梅仕事  今年の助っ人

b0083902_1732287.jpg
 

  
  6月26日(日曜日)、今月最後の日曜レッスン。北鎌倉駅は紫陽花見物の観光客で大混雑だったとか。。。坂を上って通ってくる生徒の一人が、あまりの人出の多さにビックリしたと言っていた。紫陽花のピークの過ぎた今頃、恒例の梅仕事が待っている。去年のブログを読み返したら、偶然にも今日と同じ日にこんな話を綴っていた。 そして今年も。。。


  「梅、よかったら採っていいわよ。」
  そんな電話がはいり、裏の野原にある古木に竹竿を持参して出動。(笑)大きな長靴とポケットの大きなエプロン、そしてこれまた大きなゴミ袋を持って、電話をくれたお隣のおばさまにお礼を言って作業開始。梅落としがはじまった。

  「うちは午前中に採ってしまったから、もうそんなに残っていないけど、木の上にはまだ残っていると思うわ。」
   おばさまは残りで申し訳ないけどとおっしゃったが、行ってみたら木の上の枝先にまだたわわに梅の実が付いていた。長い竹竿で枝をたたくと、バラバラと実が落下する。それがどこに落ちたか見届けてからまた枝をたたく。できるだけ枝を折らないように注意しながらの作業、竹竿も軽いわけではないから 肩のあたりが痛くなって来た。落としては拾い、落としては拾い。。。エプロンのポケットに入れながら、土手を上ったり下りたり。 見上げた梅の木のてっぺん近くには、まだ房のように実った梅が葉に隠れるようにくっついている。届くかなあ。。。


b0083902_1795482.jpg



  枝をたたく音を聞きつけて、梅の木のそばのハシモトさんが出て来て下さった。先日腕の手術をして退院してきたばかりのハシモトさん。品のいい物腰と色の白いきれいなおばさま。一緒にお孫さんのモエちゃんも手伝ってくれるという。私が落とした梅をさっと拾っては袋に入れる。絶妙の連係プレーで、あっという間に袋一杯の梅が採れた。強力な助っ人のおかげだ。

  「ケガをした梅はだめなのよね? おばあちゃま。」
 傷がついた梅のことだ。何ともかわいい会話を横で聞いていて、なんだかほっこりした。お体がまだ本調子ではないのに、わざわざ出て来てくれるだけではなく、お孫さんと一緒に私の梅を懸命に拾い、袋一杯になるまで手伝ってくれた。

  「今年は私がこんなだから(腕が使えない)、梅仕事はお休みするの。」
  ちょっと淋しそうなおばさまの言葉だった。 
  「大丈夫ですよ、これだけ採って下さったのだから、私が代わりに作ります。美味しく出来たらお持ちしますよ。」
  お庭に咲いた乙女椿をいただいたり、山野草の名前を教えていただいたり、普段からいろいろ教えてくださる大切な大先輩でもある。年も実家の母と同じくらいだと聞いた。
  

  
b0083902_1720758.jpg



   この子がモエちゃん。 抱えきれないほどの梅を持った私の先を、竹竿を背負ってトコトコと歩いていく。元気で素直で、おばあちゃまと仲良し。そしてこのおばちゃんの話も頷きながら聞いてくれる。ついこの前までは、お姉ちゃんの後をくっついて歩き、もじもじしてお話もできなかったのに、いまはもうハキハキと答え、お手伝いもかって出るくらい。竹竿も私が返して来てあげる!と言ってくれた。 


  
b0083902_17282425.jpg



   改めて『かあさんの梅仕事』を読み返した。背中を丸くしながら床に座って梅の実を仕分ける。手際よく作業をしないと、せっかっくの梅が痛んでしまうからと、せっせと梅を磨く母の姿を思い出した。今夜のうちに梅仕事を済ませてしまおう。ハシモトのおばさまもお隣のおばさまも、そしてモエちゃんにも手伝ってもらったのだから、心して作らなくては。
   おとなりのおばさまが去年作ったという梅酢をごちそうになった。甘すぎず酸味もきつくない。さっぱりして疲れた体にもよさそう。梅酢の瓶に沈んでいる去年の梅も食べてみた。ふっくら柔らかく、口の中でとろけた。 今年は梅ジュースではなく、梅酢にしようと思う。
トラックバックURL : https://flowermiki.exblog.jp/tb/15834517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanmyougama at 2011-06-27 09:23
おはようございます。
いつもいそがしいmikiさんですが、梅とりの時間ができましたね。
助っ人がすばらしい。

ラッキョウを収穫していたら裏年とはいえ
おおきな梅がなっているのに気づきました。
慌てて青いシートと竹の棒で収穫しました。
自宅で使う分は十分取れて、
梅酢・梅見層・梅酒にナリました。
もう口にできます。
Commented by miki3998 at 2011-06-27 22:56
★ kanmyougama先生、コメント、ありがとうございます。

   去年は採れた梅をいただき、母が梅仕事をしていってくれました。いつもしてもらってばかりでしたが、今年は勇ましく竹竿を振り回し、たくさんの梅をゲット。 これもあの二人の助っ人のおかげです。
 ブルーシート、いりますね。この梅の木は土手の上にあるので、落とすとコロコロと下に転がってしまいます。 来年は用意します。 先生のお作りになったお野菜も格別のお味でしょう。そして今年の梅酢や梅酒も。。。先生がお元気なのは、そこですね。夏バテ知らずの梅仕事ですもの。
Commented at 2011-07-03 07:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miki3998 at 2011-07-06 05:13
★ kanmyougama先生、

 良いお話をありがとうございます。 ご夫婦で思いやって生きてゆけるって 良いなあと思いました。 真っ白もいもんですよね。
by miki3998 | 2011-06-26 17:28 | Trackback | Comments(4)

森とラジオと食卓と…草花の仕事とラジオパーソナリティ、やってます。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧