだ。


 その間、母親に電話をして事情を説明するRintarou。塾に行かなければならないのにどうしよう…てなことを説明している。するとモゾモゾとリュックの中を探し始めた。「あった!」声を弾ませながらこっちを向いた。どうやらいつもと別の場所に鍵をしまいこんでいたらしい。やれやれだ。


 電話口で母親が恐縮しながら何度もお礼を言った。ラジオの仕事から帰ってくる時、いつも坂の途中ですれ違い、きちんと挨拶を交わす働き者のお母さんだ。


「よかったじゃない、Rintarou。困った時におばさんを思い出してくれて嬉しいよ。」そう言いながら緑色のシロップのかかったかき氷を差し出す。汗を拭きながらサクサクのかき氷を頬張るRintarou。ありがとうございましたと頭を下げて、元気に帰って行った。


テラスでクマのぬいぐるみを日光浴させているあのおうちの坊や…もう4年生なんだなあ。


【 前回のブログで呟いた〈いいことがあったの…〉はこんなさもないことでした】


by miki3998 | 2015-07-16 17:04 | 今日のつぶやき

夕暮れ

b0083902_22125948.jpg



お昼間は風が強くて、竹林が右に左に大きく暴れていましたが、今はおとなしくなり、サワサワと笹の擦れ合う音だけが聞こえます。
実は今日、ちょっと嬉しいことがありまして、その後なんだか気持ちよく仕事が出来たりして…単純なんですね、自分は。
ふと窓の外を見たら丹沢の空が真っ赤。急いで二階に上がりました。夕焼けは珍しくないのに今日は特別美しく思えて…きっとみんな同じ空を見てるんだろうなあって、また温かい気持ちになりました。小学生の作文みたいになりましたが、飾らず素直に笑顔になれるっていいなあと思った一日でした。
by miki3998 | 2015-07-13 19:44 | 今日のつぶやき | Comments(4)

備える夏、ビタミンカラーの常備菜



b0083902_17334643.jpg

****** MENU ******

旬の果物を使って

ミントとショコラ、メロンのスープ

信州のブルーベリー
ジュレとアイスクリーム

杏〜信州大実〜
タルトアプリコット
コンポートとジュレ
ジャムとヨーグルト

お好みのドリンク

*****


梅雨まっただ中の鎌倉、お足元が悪い中レザンジュサロンにお出かけいただき、ありがとうございました。
昨日は遠く岩手からいらしてくださったお客様も...。ご提案した内容に大きく頷きながら熱心にメモをとっていらっしゃいました。お帰りの際、見頃な観光地のお尋ねがございましたので、八幡様の源平に咲く蓮の花のお話をさせていただきましたら、都内からいらした同じテーブルのお客様とご一緒にお出かけになったご様子。お一人でいらしたお客様同士、親しくなられるのを拝見すると、こちらも嬉しくなるものですね。蓮の花、無事ご覧になれましたでしょうか。


b0083902_18124180.jpg


 今月は『梅雨をたのしむ」というテーマで、雨の日の家仕事、常備菜作りのおご紹介をいたしました。
梅雨明け後、暑い夏に向かい食欲の無い時にも活躍するフルーツトマトとオリーブのピクルスやブルーベリービネガー、短時間でできるキィウイとライチの果実酒です。作った翌日にいただけるものから1週間後に美味しくなるものなど、夏場の食卓を彩るメニューの脇役としてすぐに活用していただけるものばかり、写真には写っておりませんが、いま注目されているチアシードのご説明もさせていただき、スタッフが作ってきた紫蘇ジュースに入れて試飲していただきました。
 料理は作る楽しみや食べる楽しみ、おいしい笑顔を見る楽しみがありますが、常備菜は、出来上がりを待つ楽しみと「備える』という<安心>も加わります。ビタミンカラーの食彩豊かなメニューは食欲も増進、夏バテ予防にもなります。
次回8月6日のレザンジュサロンは「夏祭り」をテーマに季節の歳時記、8月の山野草、そして「包む風呂敷、結ぶ手ぬぐい」のお話も。。。どうぞお楽しみに。



b0083902_22352534.jpg

 

by miki3998 | 2015-07-10 23:02 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(0)

つるとはな

b0083902_00282436.jpg
  仕事の資料を集めに横浜へ。
  大きなバッグを両肩に振り分け荷物のように背負い、それでもまだ探している雑貨がありましたので、駅ビルの中をブラブラと。久しぶりに大きな本屋さんを覗いて見つけたのがこの本です。いつもは鎌倉駅前にある「たらば書房」というお店を利用していますから、あまり他で本を買うということもなくなっていましたが、「つるとはな」というタイトルに興味があってパラパラめくってみました。そこで目に留まったのが「初公開 須賀敦子からの手紙」という記事。しかも創刊号と2号が並んで置いてあります。特集は前編と後編に別れていて、これは2冊とも買わなくちゃと、他はあまり目も通さずにレジに直行。週末にじっくり読みました。なんとこの本、昨年11月に創刊号が発売になり、今月初めに2号が発行されるまで10ヶ月近くかかっているんですね。しかも裏表紙にそれぞれ「伊勢丹」と「とらや」の広告が載っている以外には、1ページも宣伝広告がないのです。内容はおよそ80代の国内外の女性の記事がメインです。センセーショナルな特集があるわけでもなく、ファッションや流行の話題が載っているわけでもない。マットな感じのグラビアがちょこちょこっと、はじめからおわりまで同じ温度という感じです。


  
b0083902_00515761.jpg

  最近の雑誌事情に詳しいわけではありませんが、趣味嗜好が細分化されているように、雑誌もジャンル別、年代別、地域別、さまざまなライフスタイルに合わせた週刊誌、月刊誌が続々と出ては消えていきます。女性に人気の料理本やファッション雑誌も売り場狭しと並べられ、積み重ねられている中から選ばれること自体、その本のアピール度は高いということになるかもしれません。それを考えれば表紙は大事。ジャケ買いという言葉がありますがまさにそれ、鎌倉在住の料理家ホルトハウス房子さんご夫婦の日常のひとこまを切り取ったような動きのある表紙に「あら?」という感じで目に留ったのでした。そしてこのタイトル、『つるとはな』。。。。


 
b0083902_02023955.jpg

「ねえねえ、おばあちゃんの名前ってなんだった?」という他愛ない会話から雑誌名が生まれたとあります。
本のテーマは「人生の先輩に聞く」。創刊号には二文字の名前のおばあちゃんたちが登場します。有名人でもなく、特別な人でもない、でもそれ一人一人味わいのある表情をされ、いくつかのドラマを経たおばあちゃんたち。りんさん、ますさん、サキさんにフヨさん、つねさんにエイさん。。。ほとんどのおばあちゃんが90歳代です。御髪が白かったり、額の皺が深かったりしていますが、みなさんお元気で気持ちいいくらいすてきな笑顔でご自分たちを語っているのです。海外のおばあちゃんも出て来ます。温かい眼差しとチャーミングな笑顔。赤いカーディガンがお似合いだったり、椅子に腰掛ける姿がかわいかったり。。。ページを進ませるのが愉しくなる本です。もちろんお目当ての『須賀敦子からの手紙』、前編も後編も一気に読んでしまいました。

  もしまだ見たことがない方がいらしたら、本屋さんで探して見て下さい。堅過ぎず柔らか過ぎず、媚びることなく穏やかでゆったりした本です。そしてよろしかったら持ち帰ってたっぷり時間をかけて読んでください。もしかしたら次の3号が出るまで、また半年かかるかもしれませんから。


  
b0083902_03463308.jpg

  そう言えばこの人も80代。人生の先輩は身近なところにも一人おりました。
  まだまだ元気でいろんなことを教えてもらわなくては。
  来週、帰ります、花巻へ。





 

by miki3998 | 2015-07-08 04:12 | 読書 | Trackback | Comments(10)

 今朝の「おはよう鎌倉」

b0083902_11111020.jpg
                   <通勤路で見つけた草花>

 7月第1週の月曜日、今朝の「おはよう鎌倉」は、湘南沿線の今月の催事のご紹介と『手ぬぐい』についてお話しました。北鎌倉は八雲神社例祭や円覚寺の夏期講座が催されます。すでに駅前のロータリ−(というほど大きくはありませんが)や商店街の店先には紙垂が下げられ、神様を迎える準備が整えられ厳かな雰囲気が漂っています。ここ数日は祭り囃子の練習でしょう、子供たちが奏でる笛や太鼓の音が山の上まで聞こえてきます。 


b0083902_11532756.jpg
 
 お祭りの時にも活躍するのが手ぬぐいですね。息子たちが幼かったとき、祭り半纏と豆絞りの手ぬぐいをはちまきにして、9月の花巻祭りに連れて歩いたものでした。高校生のとき、バンカラな男子学生は腰に下げて登校しておりましたし、布巾といえば手ぬぐいを使い、手を拭いたり汗をふいたり、年末年始にはご用聞きのお兄さんが手ぬぐいをご挨拶代わりに置いて行ったものです。遠い昔、下駄の鼻緒が切れたとき、手ぬぐいを裂いてその場をしのいだりもしました。
 先月末に作った和菓子「水無月」を蒸す時も、鍋蓋には手ぬぐいをかぶせて蒸気が滴り落ちない様にしました。思えば手ぬぐいは日常の道具として欠かせないものだったような気がします。
 8月の教室では、「包む』をテーマに手ぬぐいと風呂敷の使い方をご紹介しようと思っています。(7月はピクルスやフルーツ酢のご紹介です。)
 ちなみに私が選んだ二種類は、[市松]と[鱗]です。市松は元は石畳と呼ばれた模様ですが、江戸時代の歌舞伎役者・佐野川市松が舞台衣装の袴などに用いてから市松模様と呼ばれる様になったと言われています。また鱗は、蛇を表し、脱皮することから役を脱いで生まれ変わるという意味をもっているそうで、この模様を身につけていれば厄払いになると言われています。意外に知らずに使っておりますが、教室ではこうした由来も含めて、結び方や包み方、手ぬぐいで作る小物についてもご紹介しながら、暑い夏に涼を呼ぶ草花の室礼をお稽古します。 


 
b0083902_12180718.jpg
               <番組でご紹介した7月の行事 海開きや花火大会など>


      *******************************************

   北鎌倉草花教室へのご質問がございましたので、ここでお応えします。
   3ヶ月クールでお稽古の内容をご紹介しています。草花と色彩、質感、季節の室礼、そして食との繋がり...
   月に一度の教室ですが、草花を通して暮らしに活かされるエッセンスをご紹介しています。年末のリース教室以外には今現在一日教室の予定はございませんので、悪しからずご了承ください。継続会員としての入会をご希望の方は、コメント欄からお名前と連絡先のアドレス、電話番号をお知らせください。よろしくお願いします。 

     

by miki3998 | 2015-07-06 12:40 | 鎌倉FM  『 おはよう鎌倉 』 | Trackback | Comments(0)

楽しむ梅雨 

b0083902_03035649.jpg

         ******** 7月のレザンジュサロン *********

 ブルーベリーのシーズンです!レザンジュ恒例の期間限定ブルーベリータルトの販売が始りました。
 契約農園から届く粒よりの手摘みブルーベリーは、そのまま召し上がっても格別の美味しさ、伸ばした手が止まりません。
 御中元でいただいたブルーベリー、今年は初めて白ワインビネガーに漬けて見ました。以前ミニトマトをブルーベリー酢でピクルスにしたものを食べたことがありますが、その香りと美味しさにびっくり、こんな組み合わせもいいなあと思いました。梅雨時は家で過ごす時間が多くなります。今月のサロンは、夏の食卓を飾る色とりどりのフルーツピクルスのご紹介を!旬のフルーツで作るビネガーやサワーのレシピも差し上げます。「楽しむ梅雨」をテーマに文月にふさわしい話題と草花をご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。ご予約はレザンジュ鎌倉本店 0467-23-3636 まで

 日時  7月9日(木曜日) 午前10時30分〜午後12時30分
 場所  レザンジュ鎌倉本店
 会費  7000円(+消費税) デセールのコース&プレゼント(ミニブーケとサラダボール)


b0083902_04235632.jpg
                 


 毎回ご好評をいただいているサロンからのプレゼント、7月はレトロなデザインのサラダボールです。
 フルーツを盛ってもサラダを盛りつけても素敵。水をはって夏草を浮かべてみるのも涼しげですね。思い思いに活用していただければ幸いです。5月からのガラスの器シリーズ、来月は同じデザインのフラッペグラスをペアで差し上げます。どうぞお楽しみに。


b0083902_04134550.jpg
                   


 

  

by miki3998 | 2015-07-03 05:03 | レザンジュサロン | Comments(0)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧