カテゴリ:旅行( 39 )

ナナカマドの蕾

b0083902_17460678.jpg


  ナナカマドの蕾。
 西和賀の旅でお世話になったSさん宅の出窓に飾られていた。それは偶然ではなく、昨年のフィンランド旅行でのエピソードを覚えてらして、あえてこの木の花を選んでくれたのだ。

 フィンランド行きは仕事がらみ、あるイベントで会場を飾る花を任されたのだった。2月の北欧といえば見渡す限り銀世界、雪をまとった白樺やモミ、シベリア赤松など、花らしい花はなく、花屋にも輸入物の季節とは無縁の草花が高い値段のまま売られているだけ…もちろん日本から持ち込めるわけもない。そこで私は現地の人に頼んで、白樺やナナカマドの木を切り、温室で育ててもらった。藁をもすがる気持ちと言えば大げさに聞こえるかもしれない。しかし出来るだけ現地の草花や木の花を使いたかったし、咲くかどうかより、身近な木の花に目を向けて欲しかったのだ。


b0083902_17564622.jpg


  奇跡が起きた。
 イベント当日に会場入りし、用意された木の花を見た瞬間ハッとした。なんとナナカマドの白い花が咲いていたのだ。あの時の感動は今でも忘れない。北欧も岩手も、気温が下がれば氷点下、温室とは言え開花の時期には早過ぎたはず。なのにお世話をしてくださった園芸家の方が丁寧な仕事をなさったのだろう。イベントの片隅で白く可憐なナナカマドの花はたしかに輝いて見えた…(私にはだけれど)。


Sさんはそのエピソードをしっかり覚えてらして、雪で折れたナナカマドを持ち帰り、ストーブのそばの出窓に迎え花として飾っていてくれたのだ。静かな感動と、ご夫婦やお嬢さんのさりげない優しさや思いやりに胸が熱くなった。


b0083902_18054713.jpg

  
花巻での教室を始めた当初から、Sさんは遠路はるばる車を飛ばしていらしてくださる。しかも母と娘のお二人で。お仕事をなさっているのに、時間を工面してである。お住いのある西和賀は岩手でも雪深いところで、花巻までは小一時間はかかる。いや、もっとかもしれない。私のレクチャーに耳を傾けて、熱心にメモを取り、物静かに頷く…どこまでも謙虚な姿勢と穏やかな微笑みの人だ。

b0083902_18140412.jpg


 その方からカタクリの群生地を訪れる旅へのお誘いを受けたのだ。本当にありがたく、尊い縁に感謝した。ご主人の山野草の知識やそこで暮らす知恵にも驚かされた。お借りした部屋のしつらいも申し分なく、ぐっすり深い眠りにつけた。正直言って、もう一晩ごいっしょさせていただきたいくらい、居心地のいい空間と温かいご家族のもてなしにすっかり甘えてしまった。
 

b0083902_18242823.jpg


 泊めていただいた部屋のリビングテーブルに置いてあった本です。
翌朝早くに目が覚めて、朝食前にざっと目を通しました。岩手カタクリの会代表でありSさんの友人でもある瀬川強さんの写真集でした。宮沢賢治シーズン・オブ・イーハトーブ。この本を選んでテーブルに置いてくださった心遣いにも感謝でした。


  (写真の料理はSさん親娘の手料理の数々。笹団子やビスケットの天ぷら、ぜんまいの煮物、蕗味噌のおにぎり、ノビルの葉の玉子焼き…ノビルをひろっこと言うらしい。味噌をつけて食べるのが私の好物)

b0083902_18315030.jpg



by miki3998 | 2018-05-12 17:44 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

生かされて…

b0083902_13200549.jpg

b0083902_13201714.jpg


  5月になり、新しいスケジュールの元、時の流れに追いつくようにその準備を進めています。
  この10年、草花の仕事をしながら、自然の中で自分自身が生かされてきたように思います。仕事柄新しい出会いと別れを繰り返してはおりますが、全てわたくしの血となり肉となっていることは明らかで、無理をせず地についた暮らしを営むことを心がけてきました。家族に支えられ、友に助けられてこそ、今の自分があるのだと思っています。

 北鎌倉はもちろん 岩手も山口も銀座でも、いらしてくださる皆様は、いずれもご提案する季節を感じる草花を愛してくださる方ばかりで、お持ち帰りになる頃には笑顔が溢れ、大事そうに草花を抱えてお帰りになります。そんな教室でお渡しする季節という名の草花が、より身近にあり感じ取れるものであるということをお伝えしたくて、この春から〈咲いている場所、育っている場所〉を訪ねて歩くことを始めました。

  土の上から顔を出し、雨風にさらされながらも健気に咲くカタクリや水芭蕉。山奥の土手や清流の湿地に足を踏み入れることで吹く風の匂いや木々の擦れ合う音を感じるのです。街の苗木屋さんで珍しいとされる山野草が、足の踏み場もないほど咲き乱れるエリアでは、傘をさすのも忘れるほど駆け寄って、しゃがんでしっかり目に焼き付けたいと思いました。

 
b0083902_13353009.jpg

b0083902_13353453.jpg


  岩手の無ら里サロンで知り合えたお仲間との活動を「桐の会」と名付け、参加者を募り、西和賀の〈カタクリの群生地〉を訪ねる旅が実現しました。案内人のご夫婦には宿泊や食事の面でも大変お世話になり、会員の皆様と楽しい語らいと共に、自然の素晴らしさを身をもって体験し、知り得ることができたのです。大きな喜びと共に、ご家族の皆様への感謝は、今後の活動から少しずつお返ししていこうと思っています。

 北東北の春に出会う旅のご報告は、ここには書ききれないほどですが、これがきっかけとなり、足元の山野草や深い森の樹木に興味を持ってもらい、自然との繋がりを大切にする暮らしを営めたらと強く思いました。生かされているということや、本当の意味の豊かさについて考える旅にもなった西和賀での桐の会、今後の活動については、お仲間の皆さんと相談しながら考えていきたいと思っています。


b0083902_13512783.jpg

b0083902_13513428.jpg


by miki3998 | 2018-05-08 13:13 | 旅行 | Comments(2)

山口から博多へ その2 「大分 天領日田への旅」

b0083902_12423062.jpg



山口での二日間の仕事を終え、友人の待つ博多へと九州新幹線に乗りました。のった車両も「さくら」、車窓からは満開の桜が見送ってくれて、まさに春爛漫。博多到着後すぐ友人の車で大分は日田へとドライブがてらある建物を拝見に出かけました。


b0083902_12423177.jpg



日田といえば、江戸幕府の西国筋郡代の役所が置かれ、九州随一の繁栄を極めた地域。旧家には今でも豪華絢爛たる雛人形が残されています。一般公開は2月中旬から3月末まで「天領日田ひなまつり」が開催され、歴史ある旧家の雛人形を見学して回れるようです。


b0083902_17503516.jpg

〈嶋屋本家のおきあげ雛〉

今回お邪魔した豆田町にある岩尾薬舗日本丸館は、国の有形文化財に指定されています。安政2年に薬種屋を開業してから昭和40年まで90年もの間製造販売をしていた豪商です。またその建物は江戸時代から昭和にかけて増改築されたもので、その時代には珍しい三階建、二階にはルーフバルコニー、三階は展望室という、豆田の天守閣とも呼ばれた栄華を極めたもの。中の作りも贅沢で、欄間や襖、床の間や階段の意匠も素晴らしく、ただただため息、新しいものと古いものが混在する興味深いしつらいと、家族が大切にしてきた調度品や思い出の品が数多く飾られており、興味深くじっくりと隠宅まで見せていただきました。


b0083902_18032007.jpg



今この家屋の半分は資料館になっていますが、もう半分はギャラリー「連」として、使われています。1階正面の木彫りの軒飾りも凝った作りで、引き戸を開けて階段を上がった2階がレンタルスペース。母屋の奥の間として33畳もある広い空間が各種展示会へと活用されています。


b0083902_17503650.jpg



もし仕事をさせて頂くなら、近くの山里から季節の草花を集めて、地元の作家さんの器に生けて見たい…そんなことを思った空間でした。地産地消と言いますが、吹く風も囀る鳥もその土地の匂いも、草花に染み付いているのではと思う時があります。その場で集めた草花をその土地で生けて飾れたら、こんなに楽しい仕事はありません。いつかそんな日がくればなあと思った日田への旅でした。


b0083902_12423452.jpg






by miki3998 | 2017-04-27 11:01 | 旅行 | Comments(1)

山口から博多へ その1 『オゴオリザクラ』

b0083902_01233174.jpg



4月11、12日は、山口の小郡にございますアートギャラリー&ランチダイニング「円座」さんで、今年初めての草花教室でした。


b0083902_01233161.jpg



b0083902_01233211.jpg



円座さんでは、1階のギャラリーショップで北欧雑貨や地元山口の若手作家たちの作品を展示販売していますが、2階ランチダイニングの料理には、萩在住の陶芸家濱中史朗さんの器を使っています。独特の色合いと質感を放つ濱中さんの器は、どんな料理にもマッチし、眺めるだけでなく使う楽しみを味わうことができるのです。おいしいだけではなく、作品にしたしめる…お客様が絶えないのも頷けます。


b0083902_01233375.jpg



2月に山口の皆様とフィンランドに旅をしてから約2ヶ月、あの時のお仲間も全員参加してくださり、再会を喜びあいながらの楽しいレッスンとなりました。
お天気にも恵まれ満開のオゴオリザクラの舞う中、会場付近の公園やグラウンドを散歩しながら、地元の野草も集めました。今回は花瓶ではなくスレート板を使い、置いて楽しむ春の草花のご提案。お一人お一人の表現の仕方が様々で、草花の捉え方の違いを知るレッスンになりました。


b0083902_02012857.jpg



今回の教室ではよりお仲間同士の繋がりが強くなった気がします。)終了後もフィンランドでの思い出話に花が咲き、ご一緒に夜桜を見ながら会食も。また次回も会いましょうとリクエストもいただきました。本当にありがとうございます。初夏の風が心地よい6月末あたりを予定しています。

3日目の朝、九州新幹線「さくら」で一路博多へ。意外に近くて驚きました〈35分〉。博多では何が待っているのか…旅はまだまだ続きます。

b0083902_01233463.jpg


〈 オゴオリザクラ 〉









by miki3998 | 2017-04-16 23:07 | 旅行 | Comments(2)

フィンランドから戻りました。

b0083902_21364818.jpg


二月はあっという間に逃げて行きました。
欲張ったわけではないのですが、以前から行きたかったところ、依頼されたミッション、今後の仕事や生きて行く上で必要とされることなど、なぜか2月に集中しました。迷った末、どれもこれからの生き方に大切なファクターとなると考え、ラジオや出張教室のスケジュール調整をしました。
久しぶりの海外旅行、フィンランドのヘルシンキ、そしてサンタクロース村のあるロバニエミへの旅は、次の投稿の後にじっくりおおくりします。まずはお待たせした花巻教室のご案内を… 続きます。


b0083902_21364998.jpg



by miki3998 | 2017-03-01 21:20 | 旅行

秋深し…

b0083902_16222732.jpg



小淵沢から戻りました。
毎日天候にも恵まれ、ご一緒したI夫妻のお蔭で、たくさんの素材を集めることができました。長坂、清里、小淵沢から原村、茅野まで足を伸ばし、八ヶ岳や甲斐駒ケ岳、南アルプスや富士山など、眺める場所によって表情を変え、晩秋の野山はしっとりと落ち着いた色を見せてくれます。
写真は茅野で見つけたアケビです。
しばらくテーブルに置いて眺めておりましたが、時間が経つにつれて熟して柔らかくなり、調理するにはちょうどいい硬さになりました。
今日から花巻に里帰り。東京駅から電話を入れましたら父が出ました。
「ありがとう、ありがとう。」そう言って3度目のありがとうは涙声でした。毎月帰っているのに、一日千秋の思いなのでしょう。声に張りがあるので、私の方はほっと安心。十日余りですが、また両親と共に過ごします。アケビはカバンの中に入れました。父が喜ぶ顔が見えるようです。

b0083902_16222860.jpg


長坂の別荘地で見つけた野菊です。アケビといいこの野菊といい、晩秋の紫色の美しいこと。枯れ野に咲く姿だからでしょうか、気高さと強さを感じました。自然の造形や季節ごとに微妙に変化する野山の色彩には、ため息が出るくらいその素晴らしさに魅了されます。
花巻でもいまこの時の自然を十二分に感じてこようと思います。

by miki3998 | 2016-11-15 15:52 | 旅行 | Comments(2)

 京都から滋賀へ   「川端(かばたと読みます)で思うこと」

b0083902_12173824.jpg
 
       < 京都寺町通りの清課堂さんの錫の花入  お稽古で使っています。 >



 京都に行っておりました。初夏の南禅寺あたりは山の色も変わり始め、新緑から深緑へとその色を濃くし始めます。初日は買い物と市内のギャラリー巡りを、二日目は雨との予報でしたが、朝から青空が広がりぐんぐん気温も上がりました。この日は車で京都を脱出、琵琶湖のほとりまで足を伸ばしてみました。



b0083902_12265938.jpg


b0083902_1228177.jpg
  



 水車のある里山『川端(かばた)、命めぐる水辺』
 滋賀県高島市新旭町針江地区。生水(しょうず)と呼ばれる湧き水を水路や生活用水に利用したシステムを川端(かばた)と言います。水路には鯉が泳ぎ、流れる藻や川草も美しいのです。住民はその水の文化の保存に力を注いでいます。 そう言えば子供の頃、母の実家の裏には水田が広がり、用水路を流れる水の音がしていました。そばには小さい川が流れていて、洗い物やちょっとした洗濯などはそこでしていた記憶があります。ご近所さんとの井戸端会議でしょう。主婦たちの笑い声や子供たちのはしゃぎ回る声が、水の流れる音と共に聞こえてきていました。どこか懐かしい針江の街並み、とても静かな時間が流れていました。



b0083902_1323115.jpg




 針江地区には「焼杉の家」が多かったですね。
杉板の表面を焦がし、炭化状にしておくことで、初期の着火性を低くし耐火性能を持たせ、風雨にさらされる杉板の耐久性を高めることにもなるのだそうです。
 白い壁に黒い焼杉の外壁は、コントラストも美しく、風格さへ感じます。写真は日本酒の造り酒屋松の花さんの蔵ですが、同じエリアの住宅にも使われていました。街並みが揃うと景観は落ち着きを見せます。川端も焼杉もその保存は簡単ではないでしょう。美しい里山の風景に触れられるのは、諦めずに継続する住民の努力の賜物であり、訪れる我々もそれを感じ、そして考えることが大切ではないかと思いました。



b0083902_14303899.jpg
 

b0083902_14491459.jpg


b0083902_14495827.jpg
  


 
 長くなりましたが、最後に感じたことを。。。
 信仰、習わし、仕来り。。。
 続いているものには 美しさがありますね。

さあ、いよいよ六月。花巻、山口、銀座と飛び回ります。
体大事にしないとね。頑張ります。
by miki3998 | 2016-05-28 14:56 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

「天上の妖精 」ヒマラヤの青いケシ

b0083902_20130180.jpg



久しぶりの箱根。いつもなら美味しい料理と温泉三昧で、ホテルでダラダラしているのですが、天気も良いので湿生花園まで足を伸ばしました。

写真はメコノプシス、「天上の妖精」と呼ばれています。独特のその色から「幻の青いケシ」とも… 確かにこの色は、日本の草花に見つけることは難しいかもしれません。5月の日差しに輝くような透明感、溶けてしまいそうな花弁、ケシの割に茎がしっかりしているのと葉っぱが厚いのは、ヒマラヤや中国の奥地という厳しい条件のもとで育つせいでしょうか、すくっと立つように咲く姿には幻想的な魅力と強さを感じます。
ああ、来てよかったなあ…実は観光地であちこち巡り歩くのが苦手なもので、「どこにも行かない派」を決め込む私ですが、この日はもうこれだけで大満足でした。もちろん他にも見頃の草花や珍しい植物、あいらしい山野草がいっぱい。訪れた時期もよかったのでしょう。爽やかな初夏の風と緑のグラデーションも見事な箱根の山々を満喫できました。草花好きにはイチオシの湿生花園でございます。


私好みの植物をいくつかご紹介します。

b0083902_20130135.jpg


花は終わりましたが、宝鐸草(ホウチャクソウ)です。葉の姿、しずくのような小花、シビれるほど好きなんですよ。


b0083902_20130176.jpg



オニブキと奥に見えるのは勿忘草
その景色のギャップがなかなか楽しい。広い公園内の湿地だからこそのレイアウトでしょうね。オニブキと呼ばれますが、フキとは全く関係ないグンネラという植物。横の大きな松ぼっくりみたいなのは花序です。




by miki3998 | 2016-05-21 19:22 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

小淵沢教室 その4 また会いましょうのブーケ

b0083902_9225672.jpg
  

  
  教室最後の朝が来ました。一足先に帰宅される生徒さんを駅まで見送り、その足で朝食のための野菜や果物を買うために、広い田んぼの真ん中で商いをされる直売所に向かいました。


b0083902_9261161.jpg



  この日も天気は良くて、山の稜線がくっきり見えます。早朝の田園風景はやさしくおだやかで、聞こえるのは水路を流れる水の音だけ。まさに夏の朝のBGMだなあと思いました。高く晴れ渡る青い空と目にしみるような黄緑色の稲穂、実りの秋がすぐそこまで来ているのだと実感しました。 

b0083902_9563943.jpg



  直販所に並べられたトウモロコシやトマト、オクラやミョウガ、見事に大きく育ったスイカや思わず口に入れたブルーベリー、どれもびっくりするほどお安いのです。朝食用だけではなく、自宅で待つ家族にも食べさせたい...小淵沢のお土産は旬の夏野菜になったのは言うまでもありません。
 そしてオマケまでいただきました。目の前の休田に咲くコスモス、好きなだけ持って行きなさい。。。ですって。どこまで幸運なのでしょう、私たち。(笑)


b0083902_9271815.jpg
  


 朝の散歩の時に摘んだ草花です。いただいたコスモス、山の山椒やハーブも加えてブーケを作りました。あっという間だった2泊3日の小淵沢教室。また会いましょうの思いを込めて、8月の山のブーケです。ご覧になってお分かりのように、春の淡い黄色とも違いますし、秋の寂しげな紫色とも違う、夏の日差しを浴びた草花たち。野の花のブーケは、ささっと束ねて深緑色のリボンをかけるだけ。きちっとした印象より少しラフな感じのシンプルなもののほうが似合います。
 
 帰り仕度を終えたそれぞれの荷物にリースとブーケが添えられました。またね。。。ぜひまたここで冬のリースを作りましょう。そうお約束して終わりました。夏の小淵沢の素晴らしさを満喫したばかりなのに、再会の11月、落ち葉を踏んで歩く晩秋の八ヶ岳が待ち遠しくなるのでした。
 

 
b0083902_10143962.jpg

by miki3998 | 2014-08-31 10:43 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

小淵沢教室 その3 「いよいよリース作り」

b0083902_2114123.jpg
 


  朝からいいお天気、午前中車を走らせ、甲斐駒ケ岳の麓にある尾白川渓谷までドライブ。この日から参加される生徒さんがリゾナーレに到着するまで、涼を求めて水辺へと足を伸ばしました。お昼に待ち合わせて、八ヶ岳倶楽部で昼食をとり、涼しくなった頃このテラスに戻りいよいよリース製作です。

b0083902_21551523.jpg
 


 前日散歩で摘んでおいた草花や実、蔓など、黒文字や山椒の枝も使います。別荘のお隣さんからフェンネルやレモンバームもいただいて、香りもプラスされた夏のリース。ふんわりたっぷり、楽しみながら思い思いのリースが出来て行きます。


b0083902_1743598.jpg
 

b0083902_1841486.jpg


b0083902_1842977.jpg


b0083902_1882932.jpg


b0083902_1863967.jpg
 


  夏のリースは日持ちはしませんが、散歩の途中で摘んだ草花でおおらかに、たおやかにナチュラルなスタイルの壁飾りができます。出窓もドアも、時にはテーブルに季節の草花で作ったリースを飾る行為そのものがきっと心も体も癒してくれます。枯れてもがっかりしないで、また明日散歩の途中で花摘みをしましょう。愛おしい気持ちで草花に寄り添うと、道端の名も知らぬ草花も輝いて見えます。小淵沢教室、最終日は季節のブーケのレッスンです。(つづきます)


b0083902_18191474.jpg

by miki3998 | 2014-08-27 18:19 | 旅行 | Trackback | Comments(6)

森とラジオと食卓と…草花の仕事とラジオパーソナリティ、やってます。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧