あれから40日  at 手紙カフェ (加筆しました)

b0083902_19484549.jpg


  毎週金曜日は手紙カフェに顔を出します。オーナーのAYAちゃんや北鎌倉の仲間たちが集うカフェはゆったりとした時間が流れていて、庭の桜や椿、山吹やシャガの花など、私好みの木の花や山野草を眺めながら、ゆったりのんびり何もしない時間を満喫します。
  つい先日までは大きな桜の木が満開で、まさに北鎌倉らしい空気感と飾らない素朴なカフェの雰囲気が好きです。まるで実家に帰って来た感じ。。。そんな空気感がただようカフェです。たぶんここに集まる常連は おなじ思いを抱いているんじゃないでしょうか。

  
b0083902_19534089.jpg



  そういえばあの日も。。。3月11日金曜日、自由業系の(どんな仕事? 笑)仲間が、地震の恐怖と停電で、みんなこのカフェに集まって来たのでした。イラストレーターのAさんご夫婦、カメラマンのHくん、(彼はラジオ持参でした)、そして私。結構寒かったので、私は停電でエアコンが使えず、床暖房もつかないまま、薄暗い部屋を出て、5分と離れていない手紙カフェに避難したのでした。考えることは皆同じだね。。。そんな話をしながら、そのときはまさか未曾有の大震災になっているとは想像もせずに みんなで世間話などしながらラジオに耳を傾けていたのでした。

  
b0083902_2023048.jpg



  帰宅して夜の9時過ぎまでは灯りもつかず、ろうそくだけの薄暗い部屋で一人心細い思いをしていました。何もすることがなく、遠くの街灯りを眺めていた時、電気がついている家々の温かさを、生まれて初めて羨ましく思いました。
  あれから40日後の今日、同じ庭でモクレンやシャガの花を眺めています。足元にはスミレや十二単も咲いています。とても静かでゆったりした時間が流れる庭。あの日の出来事が夢であったら、そんなことをふっと呟きそうになりました。

  昨日も大きな地震がありました。とても長く感じたのは私だけでしょうか。あれ以来 船酔いならぬ地震酔いの症状が出ている人もいるようです。まだまだ安心出来ません。これだけの余震が続いているのは、忘れるなとのサインのようにも思えます。

  いつか瓦礫の街が復旧し、季節の草花や道ばたの山野草に心をとめて微笑む日が来るまで、私たちができること。。。今日のレッスンでも生徒さんと一緒に考えました。繋げること、続けること、共にあること。。。
  今夜は人生最大の断捨離をしたという友人に 返事を書こうと思います。宮城で被災し、家を流された元同僚です。東北新幹線ももうすぐ復旧。「会いにいくよ」のひとことを添えて。
  

  b0083902_20151174.jpg
  b0083902_20155958.jpg
  
b0083902_20171311.jpg


 
b0083902_20533529.jpg


       (手紙カフェは 毎週末 金、土、日曜日営業です。)


  加筆しました。
   雨の土曜日、仕事が終わってまったりしながらこんな曲聴いています。

  
by miki3998 | 2011-04-22 21:26 | 鎌倉・北鎌倉

森とラジオと食卓と…草花の仕事とラジオパーソナリティ、やってます。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る