ブックカフェにて…

ブックカフェにて…_b0083902_14371852.jpg

ブックカフェにて…_b0083902_14372233.jpg

ブックカフェにて…_b0083902_14372501.jpg

ブックカフェにて…_b0083902_14372815.jpg

 小淵沢では夕食を済ませてから閉店間際までリゾナーレのブックカフェで過ごすことが多いのですが、今回は1日だけ。夏休みで家族連れが多いのと、雨の日は外での遊びができず、ブックカフェは学校の遊び場になるようです。
 そんな時はもっと暗くなってから行ったほうがいいみたいです。冷たい飲み物やワイン、残っていればケーキにもありつけますから(あまり遅いと売り切れちゃってますけどね)。

ブックカフェにて…_b0083902_14424319.jpg

ブックカフェにて…_b0083902_14424659.jpg

ブックカフェにて…_b0083902_14424906.jpg

(映り込んでますね、マスクの人…笑)

車で来た人は、テイクアウト用のボトルも置いてありますから、グラス一杯分でも(持ち帰り用瓶100円)買えます。もちろんボトルで買うことも…。

ブックカフェにて…_b0083902_14544705.jpg

ブックカフェにて…_b0083902_14545016.jpg

ブックカフェにて…_b0083902_14545261.jpg

ブックカフェにて…_b0083902_14545552.jpg

やっぱり雨…
この日は少し肌寒かったので、温かいカフェオレで読書タイム。人も少なく静かな夕暮れ。何も考えずひたすら文字だけ追う時間です。

 若い頃読んだ本を見つけました。今でこそ本屋さんには人気の料理家の華やかな料理本が平積みですが、活字を読み進めながらその料理や食材を想像することの楽しさを味わうのです。まさに活字中毒になりそうな美味しいメニューのオンパレード。懐かしさについ手にしました。
 一冊、ブルーノムナーリの絵本は料理本ではありませんが、こちらも大好きな須賀敦子訳で大人も楽しめる一冊。20年ぐらい前でしょうか、彼女の美しい文章にすっかりハマり、著書を集めた思い出が蘇りました。本はやっぱりいいですね。



# by miki3998 | 2022-08-13 14:35 | 読書 | Comments(0)

旅のお供はこちら…

旅のお供はこちら…_b0083902_11372236.jpg

旅のお供はこちら…_b0083902_11372668.jpg

旅のお供はこちら…_b0083902_11372911.jpg

旅のお供はこちら…_b0083902_11373332.jpg


 山の家の庭周りに咲いている草花です。〈季節の〉と言わずとも、春には春の夏には夏の野の花が、零れ種で芽を出したのが、鳥が運んできたのか…そこで咲くのがとても自然で、だからこそ生けるとか飾るとかそんな気持ちにならないような…玄関ドアの前のセイヨウノコギリソウも、物置の脇のムラサキツユクサやルドベキアも、風にそよぎ凛と咲いています。山椒の木はすでに背丈を超えて、枝振りも立派。たくさん実をつけていました。形よく成長した木立の脇には秋に秋明菊が背比べをするかのように咲き乱れます。お隣との境に塀などなく、それぞれの山の家は、存在自体もとても個性的でかわいらしく見えます。

 
旅のお供はこちら…_b0083902_12024251.jpg

旅のお供はこちら…_b0083902_12024558.jpg

旅のお供はこちら…_b0083902_12024747.jpg


 山の家に持っていった本です。
 この3冊は、全て写真ではなくイラスト入り、図鑑とは違い草花の名前のエピソードや作者の感性や暮らしぶり、植物への思いが表れていて、何度も読み返しています。
 最近特に頁を捲ることが多いのが、佐藤達夫著「花の画集」です。これはa巻、b巻の2冊からなりますが、春夏の草花を描いたa巻を持参しました。佐藤達夫は元人事院総裁で新憲法の立案者でもあるのですが、少年時代から植物に親しんでいたようです。いずれの植物も必ず見たもの手にしたものを描いています。(妻はあの「季節のうた」の著者佐藤雅子です。)

 ちょうど山の家の玄関前のセイヨウノコギリソウが咲いていて、画集のそのページを読み返しなごら、あらためて優しい眼差しで植物を観察されているのが分かったのでした。

柳宗民著の「雑草ノート」は、言うまでもなく15〜6年前に購入したもので、幾度となく路傍に咲く野の花について読み漁ったものでした。

旅のお供はこちら…_b0083902_08324163.jpg

旅のお供はこちら…_b0083902_08324458.jpg

 「野の花の道」は、詩人岸田衿子さんの旅先での流麗な文に、古矢一穂さんの画が優しく寄り添うようで、大人の植物絵本という感じです。
 よろしかったら一冊いかがですか?


 

# by miki3998 | 2022-08-11 11:36 | 旅行 | Comments(0)

 小淵沢での夏の教室

 小淵沢での夏の教室_b0083902_16561769.jpg

 小淵沢での夏の教室
一足先に山の家での一人合宿。コロナ禍もあって、参加者は3名と少なかったのですが(直前お一人キャンセル)、とても充実し、たのしい時間を過ごすことができました。


 小淵沢での夏の教室_b0083902_16585803.jpg

 小淵沢での夏の教室_b0083902_16590189.jpg

 山の家では家事は最低限、食事も地元の野菜や果物をそのまま生かした料理でお腹も心も満たされます。生徒たちが来る前の二日間は、植物採集の場所や時間のシュミレーション。早朝散歩や八ヶ岳の麓までの一人ドライブでコースを下見します。

 
 小淵沢での夏の教室_b0083902_17013732.jpg

 小淵沢での夏の教室_b0083902_17014217.jpg

 高校生の夏合宿もこの頃から始まってますね。散歩で出会うとどちらからともなく「おはようございます。」のあいさつ。実に気持ちいい。今日もきっといい1日になりそうです。

 小淵沢での夏の教室_b0083902_17032535.jpg


# by miki3998 | 2022-08-09 16:55 | スケジュール | Comments(0)

白洲正子著 『 木 』

白洲正子著 『 木 』_b0083902_02511225.jpg


〈檜〉から始まる『木』という本は、
白洲正子が大好きな仏像彫刻の多くがこの木で造られていることから…らしい。

木偏にこだわった唯一無二の本。わたくしの好きな「桐」についても書かれている。残念ながらわたくしの故郷南部桐ではなく、福島は会津桐のお話。
がしかし、桐の優秀さや桐箱、日本独特の「箱に魂がこもるという信仰」に関する記述は興味深かった。

さて、あなたの好きな木偏の木は、はたして載っているでしょうか。
(ちなみに全部で20種の記載)

#白洲正子 
#木 
#なまえかたちたくみ 
#檜から
#木を考える

# by miki3998 | 2022-05-20 02:49 | 読書 | Comments(0)

『小さな森の家 軽井沢山荘物語』by吉村順三

『小さな森の家 軽井沢山荘物語』by吉村順三_b0083902_06533468.jpg


明るくなってきた…

早起きして頁をめくる

この家の主(あるじ)に案内されながらゆっくりゆっくり
家の中を歩く…

窓の外の景色もいい
鳥の声も聞こえる
座ってみる
主の話に耳を傾ける…

そんな日曜の朝


#小さな森の家
#軽井沢山荘物語
#吉村順三 
#明日はラジオ

『小さな森の家 軽井沢山荘物語』by吉村順三_b0083902_06552885.jpg



# by miki3998 | 2022-05-15 06:53 | お気に入り | Comments(1)

森とラジオと食卓と…草花の仕事とラジオパーソナリティ、やってます。


by miki3998
画像一覧
更新通知を受け取る