『女ひとり  70歳の茶事行脚』

 
b0083902_0191576.jpg




  偶然つけたEテレの番組。そのまま惹きつけられて最後まで目を凝らして見た。

2年かけて日本中を出張茶事をして歩く人、半澤鶴子さん70歳。懐石や茶で客をもてなす。
ある時は漁港で、ある時は農家の庭先で、行く先々の人々と触れ合いながら地元の食材を使っての茶会。
鍋釜と茶道具を車に積み、自ら運転をしての全国行脚。野宿をする日もある。
 冬の東北、着物姿で野点の準備をする鶴子さん。客は17歳の女子高校生3人。凛とした中にも柔らかい表情と言葉が、優しくそして温かい。積もる雪をも溶かしてゆくようだ。丁寧に用意された懐石料理とお茶に舌鼓を打ちながら、笑顔で感想を述べる高校生たちの真っ赤な頬が愛らしく見えた。

 鶴子さんは早くに父親を亡くし、母親も2歳で失踪。中学を出てすぐに働き出したのだそうだ。親がいないということで辛い思いもしたそうだ。想像し得ないご苦労も多かっただろう。なのに表情は明るく口元には笑みさへ浮かべる。豊かな感性と物腰の柔らかさ、軽やかに動き、楽しそうに茶事の準備をする。その力強い生き方は、積み重ねてきた一つ一つの経験からくるのだろうけれど、感謝と謙虚さとが鶴子さんを作り上げているように思う。茶事とはもてなしの心そのものだ。その茶事に人生をかけた鶴子さんから、改めてお茶の心を教わった気がする。 



b0083902_23433415.jpg

# by miki3998 | 2016-05-15 00:22 | 今日のつぶやき | Trackback | Comments(0)

ちょっとそこまで… 北鎌倉散歩

b0083902_17401466.jpg



家の中にいるのがもったいないような金曜日。テラスからの眺めもいいけれど、外の方が気持ちよさそうだ。
郵便局までの道は5月の草花でいっぱいだ。手入れされた芝生、外壁とマッチするように選ばれた洋花、お寺さんの垣根から飛び出すように伸びるつるバラ…どれもゴバルトブルーの空に映える。女学校の坂道のナワシロイチゴの花が終わりかけ、実をつける準備をしていた。石垣の下には桃色月見草が列をなして咲いている。ふぅっと心地よい風が顔を撫でる。もう夏なんだなあとニントウの匂いにひたりながらゆっくり坂を上る。つい帰り道は長くなるのだ。

# by miki3998 | 2016-05-13 17:37 | 鎌倉・北鎌倉 | Comments(0)

6月は「無ら里」で。。。

b0083902_1331689.jpg



新緑の5月、緑深まる6月、夏が近づく野山には白い花がよく似合います。
今月のサロンはたっぷりの緑を集めて「初夏のブーケ」をレッスンします。
また歳時記に合わせた「水無月の室礼」のご提案もさせていただきます。
  スタートはランチタイムの後、お食事を召し上がる方は、ご予約の際にお申し込みください。(☎︎0198-24-2026 無ら里)

日時  6月3日(金)、4日(土) 14時〜17時
会費  5000円 (ドリンク&スイーツ付き)
持ち物 花鋏 お持ち帰り用紙袋 

 <高瀬美紀> 花巻出身、北鎌倉在住。
    野草家、料理研究家、北鎌倉草花教室Studio Plants主宰
    鎌倉FMパーソナリティー、イベントコーディネーター。
flowermiki.exblog.jp 「暮らしのエッセンス 北鎌倉の山の家から」
    



b0083902_1343996.jpg
 
 ※6月の和菓子『水無月』をご一緒に召し上がっていただきます。(うまくできればいいなあ) 
# by miki3998 | 2016-05-12 13:49 | スケジュール | Comments(2)

夏を告げる花たち

b0083902_5293262.jpg
  



 北鎌倉は今、山法師の花が見ごろを迎えています。
拙宅はハナミズキをシンボルツリーに選んだのですが、すでに花は散り、オオデマリもすっかり終わってしまい、あとはバラの咲くのを今か今かと待ちわびているところです。お勝手口の野バラはすでに咲き始め、隣のトケイソウが蕾をたくさんつけているのも嬉しいところ。忙しくて手をかけてやらなくとも、毎年面白いほど花を咲かせてくれます。


b0083902_555119.jpg
 


 友人宅の庭にはエゴノキとコデマリ、ヤマボウシと白い木の花が満開。仕事帰りに立ち寄ってお茶を飲みながら縁側に座って眺めるのが楽しみとなっています。きっと今頃は東慶寺さんの松ヶ岡文庫裏のヤマボウシも雪が積もったように満開になっていることでしょう。そうそう、東慶寺さんと言えば、ハクウンボクも有名で、エゴノキを大きくしたような白い花が鈴なりに咲くはず。夏を告げる白い花は緑に映えて清々しさを感じさせてくれます。今日は朝から風が強いので、木の花が散ってしまわなければいいのですが。。。


 
b0083902_6125455.jpg
 

       ( 佗助に飾ったハクウンボクとカラー ) 








 
# by miki3998 | 2016-05-11 06:18 | | Comments(0)

母とは…

b0083902_12364091.jpg




母が送ってくる季節の宅配便には、野菜や乾物、駄菓子や缶詰類などが入っていて、まるでびっくり箱のようだと息子たちがよく言っている。箱を開けた時、野菜だけだと子供たちががっかりするだろうと、リンゴジュース(弟嫁の青森の実家で作っている)や南部煎餅、カリントウ(既に割れているけど)などがぎっしり、時には洗剤や雑誌など隙間なく埋められて届く。
今回も雑誌や新聞紙が脇を固めていた。そして反対側にはこの箱が…。

木箱に入り、ハトロン紙で覆われ、トルコブルーの帯で囲まれたそれには、達筆過ぎて読めない文字と「稲庭干饂飩所 稲庭吉左衛門」というお印が貼ってある。調べたら秋田の稲庭うどんで、なかなか手に入らない代物らしい。母には電話で荷物が届いた礼だけ言ったが、包装されたこの箱のことは聞かなかった。買ったのだろうか、頂きものだろうか…いや、買ったな、多分。うちは大食い揃いだから質より量だよと常々母に言っているのだが、もはや自分の欲しいものはないのよと、商品券やデパートの積み立ては、娘や孫たちの喜ぶ顔見たさに使う人だ。頂き物だとしても、良いものは取って置いて鎌倉への荷物に入れる。送りたいものを溜めておいて、箱三個口とかで送ってくるから、最近は自分でも何を入れたか忘れたりするらしく、肝心なものが入っていないこともしばしば…そんな時悔しがる母がかわいく思えたりする。83歳だもの、荷造りだって容易ではないだろう。背中を丸めながらダンボール箱にしっかり紐をかけて用意している姿が目に浮かぶ。

母とはそんなものかもしれない。自分より子供、自分より孫なのだ。みんなが喜べばそれでいいのだ。重かろうが、しんどかろうが感じない。それが母親だ。
還暦を過ぎて孫二人を持つようになった自分も、ふと気がつくと母と同じことをしている。いいことも悪いことも似てしまう、やっぱり母娘だ。


b0083902_20424709.jpg






# by miki3998 | 2016-05-08 12:02 | 家族 | Comments(4)

基本、黒蜜派!

b0083902_20593818.jpg


ここ数日夏日や、ところによっては真夏日を迎えた地方もあるようで、そろそろ冷たいものが恋しくなる季節ですね。
好物のくずきり、何と言っても私は黒蜜派! あ、でも基本と申し上げておきましょう。ジリジリと暑い日は、サッパリとした白蜜もいいかもしれませんからね。白蜜派のあなた、ね、そうですよね⁈
ああ、想像しているだけでコックリと甘い黒蜜と、舌触りも滑らかなくずきりが口の中でとろ〜り… 。
明日吉野葛を買ってきて作ろうっと!




# by miki3998 | 2016-05-07 20:46 | お気に入り | Comments(0)

立夏  こどもの日に思う

b0083902_14160005.jpeg
連休は仕事はオフでしたが、忙しいこの時期に人手が足りないとのことで、北鎌倉駅前の「佗助」のお手伝いを。店主とは同郷ということもあり、困っているときはお互い様。私で役に立つのならとキッチンに入りました。

初日には長男の嫁さんと孫たちがお昼ご飯を食べに来てくれたり、facebookを見てきましたというお客様もいらしたり、おかげさまでいずれの日も用意したランチは完売。ありがとうございました。

b0083902_02310468.jpg


この日はこどもの日でもありました。今月で満一歳になる孫の写真ですが、モノクロにしたら息子そっくり…昔家族で新宿御苑に行った時に撮った写真と同じ顔つきをしているのです。まるでコピーしたみたい…やはり親子ですね。


b0083902_02310497.jpg



 総務省の発表によると、15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)は、前年より16万人少ない1617万人で、1982年から34年連続の減少なのだとか。政府が子育て支援策を重視する中、少子化の進行に歯止めがかからないようです。本当に子育てには夢も希望もないのでしょうか。
せめて生まれてきた子供たちには、みな健康で等しく教育を受け、豊かな愛情を注ぎ幸せになって欲しいと願うばかりです。


# by miki3998 | 2016-05-06 20:10 | 今日のつぶやき | Comments(0)

ご無沙汰です。

b0083902_23192614.jpg
 


  すっかりご無沙汰してしまって、生徒さんにも叱られっぱなし。
   「ブログ、更新してください、先生!」
  
 というわけで、元気です!今も隣で夜食を食べている息子と一緒にタモリクラブを横目て見ながら
パソコンのキーを叩いております。
  いろいろお話ししたいことがたくさんあるのですが.....(選べないくらい)。
 ああ、気持ちはあっても睡魔が...というわけで最近は眠くなったら寝よう!を合言葉に無理せず(何しろ還暦ですから)ベッドへの毎日。facebookやInstagramはやってるじゃないか!とのお叱りは覚悟の上で、ブログは一番時間をかけたいという思いからとの弁解をお聞きいただければ....
あ、やっぱり怠けてるんだ...,そう、そうかもしれません。すいません。襟を正してパソコンに向かいます。よかったらまた覗いてみてください。

 
 
b0083902_23202719.jpg
 


 前書きはこのくらいにして、仕事のお話を。写真は第四火曜日に開催のオフィストヨダでのれっすんふうけいです
5月から(13日、27日)金曜クラスをスタートすることになりました。
地味な北鎌倉草花教室ですが、火曜、土曜、日曜クラスを各月一回持っております。
ご興味のある方は、コメント欄から鍵をかけて連絡先をお知らせください。
またはfloresmikitakase@gmail.comまでメールをお送り下さっても結構です。
こちらからお電話いたしますので、本名でメールアドレスと電話番号をご記入ください。
詳細をお知らせします。 
ちなみに5月は『新緑とバラ』のブーケがテーマです。


b0083902_2355503.jpg



月に一度のレッスン(11時から14時)ですから、できるだけゆったりと歳時記や草花の話題などを紹介しながら、レッスンの後は生徒さんとご一緒にまかない料理を作ります。こちらは4月のレッスンから。
この日生徒さんのお一人が作ってきてくれた「手作りのジンジャエール」をいただくところです。(驚く美味しさ! ) ぜひご一緒に!! どうぞよろしくお願いします。
# by miki3998 | 2016-05-01 23:57 | STUDIO PLANTS | Comments(4)

花を生かす、器を生かす

b0083902_18215899.jpg
 



 早咲きの桜、啓翁桜も暖かいリビングに飾っている間に、すっかり終わりを迎えてしまいました。
明日から岩手に向かいます。北東北の花便りは、ちょうどゴールデンウィークのあたりが満開で、梅も桜も桃も、リンゴの花も5月の声を聞いた途端に一斉に見頃を迎えるのです。
花巻の無ら里さんでのサロンは、毎回県内のいたるところからお出かけいただいておりますが、回を重ねること8回目になりました。忙しい中時間を作って参加される方々は、お仕事を持っている方が多く、休日を取って楽しみにしてくださっていることを考えると、本当にありがたいと心から感謝しております。

 今回は春まだ遠い3月ではございますが、庭の隅に顔を出した球根花や春を告げる木の花、丹精込めて育てられた蘭などを集めて器と布と草花の関係についても触れながら思い思いの花生けを楽しんでいただきたいと思っています。写真はサロンでお渡しする花入です。お気に召していただけると嬉しいのですが。
 最近はひと枝、一花だけをシンプルに飾り、インテリアの一部としての花生けも好まれています。生けるテクニックや決まりより、草花に親しんで自分流に楽しむことは喜ばしいことだと思います。
 四季のある国で、草花を育てているとわかることがあります。春には春の、夏には夏の、そして秋から冬を越した草花を観察すると、枝のしなり具合、葉の色や質感、花弁の色合いや厚さ、、、気がつくことでもっと草花に親しみが湧き、楽しめるというお話をさせていただだいています。それはきっと暮らしの中で花を飾るヒントであり、しつらいの仕方の工夫につながるのではないかと思っています。この器は丈の短い春先の草花や枝ものがとても落ち着いた感じで生きる器です。ご活用いただけたら幸いです。お一人様、一つ(白か黒をお選びください)お持ち帰りいただきます。



b0083902_18374012.jpg
 



 北鎌倉は今、風も強く大粒の雨が窓を叩いています。
「明日の新幹線で帰るからねえ。」と電話で母に申しましたら、
「まだ鎌倉さいだってっか。あんや、明るいうちに着くように、気つけで帰ってきてや。」と元気な声が返ってきました。
今日は体の調子も良いのでしょう。体調が悪いと、蚊の鳴くような声で返事もおぼろげな感じの母ですが、帰るよとの連絡には声のトーンも上がり気味です。こちらでの仕事の段取りを済ませて、来週の準備でバタバタしていたのですが、2ヶ月ぶりの里帰りは、たとえ4〜5日だとしても楽しみにしてくれているのでしょう。もっと早く帰れたらよかったのにとも思うのです。せめている間は、母の仕事をなんでも手伝ってやりたいと、旅の支度をしながらあれこれ思いめぐらせています。明日天気になあれと願いながら。
# by miki3998 | 2016-03-09 19:04 | 花巻  宮沢賢治 | Trackback | Comments(1)

 花桃と桜 

b0083902_21492670.jpg
 




弥生三月春うらら
歌の文句のようですが、語呂も良く、この時期になるとつい口からこぼれるように出てきます。
逃げる2月を追うように3月になり、出会いも別れも待っているのがこれからの季節です。

怪我の具合は思ったより長引いて、じっと我慢の毎日でしたが、暖かくなるにつれ、なんとか元のように動けるようになりました。前々から予定されたレッスンや出張教室も春の到来と共に再開しますので、どうぞ宜しくお願いします。 



b0083902_2225174.jpg
 




3月11日、12日の両日午後1時からは花巻B&Bレストランの無ら里さんのサンルームでランチをいただきながらのゆったりサロン。
山口のギャラリー円座さんでは、15日、16日の午後2時から、季節のスイーツをご用意していただいて、3回目。改めまして一年を季節ごとに区切っての暮らしのエッセンスサロンが始まります。
いずれも『春の贈り花』と題して、芽吹きの草花と器の関係などをご紹介します。どうぞお楽しみにお待ちください。 



あ、その前に3月3日、桃の節句のレザンジュサロンもございます。
スケジュール満載の3月、ただ単に去る月3月にならぬよう、じっくり準備中。
スタッフ一同、皆様のご予約、心からお待ちしております。



 
b0083902_22523875.jpg

# by miki3998 | 2016-03-01 23:20 | | Trackback | Comments(0)

風と海と丹沢が好き。山の家での毎日を綴っています。鎌倉FMのパーソナリティです。


by miki3998