『幸田家の人びと 江戸〜平成 4代の物語』を見て

b0083902_04251838.jpg



 ここ数日、BSプレミアムカフェで、代々続く家族についての番組を見ました。テーマは「家族の肖像」、いずれも数年前の番組の再放送でした。
 第一回は「受け継ぐ 京都 老舗料亭の代替わり」(14代当主の高橋英一さんから息子義弘さんへの代替わりの密着ドキュメント)、第二回は「トライエイジ 三世代の挑戦 金田一家三代の物語」(日本語研究で知られた金田一京助、春彦、秀穂の挑戦をドラマ仕立てで)、第三回が「幸田家の人びと 江戸〜平成 4代の物語」と、初回放送の日時はそれぞれ違っておりましたが、10年以上も前の番組なのに古さを感じず、新鮮な感動を覚える見応えのある番組でした。解説の狂言師野村万蔵さんのお話も良かった。継承する伝統芸能の厳しさや心構え、先代や家族への思いなど、万蔵さん流のユーモアやお考えも加わり、硬派な番組を理解する上で柔らかい印象が加わったと思います。

 中でも第三回の「幸田家の人びと...」については、明治の文豪幸田露伴とその娘、孫、曽孫と4代にわたって作家となった家族の絆についてで、露伴役に中村梅雀さん、幸田文役に原田美恵子さんが演じられ、露伴の娘たちに対する言葉やしつけが朗読劇のようになっているのです。時折玉さんがお母様の文さんのことを語られたり、曽孫の奈緒さんがその生い立ちや作家になるまでの経緯、生家を訪ねて歩く場面など、作家一族の〈血〉について考えさせられるところもありました。深夜の番組ですが、久しぶりに見応えのあるドキュメンタリーでした。




b0083902_04283654.jpg



 恥ずかしながら露伴の著書は「五重塔」しか読んだことがありませんが、この番組を見て興味を持ったのは、父の露伴よりもその娘の文さんや孫の玉さん、そして曽孫の奈緒さんです。厳格な父親の元でどのように育ちどんな考え方や生き方を教わったのか、ことさらその紡ぎ出される言葉の美しさには大いに興味が湧き、早速それぞれの著書を注文しました。
 実は昨年のお正月、NHKの「視点 論点」という番組で、奈緒さんが着物についてお話になっていたのですが、その際もいいお話だなあと感銘を受けたのを覚えております。着物には流行がなく、親子3代あるいはそれ以上継いで着られること、体のサイズが多少違っても対応できること、帯や小物使いで色々に楽しめることなど、お聞きしていて頷けることばかりでした。最近仕事で着物を着る機会をいただいたこともあって、大いに着物への関心もありましたので、まずは奈緒さんの「幸田家の着物」、文さんの「台所のおと」、そして玉さんの「幸田文の箪笥の引き出し」、以上3冊を読んでみようと思います。読後の感想はまた追ってご紹介します。




b0083902_04315229.jpg




# by miki3998 | 2017-01-13 05:41 | 家族 | Comments(4)

大寒を前に

b0083902_23335306.jpg


一月は行く、二月逃げる、三月去ると言いますが、あっという間に一月ももう中旬、お正月気分も抜けて平常通りの暮らしが戻ってきました。買い物に出かけましたら、店頭には節分でいただく恵方巻きの予約のポスターが貼ってあったり、鬼の面付きの豆が売っていたりで、暦を先取りする過激な商戦に惑わされることなく、余裕を持って自分の暮らしに合った歳時記を綴っていければと思います。




b0083902_23521385.jpg


実家での毎日は起きてすぐの犬の散歩に始まります。幸い雪のない暖かい新年で、雪かきをすることもなく、穏やかなお天気が続きましたが、朝晩は冷え込みますので、家の周りに降りた霜を眺めながら約30分運動がてら犬と歩きます。その風景の美しさにしばしば足がとまり、携帯に収めました。寒さは苦手ですが、どの写真も田んぼに張り付くようにして写したもので、凍てついた地面の冷たさも忘れて、夢中でシャッターを切りました。なにしろ刻々と日差しが強くなり、ボヤボヤしておりますと溶けてしまうのです。



b0083902_00015170.jpg


まるでエメラルドカットのダイヤモンドのような霜柱。踏むとサクサク音がします。




b0083902_00034795.jpg


溶けた雫がそのまま丸く凍って...



b0083902_00064518.jpg


散歩も終わりに差し掛かる頃、昇ったお日様が背中を温めてくれます。そしてさっきまで凍っていた丸い霜の幼子たちは、溶けてまた土に沁み込んでいきます。その一滴一滴がキラキラ輝いて、それがまた美しい故郷の朝の風景として瞼の奥に刻みました。


老いた両親は、そんな毎日を日の当たる台所で迎え、食事を共にしながら外の風景を眺めて過ごします。犬を連れた老人、ベビーカーを押す母娘、郵便屋さんに宅配便のトラック...そのどれもが話題になるのです。私が北鎌倉に戻るまでは、母の手料理を食べながらたわいない会話で笑い合いました。90歳を前にした父には、日々生きていることが奇跡に近いことかもしれません。何かしてあげる度に「ありがど、ありがど。」と二回繰り返す父は、もう自分一人では何もできないものですから、すべてがありがとうなのでしょう。当たり前のことをしているのだからいいのいいのと言っても、半分ベソをかきながらの「ありがど、ありがど。」と感謝の言葉を口にします。そして寂しさから次にいつ来るのかと何度も聞いてきては、せめて仙台なら近いのにとため息をつくのです。




b0083902_01102557.jpg



花巻を立つ日、父の好きな相撲が始まったのがせめてもの救いです。しばらくは母と相撲談義に花を咲かせてくれたらいいなあと思っています。もちろん私も電話を入れますけれどね。

大寒を前に明日は全国的に寒波が襲うようです。東北もさぞ荒れた天気になるでしょう。穏やかな鎌倉で過ごしながら気温差10度もある故郷岩手に思いを馳せます。大雪にならなければいいのですが、気にかかります。インフルエンザも流行っているようですし、どなた様もくれぐれもご自愛くださいますように。











# by miki3998 | 2017-01-12 01:32 | 花巻  宮沢賢治 | Comments(4)

1月の北鎌倉散歩 2017 

b0083902_03112475.jpg



 大晦日から仕事始めの前日まで、実家に里帰りをしておりましたので、今年初めての散歩は、年明け10日の午後から、郵便局への用事を足しながら、女学校経由でのんびりご近所を歩いてみました。散歩と言ってももっぱらよそ様のお庭拝見という感じですが、歩くのは路地から路地の細い道ばかり。まず目に入ったのは、プランターで育てられたエンドウ豆の花でした。自由自在に伸びた茎は太くて葉も大きく、花芽もたくさんついており、これぞ露地物という感じです。(それにしても早いですね、咲くのが)




b0083902_03125507.jpg



 坂を上りながらそのまま冬休み中の女学校へ。誰もいない校舎の生垣はすべて椿で、蕾の固いものや満開を迎えた紅白の藪椿が艶やかに咲いておりました。椿は葉も美しく、日に照らされた葉脈が光沢を得てより一層生き生きと見えます。椿餅なる和菓子がありますが、道明寺生地に餡を入れ椿の葉で挟んでおり、冬から初春にかけての京菓子として茶席などで振る舞われたそうです。なんとも優雅なお味の季節菓子です。




b0083902_00473241.jpg



 白い藪椿はシベを見てとばかりに花弁を反らせて咲いており、痛んだ花弁は寒風の中でのありのままの姿で、ことさら愛おしく思えました。
 1月は蝋梅や木瓜、青文字などの枝物とシンビジウムを加えて、冬の椿を生けてみようと思います。20日の大寒を過ぎる頃、今年最初のお稽古が始まります。一年の中でもこの月ほど厳かな気持ちで草花に向かう月はないかもしれません。新しい年にふさわしい、どこか緊張感の漂う花あしらいもなかなかいいものです。



 

# by miki3998 | 2017-01-11 04:36 | 鎌倉・北鎌倉 | Comments(0)

仕事始め

b0083902_03344011.jpg



寒中お見舞い申し上げます

新年早々PCの調子が悪く句読点が打てなくなりました お見苦しい点はご容赦ください
本日仕事始め 高瀬美紀の『おはよう鎌倉』始動します
特集は小正月の行事「餅花作り」についてです
連休最終日 成人の日の朝7時スタートです
よろしければお付き合いください
本年もどうぞ宜しくお願いします

      January 9 2017



b0083902_04121152.jpg


一日教室のお知らせ

小正月から立春まで飾っていただける「餅花」をご一緒にお作りいただくワークショップです
故郷岩手では「みずき団子」とも呼ばれます
地方によって「まゆ玉」「稲の花」「粟穂」「稗穂」とも
花のない季節に五穀豊穣を願い 室内に優しい色合いの餅花を飾ります
どなたでもご参加いただけますので お気軽にお申し込みください

日時  1月13日(金) 14日(土)  午後1時〜3時
会費  5000円 
お持ちいただくもの  お持ち帰り用バッグ(大きめの紙袋 または風呂敷)
お申し込み  コメント欄に鍵をかけて お名前と連絡先(電話番号)をご記入ください
締め切り 1月11日午前10時まで
(恐れ入りますがキャンセルの場合は キャンセルフィーを頂戴します)
おかげさまで定員ととなりました。有難うございました。




b0083902_04400649.jpg






# by miki3998 | 2017-01-09 04:46 | 鎌倉FM  『 おはよう鎌倉 』 | Comments(2)

秋深し…

b0083902_16222732.jpg



小淵沢から戻りました。
毎日天候にも恵まれ、ご一緒したI夫妻のお蔭で、たくさんの素材を集めることができました。長坂、清里、小淵沢から原村、茅野まで足を伸ばし、八ヶ岳や甲斐駒ケ岳、南アルプスや富士山など、眺める場所によって表情を変え、晩秋の野山はしっとりと落ち着いた色を見せてくれます。
写真は茅野で見つけたアケビです。
しばらくテーブルに置いて眺めておりましたが、時間が経つにつれて熟して柔らかくなり、調理するにはちょうどいい硬さになりました。
今日から花巻に里帰り。東京駅から電話を入れましたら父が出ました。
「ありがとう、ありがとう。」そう言って3度目のありがとうは涙声でした。毎月帰っているのに、一日千秋の思いなのでしょう。声に張りがあるので、私の方はほっと安心。十日余りですが、また両親と共に過ごします。アケビはカバンの中に入れました。父が喜ぶ顔が見えるようです。

b0083902_16222860.jpg


長坂の別荘地で見つけた野菊です。アケビといいこの野菊といい、晩秋の紫色の美しいこと。枯れ野に咲く姿だからでしょうか、気高さと強さを感じました。自然の造形や季節ごとに微妙に変化する野山の色彩には、ため息が出るくらいその素晴らしさに魅了されます。
花巻でもいまこの時の自然を十二分に感じてこようと思います。

# by miki3998 | 2016-11-15 15:52 | 旅行 | Comments(2)

リース教室のご案内 その1

b0083902_01210333.jpg
 



『リース作り』
それはまずリースの素材となる枝や蔓、落ち葉や木の実を集めるところから始まります。晩秋から冬にかけての山歩き、そのまま季節を切り取るようなリースを作ります。クリスマスだけではなく、新しいリースができるまで、暮らしの中で一緒の時間を過ごすリースです。
北鎌倉の森や小淵沢の林、岩手の里で集めた素材をだいじにだいじに。。。思えば一年中素材探しをしているような気もします。
12月2〜3日は岩手『無ら里』で、6〜7日は山口『円座』で、リース教室を開催します。
今日からその準備、小淵沢の山の家に行ってきます。
 



b0083902_03162640.jpg









# by miki3998 | 2016-11-08 03:58 | リース | Comments(1)

キンモクセイの香り (10月のカレンダー)

b0083902_03322613.jpg



 ドアを開けるとふんわりキンモクセイの香りがしてきます。斜向かいの御宅の庭木でしょう。風が吹くと辺り一面甘い香りが漂うのです。
 北鎌倉にはキンモクセイを庭木にされている御宅が多く、駅までの路地にも散り落ちた花びらが、流れるように地面を覆っているのを見かけます。よく見るとその小さな花は金平糖のようでもあり、苔庭の緑にキンモクセイの橙色がよく映えます。この季節が好きで、この街が好きな理由の一つかもしれません。

b0083902_03520420.jpg


 10月のカレンダー

  8日(土曜日) 18時〜21時 銀座並木通りルセット 「贈る秋 包む秋」(ハロウィン仕様のブーケ)
                
  11日(火)、12日(水) 14時〜17時 山口ギャラリー円座 『秋の野の花を竹籠に』(写真の籠です)

  25日(火)、29日(土)、30日(日) 11時〜14時  拙宅 『熟す秋』(会員のみのクラス)
 
b0083902_03575673.jpg

 8月から毎月里帰りをすることに決め、一週間から二週間、お休みをいただいております。レッスン日は月末に集中しておりますが、何卒ご容赦いただき、早めのお申し込みをお願いいたします。
 
 





 

# by miki3998 | 2016-10-05 04:52 | スケジュール | Comments(2)

 実は。。。お席に余裕がございます。

b0083902_1385621.jpg
  



   実は私の勘違いで、花巻教室のご予約が16日金曜日はあと1名、17日土曜日の方があと4名分お席に余裕があることがわかりました。申し訳ありません。
 今回は初秋の草花を竹籠に生けるがテーマなので、花籠は充分ご用意しておりますが、もし来週の土曜日、たまたまスケジュールが空いてしまったという方は、いかがでしょう?ご一緒に無ら里でお過ごしになりませんか。お友達との週末を無ら里でのお食事がてらご参加ください。


 今週末は毎年恒例の花巻祭りが盛大に行われていて、商店街の皆さんやお子さんを神輿や風流山車に送り込んでいらっしゃる親御さんはさぞお忙しい時間を過ごされていると思います。よろしかったら無ら里さんで、ゆったりお茶でも召し上がりながら、暮らしと草花と食を繋ぐ会Studio Plantsのご提案をお聞きいただければ幸いです。当日は秋ならではの植物の姿や面白いエピソードのご紹介はもちろんですが、秋の布使い、中秋の名月を迎える9月の室礼、そして日本の伝統文化でもある「包む」美しさをご覧いただき、ご一緒に風呂敷の利用法を見直してみようと思っています。 よろしくお願いします。


b0083902_253377.jpg



 上の写真は、8月に訪れた西陣で訪れた工房の床の間の花飾りです。天井から吊るされた金網にゴーヤの蔓が無造作に巻かれていました。よく見ると実も花も付いています。花入を使わずとも、このようなあしらいができるのだと目からウロコの発見でした。草花の特徴はもとより、涼しげな緑と、夏らしい黄色の小花が、床の間に通された緊張感を和らげてくれます。 


 花巻での教室は、9月16日ですから、今年の中秋の名月である15日から1日経ってはおりますが、月を愛でる日はまだまだ続きます。今回お持ちする黒色の竹籠に、庭周りの草花や野原の陰の野草をたっぷりと抱えるように盛ってみてはいかがでしょう。成熟の秋にふさわしい草花の表情をきっと見つけることができると思います。 



b0083902_214980.jpg
  



 同じく工房の床の間です。夏仕様の竹の茣蓙に懐かしい団扇たて。最近は団扇を使うことなど滅多になくなってしまいましたね。襖も欄間も風通しのよい素材でできていて、涼を呼びます。玄関と中庭には打ち水がまかれ、暑い京都の夏を乗り切る工夫があちこちに見られるのです。今や暑いとエアコンをつけ、寒いとまたヒーターにスイッチを入れる。部屋は常に快適温度に保たれている建物に住んでおりますと、それが当たり前になって体まで季節の変化に鈍感になっているのかもしれません。果たしてそれが正解なのか、京都を訪れるたびに感じることであり、毎月通っていてもまだまだ知らないこと、気づかされることがたくさんあることを知ります。 


b0083902_2511620.jpg


b0083902_2111262.jpg
  



 家づくりは何度もできるものではありません。日本は縦に長い国、地方によっては風土も違えばしきたりや習慣も違いますが、花巻は京都と同じ盆地です。訪れるたびに暮らしの中で大事にしたいことは何か、気づいたことをご紹介しながら、贈る文化、包む文化についてレクチャーさせていただきます。 
17日土曜日はレストランもお客様が多く、おついでに教室無ら里サロンに参加される方もいるかもしれません。よろしければお早目にご予約いただけると幸いです。 どうぞよろしくお願いします。
 なお私からは、サロンのお茶請けに祇園の老舗『鍵善良房』さんの「菊寿糖」をお持ちします。お楽しみに。 


 
b0083902_246212.jpg

# by miki3998 | 2016-09-11 03:10 | 花巻  宮沢賢治 | Trackback | Comments(4)

祭りの頃   花巻祭りは明日からです。

b0083902_2231540.jpg
 


 9月7日は白露、これから秋分の日までは暑さも落ち着き、早朝の散歩の際、草花の上からコロンとしたガラス玉のような朝露がこぼれ落ちる様を見かけるようになります。夕暮れ時には虫の声も聞くようになり、秋の草花もようやく日差しの長さと強さに追いつくような色合いを見せます。秋こそ、日本の野草が凛とした美しさを発揮する季節はないと思うのは私だけでしょうか。それは鬱蒼とした草むらの中のゲンノショウコだったり、風にそよぐオミナエシだったり、大好きなあずき色のホトトギスだったり、この国の風土に合った形と色とを見せてくれる季節のように感じるのです。



b0083902_2224835.jpg




 故郷花巻では、明日9日から11日まで、花巻祭りが始まります。城下町花巻の城跡に建つ鳥谷ヶ崎神社を中心に、町中を風流山車が練り歩き、100基を越す神輿や、近郷近在から集まる鹿踊の団体など、年に一度の祭りは壮大なスケールで行われ、町の人々も楽しみにしている祭事です。昨年はこの祭りに合わせて無ら里での教室を開催しましたが、生徒の半数以上が祭りに携わる商店街のご家族が多かったため、忙しい思いをさせてしまいました。今年は一週遅れで祭りの後16日、17日の無ら里サロンを開催します。今からでも遅くありませんので、お友達をお誘いの上、どうぞお気軽にお出かけください。 



b0083902_2225631.jpg
  



 一枚目の写真は、無ら里さんのエントランス前のハトムギ畑で撮った一枚です。秋になると黄金色の稲穂も美しいのですが、重く垂れるハトムギの姿もどこか愛らしいと感じるのです。雑穀シェア日本一の花巻では、稗や粟、アマランサスなどはもちろんですが、ハトムギを生産している農家もあちこちで見かけます。子供の頃に遊んだ数珠玉に似ていますし、仲間なのですが、見分け方は穂先がうなだれているのがハトムギ、そしてその実にうっすらとですが、縦に細い線が入っています。ハトムギには美肌効果があり、イボ取り効果やむくみにも効きます。何よりハトムギ茶は香ばしく、冷たく冷やしても温かくして飲んでも美味しい。北東北の女性の肌がきれいなのはハトムギ茶のおかげではないかと思います。


 初秋の草花を集めて、竹籠に。。。まるで今庭先から、あるいは散歩の途中で見つけた野草を自由に生けるのは、決して形にこだわるのではななく、秋こそ自由奔放な野草の魅力を集めるようなイメージでご紹介したいと思っています。
 暮らしの草花はそこに季節があり、色や祭事、しきたりとのバランス、調和があってこそ生き生きとしてくるのだと思っています。身近な草花をよく観察してみると、初めの花から盛りの花、終わりの花へと変化する過程で、ハッとさせられる場面が必ずあります。花弁が薄くなり、反るように崩れ、やがて地面に帰って行く様、たとえ1日花でも一瞬輝く時があるのです。
 朝露の溢れる時間に一輪の芙蓉をひと枝折って水に戻し、素朴でも温かみのある花入に挿す時、不思議と心が落ち着きます。
 来週ラジオの仕事を終えましたら、花巻に向かいます。サロンのその日まで、周囲の山歩きや、公園の草木の成長ぶり、、、そろそろ山法師の赤い実が熟す頃でしょうか。皆様にお目にかかる日を楽しみにしております。



b0083902_22483791.jpg

# by miki3998 | 2016-09-08 22:51 | 花巻  宮沢賢治 | Comments(0)

岩手の皆さ〜ん、みちくさ学校ですよ〜。

b0083902_11421434.jpg
  



 北鎌倉の友人佐々木知幸さんが素晴らしい本を出版されました。
『 散歩で出会うみちくさ散歩 』、発刊当初より大人気で、書店でも売り切れ続出ということでしたが、なんとか手に入るようになったようです。(私もリースのコーナーで数ページですが、載せていただいております)それに関連して、この度岩手県紫波町図書館からのご招待で、以下のイベントを開催されるそうです。題して「みちくさ学校 摘んで、飾って、秋のおさんぽ」。 故郷岩手での開催とのことですから、これは喜んで私にできることならと、告知の協力をさせていただきました。みちくさ部長として北鎌倉でも有名なネーチャーガイドをしてらっしゃいますが、造園家、樹木医でもある佐々木さんのみちくさ入門、お人柄もよく楽しい道草になるに違いありません。スワッグやリース作り、ぜひお気軽にご参加ください。よろしくお願いします。 あ、こちらの本もよろしくです。


                      
   日時  2016年9月3日  10:00〜12:00
   場所  紫波町図書館 周辺 
  持ち物  軍手 大きめの紙袋
  申し込み方法  図書館カウンターまたは電話(019-671-3746)でお申込みください。
   ※当日は解散後にこの本のサイン会もあるそうです。ぜひ!
  



b0083902_12202378.jpg

# by miki3998 | 2016-08-29 12:26 | 花巻  宮沢賢治 | Trackback | Comments(0)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧