<   2018年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

思い思いの初夏のブーケ

b0083902_15093882.jpg


  5月の瀬戸内の海は穏やかで、空から見る船は白い軌跡を残しながら、まるで魚のように見えるのです。
  山口での仕事は、すでにリピーターが楽しみにしていますとのメッセージを送ってくださるようになりました。時間をかけてゆっくりと、地元の皆様に「円座」さんと共にご贔屓にしていただけるようにと心がけてきましたので、そんなお便りをいただくと何よりの励みとなるのです。


 
b0083902_15174711.jpg



 今回も5/22.23日両日共にたくさんの方にお会いできました。お声かけをしてくださった円座さんのお陰です。ありがとうございました。
 花材はいつもお願いする涼子さんのバラと鎌倉野菜のアーティーチョーク、そして円座さんの周りの初夏の野草を集めてブーケを製作。みなさん思い思いの色と形を楽しみながらのブーケ作りでした。お互いの写真を撮り合いながら、それぞれ個性を認め褒め合う情景もまた微笑ましいものです。 


b0083902_23052297.jpg



  加えた緑はイタチハギ、円座さんの駐車場のフェンスの上から顔を出していたのです。紫色の蕊の上に黄色い小さな花がびっしり付いています。オレンジのバラ、紫のアーティーチョーク、そしてイタチハギ… ともすれば甘くなりがちなバラのブーケですが、イタチハギのお陰でシックにまとまりました。バラとアーティーチョーク、緑も自由に選んでいただきますから、私からのアドバイスはほんの少しのスパイスを加えるだけ。ヒメコバンソウも見つけましたので、そっと付け加えるとまるでベールをかけたような、それでいて奥行き感のあるブーケになります。


b0083902_23121726.jpg


回を重ねるごとに、確実に生徒さんたちの力は伸びていると思います。そして何よりも嬉しいことは、身の回りに咲く野の草花に目を向けるようになったこと。季節は確実に変わってゆくことを路傍の草花が教えてくれるという、とてもシンプルな自然の仕組みに気づき大切にすることなどをお話しして終了いたしました。次回は秋の草花でリース作りをご提案したいと考えております。また皆様にお目にかかるその日を楽しみに…。


b0083902_23172198.jpg

b0083902_23175982.jpg
 〈イタチハギ〉

by miki3998 | 2018-05-26 15:04 | | Trackback | Comments(5)

初夏のバラとアーティーチョーク

b0083902_20220730.jpg


 半年ぶりの山口出張です。
ギャラリー&カフェ円座での今回のレッスンは、「初夏のブーケ  バラ&アーティーチョーク」を作ります。
 贔屓の農家さんが育てたアーティーチョークが手に入りましてので、バラは直送、アーティーチョークは機内持ち込みで私と一緒に飛行機に乗ります。


b0083902_20265520.jpg
  

 シックな紫と生き生きとした緑のアーティーチョークはどんな色のバラと組み合わせれば良いのでしょう。バラ農家さんが丹精込めた色合いのバラをご用意しています。

 
b0083902_20305332.jpg


  芳しいバラドラマチックレインや、軽やかなフリルのジュリア、煉瓦色のブラックティーはもうお馴染みになりましたが、新しいバラもおくってくださっているということで、このわたくしもとても楽しみにしています。


  
b0083902_20341600.jpg


 5月22日(火)、23日(水)いずれも14時から17時までです。(花ばさみをご用意下さい)
お申し込みは、円座 ☎︎0839-72-4556まで。よろしくお願いします。

by miki3998 | 2018-05-21 20:20 | | Trackback | Comments(0)

石楠花の庭

b0083902_13354710.jpg


  父の介護ベッドは今、みんなが集まる茶の間に置いていて、障子を開けると縁側越しに庭の木の花が見える。シャクナゲも赤花ドウダンツツジも、奥には牡丹やツツジ、海棠の花も目に入る位置だ。

  手入れはもっぱら母の仕事で、父は眺めて楽しむだけ…それでも二人で草花の話になると、自然に表情は和らぎ会話も弾む。


 
b0083902_13401032.jpg
  〈松の花〉


 一昨年から毎月花巻に帰り、わずか一週間だが父と居るようにしている。父はもともと痛い痒い、あれがしたいこれがしたいなどと小言を言うわけでもなく愚痴も聞いたことがない。老いて筋力も衰え、手足は痩せこけ声もかすれ気味になった。何かしてあげるたびにそのかすれた声で「ありがど、ありがど…」、口から出るのはその言葉だけである。


 
b0083902_13511108.jpg
 〈牡丹の実 タネ〉


  花は咲きしぼみ枯れて、いずれは朽ちる。がそれで終わりではなく、実をつけタネを残し土に還り、やがてまた芽をだすのだ。終わりは始まりであり、全ては繋がっている。
  子や孫、ひ孫の成長を思い、咲く花の向こうに目をやる父の横顔は穏やかだ。



by miki3998 | 2018-05-19 13:33 | | Trackback | Comments(2)

野の花はしめやかに終わる

b0083902_12305188.jpg


  時折叩きつけるような激しい雨、まるで梅雨時の空模様。気温もぐっと下がった。半袖になったり長袖だったり…今朝はまたセーターを出して袖を通した。
キッチンのストーブにも火を入れた。

空き地のキレンゲツツジ、雨で色褪せてはいるが、薄い山吹色がなかなかいい。 赤やピンクとは違った、あっさりというか、重苦しくないというか…正直言って手入れの行き届いた見事な花ばかり見せつけられると食傷気味になる。(へそ曲がりだ、たぶん)
 空き地や原っぱ、土手の野草の色合いがやさしく見えてくる。いや、見えるのではなくやさしいのだ。

 終わりが近いキレンゲツツジ、野の花はしめやかに終わる。
b0083902_12313166.jpg


by miki3998 | 2018-05-18 12:29 | | Trackback | Comments(0)

野の花 暮らしの花

b0083902_15102282.jpg

 
  「暮らしの花」


コンフリーの花も咲いた。シラーも勿忘草も摘んでも摘んでもまだある。母が空き地に蒔いたタネや球根は、居心地がいいのか、どの花も元気で膝まで伸びている。



b0083902_15120363.jpg

 夏日の岩手は、空も大地も広々として、どこを切り取っても清々しさを絵に描いたようだ。関東よりひと月遅れだけれど、野の花には今が一番いい季節、春と初夏が入り混じる陽気だ。



b0083902_15130581.jpg


  介護のお世話をしてくれる人とお茶を飲んで話し込む母。聞いてくれる人が訪ねてくる家は風通しがいい。この花束はその女性へのお礼の気持ちを贈る。



b0083902_15135833.jpg

 台所の窓を開けると、オオデマリの大木や桜の木に絡む白藤が見える。

そよ風の火曜日、今日もいい日だ。



#岩手の5月

#暮らしの花 

#里帰り 





by miki3998 | 2018-05-15 15:01 | | Trackback | Comments(2)

ひっつみと5月の田んぼ

b0083902_22351029.jpg


  昨日まで父はショートスティ。里帰りは父が戻る日を見計らって今日の夕方花巻に帰ってきた。
  寝たきりになった父が、ベッドから頭をあげて私の帰りを喜んで迎えてくれる。ちょうど遅めの夕飯時で、いつもより食もすすんで一緒に食べる。まずは私が父の世話をする。今夜はホタテ入りの〈ひっつみ〉だ。岩手では、すいとんのことをこう呼ぶ。うどん粉をこねて丸めて引っ張って…母の手から作り出されたおふくろの味は格別。どんぶり一杯を平らげる。


 
b0083902_22411244.jpg


  北鎌倉は昨日の雨も止み、朝から上天気、ぐんぐん気温も上がって夏日となった。ラジオの仕事を終えて坂道を登る。昨夜の母からの電話が気になって、着替えに戻って新幹線に乗ろうと決めた。寝不足もあってか流石に足取りは重い。
 見上げた空の青さと新緑の輝くような青さが5月の色なのかもしれない。清々しさが、今日はなぜか悲しい。あれこれ思い悩んでも仕方ないのだけれど、解決の糸口を見つけるよう努力するしかない。


b0083902_22482565.jpg


 仙台を過ぎると車窓からの景色が一変する。水を張った田んぼに映る夕焼けが、風が起こすさざ波に消される。広大な大地が茜色に染まり、やがて静かに闇へと溶ける。
今朝ラジオの帰り、 庭づくりの先輩にこんなことを言われた。
「帰る家があっていいわね。ご両親が生きてらっしゃるのもしあわせなことよ。私は20年前からひとり。世話をしてやりたくてももう親はいないの。行ってらっしゃい。楽しんできてね。」

  91歳の父と83歳の母が、待っている。62歳で両親共に健在ということ自体ありがたいこと、時間を工面すれば帰れるのだから。自分を必要としている人のもとへ… 。明日も晴れる。
 

  
b0083902_23124486.jpg
〈Yesterday Today and T omorrow〉

by miki3998 | 2018-05-14 22:34 | 家族 | Trackback | Comments(4)

ナナカマドの蕾

b0083902_17460678.jpg


  ナナカマドの蕾。
 西和賀の旅でお世話になったSさん宅の出窓に飾られていた。それは偶然ではなく、昨年のフィンランド旅行でのエピソードを覚えてらして、あえてこの木の花を選んでくれたのだ。

 フィンランド行きは仕事がらみ、あるイベントで会場を飾る花を任されたのだった。2月の北欧といえば見渡す限り銀世界、雪をまとった白樺やモミ、シベリア赤松など、花らしい花はなく、花屋にも輸入物の季節とは無縁の草花が高い値段のまま売られているだけ…もちろん日本から持ち込めるわけもない。そこで私は現地の人に頼んで、白樺やナナカマドの木を切り、温室で育ててもらった。藁をもすがる気持ちと言えば大げさに聞こえるかもしれない。しかし出来るだけ現地の草花や木の花を使いたかったし、咲くかどうかより、身近な木の花に目を向けて欲しかったのだ。


b0083902_17564622.jpg


  奇跡が起きた。
 イベント当日に会場入りし、用意された木の花を見た瞬間ハッとした。なんとナナカマドの白い花が咲いていたのだ。あの時の感動は今でも忘れない。北欧も岩手も、気温が下がれば氷点下、温室とは言え開花の時期には早過ぎたはず。なのにお世話をしてくださった園芸家の方が丁寧な仕事をなさったのだろう。イベントの片隅で白く可憐なナナカマドの花はたしかに輝いて見えた…(私にはだけれど)。


Sさんはそのエピソードをしっかり覚えてらして、雪で折れたナナカマドを持ち帰り、ストーブのそばの出窓に迎え花として飾っていてくれたのだ。静かな感動と、ご夫婦やお嬢さんのさりげない優しさや思いやりに胸が熱くなった。


b0083902_18054713.jpg

  
花巻での教室を始めた当初から、Sさんは遠路はるばる車を飛ばしていらしてくださる。しかも母と娘のお二人で。お仕事をなさっているのに、時間を工面してである。お住いのある西和賀は岩手でも雪深いところで、花巻までは小一時間はかかる。いや、もっとかもしれない。私のレクチャーに耳を傾けて、熱心にメモを取り、物静かに頷く…どこまでも謙虚な姿勢と穏やかな微笑みの人だ。

b0083902_18140412.jpg


 その方からカタクリの群生地を訪れる旅へのお誘いを受けたのだ。本当にありがたく、尊い縁に感謝した。ご主人の山野草の知識やそこで暮らす知恵にも驚かされた。お借りした部屋のしつらいも申し分なく、ぐっすり深い眠りにつけた。正直言って、もう一晩ごいっしょさせていただきたいくらい、居心地のいい空間と温かいご家族のもてなしにすっかり甘えてしまった。
 

b0083902_18242823.jpg


 泊めていただいた部屋のリビングテーブルに置いてあった本です。
翌朝早くに目が覚めて、朝食前にざっと目を通しました。岩手カタクリの会代表でありSさんの友人でもある瀬川強さんの写真集でした。宮沢賢治シーズン・オブ・イーハトーブ。この本を選んでテーブルに置いてくださった心遣いにも感謝でした。


  (写真の料理はSさん親娘の手料理の数々。笹団子やビスケットの天ぷら、ぜんまいの煮物、蕗味噌のおにぎり、ノビルの葉の玉子焼き…ノビルをひろっこと言うらしい。味噌をつけて食べるのが私の好物)

b0083902_18315030.jpg



by miki3998 | 2018-05-12 17:44 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

暮らしのエッセンス倶楽部と桐の会

b0083902_14485404.jpg


 
レストラン無ら里での暮らしのエッセンス倶楽部(サロン改め)、おかげさまで両日共にお天気に恵まれました。鎌倉よりひと月ほど遅れて桜が満開の花巻郊外、前日の雨で散り始めてはいたものの、無ら里のエントランスは春の草花が今が盛りと咲いていました。
 今回はお仲間達とレストラン周辺での花摘みから始めました。杉の皮を編んで作ったバスケットを手に散策。


b0083902_14503081.jpg



忙しい日常から解放され、足元の草花に目を向けるなんて、心のゆとりがなければできないね…。」そんな感想を述べる人も…。
 摘んできたミツバアケビの蔓には、アズキ色の花芽がいくつも付いていて、身近にあるのに初めて見たという人も。それに合わせて鎌倉からお持ちした春菊の花やカモミール、実家の母の庭から海堂やバイモユリ、スミレ、水仙など、豊富な草花を盛るようにバスケットに生けてゆきます。3時間があっという間で、充実した時間を過ごさせていただきました。



b0083902_15311154.jpeg
花の生け方よりも、見つける楽しさを語らい、その草花を丁寧に準備しながら暮らしの花を飾る。自然が季節を教えてくれていることを実感しながら、山野草の豊かな岩手路を歩く旅は、こうして締めくくりました。


 「桐の会」は、どなたでも入会できます。ルールは岩手を愛する人、草花から感じ取る喜びを語り合える人、どうぞ次回の無ら里での「暮らしのエッセンス倶楽部」にお出かけになってみてください。素晴らしいメンバーとご一緒に岩手を、花巻を、そして季節の草花から感じ取る喜びを語らいましょう。お待ちしていますよ。

  6月15日(金)、16日(土)14:00〜
   「初夏のバラと緑のブーケ」がテーマです。ご予約はレストラン無ら里まで。   ☎︎ 0198-24-2026  


 
b0083902_15083523.jpg


by miki3998 | 2018-05-09 10:32 | 花巻  宮沢賢治 | Trackback | Comments(0)

生かされて…

b0083902_13200549.jpg

b0083902_13201714.jpg


  5月になり、新しいスケジュールの元、時の流れに追いつくようにその準備を進めています。
  この10年、草花の仕事をしながら、自然の中で自分自身が生かされてきたように思います。仕事柄新しい出会いと別れを繰り返してはおりますが、全てわたくしの血となり肉となっていることは明らかで、無理をせず地についた暮らしを営むことを心がけてきました。家族に支えられ、友に助けられてこそ、今の自分があるのだと思っています。

 北鎌倉はもちろん 岩手も山口も銀座でも、いらしてくださる皆様は、いずれもご提案する季節を感じる草花を愛してくださる方ばかりで、お持ち帰りになる頃には笑顔が溢れ、大事そうに草花を抱えてお帰りになります。そんな教室でお渡しする季節という名の草花が、より身近にあり感じ取れるものであるということをお伝えしたくて、この春から〈咲いている場所、育っている場所〉を訪ねて歩くことを始めました。

  土の上から顔を出し、雨風にさらされながらも健気に咲くカタクリや水芭蕉。山奥の土手や清流の湿地に足を踏み入れることで吹く風の匂いや木々の擦れ合う音を感じるのです。街の苗木屋さんで珍しいとされる山野草が、足の踏み場もないほど咲き乱れるエリアでは、傘をさすのも忘れるほど駆け寄って、しゃがんでしっかり目に焼き付けたいと思いました。

 
b0083902_13353009.jpg

b0083902_13353453.jpg


  岩手の無ら里サロンで知り合えたお仲間との活動を「桐の会」と名付け、参加者を募り、西和賀の〈カタクリの群生地〉を訪ねる旅が実現しました。案内人のご夫婦には宿泊や食事の面でも大変お世話になり、会員の皆様と楽しい語らいと共に、自然の素晴らしさを身をもって体験し、知り得ることができたのです。大きな喜びと共に、ご家族の皆様への感謝は、今後の活動から少しずつお返ししていこうと思っています。

 北東北の春に出会う旅のご報告は、ここには書ききれないほどですが、これがきっかけとなり、足元の山野草や深い森の樹木に興味を持ってもらい、自然との繋がりを大切にする暮らしを営めたらと強く思いました。生かされているということや、本当の意味の豊かさについて考える旅にもなった西和賀での桐の会、今後の活動については、お仲間の皆さんと相談しながら考えていきたいと思っています。


b0083902_13512783.jpg

b0083902_13513428.jpg


by miki3998 | 2018-05-08 13:13 | 旅行 | Comments(2)

日々の営みの中に…

b0083902_17553901.jpg
  〈黄花カタクリ〉
 
 暮らしに大きなメリハリがなくとも、継続することで力となり成果が生まれます。怠ることなく丁寧に積み重ねることに意味があるのだと思います。


 仕事も家事も子育ても、平凡な毎日の中に一筋の輝く瞬間があります。それを感じるかどうか、見落とさずに自分のものにできるかどうか… 


老いても毎朝決まった時間に父を起こし、体によい旬の食材を選び調理した献立は、派手さはないものの、食べやすく舌触りの良い形で喉を通る料理が、父の食欲を呼び起こすのです。声をかけ、時には励ましながら父と向き合う母の後ろ姿を見ていると、生きることの尊さがそこにある気がしいたしました。



 



b0083902_17571615.jpg
  〈実家の周りの草花を集めて…緑はカンゾウとコンフリーの葉です〉

by miki3998 | 2018-05-02 17:55 | 家族 | Trackback | Comments(3)

森とラジオと食卓と…草花の仕事とラジオパーソナリティ、やってます。


by miki3998
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る