白洲次郎と白洲正子 『美が宿る武相荘』

 土曜日はテレビを見るのに忙しいのです。
 午後10時からは『 美の巨人 』(テレビ東京)、11時からは『 ミューズの微笑み 』(NHK教育テレビ)、おまけに今夜は11時35分からBSでライブ『 ボンジョビ 』があるのです。ちなみにお昼間は『幸せのレシピ』をwowowでやっていたし、 どうなってるの? お願い、他の曜日に散らしてほしい! なんで土曜だけ? もう、仕方ないなあ。今ボンジョビのライブをノリノリで見ながらキーを叩いています。(笑)

 すべて見たい! いつもならテレビにかじりついているところですが、今夜はやることがいっぱいあるのです。 リース教室の準備、夕飯の後片付け、洗濯物のアイロンがけ、読みたい本も山積みになっているし、お風呂も洗いたい・・・あ~、もう一人主婦が欲しいなあ。もう一人私がいてくれたら・・・なんて無理なことを考えずに、見たい番組を絞ることにして、「美の巨人  上村松園 」は諦めましょう。 10時台は真面目に家事にいそしみました。今夜は11時からの30分に集中します。そう、それがいい。 だって 「風の男 白洲次郎」ですものね。

 b0083902_022818.jpg

     ハンサムでしょう? (ちょっと夏木陽介に似てるかな・・・) この本は一昨年実家に帰る際に新幹線の中で読んだ本です。 あっ、ここでは本の解説はしません。 写真だけちょっと拝借。
  今夜の『ミューズの微笑』みは、70年前に購入して白洲次郎・正子夫妻が亡くなるまで住んでいた「 武相荘 」のお話です。 7年前から一般開放されたこの建物の佇まいと内部を紹介しながら、当時の二人の生活の様子にスポットをあてた番組でした。 気風のいい女性正子(女性から見てもとても魅力的な人ですよね)の趣味のいい骨董の数々や、風の男と呼ばれた次郎の晩年の生きざまを垣間見るような道具類が置かれた空間。 まるでまだそこで二人が生活を続けているかのようなしつらいが残され、展示されているのです。 恥ずかしながら 二人の熱烈なファンと自認しながら、まだ武相荘を訪れたことがない私。 時間を作ってこの目で見てそれを感じたいと思いました。 美術評論家の青山二郎が骨董好きの正子にアドバイスした「 頭で見るな 目で見るようになれ 」の言葉のように、理屈をこねるより、自分の目でみて、感じて、そこに自分の価値観を見出したいものです。 
  今年も残すところ一か月と半分。 することは山積みなのに、ここに行かずして年を越したくない・・・そう思った番組でした。 
 
   それにしても 今の政財界に彼のような男が一人もいないとは・・・ね。

 
 *** お薦めの本です***

  『 白洲次郎・正子の食卓 』   牧山桂子著  新潮社  白洲一家の食文化の本
  『 白洲次郎 』  白洲正子 朝吹登水子 他著  平凡社 友人たちのインタビュー本
  『 風の男 白洲次郎 』  青柳恵介著  新潮社  次郎ブームのきっかけとなった本


    
 
トラックバックURL : https://flowermiki.exblog.jp/tb/9878268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ♪♪♪yuricoz c.. at 2008-11-17 14:16
タイトル : 「NewYorkDollsの旅」パート23♪ まだつづく..
↓今日(9/23)まででした!!松屋銀座にて「白洲次郎と白洲正子展」♪ 昨日、ダンスィが遅くなるというので、ひとりで、銀ぶらがてら行ってきました♪ 行って良かった!!展示物も多く、イギリス時代のものや、お手紙、食器類などなど楽しませていただきました。ヴィトンのスーツケースやエルメスのアタッシュケースなんかは、現在の若い人にも興味深かったのでは?しかし、おしゃれな方だったんですね~。若くしていろいろな経験をできる状況にいるならば、なんでも行動に移してやることが必要なんだな~と実感&うらやましいな~と...... more
Commented by yokowatt at 2008-11-16 08:12 x
とても残念、この番組見たかったです。
来月早々武相荘へ行く予定が入ってます。是非見たかったです。
お奨めの本読んで少しでも知識詰め込んで行くことにします。
でも不思議ですね。行く前にmikiさんのところでこういう情報にお目にかかれるなんて。こういうのって共時性というのでしょうか。
Commented by kanmyougama at 2008-11-16 09:18
miki3998さん。
忙しい毎日ですね。武相荘へは是非いかれてください。
僕も行きたいところですが機会はずっと後になりそうです。
その前に情報が届けばうれしいです。。。変ですね。
お勧めの本取り寄せてみてみます。
焼き物つくりとしていくらかは読みましたが・・・・じっくり読んでみます。

Commented by 向日葵 at 2008-11-16 09:27 x
おはようございます。こちらへは初めてです。宜しくお願いします。
私も昨晩は番組選択に悩みました(大袈裟!)

上村松園を途中まで観て、NHKの拉致被害者 市川さんの家族ドキュメント(ここで涙、涙…)、そして 白洲邸 武相荘です。今朝は眼が腫れています。
武相荘は、以前から行きたくて、番組を観たり 雑誌を切り抜いたりと気持ちをつのらせていました。
機会が無いから、ではなく、自分で作らなくてはいつまでも駄目ですね。
雨の日曜日ですね。よい一日を。
Commented by peko-nanamama at 2008-11-16 10:15
mikiさんきのうはどうもありがとうございました
目の前でお花の展示もやっていましたね 
お買い物沢山してお帰りになったのかな

白洲さん 私も武相荘であれこれと本を買い求めました
なんたってこのハンサムな姿が表紙にあるとほしくなっちゃいますよねえ~(笑)
お料理の本も眺めているだけですがお気に入りです
Commented by エムエム at 2008-11-16 10:43 x
おはようございます。

「武相荘」見ました。
9時から「ジャッジⅡ」、「告知せず」を録画したりテレビの前から離れずでした。その日に亡くなられたお母様の市川さんの番組・・・。

武相荘は近いうちに行きたいです。

白洲次郎さんは素敵ですね。
その人から愛された正子さん魅力的な女性ですね。

Commented by ank-nefertiti at 2008-11-16 11:58
mikiさん~、おはようございます♪
ひゃー、昨夜は凄い番組のオンパレードだったんですね!
我が家は7時からフィギュアスケートを見て、その後「告知せず」を見て・・・でした。

BonJovi!!!
いやーん、見そこなってしまいました!
私が今年東京ドームで見たライブのシカゴバージョン!
あのライブ、すっごく素敵だったんですよ~♡
BonJovi、だーい好きなんです~
あ~、見たかった!!!!

白洲さんが生きていらしたら、今の日本をなんと言われるでしょうか?
昨今の某幕僚長の問題なんてどんな風に切って見せるのかな・・・
この話、ブログで書きたかったけれど、きっとみなさん引くよね、と思って止めてしまいましたが、もう少し自分の考えを整理して書いてみようかな。
きっと誰もコメントしないよね、多分>苦笑
Commented by shinn-lily at 2008-11-16 12:19
mikiさん、武相荘は我家の近くですよ!
ご一緒できたら嬉しいな。ぜひぜひ。声をかけてください。
「嵐の男・・・」の青柳恵介さんは同級生です。
お話しが上手で、楽しい方なのできっと正子さんもいろいろお話しなさったのでしょう。
高校時代にあまりおもしろおかしく自分の旅のお話をなさるので、それをたよりに私もかの地を訪ねてしまったほどです。それが信楽です。
白洲さんも素敵ですが青柳氏もなかなか素敵なのです。
Commented by モコ at 2008-11-16 16:30 x
白洲さん、カッコイイですよね!
外見や流行の最先端を行くだけではない、中身の伴ったカッコよさが魅力です。
少し前、NHKでも取り上げてましたし、銀座松屋でもイベントが
開催されてました。都合が付かなくて行けず終いでしたが。

今の政治家に、彼のようにアメリカに臆することなくモノを言える人いるかしら‥今こそ居て欲しい人だったかもしれません。

「美の巨人」見ました。松園本人の才能もさることながら、
やはり母上が素晴らしいですね。
あの時代によく、普通の花嫁修業的なことをさせずに
絵の才能を伸ばす方向へ導いたと思います。
私など、つい普通のこと(勉強しなさい!)ばかり言ってしまう
んですよね‥子育ては難しいです。


Commented by yukiwaa at 2008-11-17 00:29 x
早速、検索しました。コピーもしました。正子婦人の「ほとけさま」読んでみたいと思いましたが、本屋にあるかどうか・・
素敵な土曜日でしたね。私もどのテレビを楽しもうかと迷いたいですね。
「武相荘」も見まいした。いかにも文人らしい佇まいです。惹かれるのが分かります。
いいタビーが出来ました。
Commented by aamui at 2008-11-17 04:41
武相荘が拝見できるようになってもう7年!やっと新緑の頃には行けそうです 次郎さんの字も素敵ですね
Commented at 2008-11-17 11:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by meshi at 2008-11-17 13:58 x
ご無沙汰しておりま〜す。
何度もコメントを書きかけては送信失敗しており、
今度こそ大丈夫かな?

白州ファンは多いですよね〜。
私ももちろん尊敬しているんですが、
テレビで特集されたものの知識しかない浅いファンですので、
顔&センスに惚れてます♪ えへへ

少し前に、riseさんとの共通の友人のgarouちゃんが「武相荘」の写真を
大量をアップしてくれてたので、じっくり拝見しました。
私も来年には絶対に行きたいです!
Commented by nageire-fushe at 2008-11-17 22:02
武相荘・・行った事があります。
本当にすばらしいかったです。美しい美と自然に包まれて
自分もこう暮らしてみたいと思うのです。
Commented by harunoyokihi06 at 2008-11-18 09:32
おはようございます。
そちらではそんな番組があったのですね。
先日思いがけず白洲さんのお名前を発見し、嬉しく思っている単純な私ですが、本当にすばらしい方ですね。
東北電力時代も長靴を履いて何処でも出かけ、工事の人たちと車座になってお酒を酌み交わしてねぎらったり話を聴いたりしていたようです。
鶴川の武相荘は母が倒れる前に一度行きました。
四季折々お花も楽しめるところです。
お嬢さんの牧山様が普段の白洲夫妻を綴ったエッセイを今読み直しています。
Commented by Wingco at 2008-11-18 23:07
こんにちは♪ お久しぶりです。
見たい番組がたくさんあって困る...うらやましいです。
アメリカでもNHKの番組は見られるのですが、全部ではないので。
ボンジョビなんて懐かしいですね。活動を再開してるとか...
ハードロックがお好きとは、mikiさんのイメージとはつながりませんでしたよ。
私はそのころだったら、ガンズやU2が好きです~
Commented by Y-Moonlights at 2008-11-19 14:16
mikiさん、こんにちは!
数年前までは、奥様の正子さんの方が、雑誌やテレビで取り上げられる
ことが多かったように思いますが、最近は次郎さんに関する書籍が
本屋さんで山積みになっていますね。。
白洲さんは我が家にとってもゆかりの方なので、ちょっと感慨深いです。
亡くなった祖母は白洲家と親交があり、次郎さんのことを 「あの方は
おモテになるから…」と話していたことがありました!(笑)
次郎さんは当時の男性にしては、相当にダンディーで風雲児。。
祖母はちょっと苦手だったのかもしれません。。
もう少し、いろんな話を聞いておけばよかったです!
白洲次郎さんと正子さんのお墓は、白洲家の菩提寺の兵庫県三田市
「心月院」にあります。。
武相荘にも、いつの日か訪ねてみたいと思います。。
Commented by miki3998 at 2008-11-23 00:09
★ yokowatt さん、お返事、遅くなりました。

  武相荘、行かれるのですね。 いいなあ~。
  以前から興味があって、私も行きたいと思っているのですが、
 延び延びになっております。 母が白洲正子のファンで、(もちろん白洲次郎もね)本を読んだのは 母の影響もあります。同じ女性として、とても魅力あるかたですから。
 もし行かれましたら、ぜひブログで教えてくださいね。 楽しみにしておりますから。 
Commented by miki3998 at 2008-11-23 00:12
★ kanmyougama 先生、こんばんは。

   陶芸家としても 白洲次郎や正子の使っていた器、興味をもたれるところですね。 先生は九州にお住まいですから、なかなかお出かけが難しいかもしれませんが、機会をみてぜひ。 
 私も時間をつくってでも訪れてみることにします。
 最近は 武相荘を訪れるツアーもあるとか・・・。
 できれば一人ひっそりと訪れたいところですよね。
Commented by miki3998 at 2008-11-23 00:16
★ 向日葵さん、ようこそいらっしゃいました。

   たくさんあるブログから、拙ブログを選んでいらしてくださり、本当にありがとうございます。 お返事が遅くなってしまいました。申し訳ありません。
  向日葵さんも同じような番組の選択で あの日迷われたようですね。 上村松園、私はあきらめました。(録画しておけばよかったかもしれませんが、あいにく壊れています。 笑) 
  武相荘は 残されている二人の愛蔵品やそれにまつわるエピソードにも興味がわくところですね。 正子の着物も、次郎の愛用していた品々、 そのどれもが彼らのこだわりを表しているでしょう。今の私たちに欠けている何かを教えてくれるような暮らしぶり。 ぜひ近々に・・・。
Commented by miki3998 at 2008-11-23 00:21
★ peko-nanamama さん、 コメント、ありがとうございます。

  お返事遅くなってごめんなさい。
  先日のコンサート、私は前から4~5列目で拝見しておりました。 お二人がお揃いのブラウスで演奏なさっていて、その素晴らしさに、思わず立って拍手を送りたいくらい興奮いたしました。マンドリンの奥深さ、初めて知りました。

  pekoさんも面くいですか? 白洲次郎、格好いいですよね。若い頃もいいけれど 年取ってから可愛いおじいちゃんになって、おしゃれしてモデルと一緒に写った写真、気に入ってます。 ダンディとは中身をともなわなければね。 彼以上の日本男児、これからも出てこないような気がします。
Commented by miki3998 at 2008-11-23 00:25
★ エムエムさん、 同じような番組、見ているんですね。 嬉しいなあ。(笑)

   武相荘、そのたたずまいも二人の暮らしぶりも ぜひ一度この目で見たいものです。 正子の書斎や着ていた着物、使っていた食器のかずかず、そして暖炉や囲炉裏・・・。 
  今も変わらず素敵だと感じられるモノ選びの極意、 ぜひ自分の目で見てきたいですよね。 
Commented by miki3998 at 2008-11-23 00:31
★ ank-nefertiti さん、 ボンジョビ、お好きですか?

   今も実は彼らの日本公演のCDを聴いています。ノリノリの曲は仕事がはかどります。アハハ、時々 手が止まるので困りますが。(笑)

   おっしゃるとおり、もし今彼が生きていたら、なんて言うでしょうね。 政治家や経済界のトップに、彼のような快男児がいたら、もっと日本は変われると思うのですが・・・。
  ank-nefertitiさんも ぜひブログで取り上げてください。 ご意見、お聞きしたいです。もちろんコメントいれますから~。
Commented by miki3998 at 2008-11-23 00:39
★ shinn-lily さん、こんばんは。

   そうですか、武相荘にお近いのですね。
  ではコーディネーターとしてご一緒していただいてもいいですか?

  そして青柳氏ともお知り合い・・・さすが お顔が広いshinn-lilyさん。 白洲ブームの火付け役といても過言ではないあの本です。 その著者をご存じだったのですから、繋がりって面白いですね。 

   
Commented by miki3998 at 2008-11-24 19:46
★ モコさん、こんばんは。

  昨日と違って、今日の鎌倉は雨の休日になってしまいました。
 外は冷たい雨、ひたすらリース作りに没頭しています。

  白洲夫妻の暮らしぶり、テレビだけではその本の一部でしたが、今まで読んだ本も含めて、こだわりの生活に触れた気がしました。 政財界への彼の影響力も素晴らしいものだったと思いますが、 私は一人の男性として、あんな風に愛してもらった正子に嫉妬するくらい、彼が好きです。 時に情熱的に、時にストイックに、同じ生き方をする人がいないくらいの風雲児だったのですから。
Commented by miki3998 at 2008-11-24 19:50
★ yukiwaaさん、 お返事遅くなりました。
 
   次郎の妻 正子はよく京都にいらしていたようです。 私が買った花ばさみ、京都の刃物屋さんですが、そこのご主人は正子さんのお話を聞かせてくれます。 頑固なまでに道具にこだわり、草花も愛し、気に入った器に野の花を生ける方だったようです。 
  ブログって、知らない世界にも行ける、まさに情報の宝庫でもありますね。
Commented by miki3998 at 2008-11-24 19:53
★ aamui さん、 こんばんは。

  すみません、 しばらくは皆さんのブログへもお邪魔できず、お返事も遅くなってしまいます。 夜はひたすらリースを作っておりますから。
  武相荘の周りには 季節の草花も咲いているような気がします。二人の暮らしぶりだけではなく、周辺も散策してみたいですね。
 私もどうやら今年は無理ですが、温かくなったらブラーっと行ってみようと思います。 コメント、ありがとうございました。
Commented by miki3998 at 2008-11-24 20:00
★ 11-17 11:53 の鍵コメさま、

   そうでしたね。 東北電力の会長も務めましたからね。
  鍵さんも彼のファンなのですね。 

   これだけ世界との距離もなくなり、いろいろな分野で活躍されている日本人がいますが、彼のように唯一無二の生き方をした男性を他に知りません。 もちろん正子との関係もいいなあって・・・ 夫婦は離れながらも愛し続ける、を実行した格好いい男だと思います。
Commented by miki3998 at 2008-11-24 20:04
★ meshi さん、お久しぶりです。

   すみません、お返事、遅くなってしまいました。
   武相荘や白洲夫婦に関しては、出るたびにその書物を手にしていますが、実際にいったことがないという、エセファンなんです。 まずは読むよりも見る!ですな。 な、だって、ね、です・・・疲れているかなあ~。(笑)

  ミーハーな私ですが、正直なところ、彼の功績や暮らしぶりよりも、正子を愛した男として、彼に魅力を感じます。 もちろん男はポリシーを持った自分なりのおしゃれであるのが理想ですしね。 あはは、 ちょっとまとまりがつきません。 すんまへん!
Commented by miki3998 at 2008-11-24 20:09
★ nageire-fushe さん、コメント、ありがとうございます。

  そうですね、nageireさんなら きっといらしたことがあるでしょう。 生き方と暮らしぶりがバラバラではなく、まさにそのまま自然体で、誰にも真似ない頑固なまでの価値観が見えてきますね。 理想ですが、たぶん凡人の私には無理かなあ・・・。
  身の丈に合った生き方をさりげなく歩みたいです。
Commented by miki3998 at 2008-11-24 20:15
★ harunoyokihi06 さん、 コメント、ありがとうございます。

  はい、momoさんのそのブログ記事、拝見しておりました。
  思わぬところで・・・っでしたね。 
  東北電力時代の彼の活躍ぶりも、長靴姿の農作業も、彼だけらこそ格好いいのでしょう。 それは見かけではなく、豪快な仕事ぶりや情の通った人づきあいにも見えてきますよね。
 
  私もいろいろな本を読みましたが、やはり実際にこの目で見たいですね。 季節を選ばす、いつ行ってもきっとそこに白洲夫妻の息づかいまで感じられそうですものね。
  
Commented by miki3998 at 2008-11-24 20:17
★ Wingco さん、お久しぶりです。

  え~、私とボンジョビ、繋がらない? いえいえ、U2も好きですよ。ポリスもね。 
  最近言葉がす~ッとはいってくる曲ばかり聴いていますが、たまにはキースジャレットもいいなあ・・・。
 今日の北鎌倉は 雨です。
Commented by miki3998 at 2008-11-24 20:22
★ Y-Moonlights さん、 ごめんなさいね、お返事がすっかり遅くなってしまいました。

  あら、まあ・・・ご家族とご縁があったのですね。 
  そうですね、いろいろな本がでています。 私はもっぱら図書館か文庫本が多いのですが、情報よりもここ『武相荘』はいってみるのが一番だと思っています。 
  正子の書斎も、暖炉も 囲炉裏も・・・、そこに彼らの暮らしぶりが現れているんでしょうね。 夫婦としての二人が好きです。
Commented by 杉田平和町 at 2008-12-04 01:14 x
ミューズの微笑みは、来年4月からはTBSが「水曜ノンフィクション」の後継番組として放送するそうです。
Commented at 2008-12-10 13:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miki3998 at 2008-12-10 23:17
★ 杉田平和町 さま、 はじめまして。

   NHKの番組をTBSが放送するのでしょうか? すごいですね。
   貴重な情報、ご親切にありがとうございました。
Commented by miki3998 at 2008-12-10 23:20
★ 12-10  13:51 の鍵さん、

    う~ん、摩訶不思議です。
   そうなの、そちらも気になりますね。 でも そっとしておきましょう。 行ってらっしゃいませ。 お土産話、ブログアップ、楽しみにしております。 (^ ^;)/
by miki3998 | 2008-11-16 01:07 | 読書 | Trackback(1) | Comments(36)

森とラジオと食卓と…草花の仕事とラジオパーソナリティ、やってます。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧